27歳の転職は理想的!成功に導く27歳のための転職ガイド

27歳の転職は理想的!成功に導く27歳のための転職ガイド

アラサーと呼ばれる年代も徐々に近づいてきた「27歳」。

そろそろ将来のことも考え出し、現在の職場で働き続けて良いものかと不安を感じている方も増えてきているはずです。

もしそう思っているのならば、少しでも早く動き出すのが正解です。

なぜなら27歳という年齢は、転職を行うのにかなり有利なタイミングだからです。

そう言われても不安に感じてしまうのならば、この記事を最後まで読み進めてください。

27歳が転職に向いているタイミングという根拠と、転職を成功させるためのコツを皆さんにお伝えします。

27歳は転職のグッドタイミング!

もっとも重要なのは「27歳は転職を行うのに最高のタイミングである」という事実をしっかりと認識することです。

20代であれば十分な若さがありますので転職で不利になるということはほとんど無いはずですが、27歳の場合は転職を有利にすることすら可能となります。

せっかくのチャンスを逃さないためにも、なぜ転職に有利になるのかから学んでいきましょう。

27歳を企業が求めいている理由

27歳の方たちは、企業が求めている条件を高いレベルで身に付けている可能性が高いと考えられています。

スムーズに卒業してからずっと働いているとすれば、高卒ならば9年前後、大卒の場合も5年ほどの職歴があるということになります。

それだけの職歴があれば即戦力になる人材が見つけやすく、だからこそ企業は「27歳」を高く評価しているのです。

社会人としてのマナーが身に付いている

社会に慣れることに必死で周りも中々見れていない社会人1年目の方と、社会に出て5年以上が過ぎている方とは精神的な余裕も全く違います。

そしてさらに「社会人としてのマナー」の身に付き方も全く違うはずです。

働きながら経験を積む中で、本やネットの情報だけではわからない本当のマナーを学び、繰り返していく中で理解し身に付けていくことができます。

27歳の皆さんは、マナーを含めた導入教育などの時間を大きく省けることも期待されているんです。

知識・スキルにも期待できる

働きだして5年近くもの期間が過ぎていれば、ある程度責任を持って仕事が任されている方もいるはずです。

そうでないとしても自分の行っている仕事の分野についての知識やスキルについては、少しは自信が持てるようになっているのではないでしょうか?

もし新たな業界へのチャレンジとなったとしても仕事の進め方やコミュニケーション能力など、これまでの経験を活かせる場は数多くあるはずです。

企業側としても、その経験に関する期待は少なくはありません。

年齢的にもまだまだ若い

28歳・29歳となっていけば、同じ20代であっても「アラサー」という括りにされてしまうことは否めません。

ですが27歳をアラサーと考える方はほとんどいないはずです。

つまり同じ20代後半であっても27歳を過ぎるかどうかには、大きな違いがあるということです。

若さをウリにできるのも27歳辺りまでかも知れませんね。

様々なバランスが良いのが27歳

  • 社会人としての常識
  • 業界知識やスキル
  • 若さ

これらの要素が高いレベルでバランスが良いのが27歳という年齢です。

ただ若いだけではなく仕事の戦力としても十分に計算することができたり、教育期間を省ける可能性が高いと考えられています。

そんな風に様々なメリットを企業側に与えてくれることが、27歳が転職市場で人気となる大きな理由なのです。

27歳で転職をするメリット

企業側が27歳を求めているだけでなく、転職を行う27歳の方もこのタイミングでの転職には様々なメリットあります。

企業側にとっても転職希望者側にとってもメリットがあるとすれば、転職が成功する確率が高くなるのも納得ですね。

これからご紹介する「27歳で転職をするメリット」を知ることで、転職するかどうか悩んでいる方も前に進みやすくなるはずです。

職歴を活かした転職ができる

大卒の方で5年ほど、高卒で働いているとすれば9年もの職歴が期待できる27歳にもなれば、自分の持っている知識やスキルもある程度把握できているのではないでしょうか?

これまではただただ一生懸命に働いてきただけだとしても、少し余裕が出てきて自分に合った仕事が判断できるようになってきている時期でもあります。

自信を持って転職ができるのも、ある程度の職歴を積んできた27歳だからこそです。

20代の中で最も評価されやすい

転職活動を行う中で、皆さんは他の求職者と比べられる場面があるはずです。

同じ20代同士で数少ない求人を奪い合う場面になってしまうことも考えられますが、「27歳」は前述したようにスキルや若さのバランスが最も良い時期であり、20代の中で最も高く評価されやすい年齢です。

面接などで年齢に見合った受け答えができることや職歴があることも大切となりますが、年齢そのものが採用担当者の目に付きやすいことは確かです。

27歳の転職は収入も上がりやすい!

