異業種からの転職で失敗してしまう人の特徴!事前の業界リサーチが勝負の分かれ目!

○と✕を持った男性

いま所属する業種が斜陽産業なため転職したい。就職したが業種自体に違和感があるため、転職をしたい。

異業種転職をして、大丈夫なんだろうか。その不安な気持ち、とてもよく分かります。

業種を変えれば、これまでのあなたのキャリアも通用しなくなる可能性もあります。

何よりも新しい環境に飛び込むとき、誰もが不安を抱えています。

しかし、この記事を読めば、具体的にどのようにすれば異業種転職に失敗しないかがよく分かります。

最後までお付き合いくださいね。

転職先の仕事の実態を入社前に把握していない。

異業種転職に失敗する一番の原因は、転職先の業界のリサーチ不足にあります。

例えば商社から製造業へ転職すると、社風そのものが大きく違います。

仮に営業職という職種自体には経験があったとしても、商慣習が異なれば当然、仕事のやり方そのものが変わってきます。

同じ営業職であったとしても、製造業の営業職と商社の営業職であれば180度、その仕事のやり方は変わります。

製造業の営業職は、工場と製品の完成の時期を調整しながら取引先と仕事をするのに対して、商社の営業職は、在庫の仕入れなどの状況を把握しながら営業マンが裁量権を持って仕事をします。

この違いは非常に大きく、入社後のギャップで三ヶ月程度で退職してしまうという方も多くいらっしゃいます。

転職前の業界リサーチが重要!

まず、転職先の業種の仕事の仕方を入社前に念入りにリサーチすることが大切です。

具体的な方法としては、学生時代の友人などが就職した業種から情報を仕入れることが最も効果的です。

少し会ってカフェで話をするだけでも、その業種ごとの仕事のしんどさなどが聞けます。

入社前インターンのある会社がおすすめ!

入社前のインターン制度のある会社を受けるということも一つの手です。

例え3日程度のインターンであったとしても、絶対に参加するようにしましょう。

もしも転職が決まれば一生働くかも知れない職場です。情報が多くあることに越したことは無いのです。もしも在職中であれば有給休暇を使用してでもインターンに参加するようにしましょう。

昨今では、中途採用者であったとしても、内定後にインターンを義務づける会社も急増しています。

入社後のミスマッチを完全になくしたいと考えている会社が増えてきていますので、積極的に活用するようにしましょう。

異業種に転職しても、従前の仕事のやり方を引きずってしまう

日本企業の大半が、中途採用者には即戦力を期待しているのと同時に、一日も早く自分たちの業種に馴染んでほしいと考えています。

業種が異なれば仕事の進め方自体に大きな違いが出るのとは当然として、前職の仕事のやり方はリセットしてゼロからスタートして欲しいという気持ちが採用側にはあります。

日本では転職が盛んになったとはいえ、まだまだ終身雇用の恩恵を受けた世代が大量に職場に残っています。

転職先にもよりますが、転職先ではこれまでの会社のやり方に固執するという古い慣習に染まった、新卒採用社員たちが多くを占めます。

そこで前職の経験があるから、前職の仕事のやり方の方が正しいなどと言い出せば現場の社員との摩擦は激しくなり、上手く企業運営できなくなってしまいます。

前職での成功体験を捨てられずに転職失敗してしまう人が数多くいます。

以前の職場ではああだったのに、こうだったのに。

これを言い出すことによって、現在在籍している社員からは扱いにくいという不満が出ますし、本人にとっても過去を引きずってしまうという悪い循環に陥ってしまいます。

この文章を読んでいるあなたは、自分は大丈夫、そんなことをしないと思っているかも知れません。

しかしながら、ちょっとした言葉使いや動作などにそれが表れてしまうこともあり、根深い問題なのです。

職場風土にもよりますが、まずは様子見をしながら仕事を進めることが大切です。

頑張りすぎて、試用期間中に潰れてしまう

転職したての段階では、仮に職種の経験者であったとしても、まだ未経験者と同じ状態です。

業種を変える転職というのは、これまでの経歴が通用しない状態で仕事をすることになります。

なので、自分自身の理想とかけ離れた現実が自分自身を襲います。

自分自身が想像していたよりも、動けない。仕事内容が理解できない。手が動かない。ストレスと緊張感が自分自身を追いつめる。

転職して一か月も経過しないうちにメンタル疾患にかかって退職する人も多く、昨今では試用期間中のメンタル・ダウンがどの会社の人事でも大きな問題として認識されています。

どうしても行きたくて仕方がなかった業種に転職できたという喜ばしい状況と、活躍できていない自分という状態が、自分自身を追いつめてしまいます。

焦りすぎは禁物です

転職したての段階では、周囲は徐々に慣れていってほしいと考えていますし、過度に自分を追いつめる必要はありません。

出来る事から仕事を進めていくことが大切です。

過度に気負ってしまい、メンタル疾患に罹患してしまっては元も子もありません。

異業種転職成功の秘訣は、事前の情報リサーチにあり!

異業種転職成功の秘訣は、事前の情報リサーチにあります。

転職サイトや企業のホームページをチェックすることも有効な手段です。

また、生の情報を得たいと考えるのであれば、友人の就職した業界の話を聞いてみるというのも有効な手段です。

転職が成功するかどうかは、情報が全てです。

ミスマッチ転職をできるだけ避けられるように、情報収集を怠らない様にしましょう。

事前に正しい情報を仕入れておくだけで、メンタル疾患のリスクや仕事内容のミスマッチといった憂き目に合わず、イキイキと仕事をすることが可能です!

新天地での活躍をお祈りしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です