沖縄県でおすすめの転職エージェント比較ランキング!沖縄県転職完全ガイド

日本で最も西側に位置する沖縄県は、沖縄本島と、宮古島・石垣島など約160もの島々から構成されています。

世界に誇れるほどの美しい島々があり、数多くの世界遺産があるので、日本有数の観光地としても栄えています。

沖縄県のリーディング産業として観光業が盛んで、ホテル業界やウェディング業界も人気があります。

そんな沖縄県で転職を考えている方々のために、おすすめの転職エージェントをランキング形式で比較して、ご紹介していきます。

1位 DODA

DODA

株式会社パーソルキャリアが運営している転職支援サービスDODAには、転職のプロによる求人紹介が受けられるエージェントサービスと、企業から直接オファーを受けることができる、スカウトサービスがあります。

DODAのスカウトサービスには特権があるので、効率的なアプローチが可能です。

自発型も受け身型も双方にメリットがあるので、非常に使い勝手がいい転職エージェントと言えるでしょう。

項目別おすすめ度
求人数
(5.0)
第二新卒
(4.0)
ハイクラス
(3.0)
転職サポート
(4.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(4.0)

沖縄県内にあるDODAの拠点

DODAの拠点は沖縄県内にはありません。

沖縄県から最も近い拠点は、九州の福岡県にある九州オフィスです。

福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡13階にあり、地下鉄空港線天神駅16番出口から徒歩5分で着きます。

DODAを実際に利用した人たちの口コミ・評判

転職希望はありましたが、あまり焦っているわけではなく、時間をかけても良いと考えていました。そんな時にDODAに登録してみたところ、スカウトサービスがあることが分かり、早速利用しました。このサービスは企業から直接オファーがもらえるので、受け身型の転職スタイルに向いています。自分が興味を持った時にだけ反応して、応募するスタンスを取っていました。

DODAが転職イベントを開催していたので参加してみました。日本最大級と謳っている通りに大規模なイベントで、様々な企業の採用担当者や社員と直接コミュニケーションができたので、ザックリとした知識と雰囲気を会社ごとに掴むことができました。転職活動と転職希望先企業などを一気にインプットしたい時には、大変便利です。

私の場合は転職するかどうかで迷っている段階からスタートしたので、DODAが提供している年収査定やキャリアタイプ診断に興味を持ちました。これらの診断ツールを使うと、自分の適性や適職、年収査定ができるので、自己分析をする上で大変参考になります。

DODAの詳細ページはこちら

2位 マイナビエージェント

マイナビエージェント

20代の支持率NO.1の転職エージェント、マイナビエージェントは、丁寧なキャリアカウンセリングに定評があります。

面談時にキャリアの棚卸しをしっかりと行って、登録者が気づきなかったような強みポイントや、プラス材料を引き出していきます。

職務経歴書でも面接対策でも、転職活動のすべてのステージで的確なフォローが受けられます。

項目別おすすめ度
求人数
(4.0)
第二新卒
(5.0)
ハイクラス
(3.0)
転職サポート
(4.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(4.0)

沖縄県内にあるマイナビエージェントの拠点

マイナビエージェントの拠点は沖縄県内にはありません。

最も近いオフィスは福岡県にあります。

そのロケーションは、福岡県福岡市博多区博多駅中央街8番1号 JRJP博多ビル7階になります。

JR博多駅から徒歩1分の駅前です。

マイナビエージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

大学在学中の就職活動で内定をもらった企業に入社しましたが、あまりにも想定とのギャップが大きく、転職を決意しました。しかし、第二新卒での転職活動なのでキャリアも自信もなく不安でいっぱいだった時に、マイナビエージェントを見つけて登録しました。マイナビエージェントのキャリアアドバイザーはそんな私に親身になって相談に乗ってくれて、書類添削から内定が出たあとの退社時の手続き方法まで何でも教えてもらえました。一人では決して転職できなかったと思うので、担当の方に感謝しています。

マイナビエージェントは就職活動の時に使っていたマイナビ系列なので親近感が湧き、転職活動する時に登録しました。公開求人は2割ほどでしたが、8割が非公開求人ということでしたので、面談の時に紹介される案件も豊富で満足できました。

