転職サイト・doda(デューダ)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

doda

抜群の知名度と実績を誇る大手転職サイト「doda」

初めて転職サイトを利用するから、まずは大手から…という理由で、dodaを利用しようと考えている人も多いとは思いますが、登録する前にこの記事で客観的に見たdodaのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

転職は一生を左右する重大なイベントです。そのため、転職の結果を左右する転職サイト選びは、慎重にいかなければなりません。

このページでは実際にdodaを利用した人たちの口コミ・評判を参考にして、dodaのメリット・デメリット、またdodaを利用するのに向いている人を解説しています。

doda公式サイト

目次

一目で分かるdodaの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

dodaの基本情報

求人情報 55,000件以上
非公開求人 70,000件以上
直接面談 あり
履歴書添削 あり
面接対策 あり
タイプ 求人検索型+エージェント型
対象エリア 全国

dodaの口コミ一覧

最後にdodaを実際に利用した人たちの口コミを紹介していきます。

転職は人によって状況も大きく異なるため、人によって受ける印象も異なります。

なるべくあなたの状況に近い人の意見を参考に、転職サイトを選ぶといいでしょう。

前職では仕事量が多く、プレッシャーもきつかったので、転職を決意しました。dodaの担当者にはとにかく年収を下げずに、定時で帰れる会社を見つけてとお願いしました。(笑)
紹介された求人は、前職よりも若干年収は下がってしまいましたが、月の半分は定時で帰宅できているので、非常に満足です。また残業代もしっかり保証されているので、稼ごうと思えば稼げる環境です。コンサルの人も仕事が終わるタイミングで電話を掛けてくれていたので、職場にギリギリまで怪しまれることもありませんでした。ただ登録してから転職まで半年かかってしまったので、転職活動中は結構不安でしたね。
28歳 女性 転職理由:ノルマ・上司のパワハラがきつい 前職:保険営業
結婚・出産を考えて、育児休暇が取りやすい会社へ転職を考えました。dodaを選んだのはテレビCMを見ただけでしたが、使ってみると思っていたよりぐいぐい転職サポートが来ました(笑)今の仕事の悩みをかなりヒアリングしてくれて、求人も結構な数紹介してくれました。やっつけ感もなかったので、信頼して話を聞くことができました。転職先への交渉(育児休暇など)もやってくれたので、ありがたかったです。
28歳 女性 転職理由:子育てしやすい環境が良い 前職:WEB会社営業
スカウト機能が素晴らしく、希望条件を満たすいくつかの求人からすぐにスカウトを貰うことができました。コンサルタントも転職者専門の担当がついてくれたので、他のエージェントよりも親身なコメントをくれた印象。キャリアの選択肢を広げるという意味でも、とりあえず登録してスカウトメールを見ておくだけでも、転職の準備になるかなと思います。ただ登録後は結構電話が掛かってくるので、あらかじめ時間などは指定しておいた方がいいです。
34歳 男性 転職理由:キャリアアップ 前職:製薬会社営業

dodaはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
4.09
求人をたくさん見たい
(5.0)
在籍中の転職
(5.0)
第二新卒
(4.0)
自分のペースで転職したい
(3.0)
初めての転職
(5.0)
IT・WEB・エンジニア
(5.0)
医療関係
(3.0)
福祉関係
(3.0)
アパレル関係
(3.0)
大手
(5.0)
地方
(4.0)

