転職ナビ(ジョブセンスリンク)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

転職ナビ

さまざまな求人を比較して転職先を決めたい人は、バリエーション豊富な求人を取り扱っている転職サイトや転職エージェントを利用すると良いかもしれません。

業界最大級の求人を掲載している転職サイトとして、『転職ナビ(ジョブセンスリンク)』が挙げられます。

今回はクチコミや評判を参考にして、転職ナビのリアルなメリット・デメリットを探ります。

一目で分かる転職ナビの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

転職ナビの口コミ一覧

年齢 23歳
性別 男性
前職 一般事務
転職前の年収 270万円
転職後の年収 260万円
転職理由 働いてみると想像していたものとギャップが大きかった。

自分のペースで時々電話で相談しながら転職活動を進めることができたので、楽だった。就活よりも全然負担は少なかったので、今の職場が辛いならどんどん転職するべきだと思う。
年齢 26歳
性別 男性
前職 経理
転職前の年収 310万円
転職後の年収 400万円
転職理由 スキルと収入が見合っていないと感じたから

スカウトサービスに登録してみると、続々とオファーが来たから驚いた。他社と比較することで、現状の待遇が良くないことに気づけた。
年齢 32歳
性別 女性
前職 一般事務
転職前の年収 320万円
転職後の年収 350万円
転職理由 夫の転勤に合わせて

