20代後半の転職完全攻略!人事のプロが教える3つのポイント

グッドをするスーツ姿の男性

20代の後半は、社会人としての経験もしっかり積んできており、仕事の実力も完成されてくる年齢です。

自分の仕事に手ごたえを覚えてくる時期でもあります。

しかし、今いる会社に疑問を覚え、転職を考え始める時期でもあります。

20代後半の転職を成功させるには、どのような方法が好ましいでしょうか。

20代後半での転職を成功させるには、3つの大切なポイントがあります。

今回は20代後半の転職を成功させるためのポイントをお伝えいたしますので、最後までお付き合いくださいね。

20代後半が転職市場で最も評価の高い理由

前提として、20代後半は、転職市場で最も人気の高い年齢層です。

まずなぜ20代後半の人材が人気なのか、人事側の目線から把握したうえで、自分の強みを活かした転職活動を進めていきましょう。

20代後半は長期的に会社で活躍できる可能性が高い

20代後半になると、年齢的にも最後の転職として覚悟を決めているケースが多く、転職先の会社で将来にわたって活躍してもらえる可能性が高いため人気があります。

20代前半の転職希望者も人気はありますが、人事側としては、まだ若いので退職されてしまう可能性が高いという懸念点としてあります。

20代後半の場合、次の転職からはもう30歳になって、ミドルエイジとしての転職をする年齢になります。

ミドルエイジとしての転職は、20代の転職に比べて一気にハードルが上がることになり、よほどの実力者以外はそう易々と転職することはできません。

30代での転職は、課長職クラスの管理監督者としての仕事を遂行する能力があるレベルでないと、なかなか内定を出せないためです。

企業側もそこを留意して、20代後半の転職希望者の面接に挑みます。

最後の転職という覚悟を汲んで、企業も期待をかけて採用するのが20代後半での転職です。

意中の会社から内定を獲得したならば、その会社を定年まで勤め上げる会社にするんだという強い気持ちを持ちましょう。

それだけ会社を慎重に選ぶ必要もあります。

20代後半の転職はまさに一生をかけた勝負です。心して臨みましょう。

30手前で転職ってあり?20代と30代では転職のハードルは違う?

第二新卒と比べて教育コストがかからない

20代後半は社会人としての実力も完成しているので、第二新卒と比べて教育コストがかからないのもメリットです。

すでに前の会社で基本的な研修を受けているので、若手に必要な研修コストや教育時間を大幅に節約することができます。

20代後半であれば、29歳の社会人の方も含みますと、おおよそ社会人としての仕事を4~7年は経験しているという計算になります。

どんな業界でも、4~7年の実務経験があれば、ある程度の戦力として計算できるようになります。

採用してからすぐに即戦力として考えられるのも大きな魅力です。

20代後半の転職希望者に企業が求めるものは「リーダーシップ」

20代後半にもなれば、会社によっては係長や班長といった管理職ではないものの、課長職への登竜門に近い役職の社員も出現し始めます。

仕事の能力の差や実績においても、同期との間でだんだんと差がついてくる年齢です。

またベンチャー企業のように、人材の新陳代謝の激しい企業であれば、すでに管理職になっている人もいます。

そのため20代後半の転職では、人を取りまとめるようなリーダーシップにある仕事ができるかが重要です。

つまり、管理監督者性のある仕事をしているかどうかが肝となってきます。

20代後半では、このリーダークラスの仕事の経験があるかどうかで、転職の成功率が一気に変わってきます。

いわゆる係長や班長といった役職は、リーダークラスの役職であり、ただただ目の前の仕事をこなすだけの役割から、一段高い目線での仕事をすることを求められます。

20代後半を企業が採用するということは、たとえば28歳で入社するとして、概ね入社3年後の31歳で係長などの役職につけることを想定しての採用となってきます。

給与も安くとはいきません。

20代後半の転職は、入社時には仮に低い給与額が提示されていたとしても、3年後に役職手当などを加味することで良い給与条件になることが大半です。

優良企業であれば、実務の経験が4年を超えていれば、転職希望者を安く扱うことは絶対にしません。

あまりに提示される給与が安い場合は、内定が出ても断ることを検討しましょう。

20代後半の転職は、商取引と考えよう!

