3年目で仕事に向いていないと感じる人向けの8つの転職判断基準

3年目で仕事に向いていないと感じる人向けのつの転職判断基準

入社3年目を迎えるのに、「今の仕事が向いていないかも」と悩んでいる人は必見です。

  • 仕事に向いているのか自分でも分からない
  • 仕事の向き不向きを判断する基準ってどこ?
  • 今の仕事に向いてないなら転職するしかない?

そんな悩みを抱えたまま、向いていない仕事を続けていませんか?

入社3年目の離職率はおよそ3割。

あなたが退職考えているのは、珍しいことではありません。

この記事では、3年目で仕事に向いていないと感じてしまう理由や、転職するべきかの判断基準を紹介していきます。

今の職場に留まる方がいいのか、転職して環境を変えるべきなのかがジャッジできます!

3年目で仕事に向いていないと感じる社会人は多い

まだ3年?もう3年?

3年目を迎えたのに「この仕事に向いていないかも」と感じる人は、転職を考え始める時期かもしれません。

実は1年目、2年目で転職するのと、3年目で転職するのでは、転職先でのイメージも大きく変わります。

また新卒入社で3年目なら、「第二新卒」の切符を使って転職ができる絶好のチャンスです。

1、2年目で辞めてしまうと、採用担当者に「我慢強さが足りない」と判断されるところも、3年目なら履歴書にも違和感がありません。

その他にも、「3年目」というのがターニングポイントになる理由は、次のようなケースです。

仕事に慣れてきた時期でもミスが多い

3年目を迎えても、まだ仕事で同じようなミスをする場合、その仕事に向いていない可能性が高いです。

どれだけミスをしないように頑張っても、向いていない仕事なら防ぎようがありません。

仕事のミスによるストレスやプレッシャーで精神的に追い詰められ、退職を選ぶ人もいます。向いていない仕事にしがみついて辛い毎日を過ごすよりも、気持ちを切り替えて新しい環境に身を置く方が賢明かもしれませんね。

周りが転職を始めている

3年目になると同期が転職をスタートする時期です。

その影響もあり、自分自身も転職を意識するようになります。

また入社当時のイメージと現実とのギャップは、1、2年も働けば十分に理解できているはずです。

仕事も一通り覚えてしまって、今後のキャリアプランを考えるにベストなタイミングでもあります。

「石の上にも3年」という言葉の通り、3年も働けば転職で十分に評価されるでしょう。

自分が仕事で何をしたいのかがわからない

何をやりたいのか分からずに就職した人もいると思いますが、働いているうちにやりがいを見つけるケースも少なくありません。

大きな目標や目的がなくても、小さな喜びや責任感があれば仕事を続けられます。

しかし仕事が一通りできるようになっても、

  • 自分が何をしたいのか分からない
  • 何のために会社にいるのだろう…

というような人は、仕事を辞めたいと思うようになります。

自分に向いている環境を探すため、業種や職種などを変えて転職に踏み切ることも多いようです。

仕事が向いていないと感じる人向け!8つの転職判断基準

「今の仕事が向いていない」と感じながらも、本当にやめていいのか、後悔しないのかが分からず身動きが取れない人も多いのではないでしょうか?

そこで、今の仕事が本当に自分に向いていないのか、判断する8つの基準を紹介したいと思います。

毎朝仕事に行くときに体調が悪くならないか

  1. 家を出ようとすると腹痛に襲われる
  2. 電車に乗るときに足が動かない
  3. オフィスに入るときにめまいがする

このような症状が出ていたら危険です。

うつ病のような精神的な病気の症状かもしれません。

病状が悪化する前に休職するか、早々に転職先を探しはじめましょう。

「仕事したくない!」原因と対処法を紹介

業務に対してやりがいを見いだせているか

  • 新卒入社で興味ない部署に配属させられた
  • 頑張っているけど評価されない

このような理由で仕事を辞めたいと思っている人も多いかもしれません。

しかし、やりたくない仕事だったとしても、続けていくうちに何かしらのやりがいや楽しさが得られるのではないでしょうか。

「この仕事は自分の天職だ!」と言える人でも、毎日楽しいことだけじゃなく、辛い時期や辞めたいときだってあるのが一般的です。

自分の置かれた状況をネガティブに考えるのではなく、何かしらの前向きになる部分を探してみて下さい。

それでも見つからないというときは、転職を検討しても問題ないでしょう。

自分の得意なことを仕事の中に見いだせているか

「仕事が向いてないと思うのは自分が未熟なせいだ」と自分を追い詰めていませんか?