dodaは在職中の方や、初めて転職したい方には特におすすめです。

またIT・WEB・エンジニア関連の求人も多数扱っているので、これらの業界・職種への転職を考えている人におすすめしています。

その他、大手企業や地方の中小企業など、まんべんなく求人を紹介しているので、まずは登録してみて損はない転職サイトです。

dodaが人気を集める3つの理由

dodaは非常に人気のある転職エージェントですが、その人気には理由があります。

dodaが人気を集める理由は3つです。

  • 転職フェアを開催している
  • 非公開求人の質が高い
  • 企業からのスカウトを多く受け取れる

ここからは、dodaが人気の理由を一つずつ解説していきます。

転職フェアを開催している

dodaの魅力の一つとして、転職フェアを開催しているということがあります。

dodaでは、週に2日から3日のペースで転職のイベントをおこなっており、面接力向上セミナーや職種別のイベントなどを開催しています。

どれも無料で参加できることから、各種イベントに参加できるという点は、dodaが人気を集める大きな理由であるといえます。

非公開求人の質が高い

非公開求人の質が高いのも、dodaが人気の理由です。

dodaでは、一般に公開している求人だけでなく、非公開の求人も多く抱えています。

非公開求人の数もさることながら、dodaが抱える非公開求人は、非常に質が高いのが特徴です。

登録するだけで非公開求人を紹介してもらえるため、質の高い非公開求人を狙って登録をする人も多いのです。

非公開求人って何?メリット・デメリットと優良求人の探し方

企業からのスカウトを多く受け取れる

企業からのスカウトメールが多いのも、dodaが人気の理由の一つです。

スカウトメールは直接リクルートできるチャンスであるとともに、自分の市場価値を確かめるための要素にもなります。

スカウトメールの量は他の転職エージェントと比較しても多いため、チャンスを増やすという意味で、dodaを利用する人は少なくありません。

転職サイトのスカウト機能の仕組みとは?スカウト経由は内定率が高い?

dodaを利用する4つのメリット

  • 求人件数が多いから選択肢が豊富
  • キャリアアドバイザーのサポートが丁寧だから初めてでも安心
  • カウンセリングを入念に行ってくれる
  • セミナーを無料で受講できる

求人件数が多いから選択肢が豊富

dodaは国内転職サイト№2の規模を誇っており、求人数は全国4万件を超えています。

求人数が多い=良い転職サイト、というわけではないですが、選択肢が豊富というのは大きなメリットです。

また要望に合わせた絞り込み検索機能も充実しているので、あなたの要望に応える求人を簡単に探せます。

求人を自分で検索できる転職サイトの機能と、丁寧なキャリアアドバイザーによるエージェントサービス、好きな方を利用者側で選べます。

自分で求人を比較したいならサイトを重点的に利用し、サポートや質の良い求人の紹介を受けたいなら、エージェントサービスを利用していきましょう。

求人を紹介している業種・職種も豊富なので、とりあえずどんな求人があるか見てみたいという方にもおすすめです。

dodaの求人に関する口コミ

他の転職エージェントでは希望に沿う求人は無いと言われましたが、dodaではいくつか定期的に求人を紹介してもらえました。求人サイトに掲載されていない非公開求人も多く、求人の質と量に関しては満足でした。
31歳 男性 転職理由:年収を上げたい 前職:広告営業
違う業界でもどんな求人があるか、転職できるか知りたい人におすすめ。スカウト経由、コンサルタント経由、どちらも安定して条件が良かった。自分がどれくらいの市場価値があるのか把握できるので、今後の転職活動にもかなり役立ちました。34歳 男性 転職理由:異業種にも興味があった 前職:不動産営業

キャリアアドバイザーのサポートが丁寧だから初めてでも安心

dodaでは履歴書の書き方や面接のレクチャーなど、キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。

これから初めて転職をする方でも、相談しながら手続きを進めることができるので安心です。

転職サイトによって、キャリアアドバイザーやコンサルタントが、どこまでサポートしてくれるかは様々です。

dodaのように細かなところまで口を出されるのは嫌がる人もいるとは思いますが、初めての転職で不安な方にはdodaのように、サポートが丁寧な転職サイトがおすすめです。

また転職では、採用活動と在職中のスケジュール調整がうまくいかないことも多いです。

キャリアアドバイザーがスケジュール調整も手伝ってくれますので、在職期間中でも並行して転職活動に挑めます。

キャリアアドバイザーに関する口コミ

無理に転職を勧めてくることなく、一緒にキャリアを考えてくれる感じでした。私の場合、今の職場より年収の多い会社へ転職するのは難しく、希望条件の優先順位を考える必要がありました。じっくり考えて今よりも休日制度や福利厚生が整った会社に行きたいと決めることができ、年収は下がっても働きやすい求人を紹介してもらえました。28歳 女性 転職理由:仕事がきつい 前職:デザイン会社営業

カウンセリングを入念に行ってくれる

dodaではエージェントサービスに登録すると、あなたの要望を訊くために電話が掛かってきます。

その際、入念にあなたの要望をカウンセリングしてくれるので、紹介してもらえる求人にずれが少ないという評判が多いです。

他社であれば20件~30件程度求人が紹介されるところを、dodaであれば絞り込んで10件程度の紹介に抑えてくれます。

もちろん紹介された求人が気に入らなければ、追加で求人を紹介してもらうことも可能です。

またあなたの年収や市場価値を正確にヒアリングしてくれるので、無理なくキャリアアップできる転職先を見つけることができます。

dodaの年収査定を徹底解説!市場価値を知りたい方必見!

