転職エージェントに訊いた!面接に落ちる残念な人の特徴ランキング

面接に落ちる人

人事の仕事をしていると、転職エージェントの方と会話をする機会も多くなります。

彼らの仕事も結構大変なもので、せっかく優良求人を紹介しても、面接がダメで落とされてしまうと、これまでの労力は水の泡。

転職エージェントの場合、紹介だけでなく入職まで決まらないと報酬が支払われないので、面接が苦手な転職希望者は、ほんとにむかつくそうです。

あなたは自分の面接力に自信を持っていますか?

そこで今回は現職の転職エージェントから聞いた、面接で落とされる人の特徴をランキング形式で紹介し、人事視点で各項目の理由や対策を解説していこうと思います。

簡単な私のプロフィールはこちら。

筆者のプロフィール

年齢 31歳
現職 ベンチャー企業の人事
転職回数 2回
経歴 新卒で入社した上場企業から中小企業へ転職。
ブラック気質に嫌気が差し、友人の紹介からスタートアップ企業へ転職、現在、人事・総務として邁進中。

1位 自己プレゼンテーション力が低い人

面接は自分という商品を相手に売り込むプレゼンです。

別に初対面の人と、明るく楽しく話せる能力が必要なわけではありません。

重要なのは要点をまとめて、自分の魅力を伝える力です。

しかし新卒時の就活以来、面接を受けてこなかった人の多くは、この自己プレゼンテーション力が欠如しています。

短い時間で1から10まで説明しようと思わない

「では、これまでの職務経歴を教えてください」

面接官がこう質問した場合、あなたに喋ることが許される時間は長くて45秒程度です。

それ以上長くなると、面接官の立場からするとイライラしてきます。

大体、職務経歴書を見れば、あなたがどんな会社で働いて、どんな仕事をしてきたかは把握できます。

それでも質問するのは、書面では書き記せなかった経験・スキルや、強調したいポイントを知りたいからです。

こういった質問の意図を理解せず、1から10までこれまでの経験を語ろうとする人は、その時点で採用熱はかなり下がってしまいます。

概要⇒細部⇒ベネフィット、の順番を忘れずに!

職務経歴を説明する際には、すべてを細かく説明する必要はありません。

まずは新卒から現在までの概要を簡単に説明し、そこから最もアピールしたい仕事について、フォーカスしてください。

もし他に気になるようなことがあれば、面接官から質問をするので、最初からすべてを説明する必要はありません。

そして最後に、過去の経歴から会社にもたらすことができる「ベネフィット」を明確に提示しましょう。

×「2000人規模の案件に携わった経験から、スタートアップの仕組みづくりに尽力してきた」

〇「2000人規模の案件に携わった経験から、今後の新しい事業の立ち上げ時の仕組みづくりにも貢献できます」

志望意欲・やる気が感じられない人

本人にやる気があったとしても、伝え方が悪いせいで、どうしてもやる気がないように見えてしまう人は多いです。

最近では事前に用意できる「志望動機」や「自己PR」などの項目ではなく、面接中の態度や「転職理由」「職務経歴」など、様々な項目から転職者の意欲を評価する傾向が強いです。