人事部の社員の間では、1万時間の法則と呼ばれる「プロ」の法則があります。

これは、人間はどんな仕事でも1万時間を費やせば「プロ」と呼ばれる実力が備わるという、人事部の伝統的な考え方です。

仮に20代後半で、実務経験が5年ある27歳とすれば、週休二日制の会社に勤務していたとして、ざっと1万時間の仕事の経験があります。

20代後半の人材は、それまで行ってきた仕事の時間だけでいえば、立派な「プロ」なのです。

20代前半での転職と全く変わってくるのはこの点で、プロの技術や経験を面接を通して売り買いするのが20代後半の転職なのです。

20代前半のときの転職活動のように、ポテンシャル採用ではありません。

何が出来て、何ができないのかをはっきりとさせて、これまで自分が行ってきた仕事のプロとして面接に挑みましょう。

20代後半の転職希望者に企業が求めるものは、募集していおる職種のプロです。

商取引であると考えて、自分という商品を売り込む覚悟で面接にのぞみましょう。

26歳の転職攻略法!失敗しない転職活動の進め方

20代後半の転職を成功させるための3つのコツ

  • 職務経歴書は整然と書くように心がけよう
  • これまでの経験が活かせる職種に転職しよう!
  • 転職は在籍中に行うことを心がけよう!

1 職務経歴書は整然と書くように心がけよう

20代後半にもなると、膨大な量の仕事を、自分自身でも気が付かないうちに経験してきています。

29歳の人を含めると7年間近く仕事をしてきていますので、職務経歴書が複雑になる傾向にあります。

職務経歴書は、簡潔に、書類を見た瞬間に内容が人事担当者に理解されることが理想です。

上司への企画書の提出と同じです。短い時間ですぐに伝わることが大切です。

見た瞬間にあなたの良さが人事担当者に伝わらなければ、書類選考に落ちてしまいます。

大企業の人事部などは何千人とくる転職希望者の履歴書や職務経歴書を見なくてはなりません。

転職サイトへ職務経歴書を登録する場合なども同様ですが、職務経歴書は企業が最も重視する書類です。

簡潔にこれまでの経験を書くようにしましょう。

営業職であれば取引先を漫然と並べて書いていくではなく、自分の請け負っていた取引先の名前と、その取引先を何年間担当していて売上はどれくらい持っていたのかなど詳細を書きつつ、年次単位でまとめるなどしましょう。

経理のような事務職であれば、決算何年間担当のように、省略できる部分は省略し、自分が得意にしている仕事を一番上に持ってくるなどしてアピールするようにしましょう。

面接までたどり着ければ、あとはあなたの魅力次第ですが、書類選考では文面でしかあなたの良さを判断することができません。

魅力的な職務経歴書を書くように頑張ってみましょう。

20代の転職を成功に導く志望動機とは?自己PRのポイントを徹底解説!

2 これまでの経験が活かせる職種に転職しよう!

20代後半ともなれば仕事の実力はかなり完成されてきているものです。

出来れば、それまでの経験が活きる職種に転職されることをおススメします。

未経験への転職はもちろん、チャレンジ精神があり、素晴らしいことですが、日本の企業は、そのほとんどが中途採用者には即戦力を求めて求人をかけます。

未経験で良いのは、ほとんど新卒だけです。

仮に未経験者歓迎の求人があったとしても、経験者と未経験者が同じタイミングで面接に来た場合、経験者のほうが採用されます。

中途採用イコール、即戦力前提だからです。

営業職ならば営業職として転職をする方が転職先でも重宝されますし、経理職ならば転職する際も経理を選んだ方が確実です。

できるならば同じ職種で転職をするように心がけましょう。

3 転職は在籍中に行うことを心がけよう!