セミナーを無料で受講できる

DODAでは利用者向けの無料セミナーを開講しています。

転職に活用できる情報や、アピールポイント、企業の合同説明会などイベントの内容は様々です。

定期的に開催されており、利用しやすいアクセスの良い場所での開催がメインです。

利用者の参加しやすさを考えたサービスが提供されているので、必見です。

doda公式サイト

dodaを利用する5つのデメリット

  • 求人数が多い分ブラック求人も紛れているかも
  • 担当者の当たり外れの差が大きい
  • 転職を急かされることもある
  • 転職にスピード感を求めづらい
  • 担当者と相談の時間が取りづらいことも

求人数が多い分、ブラック求人も紛れているかも

dodaは求人数が多い分、中にはブラック求人も紛れ込んでいる可能性が高いです。

通常、このような大手転職サイトでは、ブラックな求人は候補から外していくのですが、数が多い分、新規に追加された企業の中にはブラック企業が紛れている可能性もあります。

元々いた企業のブラック体質が嫌で転職したのに、再びブラック企業へ転職してしまっては意味がありません。

ネットで調べても情報が出てこないような企業へ転職する際には、コンサルタントと入念に相談して見極めるようにしましょう。

担当者の当たり外れの差が大きい

dodaは用意されているコンサルタントの数が多い分、担当者の当たりはずれも多いという評判も多いです。

また若いスタッフも多いので、ミドル層で転職を考えている人の中には、年下が担当することに不安を覚える方もいるようです。

転職する際には、コンサルタントと気兼ねなく相談できる関係を築けるかどうかも重要なポイントです。

もしあなたに就いた担当者がしっくりこないのであれば、担当者の交代や違う転職サイトの利用を検討した方がいいでしょう。

転職を急かされることもある

dodaは規模が多い分、担当者一人当たりが抱える顧客の数も多いです。

そのため中には、早く転職を成立させようと、紹介した求人を無理に進める担当者もいたようです。

もちろんコンサルタントが勝手に応募することはできないので、拒否すれば新しい求人を紹介してもらえますが、人に勧められているものを断るのは意外と体力がいるものです。

このあたりも担当者の当たり外れの差が大きいので、担当するキャリアアドバイザーとうまくいかないようであれば、早めに切り上げることも大切です。

転職にスピード感を求めづらい

後述しますが DODA では、企業担当者と転職担当者に分かれて皆さんのサポートを行っています。

転職担当者と分かれていることでサポートに集中できるメリットはあるものの、企業からの情報を吸い上げて反映するまでに時間がかかります。

最新の情報を手に入れるまで時間がかかりますので、素早い転職を希望している方には、スピード感に欠けるサービス内容になるかもしれません。

担当者と相談の時間が取りづらいことも

DODAに限った話ではありませんが、担当者と相談の時間が取りづらいこともあります。

転職エージェントでは、一人の担当者につき多くのユーザーが転職をサポートしてもらっています。

自分に専念して欲しいと思っていても、他の利用者と並行して、サポートしてもらうことになります。

定期的な連絡を怠っていたり、来たメールに返信をしないなど転職に意欲的でない場合には、他の利用者の中に埋もれてしまう可能性があります。

炒めるにはすぐに返信をする友人の紹介を依頼するなど、転職の意思を見せながら利用することが重要になります。

受け身な転職活動しようとしている方には、面倒に感じるかもしれません。

dodaを利用する際の注意点

dodaを利用する際の注意点は、主に4つです。

  • サポート期限は3ヶ月
  • 担当者によっては経験が浅い場合もある
  • 質の悪い求人がないわけではない
  • ITや医療業界に特化している

Dodaを利用する際に特に注意しておきたいのが、サポート期間の存在です。

気づいたらサポート期間が終わっていたということがないよう、注意しましょう。

