30代で手取り20万円はやばい?気になる平均年収と収入アップのコツ

30代の年収はどれくらい?

30代になって、手取りが20万円しかないと悩む人は多くいます。

賞与が支給される人もいますが、年俸制などを導入した関係で支給されない人もいるため、年収について不安に感じている人もいます。

今回は、30代で手取り20万円は本当にマズいのか、30代の平均年収や収入アップの方法などについても説明します。

自分の給与は低いと感じている人、収入をアップを考えている人もぜひ参考にしてください。

30代で手取り20万円は低いのか

30代で手取り20万円というのは、高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。

30代の手取りの平均額

30代の手取りについて、厚生労働省がまとめた「賃金構造基本統計調査」では以下のような結果が出ています。

〇平成29年 賃金基本統計調査 年齢階級別決まって支給する現金給与額

※現金給与額は基本給や各種手当、残業代を含む金額で、所得税や社会保険料などを控除する前の金額。

男女合計

年齢 現金給与額
30~34歳 30万9200円
35~39歳 33万2000円

男性

年齢 現金給与額
30~34歳 33万4600円
35~39歳 36万8900円

女性

年齢 現金給与額
30~34歳 26万3200円
35~39歳 27万3400円

30代での平均月給は30代前半が約31万円、30代後半が約34万円となっています。

男女別で見た場合、男性は30代前半で約33万円、30代後半で約37万円となっているのに対して、女性の場合は30代前半で約26万円、30代後半で約27万円と大きな差が出ています。

手取りの額を比べた場合20万円は低い

上記の現金給与額は、あくまで所得税や社会保険料などを控除する前の金額です。

実際の手取りとしては支給額の75~80%になることが多いため、以下の通りになります。

男女合計

年齢 手取り
30~34歳 23万1900円
35~39歳 25万2900円

男性

年齢 手取り
30~34歳 23万1900円
35~39歳 25万2900円

女性

年齢 手取り
30~34歳 19万7400円
35~39歳 20万5000円

※現金給与額から独自に手取りを算出(支給額の75%で計算)

全体の平均で見た手取りは、30代前半では約23万円、30代後半では約25万円です。

30代で手取り20万円は低い部類に入ります。

特に男性だけで見た場合、30代前半で約5万円、30代後半で約7万円の差が出ています。

女性の場合、手取りが約20万円なので同じように感じられますが、全体の平均よりも低いことには変わりはないので手取り20万円は低いと言わざるを得ないでしょう。

年収で見た場合は賞与がなければかなり低い

国税庁の民間給与実態統計調査では、各年代の平均年収についての調査結果が公表されています。

30代の年収については、以下の通りです。

〇平成28年 民間給与実態統計調査(単位:万円)