転職ナコウドやスカウトサービスがあるから、働きながらでも転職活動しやすい。思った以上に転職活動がスムーズに進んで、退職直前は引き継ぎや仕事に専念できた

転職ナビのメリット

大手転職サイトの転職ナビはさまざまなメリットがありますが、いくつか挙げると

  • 求人数が非常に多い
  • 電話で転職相談できる
  • 転職者向けの機能が充実している
  • アプリが便利

の4点に絞ることができます。

求人数が非常に多い

転職ナビはとにかく求人数が多く、業界・職種・勤務地がバリエーション豊富です。

営業や事務系などの一般職から専門職まで、あらゆる求人を取り扱っています。

転職希望者は「同業種に転職したい」「異業種に挑戦したい」など、自分の都合に合わせて求人を検索できます。

さまざまな求人を比較しながら、最適の職場を探すことが可能です。

東京や大阪などの発展している地域だけではなく、地方都市の求人も豊富に揃っていることが転職ナビの魅力となります。

近年はビジネスとプライベートのメリハリをつけたい・自然豊かな環境で暮らしたいなどの理由から、UターンやIターンの人気が高まっています。

都心にいながら地方都市の求人を探す、または地方都市に在住しながら都心の求人を検索できることが特徴です。

さらに、転職ナビは「ハローワークペディア」というサービスを展開しています。

これはハローワークに登録されている求人をチェックできる便利なサービスです。

検索機能以外に全国のハローワークの住所や連絡先を調べる、ハローワークの上手な使い方を知ることができます。

ハローワークペディアにも全国各地の求人が揃っているので、求人数は業界トップクラスです。

フリーターやブランクがある人でも就職しやすい求人が多いため、転職ナビはさまざまな転職希望者から支持されています。

電話で転職相談できる

何か悩みがある時は、「転職ナコウド」と呼ばれる無料電話サポートを利用するのが得策です。

転職サイトであるにも関わらず、電話を使ってキャリアアドバイザーに転職活動をサポートして貰えます。

オフィスに行く必要がないので、忙しくて面談に行けない・地方都市に住んでいてオフィスに行けない人でも利用可能です。

実は地方都市向けに転職エージェントサービスを展開している業者が少ないため、転職ナコウドが高く評価されています。

通話料やサポート料は一切かからず、完全無料で利用できることも人気の高い秘密です。

転職者向けの機能が充実している

大手転職サイトなので、利用者のことを考えたさまざまなサービスが展開されています。

代表的な例として、

  • 気になるリスト
  • 検索機能
  • マイページ
  • 転職サポート機能
  • 祝い金

の5点が挙げられます。「気になるリスト」は興味がある求人を保管できるサービスです。

1度求人を気になるリストに登録すると、企業にそのことが伝わります。

企業が転職希望者のレジュメを見て募集要項とマッチしていれば、企業から「応募歓迎」が送信されます。

つまり、応募歓迎が届いた求人は、双方の条件がマッチしているということです。

企業が求めている人物像であることが証明されているので、応募すれば採用される可能性が高くなっています。

このように企業の意思を確認できることが転職ナビの特徴です。

また、気になるリストに保存されている求人に基づいて、自動的に求人紹介メールが送信されるシステムもあります。

気になるリストは求人を逃さない・他の求人と比較しやすいといったメリットが豊富にあるため、転職活動に活かすことが大切です。

企業から応募歓迎を積極的に送ってほしい人は、希望条件・履歴書・スキルシートなどのレジュメを充実させておく必要があります。

膨大な量の求人から、希望に合ったものを見つけられるように優れた検索機能が搭載されています。

職種・勤務地・キーワード以外に、年齢や月給から求人を探すことも可能です。詳細条件には、

  • 服装自由
  • 資格取得支援あり
  • Uターン/Iターン歓迎
  • 外国人採用中

といった、他の転職サイトでは見られないカテゴリーが豊富に用意されています。

ちなみに、ハローワークの案件とまとめて検索する方法もアリです。

サイト内には資格に関する内容をまとめられる「スキルシート」、マイページから選考中・内定獲得などの現状を把握できる「応募後の選考状況」、コラムが多数掲載されている「JOBSHIL」といったサービスが展開されています。

