東京都でおすすめの転職エージェント比較ランキング!東京都転職完全ガイド

東京都

大都会の東京で転職活動をしていると、あまりにも情報量が多すぎて一体どの転職サイトを利用すれば良いのか分からなくなっている方もいるはずです。

とはいえ、転職活動をするにあたって、適切な転職サイトを選択することは極めて重要になります。

この記事では、転職サイト選びで悩んでいる方に向けて、実際に転職サイトを利用して転職した人の口コミと評判をベースとして、分かりやすく紹介していきます。

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

圧倒的な知名度とブランドで、転職業界NO.1の情報量を誇るのがリクルートエージェントです。

国内転職支援実績もNO.1を誇り、その支援サービスの質の高さは有名です。あらゆる業界に対応した総合型転職エージェントと言えます。

項目別おすすめ度
求人数
(5.0)
第二新卒
(4.0)
ハイクラス
(5.0)
転職サポート
(5.0)
エージェントの質
(5.0)
異業種
(4.0)

東京都内にあるリクルートエージェントの拠点

東京都内にあるリクルートエージェントの拠点は、東京都千代田区丸の内グラントウキョウサウスタワーという高層ビルにあります。

JR東京駅八重洲口から外堀通りを有楽町に向かって3分歩けば到着する絶好のロケーションです。

リクルートエージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

新卒で内定が出た会社に就職してからまだ1年に満たない第二新卒での転職活動だったため、他の転職エージェントでは紹介できる案件がないと言われてしまいました。そこで業界最大手のリクルートエージェントに登録したところ、20社以上の求人を紹介してくれてその規模の大きさに驚きました。結果、紹介された企業の1社に内定が決まり、そこで働いています。

初めての転職活動ということをエージェントに話したところ、履歴書と職務経歴書の書き方を詳しく教えてくれて、さらに書き上げた書類の添削までしてもらえました。そのおかげで、書類選考で落とされることはありませんでした。初めての転職活動の方にオススメできます。

書類選考も面接も無事に通りましたが、条件について交渉したいと考えていました。ただ、自分で交渉すると落とされるのではと心配していたところ、エージェントの方が間に入って条件交渉してくれたのでスムーズに希望を通してもらい、希望の条件で内定が決まりました。リクルートエージェントはいざという時にも力になってくれる、営業力のある転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細はこちら

2位 マイナビエージェント

マイナビエージェント

誰もが知っている新卒向け就職支援サイトのマイナビが運営する転職サイトがマイナビージェントです。

総合型の転職エージェントでありながら、特にIT業界に強みを持っています。

求人数の約6割がITとメーカーで占められています。

一人一人の求職者に対してきめ細かいサポートをするのが特徴で、非常に高い書類選考率でも知られています。

項目別おすすめ度
求人数
(4.0)
第二新卒
(5.0)
ハイクラス
(4.0)
転職サポート
(5.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(4.0)

東京都内にあるマイナビエージェントの拠点

東京都内にあるマイナビエージェントの拠点は、東京都中央区京橋にある東京オフィスです。

東京メトロ銀座線の京橋駅付近に2ヵ所あります。

第一オフィスが京橋駅2番出口直通の相互館110タワー。

第二オフィスが京橋駅6番出口から徒歩3分のぬ利彦ビル南館8階にあります。

マイナビエージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

大手転職サイト数社に登録し、それぞれのエージェントに相談しましたが、マイナビエージェントで紹介された求人が一番的確でした。ちょうど良い求人件数で、自分に合った求人情報を紹介してもらえたので、とてもスムーズな転職活動をすることができました。

就職して1年以内の転職活動だったため、まだ社会人経験も乏しく自信もない状態で不安でした。そんな時にマイナビエージェントのコンサルタントに相談したところ、私と同じような境遇の人が多いことや第二新卒の求人は多いことを教えてもらい、安心できました。信頼できるコンサルタントと一緒に頑張れたことで、転職活動が成功できたと思います。