転職活動は、基本的に在職中に行うことを心がけましょう。

これは雇用保険の失業給付が自己都合退職だと、退職日から3か月と7日後にしか保険給付金が受け取れないため、経済的な困窮から焦ってしまうことが理由です。

経済的に安定していないとそれだけで転職活動を焦ってしまい、本命以外の企業に焦って入社してしまうことになってしまいます。

ただし、あまりにも理不尽なパワハラや過労死ライン(残業月80時間)を超えるような場合は、退職するほうが吉です。

もしもメンタル疾患に罹患してしまえば、回復するのに10年近い時間がかかることもあります。

転職活動には心の余裕が必要です。

焦って誤った会社を選べば、また転職活動をするハメになってしまいます。

あなたが心から納得のいく会社に入社するために、自分にとってベストな選択肢を選ぶようにしましょう。

最近では人事部も在職中の転職希望者に考慮して、土曜日や平日の遅い時間帯に面接を行うようにしています。

どうしても平日に有給休暇を使用するのが難しい場合には、事情を相談してみましょう。

20代後半の転職で目指すべき年収は400万円以上

年収アップを狙って転職するなら、20代後半の平均以上を目指してみましょう。

20代後半の平均年収は、以下の通りです。

平均 約361万円
男性 約393万円
女性 約317万円

20代後半の男女合わせた平均では、約361万円。男性だけに絞れば平均年収は約393万円になります。

もし現状の年収が、平均よりも大きく下回っており、今後も年収アップの見込みがないのであれば、転職を検討した方がいいでしょう。

また転職で年収アップを狙うのであれば、平均年収を超えた400万円台が一つの目標となるでしょう。

20代後半のうちから年収を400万円台に乗せることができれば、30代で600万円、40代で800万円台、最終的には1000万円台と今後の年収を大きく伸ばすチャンスがあります。

逆に20代後半で300万円台でとどまってしまうと、なかなか大きく年収を増やしていくことはできないでしょう。

20代の平均年収については、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

20代で手取り15万~20万円って普通?平均年収と今より収入を上げるコツ!

20代後半の転職活動は転職サイトを積極的に活用しよう!

20代後半ともなれば、実務の経験が豊富なため、転職サイトに登録して転職活動を行うようにしましょう。

転職サイトにはたくさんの求人が出されています。

20代後半で実務の経験があるのであれば、実は、人事的に見ても転職サイトを活用することが一番の転職成功への道のりです。

転職サイトは、職種の経験者を優先して採用して、短期で採用活動を終結させたいと考えている会社の求人がたくさん掲載されています。

転職サイトには求人掲載期間が限られているので、短い時間しか人事担当者には与えられていません。

そこが20代後半の転職希望者には有利な点です。

仕事の職種としての経験さえあれば簡単に書類選考を通過することができます。

これは転職サイト特有の構造で、短い判断期間しか与えられていないので、経験者で、しかも20代後半の若者が求人に応募してくれればラッキーと採用担当者は感じます。

特に企業が採用したい20代後半という年齢層でしかも職種の経験者であれば、トントン拍子に進めば1ヶ月程度で、内定まで進むことは珍しいことではありません。

会社と転職希望者が上手くマッチングするかどうかという問題はありますが、転職サイトには求人がたくさん掲載されています。

複数の求人が掲載されているからこそ、複数の求人に応募することが可能です。

そのためあなたの要望する条件を提示する企業と、マッチングされる可能性が非常に高いのです。

転職サポートを期待するなら転職エージェント

もし今の仕事が忙しくて、なかなか転職活動に時間を割くことができないのであれば、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントでは、あなたの代わりに担当のキャリアアドバイザーが、要望に沿った求人を探してきてくれます。

またそれぞれの転職エージェント経由でしか紹介されていない、非公開求人というものも存在します。

非公開求人は転職サイトでは求人を検索することができない、優良求人のことです。

公開すると応募が殺到してしまうため、転職エージェント経由での紹介に絞っているケースが多いです。

そのため公開求人で気になる企業がない人は、転職エージェントに登録してみると、理想の求人に出会える可能性があります。

20代後半におすすめ転職サイト・エージェント

ビズリーチ

ビズリーチ

20代後半である程度実績を残している人は、ハイクラス求人が集まるビズリーチがおすすめです。

高年収・高待遇・管理職求人など、キャリアアップを目指す20代後半には理想の求人がたくさん紹介されています。

ヘッドハンターからのスカウトだけでなく、有名企業から直接のスカウティングもあり、いきなり面接へ進めるケースもあります。

今よりもっと上の環境にステップアップしたい方は、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチ詳細ページ

ビズリーチ公式サイト

doda

doda

dodaは様々な業界・職種に強いオールラウンドの転職エージェントです。

年収500万円以上など、20代後半が目指したいリアルな理想の求人が多く紹介されています。

また大手~中小、地方~都心と、対応領域も幅広いので、あらゆる人におすすめの転職エージェントです。

doda詳細ページ

doda公式サイト

20代後半が使うべきおすすめ転職サイト・エージェントランキング【2021年】

この記事を読んだ皆さんが、理想の転職を実現し、新天地で活躍させることを祈っています。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です