資格と職種に関する時点ではワンクリックで知りたい情報に辿り着くので、取得したい資格や目指している職種を研究する時に便利です。

これらの便利なサービスを活用することで、初めて転職する人でも安心して選考試験に臨めることが転職ナビのメリットと言えるでしょう。

また、転職ナビを使って転職に成功すると、最大2万円の祝い金がプレゼントされます。

内定を貰ったら祝い金申請フォームから必要事項を入力して、入社・30日勤務の条件をクリアすれば祝い金を受け取れます。

アプリが便利

これまで転職ナビのサイトについて説明して来ましたが、実は外出先でも転職活動できるアプリが配信されています。

検索機能・気になるリスト・チャット機能はサイトと同じレベルを実現しつつ、

  • 求人紹介ロボ
  • 両想い求人
  • 1分で作成できる自己PR文
  • やることリスト

といった新しい機能を搭載しています。

気になるリストを充実させると求人紹介ロボがその人の好みに合わせて、最適の求人を紹介してくれるというシステムです。

求人の中には転職希望者と企業の意見がマッチしている「両想い求人」があり、応募する時の目安になります。

自己PR文は簡単な4つの質問に答えるだけで、文章を作成してくれます。

時間がない時でも自己PR文を埋められるので、非常に便利です。

「やることリスト」には企業に返信する・書類を作成するなど、今すぐやった方が良いことをリストで管理してくれます。

転職ナビのデメリット

転職ナビのデメリットは、

  • 求人数が多過ぎて探しにくい
  • 契約社員や派遣社員の求人が少ない
  • 会員数が多くて選考に通りにくい

という3点です。

求人数が多過ぎて探しにくい

求人数が多いことは転職ナビのメリットなので、検索機能を上手く活用すれば使いやすくなるかもしれません。

とにかく興味があるものは気になるリストに保管して、気になるリストで求人を比較すると、希望条件に合った求人だけをまとめてチェックできます。

契約社員や派遣社員の求人が少ない

後に説明しますが、転職ナビは正社員求人が圧倒的に多いです。

派遣社員専門の転職サイトを展開しているため、転職ナビには契約社員や派遣社員の求人が少ない傾向にあります。

しかし、自分の目指している雇用形態に合った転職サイトを利用すれば、デメリットを感じることがありません。

会員数が多くて選考に通りにくい

これは大手転職エージェント全体に言える注意点です。

公開求人は応募者が多くなるので、選考試験に向けてしっかり対策を実施する必要があります。

なかなか選考に通らない人は転職ナコウドを活用して、第三者の力を借りながら選考試験に臨むことが大切です。

エージェントサービスを利用したい人におすすめの転職サービス

転職ナビは求人を探すには便利な転職サイトですが、求人検索に特化しており、エージェントサービスを利用することはできません。

働きながら転職を考えている方や、非公開の優良求人を見たいという方は、エージェントのいる転職サービスをおすすめしています。

エージェント・求人の質で選ぶならDODA

DODA

求人量・質、そしてエージェントの質で選ぶなら、転職サイトのDODAがおすすめです。

検索求人サービスとエージェントサービスが一体化しており、自分のペースで転職活動を進めたい方にも、エージェントと相談しながら転職を進めたい方にもおすすめ。

他サイトにはない独占非公開求人も多数抱えているので、なかなか理想の求人が見つからない!という方にもおすすめです。

DODAの無料相談はこちら

東京近郊の転職にはtype転職エージェント

type転職エージェント

東京近郊での転職を考えている方には、type転職エージェントがおすすめです。

東京周辺の求人に強い転職エージェントで、他のサイトでは紹介されていない優良求人も多数抱えています。

赤坂に拠点を置いており、東京近郊に住んでいる方なら、直接面談をしてヒアリングや求人紹介サービスを受けることができます。

type転職エージェントの無料相談はこちら

転職ナビの転職無料サポート・スカウトサービス

転職無料サポート「転職ナコウド」

転職ナコウドは何度も述べていますが、無料でキャリアアドバイザーのサポートを受けられる転職ナビ独自のサービスです。

どのような悩みにも対応してくれるので、転職時の精神的負担が軽減されます。

履歴書・自己PR文・職務経歴書などの書類作成の方法を電話で教えてくれるため、初めての転職者でも問題ありません。

事前に選考試験で質問されそうな内容を調査して、面接前に教えて貰うことも可能です。

求人を検索する時間がない時は、キャリアアドバイザーに最適の求人を紹介して貰う方法もあります。

キャリアアドバイザーは転職希望者の要望に従って柔軟に対応してくれるので、利用している人が圧倒的に多いです。

転職ナコウドは平日の11時~20時30分、土・日・祝日は11時~18時30分に営業しています。

相談の予約自体は24時間受け付けているので、自分の好きなタイミングで申し込むことが可能です。

東京と宮崎にオフィスがあり、女性スタッフを含む全30名のキャリアアドバイザーが対応してくれます。

実際に利用する時はホームページの予約フォームから相談日を申し込んでください。

すると、設定した候補日のどこかでキャリアアドバイザーから電話が来ます。

希望条件やこれまでのキャリアを説明し、転職サポートがスタートするという流れです。

求人に応募した時はキャリアアドバイザーが転職希望者を企業に推薦してくれるので、採用される可能性が高まります。

スカウトサービス

転職ナビのスカウトサービスには、

  • マッチスカウト
  • スペシャルスカウト

の2種類が存在します。

「マッチスカウト」は企業側が提示している条件と、転職希望者の条件がマッチした時に求人が自動的に届くスカウトサービスです。

つまり、自分で求人を探さなくても、最適の職場と出会える可能性があることを意味します。

一方の「スペシャルスカウト」は採用担当者から転職希望者向けに送られる特別なスカウトなので、マッチ度が高いです。

企業がその人に興味を示しているため、上手くいけば採用されるかもしれません。

ちなみに、マイページには未読のスカウト求人が常に表示されています。

スカウト求人を逃すことがなく、スカウトされた求人を一覧表示でまとめてチェックできます。

転職ナビの電話連絡はしつこい?

転職ナビは転職ナコウドがあるためスタッフから電話連絡をするのではなく、転職希望者から連絡をするケースが多いです。

主体となっているのが転職希望者なので、自分の都合に合わせて連絡頻度を調整できます。

転職ナコウドに登録している人は電話連絡が基本となり、連絡回数が比較的多いです。

逆に転職ナコウドを利用していない人はメールやメッセージのやり取りが多く、電話連絡はほとんど来ません。

転職ナビは転職希望者の意思を尊重する傾向にあるため、電話連絡がしつこいケースはほとんどないと考えてください。

万が一電話連絡を煩わしく感じている場合は、電話やメールで転職ナコウドサービスの利用停止を伝えれば連絡回数を最小限に抑えられます。

電話のしつこい転職サイト・エージェントの対処方!連絡を無視したらどうなるの?