サポート期限は3ヶ月

dodaのサポート期限は、登録してから3ヶ月に限定されています。

これは、登録したまま放置することを防止するためです。

サポート期限は、dodaに限らず、多くの転職エージェントで設けられています。

そのため、転職エージェントを利用する際には、闇雲に登録をするのではなく、計画を立てて登録するようにしましょう。

担当者によっては経験が浅い場合もある

担当者によっては経験が浅い場合があるのも、dodaを利用する際の注意点です。

この問題は、dodaに限ったことではありません。

誰にでも初めてはありますが、運悪く経験の浅い担当者にあたってしまうと、dodaの良さを最大限に活用して転職活動を進めることが難しくなります。

そのため、経験が浅い担当者にあたるリスクも頭に入れつつ、dodaを利用するようにしましょう。

質の悪い求人がないわけではない

dodaは優良求人の多い転職エージェントですが、質の悪い求人がないわけではありません。

場合によっては質の悪い求人に巡り合うこともあります。

しかし、紹介された求人に必ず応募しなくてはならないというわけではありません。

質の悪い求人が来ても自分で吟味し、応募する求人を見定めるようにしましょう。

dodaの正しい使い方!登録・エージェント・各サービス

ITや医療業界に特化している

dodaは様々な業界の求人を取り扱っていますが、中でも特に IT ・医療業界の求人を多く取り扱っています。

上記の業界に興味がある方にとっては、転職先を見つけるまたとないチャンスがありますが、それ以外の業界に転職を希望している方にとっては条件が狭まってしまうこともあります。

専門職への転職を希望しているのであれば、それぞれ職種に特化した転職サービスが展開されていますので、そちらと併せて利用することをお勧めします。

dodaのエージェントサービスの内容

企業担当と転職担当のコンサルタントが分担

DODAのエージェントサービス

dodaでは企業の人事を相手にする「採用プロジェクト担当」、あなたの転職をサポートする「キャリアアドバイザー」と二人の担当者がつきます。

企業とユーザーを同じ担当者が一括で担当する転職サイトも少なくないですが、分担している分、あなたの要望に注力してもらえるのが特徴です。

またあなたと接することが多い「キャリアアドバイザー」が、企業と関係を持たないため、100%あなたの味方になってくれるのも大きなメリットといえます。

しかし担当者が分かれている分、企業との連絡に時間がかかるといった口コミも見られます。

専門分野に特化したコンサルタントを用意

  • エグゼクティブ専門コンサルタント
  • バイリンガル専門コンサルタント
  • クリーデンス・キャリアアドバイザー
  • 提携会社のコンサルタント
先ほど紹介した2種類のコンサルタントだけでなく、dodaには上記のように、それぞれの分野に特化した専門コンサルタントが用意されています。

会社の重役向けの求人を取扱う「エグゼクティブ専門コンサルタント」、語学のスキルを持った人向けの「バイリンガル専門コンサルタント」。

またファッション業界に強い「グリーデンス・キャリアアドバイザー」に、その他専門的な知識が必要な業界には、300社を超える提携会社のコンサルタントが対応します。

一般の担当コンサルタントでは不安だという方は、専門分野に特化したコンサルタントを利用してみるといいでしょう。

求人の紹介だけでなく企業からのオファーサービスもある

dodaではコンサルタントからの求人紹介だけではなく、企業からのオファーを受けられるサービスもあります。

名前を伏せた状態で、スキルやアピールポイントを公開して、企業から直接オファーを受けられます。

面接を確約してくれるものもありますので、オファーをくれた企業に興味があればすぐに選考に参加できます。

コンサルタントからの客観的な求人紹介だけではなく、企業から見た自分の価値を確かめることも可能です。

dodaの電話連絡はしつこい?

