WORKPORT(ワークポート)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ワークポート

ワークポートはITやWEB業界の転職に強く、内定率の高さが売りの転職エージェントです。

転職が決まるまでのスピードも早く、急いで今の仕事を辞めたい!という方にもおすすめです。

そこで今回は、転職決定人数ナンバーワンの実績を誇る総合転職エージェント「ワークポート」のメリット・デメリットについて解説します。

一目で分かるWORKPORT(ワークポート)の評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

WORKPORT(ワークポート)の運営会社はどんな会社?

ワークポートは株式会社ワークポートが運営する転職サイトです。

同社は全国各地にグループ会社を持つ、人材紹介サービス事業を展開する企業の中では大手と言われる会社の一つです。

IT業界・ゲーム業界・営業職など、それぞれ業種ごとに専門のサイトやエージェントを用意しており、幅広い業界の転職に強いのが特徴です。

その中でワークポートは総合転職エージェントとして、転職決定人数ナンバーワンを誇っており、日々多くの転職を実現させています。

WORKPORT(ワークポート)のメリット

  • 総合転職エージェントでありながらIT業界に強い
  • 登録が楽
  • 求人数が多い

総合転職エージェントでありながらIT業界に強い

ワークポートは総合転職エージェントとして、幅広い業界・業種の案件を扱っていますが、中でもIT業界やクリエイティブな職種の案件に強く、その業界に特化した転職サイトにも引けを取らない情報量を誇ります。

また、ワークポートの転職コンシェルジュにはIT業界での業務を経験した人も多くいるので、ヒアリングの時に業界経験者ならではのアドバイスを受けることができるのもメリットの一つです。

また、その他の業種についても、それぞれ専門的な知識を持ったコンシェルジュが在籍しています。

「マイナビエージェント」や「DODA」のような総合転職エージェントでは、専門知識を持ったコンシェルジュに相談するためには、結局専門エージェントに登録しなおす必要があることも多いです。

その点、ワークポートでは、総合転職エージェントでも専門のコンシェルジュを揃えているので、一つに登録するだけで効率的に転職活動を進めることができます。

登録までの手続きが簡単

転職エージェントへ登録する際には、現在の就業状況や職務経歴など細かく入力しなければならず、登録するまでの手続きが面倒だと、途中で辞めてしまう人も多いです。

しかしワークポートであれば、名前・メールアドレス・住んでいる都道府県・希望職種など、簡単な情報を登録するだけで利用することができます。

所属企業などについて細かく答える必要はなく、転職希望理由などをこの段階で文字にする必要はなく、時間を取られません。

そのためとりあえず登録して、どんな求人があるのか見てみたいという方にもおすすめです。

もちろん勤務先へ電話が掛かってくるといったこともないので、気軽に登録できる転職エージェントです。

紹介してもらえる求人数が多い

ワークポートは全国に拠点を置いており、どの地域でも紹介できる求人数が多いのが特徴です。

転職エージェントの中には、都市部の求人しか扱っておらず、地方の求人は少ししか紹介できないところが多いです。

ワークポートの場合、他の転職サイト・エージェントでは紹介されていない地方の求人も多いので、Uターン転職などにもおすすめです。

また最短で登録した次の日から求人を紹介してもらえるので、急いで転職先を探している方にもおすすめです。

転職が決まるまでのスピードも早い

ワークポートでは、用意されているコンシェルジュの数が多く、担当者があなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。