転職ナビの求人数と質のレベルは?

求人数を比較すると、

転職ナビ 約1万件
リクナビNEXT 約7000~8000件
マイナビ転職 約7000件
エン転職 約4000~5000件
DODA 約3000件

 

という結果になります。

転職ナビはハローワークペディアの求人を含めると、圧倒的に求人数が多いです。

特に営業・IT・飲食やサービス・医療の求人が多く、全体の約8割を正社員求人が占めています。

第二新卒・未経験者可能・学歴不問といった求人も多く、20~40代の幅広い年齢層の利用者が存在します。

掲載企業数は6000社以上あり、中小企業やベンチャー企業が豊富です。

その理由として、完全成功報酬型の求人広告掲載システムを導入していることが挙げられます。

転職ナビは企業が何人と面接しても採用者が出ない限り手数料を貰わない料金体制を導入しているので、初期費用を抑えたい企業から人気が高いです。

中小企業やベンチャー企業は今後の伸びしろがあるものの、経済的余裕がない企業が多いため転職ナビを利用しているケースが多く見られます。

また、費用を抑えられることから、継続して利用している企業が多いです。

転職ナビでしか見られない求人が多いので、転職する時はとりあえず登録しておくと良いでしょう。

求人の質に関しては、「じっくり探せば良い求人がたくさんある」という意見が目立っています。

転職ナビはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
在籍中の転職
(5.0)
第二新卒
(4.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
初めての転職
(5.0)
IT・WEB・エンジニア
(4.0)
医療関係
(4.0)
福祉関係
(4.0)
アパレル関係
(3.0)
大手
(3.0)
地方
(5.0)

転職ナビはオフィスに行かなくても転職エージェントサービスを受けられるので、働きながら転職活動する人や地方在住の人に最適です。

初めて転職する人も、キャリアアドバイザーのサポートを受けながら内定獲得を目指せます。

第二新卒・フリーター・ブランクありなど、社会人経験が少ない人でも問題ありません。特に正社員求人を探している人は、転職ナビに登録するのが得策です。

転職ナビで転職するまでの流れ

会員登録では、

  • 基本情報
  • 希望の職種や勤務地
  • プロフィール(学歴やスキルなど)
  • Web履歴書(志望動機や自己PR)
  • 職務経歴

などの情報を登録します。

転職ナコウドに登録する場合はキャリアアドバイザーに相談しながら、求人を探して応募するという流れです。

企業に推薦して貰いつつ、選考試験を通過すれば内定を獲得できます。その後、条件を満たしてから祝い金を受け取ってください。

転職ナビの運営会社はどんな会社?

転職ナビを運営している『株式会社リブセンス』は2006年2月に設立し、現在は品川区にオフィスを構えています。

2017年6月30日の時点で資本金は約234万円、従業員数は正社員308人・臨時従業員132人を記録しています。

転職ナビ以外にアルバイト求人を紹介している『マッハバイト』や、派遣求人をメインで取り扱っている『ジョブセンス派遣』といったサービスを展開している企業です。

「リブセンス(Livesense)」は「生きる意味」「幸せになる」などを示す言葉で、お客様にサービスを提供して人生を豊かにすることにこだわっています。

「あたりまえを、発明しよう」をコンセプトに掲げ、業界ナンバーワンになることを目指しています。

なぜならナンバーワンにならないと、お客様にとっての「あたりまえ」を作れないと考えているからです。

さまざまな事業を展開するのではなく、転職ナビなどのインターネットメディア運営事業に特化していることが特徴となります。

企業理念に基づいて人材紹介事業を拡大するために、「ジョブセンスリンク」から「転職ナビ」に改名してサイトを大幅リニューアルしました。

ロゴマークは「転職希望者と企業がマッチしてほしい」という思いを込めて、2つのハートが重なり合うように描かれています。

そして、転職ナビは圧倒的求人数と登録者を誇り、業界最大級の転職サイトになっています。

非常に新しい会社ですが、さまざまな工夫を行うことで「業界ナンバーワンになる」という目標を達成したのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です