そのため前職の条件が不満というだけで辞めた方や、異業種から未経験で転職をする方は、伝え方やマインドの部分を、しっかり準備しておきましょう。

「条件を良くしたいから」というだけで転職するのは危険

転職理由に「年収を増やしたい」「充実した福利厚生に魅力を感じた」などと書いている人は、人事からすると一気に採用する気を失くします。

前職よりもいい条件を求めるというのは、転職では当たり前のことです。

せっかくのアピールの場で、分かり切ったことを言われても、何も心には響きません。

また待遇さえよければどんな仕事でもいい、という人は少数派だと思います。

なぜこの業種・職種・会社への転職を決めたのか。

転職理由が条件で止まっている人は、仕事への意欲が低いと判断されてしまいます。

3位 チャレンジ精神・知的好奇心のない人

新しく会社へ入ってくる人へ求めるのは、圧倒的なチャレンジ精神と知的好奇心(向上心)です。

新しい環境のやり方に順応し、これまでの経験を活用してくれる方でなければ、中途採用から活躍するのは難しくなります。

そのため面接の最中で、未経験の業務やスキルが求められたとしても、意欲を見せることが大切です。

「やりたい」「やる気はあります」と抽象的な表現はNG

採用されれば何でも良いと考えている人は、こちらの要望にすべて「やりたい」「やる気はあります」と答えてきます。

しかし口だけでは誰でもそんなことは言えますし、本当にやる気があるのであれば、面接の前からすでに行動を起こしているはずです。

業務上、必要な資格やスキルが分かっているのであれば、面接の前からアクションを起こしてください。

そして期限を設けて、いつまでに業務に対応できるのかまで答えてくれると、面接官からの心証はかなり良くなります。

4位 忍耐力がない人

これまでの職務経歴や面接中の態度を見て、「忍耐力がなさそう」と判断した人は、容赦なく面接で落とします。

企業からすると、中途採用であっても長く働いている人を求めています。

中途採用の場合、すでに「仕事を辞める」という経験をしている分、ストレス耐性に弱いのでは?という疑問は常に付きまといます。

転職回数が多い人は素直に反省の意思を示しましょう

20代で3回以上、30代で4回以上、40代で5回以上転職をしている方は、すぐに辞める人だと評価されやすいです。

そのため過去の転職理由はなるべくポジティブに伝えて、今後はこの会社でキャリアを積み上げていきたい、と真摯に伝えてください。

以前働いていた会社がどんなにブラック企業だったとしても、悪く言ってはいけません。

人事からすると、何も調べずにブラック企業に入る方が悪い、としか思いません。

しかし「あの頃は軽い気持ちで転職をしており、反省している」と伝えて貰えれば、大きなマイナス点にはなりません。

5位 当事者意識のない人

中途採用で入ってくる人、特にミドル層の人たちには、近い将来管理職に就いてもらうことを想定しています。

そのため当事者意識や責任感のない人材は、面接で落とされる可能性が高いです。

面接中は様々な角度から質問を行い、あなたに当事者意識があるか判断します。

しっかりとマインドセットをしておき、他人任せな印象を持たれないようにしてください。

転職理由を人・会社のせいにする人は最悪

「せっかく案件を取ってきたのに、技術部と折り合いがつかなかった」
「会社の上層部の考えが古く、やりたいようにやれなかった」

転職理由でこんなことを言われたら、その場で帰ってもらうレベルです。

「あなたは技術部との問題を解決するために、何をしたのか」
「あなたは上層部を説得するために、どんな行動、実績を挙げてきたのか」

少しきつめの口調で↑のような質問をすると、答えられないような人ばかりでした。

あなたが会社を辞めるのは、あなた以外に理由は存在しません。

転職をしたとしても、嫌な部分は必ず出てきます。そんなとき自分で解決しようと働きかけない人材は、会社の癌でしかありません。

普段から人のせいにするのが癖になっている人は、今日から当事者意識を強く持つ必要があるでしょう。

一つの会社の面接で失敗すると今後にも影響を与えます

記事の冒頭でも伝えましたが、転職エージェントと企業の人事は密に連絡を取っています。

エージェント経由の人材を面接したあとは、大体10分後にはエージェントと電話をしています。

その際、面接でとことんダメだった人は、容赦なくエージェントにクレームを言いつけます。

人事も良い人材を確保するために必死です。質の低い人材を紹介するエージェントからは、紹介を受けたくありません。

そして企業からクレームの入った人材は、エージェントの中でも×がつき、良い求人を紹介してもらえなくなります。

しかし繰り返しになりますが、面接で必要なのは圧倒的なプレゼン能力ではありません。

  • これまでの実績を端的に伝えること
  • チャレンジ精神・好奇心を持つこと
  • 当事者意識を持つこと

この3点を守ることができれば、面接でもいい結果を残すことできるでしょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件