メールや電話のやり取り、求人紹介、企業側との交渉など、すべてスピーディに進んでいくので、他の転職エージェントよりも圧倒的に早く転職を決めることができます。

通常、転職エージェントを利用した場合、最短でも転職先が決まるまでに1カ月はかかってしまいます。

しかしワークポートを利用した人の中には、登録してから2週間で内定をGETできた!という人もいます。

日程の調整なども専属のコンシェルジュが行ってくれるので、働きながら急いで転職したい方にもおすすめです。

WORKPORT(ワークポート)のデメリット

  • 的外れな案件が混ざっていることがある
  • 対応は早いがやや事務的という声も

的外れな案件が混ざっていることがある

先ほど紹介した通り、ワークポートでは全国各地膨大な量の求人を抱えています。

そのため会員登録後はすぐに求人を紹介してもらうことができますが、中には要望とはずれた的外れな求人が紛れ込んでいることも多いようです。

とにかく応募できる求人を多く紹介して、少しでも選択肢を増やそうという方針のコンシェルジュが多いようです。

そのため紹介された求人を片っ端から応募するのではなく、自分で考えて吟味して選ぶことが求められます。

またある程度絞り込んで紹介してもらいたい時には、あらかじめ紹介する求人数など指定しておけば、スムーズに求人を選べるでしょう。

対応は早いがやや事務的

ワークポートは急いで次の仕事先を決めなければならない人にとってはありがたい対応の早さが魅力です。

しかし対応が早い反面、やや事務的に感じてしまう人も多いようです。

特に初めての転職で不安を抱えている方は、テキパキ話を進められても戸惑ってしまうかもしれません。

ただしコンシェルジュの対応は、担当者によってかなりの差があります。

そのため「自分には合わないな…」と感じたときには、遠慮せずに担当者を代えてもらうようにしましょう。

また複数の転職エージェントに登録しておけば、コンシェルジュ同士を比較することができ、どれくらい担当者を信頼できるのか判断基準にもなるのでおすすめです。

転職サイト・エージェントを掛け持ちする際の注意点!複数登録のメリット・デメリット

WORKPORT(ワークポート)のコンサルタントサービスをおすすめする理由

ワークポートでは会員登録後は、自分でも求人を探すことができるので、求人検索型の転職サイトとしても利用できます。

しかしワークポートを利用するのであれば、コンサルタントサービスを利用することをおすすめします。

実は自力で検索できるのは全体の10~20%程度の求人しかなく、エージェント経由でしか紹介してもらえない非公開求人が80%近くあるからです。

非公開求人は募集が殺到するのを避けるため、条件を設定して、エージェント経由からしか募集を受け付けていない求人のことです。

一般的に非公開求人は公開求人よりも待遇が良く、また内定率が高いのも特徴です。

ワークポートを利用する際には、必ずコンサルタントサービスを利用することをおすすめします。

WORKPORT(ワークポート)のコンシェルジュのサポート内容を徹底解説!

ワークポートの電話連絡はしつこい?

利用者の口コミを調べると、「担当者からしつこく電話があって迷惑だった」というコメントも見かけます。

さすがに連日何十件も電話が掛かってくることはないですが、急ぎで紹介したい求人がある場合、仕事中でも携帯電話へ着信があるケースも多いようです。

また担当者によっては、仕事が終わった時間を見計らって電話を掛けて来ることもありますが、人によってはこれがストレスになる場合もあります。

そのためワークポートを利用する際には、事前に連絡方法や電話を掛けていい時間帯を指定しておくと安心です。

またすでに転職先が決まって、求人の紹介をして欲しくない方は、早めに退会手続きを済ませておくことをおすすめします。

WORKPORT(ワークポート)はどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
3.50
在籍中の転職
(5.0)
第二新卒
(4.0)
自分のペースで転職したい
(3.0)
初めての転職
(3.0)
IT・WEB・エンジニア
(5.0)
アパレル関係
(1.0)
福祉関係
(3.0)
医療関係
(2.0)
大手
(5.0)
地方
(4.0)

ワークポートに向いているのは、転職活動に多くの時間を割くことができない人です。

また、転職を急ぎたい人にもおすすめです。

ワークポートは転職するのに必要な作業の多くをサポートしてくれるうえ、そのスピードは業界トップレベルです。

業界・職種に関してはIT関連職を転職先として考えている人はワークポートに適しています。

ワークポートは総合転職エージェントですが、IT業界の案件については専門の転職サイトにも負けない求人情報と、専門知識のあるコンシェルジュを用意しています。

登録したからといって必ず転職を完了させるようにと迫られることもないので、幅広い需要に対応できるワークポートはとりあえず登録しておく転職サイトとしてもおすすめできます。

WORKPORT(ワークポート)で転職するまでの流れ

  1. 「転職相談サービス申し込み」から会員登録
  2. 専任の転職コンシェルジュからメール連絡
  3. 転職コンシェルジュと面談
  4. 求人の紹介
  5. 応募・書類作成・面接
  6. 内定決定

「転職相談サービス申し込み」から会員登録

ワークポートの転職相談サービス(コンサルタントサービス)を利用するには、無料会員登録が必要です。

無料会員登録時には以下の簡単な項目だけ入力すればOK。

詳細情報などは後日、コンシェルジュとの面談においてヒアリングがあるので、簡単に登録手続きを終わらせることができます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • お住いの都道府県
  • 希望勤務地
  • 希望職種