履歴書と職務経歴書の書き方についてあまり不安には思っていませんでしたが、ある企業で落とされてしまいました。その後、マイナビエージェントに登録したところ、担当の方の丁寧なアドバイスで書類選考で落とされなくなりました。プロの方の添削があるとないでは、かなりの違いがあるなと思いました。書類選考で落とされたくない人はマイナビエージェントがオススメです。

マイナビエージェントの詳細はこちら

3位 JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはイギリスのロンドンで生まれた転職エージェントで、世界中の企業と提携しています。

そのため、外資系企業や海外進出している企業に強みがあり、ハイキャリア層の転職を得意としています。

専門性の高いコンサルタントが在籍していて、30代以上のベテラン層でも多くの転職成功例を持っています。

項目別おすすめ度
求人数
(4.0)
第二新卒
(3.0)
ハイクラス
(5.0)
転職サポート
(4.0)
エージェントの質
(5.0)
異業種
(3.0)

東京都内にあるJACリクルートメントの拠点

全国に支社のあるJACリクルートメントですが、東京都千代田区神田に本社を構えています。

東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線の神保町駅A9出口から徒歩2分のロケーションです。

東西線の竹橋駅からは徒歩5分、千代田線の新御茶ノ水駅から徒歩5分と、徒歩5分圏内に5路線というアクセス抜群の立地にあります。

JACリクルートメントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

JACリクルートメントの場合は単純に仕事を変える提案をしてくるのではなく、それまでの経験を生かしながらキャリア形成をしていくという内容でした。長期的なビジョンに立ったジョブオファーをしているので、コンサルタントの質が高いなと感じさせられました。JACリクルートメントではキャリア内の提案に留まらず、キャリアが広がる提案を受けることができます。

他にも大手転職サイトに登録していましたが、外資系企業に関する求人情報はJACリクルートメントが最も豊富でした。外資系企業だけでなく優良企業の紹介も多く、質の高さが感じられました。企業側から求められるキャリアのレベルも高いので、キャリアに自信がある方には向いているかもしれません。

JACリクルートメントのコンサルタントはレスポンスが迅速です。メールでも電話でもスピーディーな対応なので、忙しい方には最適です。コンサルタントもベテランが揃っているので、30代以上の方でも向いているのではないでしょうか。私の場合はJACリクルートメント経由でキャリアアップできて、年収が上がりました。

JACリクルートメントの詳細はこちら

4位 パソナキャリア

パソナキャリア

全国展開する大手転職エージェントのパソナキャリアは正しさを企業理念として、企業利益よりも顧客主義を貫いています。

そのため、一人一人に手厚いサポートを提供していて、パソナキャリア経由で転職活動をした利用者からの高い満足度で知られています。

年収アップ率は7割近くに達していて、満足度と結果の両方を実現しています。

項目別おすすめ度
求人数
(4.0)
第二新卒
(4.0)
ハイクラス
(4.0)
転職サポート
(5.0)
エージェントの質
(5.0)
異業種
(4.0)

東京都内にあるパソナキャリアの拠点

東京都内にあるパソナキャリアの拠点は東京都千代田区丸の内、新丸の内ビルディング14階にあります。

そして、本部ビルは東京都千代田区大手町に所在しています。

どちらも東京駅から徒歩5分以内の便利なロケーションです。

パソナキャリアを実際に利用した人たちの口コミ・評判

ここまで親切な転職エージェントは初めてです。メールや電話から面談時のアドバイスなど何から何まで親切丁寧で、逆に感謝するほどの転職エージェントでした。求人に関しても、自分の希望をじっくりと聞いてくれて、それを汲み取った上での求人紹介は的確でした。快適な雰囲気の中で転職活動をすることができたので、転職もうまくいったのだと思います。親切なコンサルタントを探してる方にはオススメしたいです。

初めはパソナキャリアも他の大手転職サイトも、求人内容に変わりないのではと思っていました。ところが登録して面談したところ、紹介される求人には非公開求人が多く、その内容も他で紹介されていない優良求人がたくさんありました。登録しないと知らない優良求人が溢れているので、パソナキャリアを利用して良かったです。

