20代の転職を成功に導く志望動機とは?自己PRのポイントを徹底解説!

20代の転職を成功に導く志望動機

前の会社をすぐに辞めてしまった。

短い職歴ばかりで、そもそも次も正社員で雇ってもらえるのか!?

とても不安ですよね。

その不安な気持ち、よく分かります。

私自身も何度かこれまで転職してきていますので、その度にああ大丈夫かなと思ったものです。

でも大丈夫です。

今回は大手企業・中小企業・ベンチャー企業と、様々な企業で人事をした経験を基に、20代の転職を成功に導く志望動機の書き方を解説します。

この記事を読めば、きっと面接官の納得する志望動機と自己PRを用意できるはずです。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

20代は転職市場で一番有利な年齢!但し、人事担当者は定着率が気になる!

20代は転職市場で最も人気のある年齢層です。

但し、一番転職することが可能な年齢だけに、人事担当者は会社に定着してくれるかどうか最も心配しています。

最近では優良企業ほど社員の定着率を気にする傾向にあり、新卒社員の定着率100%を達成した企業の人事担当者が、ハローワーク主催のセミナーで講演会を開いたりと、定着率向上に躍起になっています。

定着率を気にする優良企業の最大の関心ごとは、転職後に定年まで転職希望者が勤めてくれるかどうかです。

特に若年層は多少短い期間で辞めていても採用する傾向にあります。

実情をお伝えすると大卒事務系でも1年持たない方が事務職でも多いです。

しかし、前職を短い期間で辞めるといった離職を複数回繰り返してしまうと転職市場では信用を失ってしまいます。

この部分の心配を払拭できるような志望動機と自己PRを作りましょう!

面接官の心理を知れば対策は十分に可能です。

自己PRと志望動機で最も大切なのは具体性と将来性!

自己PRで最も重要なことは具体性と、将来に向けてどう仕事をしていきたいかをしっかりと志として述べることです。

20代といえばまだまだ伸びしろが抜群かつ、将来の幹部候補生としての採用もたくさんあります。

若いので若者ならではの柔軟な発想を持って新たな仕事の仕方のヒントなどを提供することも期待されています。

この2点をしっかりと意識して志望動機と自己PRが出来るようにしましょう。

実際にどんな志望動機と自己PRであれば採用したくなるのか

自己PRと志望動機が繋がっていると綺麗なアピールが可能です。

具体例を挙げながら紹介させて頂きます。

20代で未経験の仕事に挑戦したい場合

20代で未経験の仕事に挑戦したい場合には、いま現在している仕事内容と転職先で志望する仕事内容を上手く組み合わせます。

未経験の仕事であっても、興味を持ったきっかけとして今の仕事と転職先で志望する仕事内容に通ずるところを探すのと、自己PRもいましている仕事内容から探します。

あくまでも今やっている仕事を大切にしているというところをアピールするようにして下さい。

憧れの仕事があったのでいましている仕事に身が入らなかったというような誤解を面接官に受ければ一気に内定が遠ざかります。

企業が欲しいのは目の前に地味でやりたくない仕事があったとしても投げ出さずに最後まで出来るのかというところです。

具体例を挙げます。

28歳で、ベンチャー企業の営業職から、中堅規模の企業の経理を志望した方の志望動機と自己PRです。

「私はこれまで、ベンチャー企業で営業職をしてまいりました。経理の経験はございませんが、会社の営業会議などで利益率などの資料が経理の財務担当者から毎月送られてくるのですが、データを分析して企業の未来を考えるような仕事をしたいと考えるようになりました。経理から出てくるデータを元に営業職がみな行動をするのを見てこれは大変、やりがいがありそうだと考えるようになりました。御社では社会貢献性の高い製品を製造しており、ぜひ関わってみたいと考えるようになりました(志望動機)。私はこれまで営業職一筋で来ましたので、経理職の経験はございませんが、営業職として利益を上げることを目的に第一線で活躍してきました。コミュニケーション能力にも自信があります。コミュニケーション能力とお金の計算については秀でた能力があると自負しております。よろしくお願い申し上げます(自己PR)」

このように将来的にどのような仕事をしてみたいかという未来の話と、経理だけでなく他の職種でも通用する自己PRが作れると非常に好印象です。

20代は未経験・異業種への転職で有利!?面接でアピールするべきポイントとは?