転職で有利になりやすい年齢というだけでなく、27歳は転職時に年収が上がりやすいというデータがあります。

これは20代後半に言えることであり、27歳に限ったことではありません。

ですが、「転職しやすく年収も上がりやすい」という嬉しいタイミングなのは本当のことです。

女性の転職にも最適なタイミング

内閣府が発表したデータ(平成30年版少子化社会対策白書)では、女性の初産の平均年齢は30.7歳となっています。

そんなデータからもわかるように、企業側としては30歳を過ぎた女性は出産の為に休みを取る可能性も高くなると考えており、場合によっては長期の育休や退職ということも意識しているようです。

ですので女性が30歳前に転職活動を行っても、すぐに出産で仕事を離れてしまうかも知れないと思われる可能性があります。

ただ27歳であれば30歳まで後3年もありますので、あまり影響することはありませんよ。

未経験職種に転職できるラストチャンス

未経験の職種や業界に転職するのであれば、年齢は若い方が有利です。

もちろん現在の職場での経験や持っているスキルが転職先でも役立つのであれば話は変わりますが、そうでないのなら27歳を待つのではなく少しでも早く転職活動を始めましょう。

27歳を過ぎる頃からは年齢がネックになり、人手不足の業界以外へ未経験で転職するのは難しくなっていきます。

未経験職種に転職するラストチャンスになりかねない年齢ですので、叶えたい夢があるのなら躊躇せずに行動を開始してくださいね。

格差を逆転できるチャンスにもなる!

