転勤族になるなら転職して定住すべき?転職するメリット・デメリットを徹底解説!

転勤族になるなら転職して定住すべき?転職するメリット・デメリットを徹底解説!

できることなら避けて通りたい転勤。

しかし会社から辞令がでれば、断ることはできません。

転勤がある会社は、支店が全国にあるような大企業であることが多く、大企業に勤めている人の宿命といっても過言ではないようです。

新しい環境は慣れるまでがとても大変で、これまで頻繁に会えていた友人や家族、恋人とも簡単に会えなくなってしまいます。

さらに子どもがいる家庭では、単身赴任か転校させるかで、親子で悩みを抱えてしまうことも少なくありません。

転勤の悩みを一蹴するには、今の会社を退職して転勤がない会社へ転職すること、この一択です。

「わざわざ転職までしなくても、転勤を断れば済む話では?」と思っている人がいたら、その考えは甘いです。

転勤は業務命令ですので断ることはできません。

「でも転勤が嫌だからって転職するのってアリなの?」という方に、転職するメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

転勤するなら転職したい人は実は多い

リクルートワークス研究所の調べによると、日本では年間60万人を超える人が転勤しているそうです。

さらに父親支援事業を展開するファザーリング・ジャパン九州が行った「転勤に関するアンケート」では、3人に1人以上が転勤を機に退職や転職を選んでいます。

転勤は断れないことがほとんど

転勤は会社の経営方針で決定したものなので、基本的に命令に従うのみです。

しかし以下のケースは、転勤を再検討してもらえる可能性があります。

  • 介護している家族がいる
  • 持病があり対応できる病院が転勤先にないケース
  • 上司からの嫌がらせによる報復人事

一方で、ただ環境が変わるのが嫌だという自己都合の理由では、転勤するしか道はありません。

仮に転勤を断れたとしても、社内での居心地は悪くなるでしょう。

さらに、あなたの代わりに転勤した人からは恨みを買う可能性もでてきます。

転勤でメンタル面の維持が難しくなる

知らない土地にたった一人で向かう場合は、孤独や寂しさを感じてしまいがちです。

新しい職場にすぐ馴染めるといいですが、深い人間関係が築けないと、毎日ひとりで孤独な日々を送ることになるでしょう。

転勤先が田舎で何もない環境だった場合、家と会社の往復で毎日が終わります。

料理ができない男性は毎食コンビニ弁当になり、精神面だけでなく健康面にも影響を及ぼしてしまうかもしれません。

家族の理解が得られない可能性がある

所帯持ちで転勤が決まった場合、家族みんなで引っ越すか、単身赴任をするかの選択に迫られます。

奥さんが正社員で働いている家庭は、理解を得ることが難しいかもしれません。

子どもがいるケースは、幼稚園などに通う未就学児か、小学生以上かで変わってきます。

小学生以上になると、友人関係や勉強の心配から残るケースが多いようです。

私立の学校に入っていれば、引っ越す人はほとんどいないでしょう。

転勤は拒否できるの?転勤に関する正しい知識と対応方法をご紹介!

転勤族にならずに転職する4つのメリット

環境の変化を好まない人は、早い段階から転勤がない会社に転職しておいた方がいいかもしれません。

転勤族にならないためには、転勤がない企業を選んで転職活動を行いましょう。

遠方に引っ越しする費用が浮く

引っ越し費用は基本的に会社持ちということが多いですが、それでも雑費や移動費などがかかってきます。

細々した金額でも積もると結構な額になるので、覚悟しておかなくてはいけません。

持ち家があれば賃貸することになると思いますが、管理会社をどこにするか、住んでくれる人が見つかるかも悩みの種です。

家族が残って単身赴任をはじめるなら、生活費も二重でかかるでしょう。

しかし転職することで、こういった悩みからは解放されます。

少なくとも、引越しに伴うコストを削減できるのはメリットです。

職場環境を一新できるので新しいスタートがきれる

会社を退職するとなると、これまで培ってきた人間関係や業績がすべて白紙になります。

しかし心機一転、新しい自分に生まれ変われるのが、転職の最大のメリットではないでしょうか。

通勤経路が変わったり、ランチするお店が変わったりするだけでも刺激になります。

また新しい人間関係を築けるのも魅力です。

気に入った土地に定住できる

転勤さえなければ、自分が気に入っている土地に永遠に住み続けることができます。

顔馴染みのご近所さんやお気に入りのカフェ、自分の好きな環境で暮らせます。

「もっと便利な場所に引っ越したいな」「海が見える街に住みたい」など新しい環境を求める人は、職場の場所を重視して転職活動をしてみてはいかがでしょうか?