パソナキャリアは面談場所の雰囲気も、コンサルタントの雰囲気もなぜだか話しやすい空気が漂っています。会社のカルチャーによるものなのでしょうか。色々と話せたおかげで不安が解消され、リラックスして転職活動ができました。

パソナキャリアの詳細はこちら

5位 Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

求職者側とも企業側とも、一人のエージェントがやり取りする両面型転職エージェントがSpring転職エージェントです。

一般的には求職者側と企業側で別のエージェントが担当していますが、Spring転職エージェントは両面型なので、高いマッチング精度と交渉力を武器としています。エージェントの専門性も高く、良質な求人が揃っています。

項目別おすすめ度
求人数
(3.0)
第二新卒
(3.0)
ハイクラス
(4.0)
転職サポート
(4.0)
エージェントの質
(5.0)
異業種
(3.0)

東京都内にあるSpring転職エージェント の拠点

Spring転職エージェントは全国展開していますが、東京都千代田区外神田の秋葉原UDXビル8階にある人財紹介事業本部が、東京都内にあるSpring転職エージェントの拠点です。

JR山手線・総武線・中央線などの秋葉原駅から徒歩3分の距離です。

Spring転職エージェント を実際に利用した人たちの口コミ・評判

大手の転職エージェントに登録しましたが、紹介された求人はどれも的外れでした。より精度を求めてSpring転職エージェントに登録したところ、紹介される求人が的確で驚きました。コンサルタントと一緒に希望する企業1社に絞って集中して取り組んだところ、無事に内定を得ることができました。厳選して転職活動をしたい人には向いているかもしれません。

求人情報の内容だけでは分からないことが多いのですが、Spring転職エージェントでは会社の雰囲気や求めている人物像まで教えてくれました。リアルな情報を収集できたので、事前に自分に合っている企業ということが分かり、面接の際にも違和感なくやり取りすることができました。

年齢が40代というところもあったのか、他の転職エージェントでは断られていました。そんな中、Spring転職エージェントは親身になって話を聞いてくれて、書類選考から面接合格、そして内定まで辿り着くことができました。真摯なサポートに感謝しています。

Spring転職エージェントの詳細はこちら

6位 DODA

DODA

常時10万件以上の求人数を抱えている日本有数の転職サイトのDODA。

求人数だけでなく、求人の質にも定評があります。企業からのスカウトメールの多さも特徴で、受け身型の転職活動にも適しています。

総合型転職エージェントとして知られていますが、その中でもIT・エンジニア系・技術系の求人に強みを持っています。

項目別おすすめ度
求人数
(5.0)
第二新卒
(4.0)
ハイクラス
(4.0)
転職サポート
(4.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(3.0)

東京都内にあるDODAの拠点

DODAは北海道から九州までオフィスを構えている全国対応型の転職エージェントです。

東京都内には東京都千代田区丸の内、丸の内ビルディング27階と28階に本社があります。

JR東京駅地下直結という抜群のロケーションです。

DODAを実際に利用した人たちの口コミ・評判

DODAは圧倒的な情報量でした。登録して面談した後は常にメールで求人情報を流してくれます。膨大な求人量があるので自分の選択肢が広がりますし、どういう企業が募集しているのかというリアルタイムの転職マーケットを知ることができます。業界内のみならず、業界を超えた転職活動ができる転職エージェントです。

転職活動の支援実績が豊富だからこそのテクニカルなアドバイスをたくさん貰えました。職務経歴書の書き方や職務経歴書に記載した内容から面接で質問される内容への先読みなど、実践的なアドバイスが豊富で非常に役に立ちました。実際の面接でも想定内の質問がきたので、スムーズなやり取りができて内定へと繋がりました。

他の転職エージェントでは求人数が少ないと感じていましたが、DODAに登録したら紹介される求人情報が多すぎて、内心嬉しい悲鳴を上げていました。むしろ捌いていくのが大変になるほどの求人件数なので、人によっては情報が多すぎて混乱するかもしれません。テキパキと捌ける人にとっては、とても良い転職エージェントではないでしょうか。