マイナビエージェントには、自己PR完全ガイドや面接対策完全ガイドなど、約立つ情報が満載です。WEB上からもインプットできますし、キャリアアドバイザーからも良質な情報をインプットできて、入念に面接対策することができました。

マイナビエージェントの詳細はこちら

3位 パソナキャリア

パソナキャリア

総合人材サービスの先駆者として長い歴史と実績を積み重ねてきた、転職エージェントのパソナキャリア。

日本全国に支店網があり、ほぼすべての業界で豊富な求人情報を揃えています。

顧客満足度も高く、キャリアアドバイザーの評価が対外的にも高いことで知られています。

年収アップ率も高く、効果的なサービスを受けることができます。

項目別おすすめ度
求人数
(4.0)
第二新卒
(4.0)
ハイクラス
(3.0)
転職サポート
(4.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(4.0)

沖縄県内にあるパソナキャリアの拠点

全国的に支店網の豊富なパソナキャリアは、沖縄県にも沖縄支店を構えています。

沖縄支店のロケーションは、 那覇市久茂地3-1-1 日本生命那覇ビル5階です。

アクセス方法は、モノレール県庁前駅から徒歩2分です。

パソナキャリアを実際に利用した人たちの口コミ・評判

パソナキャリアに登録したのは、知人からの紹介がキッカケでした。知人がパソナキャリアのキャリアアドバイザーは感じが良いから相談しやすいと教えてくれたので、実際に登録して面談してみると、その言葉通りでした。担当のキャリアアドバイザーは自分の考えなどを一切出さずに、相手がどのような求人を求めているのか、どのようなキャリアを望んでいるのか等のヒアリングがうまく、上手に引き出されました。話をしているうちにこちらの考えもまとまってきて、キャリアの方向性が明確になりました。

キャリアアドバイザーがそれぞれの専門分野を持っていて、各業界出身者の方が在籍しているので、こちらの話を同業界の人のように理解してくれて助かりました。その後の展開もサクサクと進んで、終始話が進めやすかったです。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは面談の時は丁寧な対応でしたが、面談以外の時、メールや電話での対応もきめ細やかで丁寧でした。内定が決まってすべてが終わった後に連絡した時も感じが良く最後まで親切で、ビジネスライクな感じは全く受けませんでした。

パソナキャリアの詳細はこちら

4位 JTB沖縄人材バンク

JTB沖縄人材バンクは、沖縄県の観光業、旅行業界で就職する人・転職する人を支援するために生まれた転職エージェントです。

JTB沖縄は観光業と密接な繋がりがあるので、そのネットワークを生かしたサービスを展開しています。

仕事の紹介のみならず、沖縄移住ガイドに関しても教えてくれるので、沖縄県での生活と一体となったサービスと言えるでしょう。

項目別おすすめ度
求人数
(3.0)
第二新卒
(3.0)
ハイクラス
(3.0)
転職サポート
(4.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(4.0)

沖縄県内にあるJTB沖縄人材バンクの拠点

JTB沖縄人材バンクの運営会社、株式会社JTB沖縄のロケーションは、沖縄県那覇市おもろまち4-19-30新都心DLビル3階になります。

アクセス方法は、沖縄都市モノレールの、おもろまち駅から徒歩3分の距離です。

JTB沖縄人材バンクを実際に利用した人たちの口コミ・評判

沖縄県で転職活動をしようと考えていましたが、沖縄県に関しては沖縄県に特化した転職エージェントがいいのではと思っていたところ、JTB沖縄人材バンクを知りました。JTB沖縄人材バンクは沖縄県のホテル関連やウェディング関連の仕事、観光業・旅行業など、豊富な業種の求人情報が揃っていました。特にJTBが母体なので、観光業に関する求人が多かったです。

JTB沖縄人材バンクは、特に沖縄県の観光業に関して観光業に詳しいカウンセラーがいるので、色々な情報を聞き出すことができました。求人情報の数自体は多くありませんが、深い情報を教えてくれるので、十分に納得できる内容でした。