電話が掛かってくるタイミングは3通り

dodaに登録したあと、電話が掛かってくるタイミングは3通りです。

まずエージェントサービスに登録したあと、担当コンサルタントからカウンセリングの電話が掛かってきます。

カウンセリングであなたの要望を訊かなければ、求人を紹介することはできないので、出なければ一日に何度も電話が掛かってくることもあります。

次に希望する求人が決まったタイミングで、面接日時の設定など打ち合わせの連絡があります。

そして実際に面接をして採用が決まるまでは、結構短い間隔でコンサルタントとは電話をすることになります。

面接をしてみてどうだったか、また採用担当者がどんな反応だったかなど、互いに意見交換をしながら、転職活動を進めていくことになります。

もちろん在職中に転職する方などは、連絡の希望時間を指定できるので、仕事中に何度も電話が掛かってくるなんてことはありません。

エージェントに申し込まなければ電話は少ない

エージェントサービスに登録せず、自力で転職を進めていく場合、dodaから電話が掛かってくる機会は少ないと考えていいでしょう。

基本的に転職先が決まるまで、doda側から電話が掛かってくることはありません。

しかしコンサルタントを介さずに転職するとなれば、自分で求人を探して、企業との面接日時など打ち合わせしなければならず、かなり大変です。

またサイトには公開されていない非公開求人も見ることができないので、一般的に転職は不利になってしまいます。

試しにどんな求人があるか見たいということであれば、エージェントサービスに登録する必要はないですが、本気で転職するならエージェントサービスを活用した方がいいでしょう。

dodaの求人数と質のレベルは高い

求人数は国内転職サイト随一

dodaの求人数は、国内転職サイトの中でも随一です。

公開求人・非公開求人も合わせて、dodaより多くの求人を取り扱っている転職サイトは、リクルートエージェントぐらいしかないでしょう。

リクルートエージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

全国展開する大手企業から、地域に根付いた中小企業まで幅広く求人を取り揃えています。

また一般職だけでなく、幅広い業界・業種・職種の求人を紹介しているので、専門職で転職を考えている方にもおすすめです。

地方の求人も多いからUターン転職にもおすすめ

dodaでは地方の企業の求人も多数紹介しているので、Uターン転職を考えている人にもおすすめです。

親の介護などで地元に戻らなくてはならなくなった方でも、dodaであれば様々な選択肢から転職先を選ぶことができます。

住み慣れていない、もしくは離れて時間が経った土地への転職では、エージェントやコンサルタントの働きが重要になります。

dodaのような大手転職サイトであれば、地方の転職にも強いのでおすすめです。

dodaで転職するまでの流れ

  1. doda会員登録
  2. 求人を探す
  3. エージェントサービスに登録
  4. 書類作成・応募
  5. 面接
  6. 転職成功

それでは実際にdodaを利用して転職するなら、どういった流れで手続きが進んでいくのでしょうか。

ここからはdodaを実際に利用して、転職するまでの流れを解説していきます。

1 doda会員登録

まずはdodaの公式サイトからdoda会員登録を行います。

会員登録は無料で、氏名や生年月日などの個人情報の他に、直近の職務履歴や希望条件などを登録していきます。

dodaの会員登録に必要な情報は以下の通りです。

会員登録に必要な情報

個人プロフィール

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 現住所
  • 電話番号
会員情報
  • 会員ID(メールアドレス)
  • パスワード
  • 学歴
  • 最終学歴
  • 卒業区分
  • 卒業年月
職務経歴
  • 現在の勤務状況(現職中/離職中)
  • 転職回数
直近の職務履歴
  • 直近の勤務先会社名
  • 雇用形態
  • 業種
  • 職種
  • 年収
希望条件
  • 給与
  • 勤務先
  • 福利厚生など

2 求人を探す

会員登録が済んだあとは、希望する職種・勤務地・業界、その他資格名などから求人を絞り込むことができます。

具体的な年収額や勤務時間など、細かく指定して求人を絞り込めるので、あなたの要望を満たす求人を簡単に見つけることができます。

しかし必ずしも、あなたの要望をすべて満たす企業が見つかるわけではありません。

そういったときは、非公開求人を探すためにも、エージェントサービスに登録することをおすすめします。

3 エージェントサービスに登録

エージェントサービスに登録すると、まずあなたの要望を訊くために、担当コンサルタントから電話が掛かってきます。

絞り込み検索では指定できなかった細かい条件やこだわりを伝えることができるので、よりあなたの理想に近い求人を探すことができます。

エージェントサービスでは非公開求人も合わせて、あなたの要望に近い求人をキャリアアドバイザーが探し、提案してくれます。

気に入った求人を見つけることができれば、エージェントを通して応募することができます。

4 書類作成・応募

応募先が決まったあとは、履歴書や添え状の作成を進めます。

エージェントサービスを利用している場合、履歴書の添削やアドバイスをしてくれるので、初めて転職をする方でも安心です。

また応募先の企業の情報をもとに、面接のコツなども教えてくれるので、面接が不安な方にもおすすめです。

5 面接

面接の日時が決まったあとは、面接を受けて企業からの返事を待つことになります。

面接日時はコンサルタントが間に入って交渉してくれるので、在職中で時間に余裕がない方でも安心です。

また選考中もエージェントが綿密に企業と連絡を取り、条件の交渉などを進めてくれます。

6 転職成功

無事企業から採用の連絡があれば、晴れて転職は成功です。

在職中の方は、退職の手続きを進めて、新たな職場でも頑張ってください!