早期退職をしてしまった場合

早期離職をしてしまった方で採用担当者が一番危惧しているのはうつ病をはじめとした精神疾患、いわゆるメンタル疾患の心配です。

メンタル疾患の方は短い期間で転職を繰り返す傾向にありますので、その点の心配を覗けるような志望動機と自己PRをするようにしましょう。

23歳で前職を新卒入社してから半年で退職をし、ブランク期間が長引いているの場合です。

「私は新卒で入社した会社を半年も持たずに辞めてしまいました。これは一重に私の忍耐力不足であり、全面的に私が悪いと考えております。辞めた理由ですが、当時はどうしても企画部署に行きたいと考えておりましたが、現場に配属されてしまい、やりたい仕事ではないと考えての退職でした。その後冷静になってみると何の経験もない新卒にいきなり管理部門での仕事はよほど優秀な人材でなければ配属されないことを知りました。いまでは軽率だったと反省しております。そこで私は今回は貴社の企画営業職としてまずは現場を覚える意味を含めて下積みをしたいと考えて志望いたしました(志望動機)。確かに短い期間では離職しておりますが、このブランク期間は職業訓練校に通い、毎日規則正しい生活を送ることを心がけてきました。もう一度仕事をするチャンスを頂けると幸いです(自己PR)。よろしくお願い申し上げます。」

規則正しい生活を心がけているということは、メンタル疾患への罹患が否定できます。

ひどい場合には一日布団で寝ていたり食事もとれないというのがメンタル疾患の特徴です。

また前職の批判をせずに全面的に自分の責任として捉えることで、強い反省をしているというようにも考えられます。

20代で転職3回は多い?転職回数が多い人のアピール術!

3年以上の実務経験があり、なおかつ経験職種に応募する場合

実務経験が3年以上あり、そのままその経験を活かして転職活動を行う場合には、その経験をそのままアピールしてください。

昨今は若者の離職率がとても高く、半年持たない子も多いのが実情です。

それが悪い事でもありませんが、その中で特定の職種の経験を3年以上積んできている地道な努力を出来る若者の需要は絶大です。

特に営業職・経理職・人事職・総務職・法務職・技術職はどの会社にもある職種です。

汎用スキルのアピールと共に、実務経験を存分にアピールしましょう。

具体例を挙げます。

大手メーカーの総務職で3年以上の実務経験のある25歳の若者で、転職先はベンチャー企業の総務職です。

大手企業独特の社風に嫌気がさして自由に出来るITベンチャー企業の総務を志望しています。

大企業の総務は暴力団対応等(ゆすりたかりの対応。特に大手メーカーで新しい工場を建設するときにはいまだにこの手の輩の相手をすることがあります。中小企業の総務であれば、お金を払ってそれで手切れ金にもできますが、大手企業は暴力団関係者に金銭授与は絶対に出来ないのでとても激務になります。)の仕事もあり非常にメンタル的にタフでなくてはいけませんが、ベンチャー企業の総務でも同じことです。

むしろ大手にはない煩わしさが付きまといます。

何となく自由そうな風土の会社だからという安易な理由で志望するのではなく、総務の基本は変わらないという点を認識して志望動機を立てる必要があります。

「私はこれまで大手メーカーで総務として仕事を3年間経験して参りました。面接では守秘義務等で話せない内容の仕事も多いですが、地味な裏方としての仕事に徹してきました。以前、総務担当者のセミナーでベンチャー企業の総務担当者の方たちと交流を持つ機会があり、オフレコで業務についての情報交換を行っていたところ、考え方が根本から違うということに気が付きました。大手メーカーの総務はとても保守的ですが、ベンチャー企業の総務は意思決定が早いため、非常に合理的だと思いました。意思決定の迅速さと合理性に惹かれてベンチャー企業の総務に興味を持ちました(志望動機)。私はこれまでどんな地味な仕事でも手を抜かないことで評価を得てきました。工場に白線を一本引くのにどの位置に引くのかについて工場内でもめ事になったりとそういった地味な仕事もしっかりと全体を把握して全部署に納得がいくようにして参りました。これからもそのスタンスを変えることなくベンチャー企業ではもっと会社全体がイキイキと働けるように仕事を推進していきたいと考えております。よろしくお願い申し上げます。」

大手企業の総務は内々の仕事になりがちですが、ベンチャー企業の総務では中の人員が少ない分、思い切った発想を活かすこともできます。

しかし、それだけでなく地道に仕事をすることも求められています。

経験を具体的にアピールすることと、将来やってみたい仕事を述べる事で仕事の進め方のスタンスも提示することができます。

20代後半の転職完全攻略!人事のプロが教える3つのポイント

以前の勤務先が倒産してしまった20代の場合

勤務先が倒産してしまった場合、20代であっても転職活動が長引くことが多いです。

20代の方で非常に多いのが、会社に行ったらいきなり会社が倒産していることを知り、途方に暮れて転職活動をするも中々転職先が決まらないという方です。

最近ではあり得ませんが少し前では、「倒産するような勤務先に勤めていた方は不吉な方なので書類選考で落とす」というようなことを平気でしていた大企業の人事の方もいらっしゃいました。

