WORKPORT(ワークポート)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ワークポート

一口に転職サイトと言っても検索エンジンとしての機能に特化したタイプと転職エージェントによる支援を受けるタイプの二種類があり、各サイトにはメリット・デメリットが存在します。

そこで今回は、転職決定人数ナンバーワンの実績を誇る総合転職エージェント「ワークポート」のメリット・デメリットについて解説します。

一目で分かるWORKPORT(ワークポート)の評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

WORKPORT(ワークポート)の運営会社はどんな会社?

ワークポートは株式会社ワークポートが運営する転職サイトです。

同社は全国各地にグループ会社を持つ人材紹介サービス事業を展開する企業の中では大手と言われる会社の一つです。

ワークポートのグループ会社にもそれぞれIT業界専門、電気・電子・機械メーカーなど特定の業界に特化した転職サイトの他、未経験者のみを対象としたサイトなどの特徴があります。

その中で代表的なサイトが総合転職エージェントである「ワークポート」なのです。

WORKPORT(ワークポート)のメリット

  • 総合転職エージェントでありながらIT業界に強い
  • 登録が楽
  • 求人数が多い

総合転職エージェントでありながらIT業界に強い

ワークポートは総合転職エージェントとして、幅広い業界・業種の案件を扱っていますが、中でもIT業界やクリエイティブな職種の案件に強く、その業界に特化した転職サイトにも引けを取らない情報量を誇ります。

また、ワークポートの転職コンシェルジュにはIT業界での業務を経験した人も多くいるので、ヒアリングの時に業界経験者ならではのアドバイスを受けることができるのもメリットの一つです。

また、その他の業種についてもそれぞれ専門的な知識を持ったコンシェルジュが在籍しています。

登録が楽

どこの転職エージェントであっても、利用するには登録を済ませなければなりません。

転職エージェントでは初回登録の項目で事前に転職理由などを聞くことが多く、忙しい人にとっては面倒な作業と言えます。

でも、ワークポートなら登録の時に必要なのは名前、メールアドレス、住んでいる都道府県、希望職種など簡単なものだけです。

所属企業などについて細かく答える必要はなく、転職希望理由などをこの段階で文字にする必要はなく、時間を取られません。

求人数が多い

全国規模で事業展開するワークポートはそのコミュニティーを活かして豊富な求人情報を集めることを可能としています。

初回の面談が終わると、早ければ翌日には数十件もの希望条件を踏まえたうえでの案件を提案してもらえるので、豊富な情報の中から自分が一番良いと思う求人をじっくりと選ぶことができます。

WORKPORT(ワークポート)のデメリット

  • 的外れな案件が混ざっていることがある
  • 対応は早いがやや事務的

的外れな案件が混ざっていることがある

沢山の求人情報を紹介してもらえるのはワークポートを利用するメリットの一つです。

しかし、その案件の中には自分が出した希望条件と離れているものも混ざっていることがあります。

求人情報の量については申し分のないワークポートですが、送られてきた案件の中で比較的希望条件に沿ったものを、自分で絞るという作業をしなければならないというデメリットがあります。

対応は早いがやや事務的

ワークポートは急いで次の仕事先を決めなければならない人にとってはありがたい対応の早さが魅力です。

ただ、対応が早い反面やや事務的な印象が強いのがデメリットです。

一人の登録者に対してそこまで深く掘り下げることはないので、転職活動が不安で仕方がなく、精神面で丁寧なサポートを受けたいと考えるのであればやや物足りないと言えます。

