転職サイトのスカウト機能の仕組みとは?スカウト経由は内定率が高い?

転職サイトのスカウト機能を活用

最近では一般的になってきた転職サイトのスカウト機能ですが、まだ利用したことがない人も多いはず。

スカウト機能を上手に利用すれば、自分から求人を探す必要がなくなり、効率よく転職活動を進めることができます。

転職サイトのスカウト機能の仕組みについて詳しく解説しますので、これから利用しようとしている人や、どう利用したらいいかわからない、という人はぜひ参考にしてみてください。

転職サイトの中にはスカウト機能がついたものがある

転職活動をするとなれば、まずは転職サイト・エージェントに登録するのはもう常識ですよね。

いろんな転職サイトの中でも、「スカウト機能」がついたサイトをうまく活用するのが転職活動のコツです。

では、そもそもスカウトサービスとはどんなものなのでしょうか?

スカウトサービスとは、転職サイトに登録した求職者が自分の経歴やスキルを入力し、それを見たエージェントや採用側企業から、求職者へ選考に関するスカウトが届くサービスのことです。

転職活動というと、求人を探して応募するというのが今までの流れでしたが、スカウトサービスがあれば自分から求人を探しにいく必要がなく、あなたに興味を持った企業だけがスカウトを送ってきてくれるので、とても効率的です。

企業側が欲しい人材の条件に合致していることがわかるのも、転職する側としてはうれしいですよね。

スカウトサービスを上手に利用することができれば、時間の節約もできて、待っているだけでいろんな企業からのお誘いを受けることができますから、ぜひ賢く利用しましょう。

一般的なスカウト機能を使った転職の流れ

スカウト機能は、運営する企業やサイトによって少しずつ異なりますが、どのサイトも基本となる流れや機能は同じです。

では、今までの転職活動と、スカウト機能を使った転職活動の流れには、どんな違いがあるのか比較してみましょう。

自発的に求人を探す方法

  1. 転職サイト・エージェントに登録
  2. サイト内で求人を探す
  3. 応募
  4. 面接
  5. 採用

もっともメジャーな方法なので、みなさんこの流れのイメージが強いかと思います。アルバイトや就職活動も同じ流れですね。

スカウトサービスを利用する方法

  1. 転職サイト・エージェントに登録
  2. 履歴書・職務経歴書・スキル・希望条件などの登録
  3. スカウトサービス
  4. 応募
  5. 面接
  6. 採用

スカウトサービスを利用すると、このような流れになります。

経歴やスキル、希望条件などを登録しておくことで、それを見て自分に興味を持ってくれた企業からスカウトを受け取る、という流れになるので、自分から求人を見つけに行く必要がありません。

また、スカウトは企業からだけではなく転職エージェントからも受け取ることができます。

これは、転職エージェントがあなたに紹介できそうな企業がある、ということで非公開求人を紹介してくれる、というケースです。

2つの流れの違いとしては、自発的に動くか、受け身の姿勢か、という点です。

自発的に求人を探すとなると、マッチングがなかなかうまくいかなかったり、思うような求人を見つけられないことが多いですが、スカウトなら企業が自分に興味を持ってくれていることは明白なうえに、アプローチを受けることができるので、非常に効率よく進めることができます。

スカウトには3種類ある?!