働き始めて5年ほどが過ぎれば、同期で入った仲間との間にも待遇や給与面で少しずつ差が開いてきているはずです。

そこで焦ったとしても追いつき追い越すことは容易ではなく、一度決められてしまった評価を跳ね返すのは大変です。

ですが「転職」すれば、評価は一旦リセットされます。

逆に期待感を持って迎えてくれるはずですので、転職前と違って一気に評価を高められる可能性もあるんです。

27歳の転職のデメリットと注意点

27歳で転職することに大きなメリットがあることはおわかりいただけたはずです。

ですが、27歳であれば誰もが最大限のメリットを受けられるというわけではありません。

またこの時期に転職活動を行っても、自分の期待する働き方が中々見つからない可能性もあります。

転職活動を始めるのに勢いは大切ですが、勢いだけで突っ走って失敗しないように、デメリットと注意点についても学んでおきましょう。

3回目の転職活動はマイナスイメージになりやすい

20代で転職をする方も増えていますが、もしすでに2回の転職をしているとすれば少し待った方が良いかも知れません。

なぜなら27歳で3回目の転職活動を行った場合には、企業の採用担当のイメージはあまり良くない可能性があるからです。

20代後半での転職回数は平均で2回というデータがあります。

これを超えて転職を成功させるには、企業側に好印象を与えられるだけのスキルや実績が必要となります。

もし自信が無いのであれば、もう少し職歴を積んでからが良いかも知れませんね。

派遣の仕事を紹介されやすい

期待を持って転職活動を開始したのに、紹介される仕事は派遣ばかりという方も実際にいる様です。

現在は働き方も多様化しており、派遣だから悪いということはありません。

また派遣から正社員という道も存在します。

ですが最初から正社員を目指すのであれば、強い意思を持って転職活動を行うのが重要になります。

職歴が無かったり勤務期間が短いと不利

27歳の方が転職市場で人気なのは、そこまで積んできた実績や社会人としての経験が評価されているからです。

逆に言えば年齢が27歳というだけで職歴が無かったり、勤務期間が極端に短いとなれば話は変わってきます。

3〜4年の勤務歴を積むか、職歴がなかったり短い理由を企業側が納得できるレベルで用意しておけなければ、理想の就職をするのが難しくなる可能性があります。

転職活動が長引くと転職が難しくなる

転職における「旬な時期」ということは、転職活動が長引くとその時期が過ぎ去ってしまうという可能性があることにもなります。

28歳になってしまったからと言って極端に転職が難しくなるわけではありませんが、できる限りこのチャンスを逃さないように意識して行動することも大切です。

だからと言って妥協して転職するのも危険ですので、どこで折り合いを付けるかなど条件面を最初に絞り込んでおくのも重要です。

未婚・既婚の転職への影響

未婚・既婚が転職に大きく影響することはあまり無いはずです。

ですが結婚してすぐなどとなると、出産や育児で長期休暇を取るのではと懸念される可能性は否定できません。

特に女性はその影響は男性よりも大きくなることが予想されますので、少しだけ気にしておく必要もあるかも知れません。

27歳での転職を成功させる為のコツ

大きなチャンスともなる「27歳」という時期ですが、当然その期間には限りがあります。

このチャンスを逃さないためには「転職のコツ」を意識して準備するのが大切になります。

27歳の間に転職を成功させるためにも、しっかりと準備して転職活動に臨みましょう。

自分の能力と企業が求める条件をマッチさせる

自分の能力が活かせる企業を選ぶのは転職成功への大きな近道です。

求人情報やネット上の会社情報などをしっかり読んで、自分とマッチする期待の高い企業を選ぶようにしましょう。

これは中々難しいことではありますが、後でご紹介する「転職エージェント」を利用すれば、相性が良い企業を見つけ出すことも決して難しいことではなくなります。

企業が27歳の人材に求めている条件

  • 過去の職務経歴で培った知識やスキル
  • これからを期待させるポテンシャル
  • 人柄の良さ、リーダーシップ

27歳の人材に対して、企業は実績を求めているわけではありません。

ですが即戦力とまではいかなくても、なるべく早くに戦力になってくれることを期待されています。

さらに今後の成長が望める高いポテンシャルがあり、職場に元気を与えてくれるような若さと20代前半を引っ張ってくれるようなリーダーシップも求められるかも知れません。

もちろん、これら全てが求められるわけではありませんし、求められる条件は企業ごとに違います。

逆にもしこの1つでも条件満たしているとすれば、転職が成功できる可能性は、かなり高くなるはずです。

自己アピールを洗練させる

目立った実績が期待できないとすれば、内定を受けられるかの分かれ目となるのは「自己アピールの上手さ」です。

前の職場での仕事内容だけでなく、取り組み方や意識していたことを伝え、今後どんな風に成長していきたいかも話しましょう。

そして、採用担当者に皆さんを採用させることでメリットがあると感じさせることができれば、自己アピールは大成功となります。

ちなみに自己アピールを洗練させるのにも、転職エージェントは役立ってくれます。

実績を強調し過ぎない

あまりおすすめできないのは「実績を強調し過ぎる」ということです。

27歳の若さで大きな仕事をやってのけているのは凄いことですが、それは自分1人の力でできたことでしょうか?

また、次も同じ成果が出せると言えるでしょうか?

採用担当者も同じように考えているとすれば、「自惚れている」と思われてしまうかも知れませんよ。

20代後半の転職完全攻略!人事のプロが教える3つのポイント

27歳におすすめ転職エージェント

ここまでにも何度か転職エージェントが27歳の転職活動に大きくプラスになることをお伝えしました。

実際のところ転職エージェントに頼るかどうかで、理想の仕事探しが成功するかどうかの確率は大きく変わってきます。

絶対に使いたくないという理由が無いのであれば、頼ってみることをおすすめします。

ここからは、転職エージェントを利用すべき理由をご紹介します。

キャリアの棚卸しで最適な自己PR法が見つかる

転職エージェントに登録した後には、キャリアアドバイザーなどど呼ばれる方との面談が行われます。

この面談では希望する条件などを伝えるだけでなく、「キャリアの棚卸し」も行うことになります。

キャリアの棚卸しと、これまでの経歴を一つ一つ紐解いてき皆さんの強みを見つけ出していく行為です。

これによって自分では意識していなかった強みが見つかることもあり、最適な自己PRの方法を見つける大きな手助けとなってくれるのです。

強みを活かせる転職先が見つかる

キャリアアドバイザーは業界情報に詳しく、どんな職種・業界なら強みを活かした転職が行えるかのアドバイスも行ってくれます。

もちろん皆さんの希望が何より重要視されますが、希望する転職先が決めきれていない方にとっては頼りになる相談相手となるはずです。

詳細な情報が手に入り交渉もお任せ!

転職エージェントを利用するメリットとして、「詳細な企業情報が手に入る」ということを忘れてはなりません。

求人票だけではわからない企業の風土や雰囲気などの情報も聞けることが多く、働きだしてからと想像とのギャップを減らすことができます。

また情報が詳細なことで応募先の比較検討もしやすくなります。

さらには企業との条件面での交渉や面接の日程調整なども行ってもらえますので、自分で一々企業とやりとりする必要が無くなるのも大きなメリットです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

楽天リサーチ調べによる「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に輝いており、27歳の転職活動の強い味方になってくれます。

さらに大手就職情報サイトであるマイナビの運営であり安心感も抜群です。

総求人の8割が独占案件も含めた非公開求人であり、希望条件に合い強みを活かせる求人の紹介も行ってもらえます。

書類添削や模擬面接を受けることで内定率の大幅UPも期待できるなど、質の良いサービスを提供している転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

ハイクラス向けとして知られるビズリーチですが、年齢制限があるわけでは無いので20代の方も利用可能です。

高収入・好条件な求人が多いのがビズリーチ最大の特徴であり、年収アップを目指すのであればとりあえずでも登録しておくことをおすすめします。

全ての機能を利用するには料金が必要となりますが、登録やスカウト受信、求人の閲覧などは無料で利用することが可能ですので、最初から料金の心配をする必要はありません。

ビズリーチ詳細ページ

20代後半が使うべきおすすめ転職サイト・エージェントランキング【2019年】

「27歳」というチャンスを逃さずに行動を始めよう!

20代後半から30代前半は転職適齢期と呼ばれていますが、その中でも最も転職に有利と言われているのが「27歳」です。

27歳の今に転職を考えているのであれば、このチャンスを逃さずに動き出してみてはどうでしょうか?

来年でも良いかと思っていては、いつまでも行動を始めることができません。

「今がチャンス」という事実に背中を押され一歩踏み出せば、理想的な転職ができるかも知れませんよ!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件