昔から憧れのあった沖縄県にいつか移住しようと考えていましたが、あることがキッカケで移住を決断しました。早速転職活動を始めたところ、JTB沖縄人材バンクという沖縄専門の転職エージェントの存在を知って登録しました。JTB沖縄人材バンクでは仕事紹介だけでなく、沖縄県に移住するにあたって生活する上で役立つ情報まで教えてもらったので、とても助かりました。

5位 ワークポート

ワークポート

ワークポートサーチは主にIT業界に特化した転職エージェントで、WEB関連・ゲーム関連に強みを持っています。

転職決定人数NO.1を誇っていて、転職を決断する方が多いという特徴があります。

ワークポートサーチでは保有する求人情報の約95%が非公開求人情報なので、登録しないとほとんどの求人情報を見ることができないサービスです。

項目別おすすめ度
求人数
(3.0)
第二新卒
(4.0)
ハイクラス
(3.0)
転職サポート
(4.0)
エージェントの質
(3.0)
異業種
(4.0)

沖縄県内にあるワークポートサーチの拠点

ワークポートサーチの拠点は、沖縄県内にはありません。

沖縄県に最も近いオフィスが、九州の福岡県にある福岡オフィスです。

住所は、福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38天神121ビル7階です。地下鉄空港線の天神駅から徒歩10分で着きます。

ワークポートサーチを実際に利用した人たちの口コミ・評判

私の場合はWEB業界で働いていたので、大手転職エージェントではなく、WEB業界に強みのあるワークポートサーチに登録しました。その目論見は当たり、WEB業界に関しては大企業からベンチャー企業まで社格問わずに豊富な求人があり、職種も幅広く取り揃えていました。非公開求人数も多く、不満に感じるようなサービスはありませんでした。

ワークポートサーチは対応がスピーディーなので助かりました。案件に関して出し惜しみせずに次々と案内してくれたので、その過程で嗜好がブラッシュアップされていき、効率的な案件探しをすることができました。非公開求人から紹介される案件は上質で、大手にも引けを取らない内容だと感じました。

転職コンシェルジュも優秀な方でしたが、ワークポートサーチ最大の魅力はオリジナルツールでした。進捗状況が一目で分かるeコンシェルジュなど、現代的でスマートな便利機能が充実していました。無料で利用できる証明写真サービスもあるので、書類提出の際に利用できてお得でした。

ワークポートの詳細ページはこちら

6位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材紹介業界のドンとして長年君臨しているリクルートエージェント。

転職支援実績NO.1で、業界最大級の求人情報を抱えています。

圧倒的な知名度とともに全国的に展開しているので、ほぼ全ての業界・職種をカバーしています。

営業力のあるキャリアアドバイザーが在籍していることも有名で、大企業への転職や年収アップを実現しやすい環境があります。

項目別おすすめ度
求人数
(5.0)
第二新卒
(4.0)
ハイクラス
(3.0)
転職サポート
(4.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(4.0)

沖縄県内にあるリクルートエージェントの拠点

沖縄県にはリクルートエージェントの拠点はありません。

福岡県に福岡オフィスがあり、福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル6階に入居しています。

地下鉄空港線の天神駅1番出口から出て徒歩5分で着きます。

リクルートエージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

転職活動をするなら最大手の人材紹介会社を利用したいと考えていたので、リクルートエージェントに登録しました。キャリアアドバイザーのカウンセリングを受けた後に求人紹介となりましたが、その膨大な求人数に驚きました。次から次へと紹介してくれるので、求人紹介に終わりはないのではと錯覚するほどでした。最終的に最も希望に近い求人への応募を数社に絞り込み、転職活動に専念しました。

リクルートエージェントの担当者は営業力があり、内定が出た企業との年収交渉で力を発揮してくれました。面接の際に企業から言われた金額をさらに上げてくれたので、気持ち良く転職することができました。

リクルートエージェントでは様々なインプットできる場が提供されていましたが、特に面接力向上セミナーが良かったです。シミュレーションを交えて面接の必勝ポイントを教えてくれるので、実際の面接で役に立ち、非常に助かりました。WEB上にも情報収拾できるポイントが随所にあるので、いつでも学習することができます。