向き不向きは誰にでもあることです。

人前で話すのが苦手な人が、飛び込み営業を毎日やらせられたらどうでしょう。

多少の慣れはあるかもしれませんが、毎日苦痛で仕事が嫌になります。

それよりもバックオフィス的な仕事をした方が、楽しく仕事ができて結果が残せるかもしれませんよね。

無理なことを続けることは体に毒です。

「自分はこの仕事に向いていないんだ」と、自分を認めてあげることも大切です。

割り振られた仕事に納得しているか

  • 割り振られている仕事に平等性がない
  • 入社3年目なんだからと仕事を大量に押し付けられる

このような不満を抱え、納得しない状態で仕事をしていませんか?

上司によって割り振られた仕事であっても、自分が納得していないとやる気も起きません。

このようなケースは、転職までしなくても転属で解決できます。

しかし部署が少ない中小企業では社内での異動がむずかしいため、解決方法は転職の一択になってしまいます。

将来自分がどんなキャリアを持っているか想像できるか

5年後、10年後に、今の会社で活躍している自分の姿がイメージできますか?

出世して部下を指導している姿や、裁量権を持って仕事を進めている姿がイメージできる人は、今の仕事に向いていると思って間違いないでしょう。

明るい将来が描けるということは、今の仕事に満足していて向上心がある証拠です。

しかし一方で、全くイメージできない、会社を辞めてそうな気がするという人は、仕事に向いていない可能性があります。

すでに辞めたい気持ちが固まっていて、辞める勇気がないだけかもしれません。

目標になる上司や同僚がいるか

あなたの職場には、憧れの先輩や上司はいますか?

目標になる人が側にいるというのは、会社に残る判断基準になります。

「仕事で結果を残して上司みたいになりたい」「指導してくれた先輩のためにも頑張ろう」と思えれば、仕事のモチベーションも高まりますよね。

「尊敬できる人がいない」「上司みたいになりたくない」と思うような職場環境だったら、会社に残る意味はありません。

周りから向いていないといわれているか

良くも悪くも、周りから「今の仕事が向いてないよね」と言われた場合、あなたに合った仕事は今の仕事ではないのかもしれません。

他人の意見を鵜呑みにするのは危険なので、参考程度に受け止めておくといいでしょう。

しかし自分よりも周りの方が、冷静な目であなたを判断できているかもしれません。

心当たりがあれば、どんな仕事が向いているのが、周りに聞いてみることをオススメします。

仕事で成果を挙げられているか

入社して3年目で成果が挙げられていないなら、その仕事に向いているのか、じっくり考えてみる必要があります。

向いていない人は、何年働いても成果につながりません。

また同期に遅れをとっている、後輩に追い抜かれていると感じる人は、その仕事に向いていない可能性が高いです。

仕事ができないから転職したい! 転職先の見つけ方と成功するための方法

仕事に向いていないと感じたら転職で環境を変えよう

向いていない仕事はいくら頑張ってみても結果は同じです。

ならば早めに気持ちを切り替えて、新しい転職先を探しましょう。

自分に向いている仕事に出会えれば、これからの人生を挽回できます!

自分にあっている社風なら仕事が楽しくなる

「仕事はきついもの」「会社は楽しくないのが当たり前」と思っている人は、環境を変えることで仕事が楽しくなるかもしれません。

仕事内容だけじゃなく、社風によっても悩みが改善されます。

例えば、裁量の大きい仕事を任されたい人は大企業よりも中小企業が向いていますし、規模の大きいプロジェクトに携わりたい人は大企業が向いています。

自分の目標やキャリアプランに合わせて、どんな企業だとやりがいを得られそうか、3年目のタイミングで考えてみましょう。

得意を仕事にできるのでやりがいが見つけやすい

人と話すことが好きなのにデスクワークばかり、手先が器用なのに営業職、新卒入社の場合はとくに、このようなミスマッチが起きやすいと言われています。

自分の得意なことを仕事にすれば、仕事が楽しくなりやりがいも見つかります。

希望するキャリアを実現できる職場に移動できる

入社して3年目は、これまでのキャリアを振り返りやり直しを図る最後のチャンスです。

とくに異業種・異職種への転職は、若い方が有利。

今の仕事を続けながら、転職活動をはじめていきましょう。

自分がこれからどんな仕事人生を歩みたいか、どんなキャリアを積んでいきたいか、よく考えて計画的に進めていくことが大切です。

自己分析を怠らず、自分に向いている仕事を選びましょう。

自分に合った仕事の見つけ方!転職で悩んでいる方必見!