WORKPORT(ワークポート)のコンサルタントサービス

ワークポートの転職支援サービスの特徴はシステム化がきちっとなされている点にあります。

登録してから、初回面談、案件紹介、面接日程調整、そして入社という一連の流れがとてもスムーズです。

面談の予約などは電話、メールだけでなくウェブ上のフォームから行うことができ、手軽です。

また、ワークポートの転職コンシェルジュはそれぞれの業界・業種のスペシャリストであるということも大きな特徴の一つです。

ワークポートは検索エンジンとしてだけ利用することも可能です。

しかし、無料の転職支援サービスを申し込むことで検索では見ることができない非公開求人も紹介してもらえます。

ワークポートは保有する求人情報の約70~95%です。

転職支援サービスを受けることで可能性を大きく広げることができます。

WORKPORT(ワークポート)はどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
在籍中の転職
(5.0)
第二新卒
(4.0)
自分のペースで転職したい
(3.0)
初めての転職
(3.0)
IT・WEB・エンジニア
(5.0)
アパレル関係
(1.0)
福祉関係
(3.0)
医療関係
(2.0)
大手
(5.0)
地方
(4.0)

ワークポートに向いているのは転職活動に多くの時間を割くことができない人です。

また、転職を急ぎたい人も向いていると言えます。

ワークポートは転職するのに必要な作業の多くをサポートしてくれるうえ、そのスピードは業界トップレベルです。

職種に関してはIT関連職を転職先として考えている人はワークポートに適しています。

ワークポートは総合転職エージェントですが、IT業界の案件については専門の転職サイトにも負けない求人情報と、専門知識のあるコンシェルジュを用意しています。

登録したからといって必ず転職を完了させるようにと迫られることもないので、幅広い需要に対応できるワークポートはとりあえず登録しておく転職サイトとしてもおすすめできます。

WORKPORT(ワークポート)で転職するまでの流れ

ワークポートでの転職はまず、ウェブサイト上でできる無料転職支援サービスの申し込みから始まります。

ここで、名前やメールアドレス、希望職種、勤務地などの項目を入力します。

転職理由などについてはここでは聞かれません。

登録が済むとワークポートから折り返しの連絡が来て面談の日程を調整します。

「面談予約画面」というフォームを使って希望の日程を調整したら、ワークポートに出向き、初回の面談を行います。

ここで条件面について調整を行い、後日求人情報の紹介をメールか電話で受け取ります。

良い求人があったらワークポートによる書類作成指導を受け、面接の準備を進めます。

面接終了後、無事内定が出たら、ワークポートが入社日を調整するという流れで転職完了となります。

WORKPORT(ワークポート)の口コミ一覧

年齢 20代
性別 男性
地域 東京
私は飲料メーカーの営業として働いていましたが、元々はIT関連の仕事に興味があり、学生時代は個人的にシステムエンジニアを養成するスクールに大学と併せて通っていました。しかし、就職活動がうまくいかず今の仕事に就いたのですが諦めきれなかったので転職を決意し、IT関連の求人に強いと評判だったワークポートに登録しました。担当のコンシェルジュの方はIT業界での勤務経験がある方で参考になる情報を多く提供してもらえたので、業界未経験の私でも安心して転職活動ができました。
年齢 20代
性別 女性
地域 大阪
前の職場では上司との折り合いが悪く、衝動的に退職してしまったのですぐに転職先を見つける必要があり、総合転職エージェントであるワークポートに登録しました。面談をした翌日には希望した条件に近い求人情報を20件ほど紹介してもらえたので、時間がない中でも選択肢を多く提供してもらえて助かりました。短時間で書類作成指導から面接対策までしてもらい面接の日程調整なども待たされることなくスムーズでした。
年齢 30代
性別 男性
地域 東京
システムエンジニアとして前の職場で働いていましたが、給与など自分に対する評価がやや低いのではないかという不満から、もっと高い評価をしてくれる企業を探すためにIT業界に強いと聞いたことがあったワークポートに登録しました。他にもう一つIT業界に特化した転職サイトに登録していましたが、対応が早かったのでワークポートを選びました。紹介してもらえた非公開求人情報の中には経験者を優遇してくれる企業が思いのほか多く、転職を決意してよかったと思いました。IT業界に転職したいならワークポートはとても便利だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です