会員登録後は当日から3営業日以内に、案内のメールが届くようになっています。

ワークポートからメール連絡・面談日程調整

ワークポートからメールが届いたあとは、メールの指示に従って面談の希望日程を選択します。

いくつか候補の予定日を選択できるので、自分の都合に合わせて面談日を設定することができます。

平日であれば翌営業日には、面談日程の決定連絡が専任のコンシェルジュからメールで届きます。

土日に設定した場合、混雑状況によっては案内のメールが遅れてしまう可能性があります。

また平日・土日でも面談が難しい方は、電話や夜の面談にも対応しているので、相談してみてください。

転職コンシェルジュと面談

転職コンシェルジュとの面談では、主にこれまでの職務経歴や転職理由、また希望する転職先についてヒアリングが行われます。

このヒアリングの結果を基に求人が紹介されるので、自分の意見や考えを事前にまとめておくようにしましょう。

また転職コンシェルジュからの印象を悪くしてしまうと、競争率の高い優良求人は無理だと判断され、質の悪い求人を回されてしまう可能性もあります。

そのため最低限の社会人としてのマナー・礼節をもって、コンシェルジュとの面談に臨むようにしましょう。

求人の紹介

面談時の要望に沿って、求人お紹介が行われます。

ワークポートでは常時1万5000件以上の求人を抱えており、希望すれば大量の求人を紹介してもらうことが可能です。

また企業の内部情報など、外部からは分からない情報も教えてもらえるので、会社の雰囲気など不安な時には細かく相談するようにしましょう。

随時求人は更新されていくので、現時点で理想の求人が見つからなくても、時期を空けたら優良求人が回ってくるケースも多いです。

応募・書類作成・面接

応募したい求人を決めたあとは、履歴書や職務経歴書を作成して、コンシェルジュが企業へと送ります。

その際、履歴書の書き方や自己PRが不安な方は、コンシェルジュが添削もしてくれるので安心です。

特に初めて転職をする方は、何をアピールすべきか分からずに不安なものです。

ワークポートのコンシェルジュであれば、これまでかなりの数の転職を実現させているので、効果的なアピール方法を教えてもらうことができます。

内定決定

面接を経て、無事内定が出ても、ワークポートのサポートは終わりません。

転職後も条件の食い違いがないか、また穏便に退職する方法など、転職に関することならあらゆる相談に応じてくれます。

企業側との交渉もコンシェルジュが代行してくれるので、不安なことなどあれば担当者へ気軽に相談するといいでしょう。

WORKPORT(ワークポート)との面談の流れと面談前に準備しておくべきこと

ワークポートの拠点一覧

  • 東京本社
  • 五反田オフィス
  • 大阪オフィス
  • 福岡オフィス
  • 横浜オフィス
  • 名古屋オフィス
  • 仙台オフィス

ワークポートには全国各地に上記の拠点が用意されています。

東京本社

オフィス名 東京本社
住所 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
アクセス方法 JR大崎駅から徒歩5分

五反田オフィス

オフィス名 五反田オフィス
住所 東京都品川区東五反田1-21-9 ウィスタリア東五反田ビル7F
アクセス方法 JR五反田東口から徒歩5分

大阪オフィス

オフィス名 大阪オフィス
住所 大阪府大阪市中央区平野町2-3-7 アーバンエース北浜ビル14階
アクセス方法 京阪電車北浜駅から徒歩7分

福岡オフィス

オフィス名 福岡オフィス
住所 福岡県福岡市中央区天神1丁目3-38 天神121ビル7階
アクセス方法 福岡市地下鉄「天神南」駅から徒歩1分

横浜オフィス

オフィス名 横浜オフィス
住所 神奈川県横浜市西区北幸1-11-11 NMF横浜西口ビル6階
アクセス方法 横浜駅から徒歩6分

名古屋オフィス

オフィス名 名古屋オフィス
住所 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル 8F
アクセス方法 久屋大通から徒歩2分

仙台オフィス

オフィス名 名古屋オフィス
住所 宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22 宮城野センタービル5階
アクセス方法 宮城野通から徒歩1分

WORKPORT(ワークポート)の口コミ一覧

年齢 20代
性別 男性
地域 東京

私は飲料メーカーの営業として働いていましたが、元々はIT関連の仕事に興味があり、学生時代は個人的にシステムエンジニアを養成するスクールに大学と併せて通っていました。しかし、就職活動がうまくいかず今の仕事に就いたのですが諦めきれなかったので転職を決意し、IT関連の求人に強いと評判だったワークポートに登録しました。担当のコンシェルジュの方はIT業界での勤務経験がある方で参考になる情報を多く提供してもらえたので、業界未経験の私でも安心して転職活動ができました。
年齢 20代
性別 女性
地域 大阪

前の職場では上司との折り合いが悪く、衝動的に退職してしまったのですぐに転職先を見つける必要があり、総合転職エージェントであるワークポートに登録しました。面談をした翌日には希望した条件に近い求人情報を20件ほど紹介してもらえたので、時間がない中でも選択肢を多く提供してもらえて助かりました。短時間で書類作成指導から面接対策までしてもらい面接の日程調整なども待たされることなくスムーズでした。
年齢 30代
性別 男性
地域 東京

システムエンジニアとして前の職場で働いていましたが、給与など自分に対する評価がやや低いのではないかという不満から、もっと高い評価をしてくれる企業を探すためにIT業界に強いと聞いたことがあったワークポートに登録しました。他にもう一つIT業界に特化した転職サイトに登録していましたが、対応が早かったのでワークポートを選びました。紹介してもらえた非公開求人情報の中には経験者を優遇してくれる企業が思いのほか多く、転職を決意してよかったと思いました。IT業界に転職したいならワークポートはとても便利だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です