転職するなら転職エージェントを利用すると効率的

その仕事が自分に向いているかを判断できない人は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

毎日求人をチェックする時間がない人や、短期間で転職先を探したい人にもオススメです。

転職のサポートが完全無料

「自分にはどんな仕事が向いているのか」「これからどのようなキャリアステップを踏むべきか」、転職エージェントは一人ひとりの求職者と向き合い、その人に合った仕事を提案してくれます。

自分では見つけにくい強みやアピールポイントも、プロの視点からアドバイスしてもらえるので、利用しない手はありません。

応募書類の添削や面接のサポート、模擬面接や研修なども、すべて無料で受けられます。

自分の苦手な分野をしっかりサポートしてもらい、内定をもらいましょう。

条件に合った求人を紹介してもらえる

企業規模や仕事内容、通勤時間に至るまで、あなたの希望する条件にあった求人を惜しみなく紹介してくれるのも、転職エージェントを利用するメリットです。

さらに、求人サイトやハローワークで扱っていない「非公開求人」を保有していて、登録者だけに紹介できる仕組みになっています。

非公開求人は、採用情報を競合他社に知られないよう極秘に進めている求人で、転職エージェントに登録しないと応募することすらできません。

給与や待遇面の条件がいいケースが多いので、企業の幅を狭めないためにも登録してほしいと思います。

退職のサポートまで受けられる

転職活動においては、退職してから転職先を探すよりも、在職中に探す人の方が多くなっています。

内定をもらってから退職を伝えることになりますが、職場の理解が得られず退職がスムーズに進まないことも少なくありません。

「優秀な人材を手放したくない」「こんな忙しい時期に辞められたら困る」という理由で一方的に引き止められ、入社日に間に合わないなどのトラブルが生じます。

最悪の場合、内定を取り消される原因にもなりかねませんので、退職は慎重に行うべきです。

万が一、このような事態に巻き込まれてしまっても、転職エージェントが退職のサポートをしてくれます。

気軽な相談から、法律に基づいたアドバイスまでもらえるので、安心して退社の意を伝えられるでしょう。

3年目におすすめな転職エージェント

入社3年目の若手におすすめの転職エージェントを紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、「マイナビ」や「マイナビ転職」などの人材サービスを運営するマイナビグループの転職エージェントです。

保有する求人案件のおよそ80%が非公開求人で、手厚いサポート体制に定評があります。

20代や第二新卒の転職に特化していて、若手を採用したいホワイトな中小企業を数多く抱えているのも特徴です。

「今の仕事が向いていない」と悩んでいる人は、相談がしやすく熱心に話を聞いてくれるコンサルタントがいる転職エージェントを選ぶべき。

マイナビエージェントは優秀なエージェント獲得を強化しており、豊富な経験とノウハウを持ったコンサルタントが揃っています。

マイナビエージェント詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

知名度が高く、エージェント業界でもトップクラスの求人数を誇るリクルートエージェント。

求人数が圧倒的に多いので、転職するなら必ず登録しておきたい転職エージェントです。

ただ求人案件が多すぎて、一人のコンサルタントが何十件も求職者をかかえているため、サポートの質にムラがあるという口コミもありました。

コンサルタントの人数も多いので、当たり外れもあるようです。

しかし良い担当者に当たれば、素晴らしいサポートが受けられるのは間違いありません。

担当のコンサルタントと合わないと感じたら、担当者を変えてもらうように本社に相談してみましょう。

リクルートエージェント詳細ページ

3年目で仕事が向いていないと感じたら転職も検討してみよう

「仕事が向いていない」と感じたら、こちらで紹介した転職判断の基準をチェックしてみて下さい。

向いていないと分かっているのに、無理して今の仕事を続ける必要はありません。

3年間きちんと務めた実績があるので、転職でも有利になり、20代であれば未経験の分野へチャレンジすることだって可能です。

転職が不安な方、自分に向いている仕事が分からない方は、転職のプロによるアドバイスがもらえる転職エージェントの登録がオススメ。

あなたに合った仕事は必ずあります!諦めないで前向きに転職を検討してみましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件