doda面談の流れ!土日でも面談できる?

doda公式サイト

dodaのよくある質問

dodaは新卒でも利用できる?

dodaは職務経験のある、ユーザー向けの転職支援サービスです。

そのため、基本的に就業経験のない新卒や学生の方は利用できません。

しかしdodaでは、新卒採用向けに「doda新卒エージェント」も運営しています。

プロのキャリアアドバイザーがじっくりヒアリングし、自己分析や会社選びも一緒にサポートしてくれます。

最短1週間でスピード内定を獲得できるので、自分ひとりでの就職活動に不安な方におすすめです。

doda新卒エージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

また企業からのオファー形式で就職活動ができる、dodaキャンパスも就職活動を始める際にはおすすめです。

簡単なプロフィールを登録しておけば、企業からのオファーを待つだけ。

オファー率も93%と非常に高いので、どんな企業があるのか興味がある方にもおすすめです。

dodaキャンパスの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

退会は簡単にできますか?

dodaはWEB手続きのみで簡単に退会することができます。

  • 担当者にメール・電話で連絡をする
  • dodaのWEBサイトから退会手続きをする

退会後は登録情報が消えてしまうので、よく考えて退職手続きを進めましょう。

dodaを正しく退会・解約する方法!退会する際の注意点を解説

キャリアアドバイザーと合わないときはどうすればいいですか?

転職活動を行う上でキャリアアドバイザーとの関係性構築は重要ですが、やはり中には性格的に合わないこともあるかもしれません。

合わないキャリアアドバイザーに当たってしまったら、できるだけ早く運営側に連絡をして担当者の変更に対応してもらえるように頼みましょう。

問い合わせフォームから連絡するだけで対応してもらえますので、合わないと思ったら早目に連絡しておくことをおすすめします。

dodaはどんな職種の求人を掲載しているの?

実際にdodaを使う前にどんな職種の求人を紹介してもらえるのか気になる方も多いでしょう。

dodaで実際に募集している職種は、以下の通りです。

  • 営業職(IT営業・半導体製品営業など)
  • 企画・管理(マーケティング・企画広告宣伝)
  • 技術(SE・インフラエンジニア・WEBエンジニア)
  • 技術職(組み込みソフトウェア)
  • 技術職(機械・電気)
  • 技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)
  • 技術職(食品・香料・飼料)
  • 技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)
  • 専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
  • クリエイター・クリエイティブ職(プロデューサー・プランナーなど)
  • 販売・サービス職(店舗・販売・店舗開発・施設管理など)
  • 公務員・教員・農林水産関連職
  • 事務・アシスタント
  • 医療系専門職(研究・臨床開発・薬事)
  • 金融系専門職(運用・投資銀行など)

総合型の転職エージェントだけあって、様々な業界の求人を取り扱っていますので、どんな業界の方でも転職先を探すことは可能ですよ。

dodaの運営会社はどんな会社?

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する大手転職サイトです。

2017年の7月1日から、株式会社インテリジェンスから現在の社名へと変更しており、doda以外にもアルバイト情報サイト「an」や、「LINEバイト」を運営する大手人材会社です。

またファッション・アパレル業界に特化した転職サービス「クリーデンス」も運営しています。

クリーデンスの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

60年を超える歴史ある企業で、現在は丸の内ビルディングの27階に本社を置いています。

  • 雇用の創造
  • 人々の成長
  • 社会貢献
を経営理念に掲げており、雇用機会や成長の機会を創造するために、様々なサービスを提供しています。

「doda」は業界最大手である「リクルートエージェント」に次ぐ、国内最大規模の転職サイトにまで成長しており、実際に利用した人たちからも上々の評価を得ています。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件