転職支援サービスと転職サイトの違いとは?あなたはどちらを利用すべき?

転職支援サービスと転職サイトの違いとは?あなたはどちらを利用すべき?

転職を考えた時に、思いつくのが「転職支援サービス」と「転職サイト」ではないでしょうか?

しかし、ここで「どちらを利用したら良いんだろう…」という疑問が出てきますよね。

どちらが正確というのはないのですが、あなたに合った転職サービスは存在します!

転職支援サービスを使って転職するのか、転職サイトを使って転職するのか、どちらも利用して転職するのか、それは人それぞれです。

あなたにあった転職サービスを理解するためには、双方の違いを理解しなければいけませんよね。

そこで今回は、転職支援サービスとは?という部分から利用する人とは?という部分までご紹介してきます!短くまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

転職支援サービスとは?

転職支援サービスとは、転職のプロにサポートしてもらいながら転職を進めていき、転職を終えるまでを共に進んでいくサービスです。

主な、サポートとは、あなたの強みや転職先に求める条件などをカウンセリングを行う上で伝えていき、その希望に沿った求人を紹介してくれます。

他にも、面接対策や書類添削、転職に関する相談にも乗ってくれます。

転職支援サービスでは、転職のプロが支援してくれるため、求人の質やミスマッチは減らすことができます。

そんな転職支援サービスには、いくつかの種類があるのですが、オススメの転職支援サービスは転職エージェントです。

「ハローワーク」も転職支援サービスにあたるのですが、近年はインターネットが普及していることもあり、転職エージェントが主流です!

転職サイトとは?

転職サービスとは、転職のプロのサポートはなく、自分で求人を探していき、自由に好きなタイミングで応募できる転職サービスです。

求人を探すところから、応募、面接の日程調整、面接対策までの全てを一人で行っていきます。

そのため、時間や労力がかかり、ミスマッチも増えます。

しかし、その分好きなタイミングで始めることができますし、自分のペースで転職を進めていけます。

転職サイトもインターネットの普及と共に進化していき、今ではアプリでも求人情報やメッセージのやり取りができるようになっています。

転職サイトのメリット・デメリット!どんな人が利用すべき?

転職支援サービスと転職サイトの違いとは?

転職支援サービスと転職サイトではどんな違いがあるのか?

これを理解しないと、自分にあった転職サービスはわかりません。

求人数

転職支援サービスと転職サイトでは、求人数の違いが出てきます。双方ともに転職に困るほどの求人数ではないため、条件にあった求人が見つかりやすいかということです。

転職サイトでは、1万件ほどから多い求人数を誇る転職サイトでは10万を超える求人数を抱えています。十分な求人数ですよね。

転職支援サービスではプロだけが知っている非公開求人があります。

転職サイトに記載されている求人は公開求人と言われ、プロだけが紹介できる求人を非公開求人と言います。

もちろん公開求人を紹介されることもありますし、非公開求人から紹介されることもあります。

非公開求人は抱えている転職支援サービスと抱えていない転職支援サービスがあるので、数字は明確ではないのですが、多いところでは公開求人、非公開求人ともに10万を超えている場合もあります。

転職支援サービスと転職サイトでは、転職支援サービスの方がより多い求人数を抱えています。

サポートの有無

転職サイトには、サポート機能はありません。そのため転職を考えた時から転職が終えるまでを一人で行っていきます。

転職支援サービスでは、転職のプロのサポート受けながら転職を進めていく事ができます。

サポートの有無により、転職にかかる時間・労力・ミスマッチなどを変わってきます。

もちろん、サポートがある転職支援サービスの方が時間も労力もミスマッチも減ります。

しかし、サポートがない転職サイトでは自分のタイミングで始める事ができ、自分のペースで進めていく事ができます。

どちらが良いというのはありませんが、サポートの有無が1番の違いかもしれませんね!

転職にかかる手間

転職にかかる手間も大きく違いが出てきます。

転職をする場合、今行っている仕事と並行して転職の準備をしていく必要があります。

そのため、転職にかかる手間は少ない方が、あなたにかかる負担も減ります。

転職支援サービスでは、プロの人が求人を紹介してくれ、面接日程まで調整してくれますので転職にかかる手間は少ないでしょう。

しかし、転職サイトの場合は手間はかかりますが「今の仕事忙しいから転職準備を一回止めよう」「来年から準備していくか」と計画性を持って転職を行えば、あなたにかかる負担もさほど大きくないです。

転職支援サービスを利用するべき人は?

では、転職支援サービスを利用すべき人はどんな人でしょうか?特徴を3つお伝えします!

初めて転職を行う人

まず、転職を初めて行う人は転職支援サービスを利用すべきです。

転職を行うなら、ミスマッチせずに成功に修めたいですよね。

しかし、転職をした事がないと転職にかかる期間、転職に対する準備、求人の検索方法などわからない事だらけです。

そのため、転職支援サービスのサポートを受けながら、転職を進めていくのが一番の成功への近道です!

それに加え、初めてですと不安が大きいですよね。

「転職できるかな…」「失敗したらどうしよう」などマイナスな悩みが増えます。

悩みが増えれば増えるほで、転職自体もプラスに働かないため、初めての方は転職支援サービスを利用しましょう!

今も仕事をしている人

転職をする時には2つのパターンがあります。

1つ目は今は仕事を辞めていて転職をする場合。

2つ目は今の仕事を行いながら転職をする場合。

この2つのパターンがあるのですが、2つ目の仕事を行っている状態で転職をする人は転職支援サービスを利用するべきです!

今の仕事があるということは、転職にかける時間はそう多くないでしょう。

そんな中転職に関することを全て自分で行う転職サイトで転職をしていては、今の仕事が疎かになってしまします。

もしくは、転職に対する時間が十分に取れないです。

そのため、転職のプロのサポートをしてもらいながら転職を進めていくのが成功につながる方法です。

今の仕事が疎かになってしまうのも本意ではないため、今の仕事を行いながら転職をする人は転職支援サービスを利用しましょう!

求人の質や条件を多く求める人

求人には多くの条件があります。

業種や職種、勤務地、年収、こだわり、資格など多くの条件を絞って求人を探す事ができます。

この条件が多ければ多いほど自分で探すのは困難になります。

いくら求人数が多くても条件を絞っていくと、希望通りの求人にたどり着くまでは多くの時間がかかりますよね。
素人の力には限界があります。

条件が少なく「今の会社より休みが多ければ良い」などといった条件だけですと、多くの求人が出てきますので自分の力だけでも困る事なく理想の求人までたどり着きます。

それに加え、求人の質を求める人は転職支援サービスを利用しましょう。

非公開求人には質の高い求人が多く存在するため、あなたの求める質の会社のたどり着きやすくなります。

求人に対するこだわりがある人は転職支援サービスを利用しましょう!

転職エージェントのメリット・デメリット!どんな人が利用すべき?

まとめ

転職支援サービスと転職サイトの違いは理解できましたでしょうか?

転職にどちらが正解ということは一切ないため、あなたにあった転職サービスを利用する事が成功への1番の近道です!

双方ともに無料で使う事ができますので、一度自分で違いを体験してみるのも良いですね。

今回ご紹介してことを参考に転職に一歩踏み出してみましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件