リクルートエージェントの詳細ページはこちら

沖縄県の転職事情

沖縄県の平均年収

沖縄県の人口は139万人で、3兆7260億円の県内総生産です。

厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査をベースに沖縄県の年収状況を算出したころ、2017年の沖縄県の平均年収は366万1900円でした。

この数値は全国都道府県で45位と、平均よりも下位です。

平均月収では26万1600円、平均賞与は52万2700円です。平均年齢は42.0歳、平均勤続年数は9.4年です。

男女別では、2017年の男性の平均年収が405万1800円に対し、女性の平均年収は318万5100円と、90万円近い差があります。

男性 女性
20代 279万円 257万5000円
30代 382万2000円 310万円
40代 476万1000円 356万1000円
50代 506万1000円 357万円
60代 309万8000円 277万2000円

年齢別では、20代男性の平均年収は279万円、30代男性の平均年収は382万2000円、40代男性の平均年収は476万1000円です。

50代男性の平均が最も高く506万1000円で、60代男性の平均は309万8000円になります。

女性の場合は20代の平均年収が257万5000円、30代平均年収が310万円、40代平均年収は356万1000円です。

ピークが50代の357万円で、60代になると277万2000円になります。

沖縄県の有効求人倍率

沖縄労働局が発表している、平成30年3月の沖縄県の有効求人倍率は1.12倍でした。

全国平均が1.59倍なので、全国と比べると低い数値であると言えるでしょう。

しかし、有効求人倍率は1倍を超えていると好景気と言われるサインなので、1.12倍の有効求人倍率は沖縄県にとって好景気と言えるでしょう。

前月と比較しても、有効求人倍率は1.14倍から1.12倍と0.02ポイント低下しているだけなので、ほとんど変わらない数値となっています。

また、新規求人倍率は1.67倍であり、公共職業安定所による新規求人数は1万746人となり、前年同月に比べると5人増加しています。

この数値の増加は3か月連続です。

新規求職申込件数をみてみると6731人となっているので、前年同月比で449人減少し、5か月連続の減少となっています。

過去3年間を振り返ってみても、沖縄県の有効求人倍率は継続して1倍を超えています。

求職者1人に対して1つ以上の仕事がある安定した状態が続いています。

沖縄県で人気の業種

沖縄県で最も人気の会社は、小売販売業を営んでいる某有名スーパーです。

こちらの会社は沖縄県でも数少ない上場企業なので平均年収が高く、待遇の良さが人気の秘訣になっています。

沖縄県で上場企業は5社あり、それらの会社は極めて人気があります。

沖縄県を代表する地方銀行、共済、沖縄を代表するビールを販売しているビール業界などが特に人気があります。

他には、携帯電話業界や保険業界も、安定した人気を誇っています。

これらの人気から読み取れることは、待遇の良さや安定した企業体質ということに加えて、沖縄県らしい沖縄独自の企業が人気があるということが分かります。

地域にしっかりと根ざした企業が評価を集めているので、県内出身者が活躍できるフォールドがあり、大企業なので県外出身者も活躍できる懐の深さもあります。

それ以外には、証券業界や不動産業界も人気があります。

その背景には、他業界と比較した時の待遇の良さが挙げられます。

これら大手企業の支店は、那覇市に集中しています。

沖縄県の転職は簡単?難しい?

沖縄県の転職難易度は、1倍を超えている有効求人倍率を考えてみると、そこまで難しくない転職マーケットであると言えるのではないでしょうか。

とはいえ、全国的にみると低めの有効求人倍率でもありますので、油断は禁物です。

しっかりと情報収拾してから、転職活動をスタートした方がいいでしょう。

沖縄県で転職をしたいと考えている方は、この沖縄県転職完全ガイドを参考にして、最適な転職エージェントを決めてください。

一人で頑張るよりも遥かに効率的で、成功率も上がります。担当のキャリアアドバイザーと協力して、転職活動を成功させてください。