産業看護師として働くメリット・デメリット!転職をおすすめする人の特徴

一口に看護師といっても、いろいろな働き方があります。

今回はその中でも、「産業看護師」についてご紹介していきます。

病院ではなく、一般の企業で働きたいと思っている看護師の人も多いのではないでしょうか?

産業看護師として働くメリットやデメリット、そして転職に関する情報をご紹介します。

産業看護師とは?

そもそも産業看護師とはどのような働き方で、どんな仕事をしているか、ご存知でしょうか?

産業看護師は会社業務による健康障害の予防や、社員の健康維持のため、などの目的で設置されています。

一般の会社や、大規模工場などの医務室、健康管理室に勤務する看護師のことで、企業看護師と呼ばれることもあります。

看護師資格だけでなく保健師の資格が必要な場合もあり、求められる能力や仕事内容は企業によって様々です。

一般的な看護師の場合、対象は患者さんですが、産業看護師は企業に勤めている従業員を対象に仕事をします。

社内にある医務室や健康管理室に勤務し、具合が悪くなった社員の診療や、予防医学の観点から健康相談・指導など、学校の保健室の先生のような役割を担っています。

産業看護師の役割

① 従業員のケガや、病気の応急対応

一般企業でオフィスワークの従業員が多い場合はケガや病気といったケースは少ないかもしれませんが、化学薬品を扱う企業や開発部門がある場合、危険物に囲まれていることは少なくありません。

また製造業の場合にも、ケガや熱中症、発作など突然の事態が多く想定されます。

産業看護師はこういった緊急事態の際に応急対処を行い、重症であれば病院へ送る判断を行います。

② 健康診断の実施

産業看護師にとって最も重要な役割は、社員の健康管理といっていいでしょう。

生活習慣病を患う人が増えている今、社員の健康を維持することは企業にとって重大なミッションといえます。

産業看護師は健康診断を実施し、その結果をもとに社員の健康状態をチェック・病気の早期発見や予防に勤めます。

③ 保健指導

保健指導は産業保健師がいる場合はその人が中心に行い、看護師はサポートにまわります。

しかし産業保健師がいない場合も少なくなく、その場合は看護師がこの役割をカバーすることになります。

健康診断の結果をもとに、必要な人には生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病、メタボなど)の予防のための健診やアドバイスを行います。

社員が自分の健康状態を認識し、健康に働けるように支援をすることが目的です。

④ 健康相談

社員の要望により、健康に関する幅広いアドバイスを行います。

予約制で時間を決め、相談を受けるというのが一般的なスタイルです。

従業員の健康状態をチェックするためには、日々の健康相談も重要な役割を果たします。

健診データももちろん重要ですが、社員一人一人とのコミュニケーションも産業看護師の仕事には欠かせません。

相談以外にも、健康に関する資料の作成・配布も業務の一つです。

⑤ メンタルヘルスケア

近年、激務や難しい人間関係により、ストレスを抱えすぎてしまうことでうつ病などの精神病を患う人が増え、ニュースでもよく目にするようになりました。

このような精神トラブルを抱えて休職や退職をする人が増えている背景から、看護師にメンタルケアを期待する企業が増えています。

本来、どちらかというと心理カウンセラーの仕事ではありますが、自殺防止や精神面のトラブルに悩む社員への手助け、精神病の発症予防などの、メンタルケアも産業看護師が担うケースが多いです。

また精神的なトラブルで休職していた人の復帰をケアすることもあります。

メンタルケアは簡単ではありませんが、職場の環境や人間関係でストレスが溜まっている人へ改善策の提案や相談にのることで、少しでも心を軽くしてあげることが必要です。

産業看護師のメリット

産業看護師の役割がわかったところで、メリットでデメリットをご紹介します。

産業看護師として働く魅力はどんなところでしょうか?

夜勤がなく、土・日・祝休むことができる

看護師として病院で働く場合、基本的には夜勤は避けて通ることができません。

またシフト制での勤務になるため、休みが一定ではありません。

それに対し産業看護師は一般企業に勤めるため、従業員と同様の勤務形態になるので夜勤はなく、実働8時間で働くのが基本になります。

朝出勤し、夕方の定時で帰るのが一般的で、休日は暦通りなので土日祝が休みになります。

生活リズムが整いやすく、体力的に無理なく働き続けることができるのが産業看護師のメリットといえます。

精神的・体力的負担が少ない

病院での勤務に対し企業で働く産業看護師は精神的・体力的な負担が比較的少ないといわれています。

その理由としては、勤める企業の社員を対象に仕事をするため、相手が基本的に健康な人であることや、医療処置を行う機会が少なく緊急の事態も滅多にないことがあげられます。

神経を張り詰めている時間が少ないので、心理的負担は少なくなります。

また、産業看護師はパソコンを使用したデスクワークが多いため立っている時間も短く、歩き回るということも少ないうえに、勤務時間も病院に比べると短いので、体力的な負担も減ります。