男女合計

年齢 手取り
30~34歳 403万円
35~39歳 433万円

男性

年齢 手取り
30~34歳 457万円
35~39歳 512万円

女性

年齢 手取り
30~34歳 315万円
35~39歳 300万円

調査結果では、全体の年収の平均が、30代前半は約400万円、30代後半は約430万円となっています。

手取20万円の場合、控除前の額は多くても約26万円と考えられるので、年に支給される額は約312万円です。

そのため、平均年収と比べて30代前半でも約90万円の差があります。

賞与が支給されると考えた場合、大企業であれば賞与が90万円になる可能性はあります。

しかし、中小企業やベンチャー企業では少額だったり、もらえないこともあるため、年収の差がもっと大きくなってしまうのです。

30代で年収をアップをする方法

では、収入を上げるためにどのような方法があるのでしょうか。

ここでは、一般的な4つの方法を紹介します。

①昇給・昇進する

収入アップのため昇進や昇給を目指す人は多いと思います。

評価できる実績を残したり、役職などに昇進すれば収入アップを期待できます。

しかし、昇給や昇進には年間を通した実績が評価される必要があり、半年から1年程時間がかかってしまいます。

また、資格取得や社内試験合格などの条件が設定されている場合もあります。

そのため、本来の業務以外に時間と労力をかけなければなりません。

その上、企業によって給与体系が決まっているため、収入がそこまでアップしないこともあります。

②副業をする

現在、申請をすれば副業を容認する企業も出てきています。

在宅やスマートフォンで手軽にできるものも増えているため、副業がやりやすくなってきています。

金銭的な収入だけでなく、副業で身に付けた知識やスキルなどが本業に活かせるケースもあります。

しかし、副業でまとまった収入を得たい場合、そのための時間を確保する必要があるため、プライベートの時間がなくなってしまう可能性があります。

また、企業によっては副業を禁止しているので、副業を始める前に就業規則を確認しなければなりません。

③投資する

投資を行って収入を増やす方法もあります。

株や国債、金や為替、不動産などさまざまな種類の投資があり、100円から始められるものもあります。

一方で、投資したからといって利益が必ず出るわけではなく、反対にマイナスになるリスクもあります。

投資は、ある程度の知識や経験、収入がマイナスでも困らないようにする準備が大切になるので、初めての人にとって難しいと感じることも多いです。

④転職する

転職する場合、大きな収入アップが見込めるケースがあります。

特に手取り20万円の場合、平均よりも低いので収入アップの可能性は十分あるので、短期間での収入アップを望む人にとっておすすめの方法といえます。

しかし、収入は増えたけど、業務量が多く残業が増えてしまった、人間関係がとても悪い職場だった、などという理由で後悔する人も多いです。

その上、すぐにまた転職するという方法も取りづらいため、慎重な判断が必要です。

そのため、転職先の企業や担当業務の内容、職場の雰囲気などをしっかりと見極めなければなりません。

転職で年収交渉をするタイ ミングと成功するコツ!人事のプロが教える交渉術

副業や投資を行う場合は確定申告が必要

企業に勤めている場合、年度末調整が行われるため、基本的に確定申告はしなくても問題ありません。

しかし、副業や投資で年間20万円以上の所得を超える収入を得た場合、確定申告をしなければなりません。

確定申告をしなければ、追加で税金を支払う必要が出てくるため、必ず忘れないようにしておきましょう。

また、アルバイトで給与収入を得ていると、本業の会社に知られる可能性があるので、届け出が必要ならば忘れずに申請しましょう。

転職をして収入を上げるのがおすすめ

手取20万円から収入をアップしたい場合、転職を行うのがおすすめです。

理由としては3つあります。

①時間の節約になる

副業をやる場合は、プライベートの時間を使う必要があります。

投資をするときも、短期間でまとまった利益を出すにはリスクが高く、長期的に考えるのが一般的です。

企業での昇進や昇給を考えた場合でも、半年から1年程かかってしまいます。

それに対し、転職は、企業を探したり退職の手続きをしたりとやることは多いですが、他の方法ほど時間はかかりません。

そのため、短期間に収入を上げたいときは転職するのが一番早いのです。

②収入が大きく上がる可能性がある

手取20万円は収入としては低いですが、言い換えてみれば、転職で大きく収入を上げられる余地があることになります。

場合によっては年収は50万円以上アップも狙えます。

アルバイトで50万円以上稼ぐには相当な時間がかかりますし、会社の昇給でも一度に50万円上がることはめったにありません。

また、賞与がある企業に転職できれば、より多くの収入を得られます。

そのため、転職には大きく収入を上げられる可能性があるのです。

③転職活動を通じていろいろな経験ができる

収入の面だけでなく、転職活動を通じていろいろな経験ができるのも大きなメリットです。

転職市場や業種での給与の平均、自分自身の適正年収など、いろいろな情報を知ることができます。