スカウトサービスがとても便利な機能だということはわかって頂けたと思いますが、次にスカウトの種類についてご説明したいと思います。

スカウトには実は3つの種類があることをご存知でしたか?それぞれ違った意図があって送られてきていて、実は種類によって内定率も変わってきます。

スカウトサービスを上手に活用したい人は、ぜひスカウトの種類を理解しておきましょう。

① 自動送信のスカウトメール

まずは、パソコンから自動送信で送られてくるスカウトメールです。

これは、職歴や年齢、居住地など、企業の求める条件に合う人に対して一斉に送信されるもの。

企業側も求職者と同じように、求める人材の条件を設定しているので、それに合致する人に向けて送られます。

企業側としては、興味を持ってもらえれば、くらいのレベルのメールになるので、宣伝効果を期待している場合が多く、マッチング率・採用確立ともに低めです。

スカウトではあるものの、企業があなたに注目しているという期待はあまりできません。

② 転職サイトの担当者が送るスカウトメール

次に、転職サイトの担当者からのスカウトです。

転職サイトの担当者が企業の代わりに求職者に送るもので、自動送信のスカウトメールよりは期待ができるスカウトです。

転職サイトの担当者は、採用をしたいと思っている企業を実際に訪問し、どんな人材を探しているのかをヒアリングしています。

そして、その条件に合う経歴や条件の求職者を見つけた際に、スカウトメールを送ってきます。

自動送信メールと違い、担当者がきちんとあなたの経歴などをチェックしたうえで連絡をしてきていますので、一度話を聞いてみる価値はあります。

③ 採用担当者が送るスカウトメール

最後に、企業や採用担当者が送るスカウトメールです。

これが一番期待できるスカウトで、人材を必要としている企業の採用担当者が、求職者に直接スカウトメールを送ってきます。

企業はできるだけ優秀な人を雇いたいと思っていますが、そのためにはたくさんの人と面接を行う必要があり、時間もコストもかかります。

それを省くため、書類選考で人材をふるいにかけます。

これをスカウトメールでも同様に行っており、企業側はあなたの経歴やスキルを確認し、検討したうえでスカウトをしています。

つまり、書類選考はすでに合格、いきなり面接を受けることができるということになります。

企業はあなたのことが会社に必要な人材だ、と思ってスカウトしているので、他のスカウトメールよりもかなり期待ができる、採用確率の高いスカウトというわけです。

もし、企業からスカウトメールが届いたら、「この会社で働きたいか?」をしっかり検討して、早めに返信するようにしましょう。

企業があなたに興味をもってくれているというアドバンテージを逃さないようにしましょうね。

このように、スカウト(サイトによってはオファーと呼ぶこともある)には、3つのパターンがあります。

企業からのスカウトメールを受け取ったら、できるだけ早く返事をするのが得策です。

そのためには、どんな会社で働きたいのか?という自分なりの判断基準を明確にしておくことが重要です。

内定率の高いスカウトメールの見分け方とは?

スカウトがたくさん届いて、どれが本命スカウトなのか見分けられない!という人のために、内定率の高い、本命スカウトの見分け方をご紹介します。

まず、届いたスカウトの本文をしっかり読むこと。これが重要です。

スカウトメールだからといって、浮かれてはいけません。しっかり内容を読んで、スカウトメールの種類を確認しましょう。

そしてメールの中に、あなたの履歴やスキルなどについて書いてあるか、これを確認してください。

個人を特定する内容が書いてあれば、あなたの情報をしっかりチェックしたうえで、スカウトしているということになり、本命の確率はかなり高いです。

このようなスカウトメールを受け取ったら、ぜひその企業についてチェックしてみてください。

良いスカウトメールをもらうには?

採用確率の高い、本命のスカウトメールをもらうには、転職サイトのプロフィールをしっかり書いておくことが絶対です。

企業側があなたが会社に必要な人材かどうかを判断する最初の材料は、履歴書・職務経歴書・スキルになります。

企業はこういった情報を非常に重視しているので、できるだけ空欄がないように入力しておくことが重要です。

良いスカウトを受け取るために、自分の強みやアピールポイントを再確認して、プロフィールをしっかり作りこんでおきましょう。

スカウト機能のメリット・デメリット

ここまでスカウトの機能や、種類について解説してきましたが、次にスカウトのメリットとデメリットについてもご紹介します。

メリットとデメリットを理解することで、自分に合うサービスかどうかを判断することができるので、ぜひチェックしておきましょう。

メリット

  • スカウト限定の非公開求人に応募できる
  • 面接確約など、選考が優遇されることが多い
  • 自分にマッチした求人・企業かを確認した上で応募ができる
  • 自分の市場価値を確認できる
  • 求人検索にかかる手間が省ける