加えてこんな良からぬ噂も蔓延していました。

「倒産するような会社に勤務していた人材は会社を見る目がないとして落とされるのだ」

こんな事実無根の噂話まで流れる始末でした。

真相をお伝えしますが、この噂は真っ赤な嘘です。

勤務先が倒産してしまった方は、「他責」に染まってしまっているので内定が出にくいだけです。

勤務先が倒産したのは経営者の責任であって、従業員には責任の負えるものではありません。

こんなスタンスで転職活動をしてしまうので内定が思ったように出ないだけです。

「勤務先が倒産してしまったせいでしなくてもよい転職活動をしている。私は悪くないのに!」

これが最も悪手です。

志望動機や自己PRだけでなく、面接時の態度にも出てしまいます。

会社が倒産した場合には、前向きになることが大切です。

倒産の経験すら前向きに捉えられる人材はとても魅力的です。

「前職が倒産したため、転職活動をしております。前職は短いながらも信頼できる諸先輩方や同僚もいた為、ショックはありましたが、これも一つの経験として捉えております。今回、御社を志望したのは前職での経験を活かせると考えたからです。私は営業職として印刷会社に勤務しておりましたが、いまの印刷業界は無理に早く印刷物を仕上げることと過剰な価格ダンピングで慢性的に赤字の状態でした。御社では特殊な印刷物を扱っており、業界の老舗なので、その点で安定した企業であると考えて志望いたしました(志望動機)。今度こそ定年まで勤められる企業に勤務したいと考えております。また安定しているだけでなく社会貢献性の高い製品を扱っておられるのも志望したポイントです。私の経験を活かせる御社で活躍できるチャンスを頂ければ幸いです。前職は倒産した会社でしたが、その中でも創意工夫を行い、印刷業務の現場に配慮して営業職として活躍したいと考えております(自己PR)。よろしくお願い申し上げます。」

普通は倒産すると業種ごと変えようとする方が多いのですが、その中でも安定した企業を同じ業種で見つけて同じ職種で挑戦するという方は稀です。

現在は元気に営業職として活躍して頂いており、非常にうれしいです。

マイナスの経験すらプラスに転換できる人材の魅力は転職市場では非常に強力です。

我々だって、明日は我が身です。

どんな人も会社が倒産すれば生活に困ってしまうのです。

ブラックで有名な勤務先から転職する場合、前職を悪く言わない様に注意!

前職がブラック企業として有名な企業で、それを理由として転職する場合には、注意が必要です。

ブラック企業として有名な企業は優良企業の人事担当者も知っています。

しかし、同じ地域に会社がある場合、人事担当者同士で交流会を持っているので、あまり過剰にブラックをアピールされると「それって本当かな?」という疑う心理に入ってしまいます。

また転職活動で前職を批判するのはご法度です。

この点を考慮すると、ブラック企業を辞める時にブラック企業で労働環境があまりにも劣悪だからという理由を言うのは避けておいた方が良いです。

自分がスキルアップに必要な時間を取れないという答え方をするのが20代には特に有効です。

26歳で、ITベンチャー企業のSEから、大企業の社内SEを志望した方の志望動機と自己PRです。

「現在在籍している企業は残業があまりにも多く勉強する時間を取る事ができません。資格試験の勉強をする時間が確保できないのが辛いところです。やりたい仕事があるためどうしても在籍中に資格取得をして業務に活かしたいと考えているのですが、時間が取れません。そこで今回は転職したいと考えるようになりました。中途採用者なので即戦力として活躍したいと考えておりますが、スキルアップするために勉強時間を確保するために御社を志望しました。御社が残業時間削減を推進されている事を知り、業務の経験を活かせると考えて志望させて頂きました(志望動機)私はこれまでSEとして経験を積んできており、これまでの業務経験を活かして御社で社内SEとして活躍できると考えております。(自己PR)よろしくお願い申し上げます。」

このように残業時間が短くなったらやりたいことを話すようにして下さい。

早く上がれるようになってから自己研鑽して更に仕事レベルをアップさせたいと答えられれば面接官も内定を出しやすいです。

企業が残業時間を短くしたり休日を増やすのはそれでさらに仕事のスキルがアップすることを期待してのことです。

そこをしっかりと捉えられれば100点です。

若いうちに勉強したことは一生の宝になります。

20代はいくらでも新しい知識を詰め込める素晴らしい時期です。

勉強をアピールすることも有効です。

どんな過去があってもプラスに捉えて前向きに伝えよう!

転職するとき、どうしても人は後ろを向きます。

どんな経験も無駄なものは一つとしてありません。

仮に1ヶ月で会社を辞めていようが、会社が倒産して不本意な退職を経験していても、それは全て過去の話です。

採用する側は新たな気持ちで新しい人材を迎えようと面接時には気持ちを切り替えています。

面接の場では前向きに未来を語るようにして下さい。

特にあなたはまだ20代。

これからなんにでも挑戦できます。自信を持って転職活動に挑んでください。

今までが不本意な結果に終わっていたとしても、関係ありません。

同じことを繰り返さないように努力していけば良いだけです。

転職は人生を大きく変化させる手段の一つです。

20代での転職を成功させれば、後の人生に大きな実りがあります。

内定をゲットして新たな環境を手に入れましょう!

また20代の転職はこちらの記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

また20代の方には、こちらの記事で紹介している転職サイト・エージェントがおすすめです!

20代におすすめする転職サイト・エージェントランキング!【2018年版】