実力や、努力に応じた昇給がある

看護師の職場では経験年数が給料に反映されることが多く、頑張ったからといって昇給することは多くありません。

一方、一般企業では仕事に役立つ資格を取得することで昇給つながる場合があります。

勤務扱いでセミナーや試験への参加が可能になり、働きながら勉強ができて、昇給できる、というわけです。

中小企業ではそういったケースはあまり多くないかもしれませんが、大手企業であればこういったチャンスも多く、昇給によってはボーナスの額も変わってきます。

一般企業で働くことで、昇給のチャンスが増える可能性は十分あります。

産業看護師のデメリット

では次に、デメリットをみていきましょう。

給料が下がる可能性がある

産業看護師として働くメリットでもあげたとおり、一般の企業で働く場合、夜勤はありません。

病院勤務と比較すると夜勤手当分の収入が減るので、その分給料が下がる可能性はあります。

しかし、産業看護師は昇給のチャンスも多く、企業の選び方によっては収入アップできる可能性も十分にあります。

自分のスキルを高められて、なおかつ好条件で、納得できる職場を見つけることも可能ですから、求人選びは妥協しないことが大事です。

ビジネスマナーを身に着ける必要がある

産業看護師の仕事はパソコンを使うことが多く、一般企業に勤めるということは、取引先や社内の様々な立場の関係者と関わることも多いです。

そのため、基本的なビジネスマナーやメールの書き方、資料作成(Word、Excel、PowerPoint)を覚える必要があります。

病院勤務では、パソコンスキルやビジネスマナーを学ぶ機会が少なかった、という人は産業看護師になりたての頃は覚えることが多く、煩わしく感じることもあるかもしれません。

医療処置スキルの低下

産業看護師として勤務する場合、当然患者さんを相手に医療処置を行う場面はほとんどないため、スキルの低下を避けることはできません。

また、最新の治療方法や薬、看護などに関する情報からも遠ざかってしまうため、再度病院に就職しようとしたときのリスクになるともいえます。

継続的にスキルの向上をしていきたい人や、知識を深めていきたいと考えている人には大きなデメリットといえるでしょう。

同僚がほとんどいない

病院やクリニック、介護施設などでは同じ職場で働く同僚看護師が多くいますが、産業看護師の場合、看護師は自分1人しかいない、ということは少なくありません。

先輩や同僚の看護師がいないことを心細く感じる人もいるようです。

また同じ看護師とはいえ、産業看護師の業務はデスクワークがメインのため、慣れない仕事と環境の中で、1人で業務をこなしていくことにストレスを感じることもあるでしょう。

産業看護師の年収はどれくらい?

産業看護師の月収は25万円前後、年収は400~500万円が平均的な目安といわれています。

看護師の平均年収は480万~520万前後といわれていますから、さほどおおきな差はありません。

ただ、産業看護師の場合は夜勤・休日出勤・残業などはほとんどありませんから、そう考えると産業看護師はかなり優遇されているといえるのかもしれません。

しかし、企業によって給与や待遇は大きく異なることもありますし、もちろん経営状態にも左右されますから、企業選びはしっかり行うことがおすすめです。

看護師全般の平均年収等はこちらの記事で解説しています。

看護師の平均年収はどれくらい?転職で年収をアップさせる方法

産業看護師に向いている人の特徴

産業看護師に向いている人の特徴の一つとして、誰とでも打ち解けることができる、コミュニケーション能力の高い人があげられます。

病院看護師もたくさんの患者さんと接する機会が多いと思いますが、産業看護師も社内・外に関わらずさまざまな立場の人と関わる機会が多くあります。

そのため、コミュニケーション力がある人は、産業看護師に向いているといえます。

また、さまざまな立場の人と関わることが多いのでビジネスマナーを身につけていく必要があり、業務ではパソコンスキルが必ず求められます。

新しいことを覚えたり、身に着けていくことに前向きで、向上心をもって取り組むことができる人も産業看護師に向いているでしょう。

産業看護師への転職におすすめの転職サイト

マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職や、新卒採用でお馴染みのマイナビが運営する「マイナビ看護師」は、看護師に特化した求人サイトです。

利用者の満足度が非常に高く、全国に営業所があるので地方の人でも安心して利用することができます。

非公開求人も取り扱っているので、好条件の求人を見つけやすいです。

マイナビ看護師の詳細ページ

看護のお仕事

看護のお仕事

「看護のお仕事」は全国の看護師求人を紹介してくれる、転職エージェントです。

経験豊富なキャリアアドバイザーの転職サポートが受けられるので、転職が初めてという人でも安心です。

求人紹介はもちろん、転職に関するノウハウや、転職の悩み相談にものってもらえます。

「マイナビ看護師」同様に全国の求人を扱っており、なんと全国12万件以上の事業所情報を保持しています。

看護のお仕事の詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件