スカウト限定の非公開求人に応募できる

転職サイトが抱えている求人の中には、スカウト経由からでしか紹介されていない非公開求人があります。

非公開求人の多くは、公開求人にすると応募が殺到し採用の負担が増えるため、非公開になっていることが多く、一般的に好条件の求人が多いです。

スカウト機能を利用しなかった場合、スカウト限定の非公開求人を見逃すことになるので、よっぽどの理由がない限りはスカウト機能も活用することをおすすめします。

面接確約など、選考が優遇されることが多い

スカウトの中には、書類選考がパスとなる面接が確約されたスカウトメールなども届きます。

特に企業側の採用担当者からのスカウトメールは、あなたのプロフィールや希望条件などを見て、マッチングしそうな人にしか送られないため、スカウトが届いた時点でかなり選考では有利になります。

短期間で転職先を決めたい方など、採用熱の高い求人のみを知りたい方は、スカウト機能を活用して求人を絞り込みましょう。

自分にマッチした求人・企業かを確認した上で応募ができる

転職サイトに公開されている求人のみを見て応募した場合、自分で会社の雰囲気にあっているか判断しなければならず、選考に行ってみたらイメージと全然違った…ということも珍しくはありません。

しかしスカウト経由の場合、企業側や転職エージェント側で、マッチングしているか判断してくれるため、自分ひとりで考えるよりも正確になります。

自分の市場価値を確認できる

転職活動では自分がどの程度の市場価値があるのか、把握しておくことが大切です。

スカウト機能を活用した場合、どんな条件で、どんな企業からスカウトが届くのかを見て、自分の市場価値をある程度把握することができます。

たとえばスカウトで年収500万円台の求人しか来ないのに、年収800万円クラスの求人へ応募するのは無謀といえるでしょう。逆に自分の市場価値を低く見積もっているケースも多いので、一度スカウト機能で自分の市場価値をはかってみましょう。

求人検索にかかる手間が省ける

スカウト機能を活用すれば、自分で求人を調べなくても、マッチングした条件を紹介してもらうことができます。そのため働きながら転職活動を進める方には、スカウト機能の活用をおすすめしています。

デメリット

  • 希望しない職種や業種からもスカウトメールが届く
  • スカウトメールは採用確率が高いものばかりではない
  • スカウト利用による会社バレの可能性

希望しない職種や業種からもスカウトメールが届く

スカウト機能の大半には、希望しない業種や職種をブロックする機能がついていますが、完全に除外できるわけではありません。

中には自分が希望しない条件のスカウトメールが届く場合もあります。

特に企業側からの需要の高い属性の形であれば、スカウトメールが一日に何通も届くケースも珍しくありません。

重要なスカウトメールを見逃さずにすむように、希望条件の設定はもれなく丁寧にやっていきましょう。

スカウトメールは採用確率が高いものばかりではない

スカウトメールの中には、設定した条件を満たせば自動的に送信されるものもあります。

自動送信されるスカウトメールの場合、採用確率は通常の公開求人と比べても大差ないと考えておきましょう。

なぜ自分がスカウトされたのか分からないようなスカウトメールの場合、自動送信の可能性が高いので、過剰に反応しないようにしましょう。

スカウト利用による会社バレの可能性

最後に、スカウトを利用するうえで気を付けてほしいのは会社バレです。

スカウトを利用する場合、個人情報を入力する必要があります。氏名や現在働いている業界などのデータも記入していくので、勤務先の採用担当者に見つかった場合、就職活動をしているのがバレてしまいます。

大半の転職サイトでは、スカウト機能を利用する場合、特定の企業を非公開にする機能がついているので、勤務先にバレたくないかたは非公開設定を忘れないようにしましょう。

スカウト機能でおすすめの転職サイト

スカウト機能を利用する際、迷うのが転職サイト選びです。企業からアプローチを受けることで効率よく転職したい、という人は多いと思いますが、そのためにはどの転職サイトを利用するのが良いのでしょう?