また、自身のプレゼンや、今までのキャリアの棚卸しなどを通じて、自分の価値を再確認する機会も多いです。

そのため、単純に収入を上げるだけなく、自身の価値をより高くする技術を身に付けることができます。

転職で収入をアップさせるためには

転職活動をしたからといって、単純に年収は上がりません。

30代で転職をして年収が上がった人は、全体の約4割といわれています。

では、どうすれば収入をアップが可能になるのでしょうか。

①アピールポイントをできるだけ探し出す

アピールポイントをできるだけ探し出しましょう。

転職活動では、最初に自分のスキルや経歴を棚卸する必要が出てきます。

業務実績や資格、今までの業務の経験からアピールポイントを見つけられれば、それだけ自分の価値を高められます。

しっかりとしたアピールポイントがあれば、企業としてはより高い年収を提示してくるケースも多くなります。

そのため、アピールポイントの洗い出しは、転職活動ではとても大切なのです。

②自身のスキルアップも重要

希望する転職先を探すだけでなく、スキルアップをしてアピールポイントを増やしていきましょう。

アピールポイントが増えれば、自分の価値を高く見せられるため、年収のアップにもつながります。

新しい資格を取得したり、現在担当している業務で実績を残す、セミナーや公開講座などを利用して知識やスキルを身に付けるなどの方法でスキルアップができます。

収入がアップの可能性を高めるためにも、スキルアップは積極的にやっていきましょう。

③妥協できる点を決めておく

年収アップを重視すると、他の条件について妥協する必要があります。

残業が増えたり、責任のある立場を任されるなど、企業によってさまざまですが、「年収を上げるためにあきらめなければならないものもある」ことを理解しておきましょう。

また、自分の年齢やスキル、実績、業種ごとの年収の相場をもとに適正年収を知ることで、どれくらいの年収を希望すればよいのか参考にできます。

そのような情報を踏まえた上で、あきらめられる部分は妥協するようにしましょう。

④賞与について確認する

企業によっては、賞与が出なかったり、月々の給与は低いけど賞与の額が大きいという場合もあります。

先にも説明しましたが、月の手取りが20万円だとしても賞与があるだけ大きく変わってきます。

そのため、転職先の企業を探す際は、賞与があるかどうか、どれだけの額が支給されるかなどについて確認するようにしましょう。

ただし、あくまで賞与なので、毎年決まった金額をもらえるわけではないという点については理解しておきましょう。

正社員でボーナスなしの会社は転職すべき?年収にどれくらい差がつくの?

年収アップにおすすめの転職エージェント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30代以上、年収400万円超の転職を目指す方におすすめの転職エージェントです。

エグゼクティブ・スペシャリスト・管理職の求人が多く、転職に成功すれば一気に年収をアップさせることができます。

各業界に特化した550人の転職エージェントがあなたの転職をサポートしてくれるので、年収アップを目指したい方は一度相談してみるといいでしょう。

JACリクルートメントの無料相談はこちらから

ビズリーチ

ビズリーチ

スキル・実績に自信のある30代の方には、最近話題のビズリーチもおすすめです。

即戦力で活躍できる求人が多く掲載されており、転職するだけで年収が100万円以上アップした例も少なくありません。

30代前半の方を対象にしたハイクラス求人も紹介しているので、年収アップを本気で狙っている人は登録してみていいでしょう。

ビズリーチの無料会員登録はこちら

転職活動をするなら、転職サイトを利用しよう

転職サイトには、適正年収を診断できるサービスを行っているところもあります。

自身の年齢や学歴などの基本的な情報や、持っている資格や業務実績の経験から算出してくれるので、年収の参考にできます。

また、転職サイトにはエージェントサービスを行っているところもあり、専門のエージェントから収入アップについて具体的な話を聞くこともできます。

その上、非公開求人の紹介や、転職活動のアドバイス、スケジュールの調整など手厚いサポートを受けられるので、収入アップを目指すなら利用しない手はありません。

転職活動で年収アップを狙う際は、ぜひ転職サイトを利用するようにしましょう。

30代におすすめの転職サイトは、こちらの記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。

30代におすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング!【2018年版】

まとめ

このように、30代で手取り20万円は低い額の部類に入ります。

賞与がある場合は、ある程度年収も増えますが、それでも平均と比べると低いです。

収入アップを目指したいという人は、ここで紹介した方法や思い切って転職活動を行うとよいでしょう。

もし、転職活動をする際は、収入アップのためのポイントを意識した上で、より良い結果につ投げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です