生活のリズムを維持できる

職場が変わると起床時間や通勤時間が変わり、全体の生活リズムが崩れがちです。

家族での引っ越しでは、家族全員が新しい環境に慣れるまで苦労することになります。

子どもが小さければ、かかりつけの病院探しは先決。

奥さんは物価の安いスーパーや薬局探しで忙しくなり、子どもはデリケートなので体調を崩しかねません。

転勤がないだけで、家族やあなた自身のメンタルを正常に維持できるのは大きな利点です。

転勤族にならずに転職する3つのデメリット

「転勤はイヤだから転職しよう」と前向きに決めても、自分の思うような転職ができない可能性があります。

転職を選択した人が陥りがちな3つのデメリットとは、どんなものがあるのでしょうか?

地域の企業に転職できるかわからない

今住んでいるところで、希望の転職先が見つからないリスクを考えておく必要があります。

とくに今働いている業界が特殊で、地域に該当する会社が少ない場合は要注意です。

転職先がないと、住み慣れた街から引っ越さなくてはならなくなり、元も子もないという状況に陥ってしまいます。

ボーナスをもらえない期間ができる

働きながら転職先を見つけて、ブランク期間なく転職ができたとしても、転職先での最初のボーナスは受け取れないかもしれません。

例えば、夏に支給されるボーナスは、前年の10月〜3月までの業績が反映されることがほとんど。

4月から転職してきた場合は、夏のボーナスをもらえないことになります。

ボーナス払いのローンを組んでいる人や、夏の旅行を計画している人は気をつけて下さい。

転職先で転勤がないとは限らない

会社は日々変化するものですので、転職した会社で転勤がないとは限りません。

現時点で支店がない会社でも、数年後に支店をだす計画を進めているかもしれませんし、最近は海外進出を試みている会社も数多くあります。

応募時に「転勤なし」を条件に提示しておくと、転勤が命じられても従う必要はありませんが、採用される可能性が低くなるかもしれません。

転勤族を避けて転職する人向けの転職対策

転勤族にならないためには、以下の点に注意して転職活動を行いましょう。

地域に根差した転職サービスを利用する

転職活動をする上で、転職サイトなどのサービスを利用することがあると思います。

その際に、地域に根付いた転職サービスを利用するようにしましょう。

転職サービスを利用することで、全国的なネームバリューはなくても、地域では知名度が高い優良企業に入社できます。

そのような優良企業は、優秀な若者や違う会社で経験を培ってきた即戦力を求めているため、好条件で入社できる可能性が高いです。

年齢が若いうちに転職に踏み切る

転職は若ければ若い方が吉です。

もちろん、経験が豊富な30代後半〜40代も転職は可能ですが、それなりのポジションが空いていなければ転職できません。

若手であれば配属先も豊富で、企業側も高い投資をせずに雇えるというメリットがあります。

転職支援サービスを利用する

転職支援サービスとは、豊富な求人案件の中からあなたにマッチした企業を案内してくれるサービスです。

1件1件の求人をチェックする必要がなく、面接日の調整や入社日の交渉もすべて無料で行ってくれます。

働きながらの転職は、仕事と並行して進めなくてはいけませんので大変です。

かといって転職先を適当に決めることもできないので、転職のプロを利用して、効率的かつ成功率の高い転職を実現させましょう。

転勤を避けて定住したい人向けの転職サービス2選

転勤がない会社への転職を希望している人に、オススメの転職サービスを紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

20代の若手をターゲットに、ホワイトな中小企業の求人案件を豊富に持っている転職サービスです。

IT業界の求人にも強く、エンジニアへのサポート力は高い評価を得ています。

口コミでは、履歴書や職務経歴書の添削サポートがバツグンという声も多かったです。

また一人一人をしっかりと分析し、的確な求人を進めてくれる点も、マイナビエージェントの特長といえます。

マイナビエージェント詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

北海道から福岡まで、全国に16拠点を構えるリクルートエージェント。

各地の地域に密着した求人案件を豊富に持っていて、転勤の可能性が低いオススメの企業を紹介してくれます。

また求人の質がいいという声も多く、高い内定率と企業への交渉力が好評です。

ただし、アドバイザーの質にムラがあるという口コミも多いので、担当者に不満を感じたら担当替えをお願いしてみましょう。

リクルートエージェント詳細ページ

転勤を避けて転職するなら対策をしっかりとろう

総合職であれば、転勤は避けて通れない道。

しかし、しっかりと対策を立てて転職を成功させれば、転職とは無縁の仕事人生を送ることができます。

転勤を受け入れてキャリアを築くのもアリ、転職して新しいステージに足を踏み出すにもアリです。

要はあなた次第です。

転勤先が気にいる可能性もありますし、転職して新しい才能を開花させるかもしれません。

どちらを選択しても後悔しないよう、若いうちにしっかりと自分と向き合い、将来設計を立てましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件