サイト選びに迷わないために、スカウト機能がおすすめの転職サイトをご紹介します。

doda

doda

dodaは圧倒的な公開・非公開求人数を誇る、今人気の転職サービスです。

スカウト限定の非公開求人も多く、「面接確約スカウト」が届けば、書類選考なしでいきなり面接に進むことができます。

自動送信のスカウトメールが少ないのも評判で、転職を検討しはじめた段階の人にもおすすめの転職サイトです。

dodaの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

dodaで利用できるスカウト機能

  • 面接確約オファー
  • 非公開求人のオファー

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職は業界最大級の求人数を誇る求人検索型の転職サイトです。

大手企業との結びつきが強く、大手の求人を多く掲載しているのが特徴です。また地方にもネットワークが広いので、地方の有名企業の求人なども多く紹介されています。

スカウト機能では、一定の条件を満たした人だけが利用できる「プレミアム特典」や、スカウト限定求人など用意されており、スカウトメインで転職を考えている方におすすめです。

マイナビ転職で利用できるスカウト機能

  • プレミアムスカウト
  • スカウト
  • スカウト限定求人

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職サイトで外せないのは、株式会社リクルートキャリアが運営する「リクナビNEXT」です。

登録企業数・利用者数ともに業界トップクラスで、非常に多くの求人を保有しています。

リクナビNEXTでは、スカウトサービスを利用するとスカウトレポートを見ることができます。

レポートは毎週更新され、今の自分の市場価値を確認しることができます。スカウトサービスの機能も充実しているので、初めての人にはおすすめです。

リクナビNEXTの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

リクナビNEXTで利用できるスカウト機能

  • プライベートオファー
  • 興味通知オファー
  • オープンオファー

ビズリーチ

ビズリーチ

管理職やグローバル人材など、ハイクラス向けの転職サイトのビズリーチ。キャリアアップや年収アップを考えている人に利用してほしいサイトです。

ビズリーチには、会員の利用プランがあり、有料と無料のどちらで利用するかを選ぶことができます。

会員属性によって利用できるスカウト機能が変わってきます。転職サイトで有料プランをつくるほど力をいれているサイトなので、質の高いスカウトにかなり期待ができます。

ビズリーチの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ビズリーチで利用できるスカウト機能

  • プラチナスカウト(有料)
  • スカウト

エン転職

エン転職

エン転職もスカウト機能に力を入れている転職サイトの一つです。段階ごとにスカウト特典が細かく設定されており、書類選考免除からいきなり社長面談など、マッチング度合いによって大きく採用待遇されるケースもあります。

また企業によっては、スカウト特典として交通費支給や、出張面接、食事会の開催など、様々な特典を利用することができます。

エン転職で利用できるスカウト機能

  • 企業からのスカウト
  • 転職エージェントからのスカウト
  • スカウト特典

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、ビズリーチと並ぶハイクラス向けの転職サービスです。

一定の条件(年収600万円)を満たしていなければ利用できませんが、大手企業や年収1000万超の好条件求人が揃っており、キャリアアップを目指す方におすすめの転職サービスです。

スカウト機能ではヘッドハンター経由と、企業からの直接スカウトがあり、ヘッドハンターの採用熱の高い「一球入魂スカウト」など充実した機能が用意されています。

キャリアカーバーで利用できるスカウト機能

  • 通常スカウト
  • 一球入魂スカウト

ミイダス

ミイダス

ミイダスは、転職サイトDODAを運営するパーソルキャリア株式会社が運営する、新たな転職サイトです。

登録がとってもシンプルで、ミイダスからの質問に選択方式で回答していくだけで登録できるので、5分ほどで登録ができます。転職エージェントとの面談も不要です。

また、200万人のデータと転職実績をもとに、自分の市場価値や選考条件が合致する企業数、想定年収を算出してくれるので、転職活動の目安にもなります。

さらに、ミイダスの特徴はなんといっても企業から届くスカウトがすべて書類選考済み、つまり面接確約のものだけ、という点です。

スカウトサービスを利用していても、採用に結び付く可能性の低いスカウトが届くことはよくあります。

でも、ミイダスならすべて面接が確約されたスカウトしか届かないというのですから、利用しない手はないですね。

ミイダスは利用も簡単で、隙間時間でスカウトをチェックすることができるので、時間を有効利用できて、転職活動にかける時間も大幅にカットできます。

MIIDAS(ミーダス)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

まとめ

いかがでしたか?

スカウト機能は、自分をアピールして売り込む形の今までの転職活動とは違い、入社後のビジョンを企業とマッチングさせることから始められる転職活動です。

上手に利用して、理想の企業への転職を成功させましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件