DODAの詳細はこちら

東京都の転職事情

東京都の平均年収

厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査をベースに、東京都の平均年収を算出しました。

2017年の東京都の平均年収は、615万5600円です。

この基準値となる平均年齢は42歳、勤続12.2年、月額給与40万7000円、賞与127万1600円となっています。

男女別で見てみると、2017年の男性の平均年収は685万3500円、同年の女性の平均年収は475万2400円でした。

男女差は約110万円になっています。2016年の男女計の平均年収は、605万9900円。2015年の男女計の平均年収は、623万5400円。

この3年間では、大体600万円から620万円ほどで推移していることが分かります。

年齢別の年収推移を見ると、20歳が最も少ないですがそれから上り坂になっていき、55歳をピークとしてそれ以降は下り坂になります。

東京都の平均年収は男性・女性ともに平均年収は日本一です。

しかしその分物価も高く、賃料も高い傾向にあります。

東京都の有効求人倍率

東京労働局が2017年4月に発表した有効求人倍率によると、2016年度の有効求人倍率は2.04倍と2015年よりも0.23ポイントも上昇しています。

前年を上回る有効求人倍率というのは7年連続の快挙で、2倍を超えたのは1973年度以来43年ぶりです。

1倍を超えれば1人当たり1つの仕事があるという有効求人倍率ですが、それが2倍を超えているというのは1人につき2つ以上の仕事があるという好景気ぶりを表しています。

東京都では人手不足が叫ばれていて、求職者の減少が加速しています。

産業別に見てみると、宿泊業・飲食サービス業が大きく増加して10.2%増、医療・福祉とサービス業は6.5%増と急激な伸びを記録して、9業種中7業種で前年を上回るという結果になりました。

さらに有効求職者数は月平均で18万1407人となり、5.7%もの減少を記録しています。

しかし、最新の有効求人倍率を単月でみると僅かながらポイントが減少し、この状況が落ち着いてきているようです。

東京都で人気の業種

東京にはほぼ全ての業界・業種が集まっているので、自由に選べる環境ではあります。

そんな中でも、転職で人気の業種や急成長している業種があります。

建設業界は非常に大きなマーケットで、日本だけで15兆円を超えています。

インフラ建設の需要には安定性がありますし、人手不足が慢性化しています。

一方、東京オリンピックやリニアの大規模受注が相次いでいるので、今後も期待できる業種と言えます。

また、IT・WEB関係も業界全体で好調です。エンジニアのスキルがある方やマーケティングスキルがある方が重宝されています。

IT業界のプログラマー不足は深刻で、今後どんどん人手が足りなくなると言われています。

そして、東京都内とその近郊に限れば不動産関係も好調です。

湾岸地域を筆頭にしたタワーマンションなどの再開発で大いに賑わっています。

そして、最近では東京郊外にもその波が押し寄せています。

不動産の場合は地域によって好不調の差が激しいので注意は必要です。

東京都の転職は簡単?難しい?

東京都の転職の難しさは業界・業種、そして職種によって変わります。

第二新卒や20代の若い方であれば、異業種や未経験の職種への転職は難しいことではありません。

企業側もポテンシャル採用をしてくれるため、未経験でも門戸を開いている企業がたくさんあります。

選ぶ業界によって違いはありますが、どの業界でも十分に可能性があるでしょう。

30代以上になってくると、ベテラン採用としてキャリアと実績を求められます。

それまでに築き上げてきたキャリアと自信がある実績をベースに転職活動をしましょう。

転職先は、基本的にキャリアの延長線上になることが多いようです。

同じキャリアの延長線上での転職であればそこまで難しくはないかもしれませんが、キャリアチェンジになると難易度は上がります。

とはいえ、東京には日本を代表する転職サイト、転職エージェントが揃っていて、強力なコンサルタントやベテランのエージェントが大勢います。

転職で悩んでいる方はこの記事を参考にそれぞれの状況やニーズに合った転職サイトを選び、自分にフィットするコンサルタントを見つければ、転職活動の成功に繋がるでしょう。