転職で志望動機に知人からの紹介と書いてOK?魅力ある履歴書にするには?

転職で志望動機に知人からの紹介と書いてOK?魅力ある履歴書にするには?

転職する企業を知人からの紹介で決める人も多いと思います。

知人からの紹介だと転職活動がスムーズに進みやすくなりますが、志望動機には「知人からの紹介」と書いてもOKなのでしょうか?

知人からの紹介でも魅力的な志望動機を書くことが大切になるので、この記事では紹介された企業の応募するメリット・デメリットや志望動機の書き方について解説していきます。

転職で知人から紹介された企業に応募するメリット

知人から紹介された企業に応募する場合は、紹介ならではのメリットがあります。

紹介された企業に応募しようか悩まれている方は、下記のメリットを参考にしてみてください。

コネがあるので選考に通過しやすい

知人から紹介された企業ということは「コネ」があります。

「コネ」を簡単にお伝えすると、企業の中に知り合いがいるということです。

そのため選考に通過しやすく、スムーズに転職活動を終わらせれる可能性が高くなります。

さらに入社してからも「コネ」があるので、仕事を親切に教えてもらったりすぐに職場に馴染むこともできるでしょう。

すぐに転職活動を終わらせたい人は、知人から紹介された企業に応募することをおすすめします。

職場の環境を事前に聞き出せる

紹介された企業に応募する場合は、事前に職場の環境を聞き出すことができます。

転職先の職場環境を知っているのと知っていないのとでは、転職先に馴染める早さが変わってきます。

さらに「自分に合っている環境なのか」ということも考えることができるため、ミスマッチのリスクも下げることができます。

転職先に馴染めるか不安な方は、知人からの紹介で転職することをおすすめします。

知人が在籍している場合は心強い

紹介してくれた知人が在籍している場合は「心強い」です。

転職するまでに職場に雰囲気をしっかり把握することもできますし、職場の人間関係なども把握してから入社することができます。

そして入社してからも、会社に馴染めない可能性は少ないです。

知人が在籍していることにより、人間関係や仕事内容の不安は解消されるでしょう。

転職で知人から紹介された企業に応募するデメリット

知人から紹介された企業に応募することは一見メリットしかないような気がしますが、実はデメリットも伴います。

人それぞれメリット・デメリットに感じることは違うため、比較してから最終判断することをおすすめします。

選考を辞退しにくくなる

知人から紹介された企業に応募すると、選考を辞退しにくくなります。

「紹介された企業の選考がある前に転職先が決まった」「転職すること自体を辞めた」という場合は選考を辞退しなければいけませんが、知人からの紹介ということで辞退しにくくなります。

そのため自分の意思とは違う企業に転職しなくてはいけない可能性も出てきますし、無駄な時間を過ごしてしまうかもしれません。

絶対に紹介された企業に行くと決めている人は、紹介してもらっても良いかもしれません。

企業を辞める時に言い出しづらい

紹介された企業に転職すると、退職することを言い出しづらくなります。

「知人から紹介してもらった企業」ということを考えると退職することをなかなか言い出しにくいですし、退職する場合は知人に大きな迷惑をかけることになります。

そのことは知人も把握しているため、退職を引き止められる可能性も出てきます。

企業を「辞めたい」と思っているのに辞めることができない環境は避けたいため、知人からの紹介で転職する場合は退職しない覚悟を持っておきましょう。

転職活動で気が緩みやすくなる

転職活動は簡単に終わらせるものではなく、多くの時間をかけて転職する人が多いです。

そんな中、知人からの紹介で転職活動をすると気が緩みやすくなります。

自分で求人を検索しないということも採用される可能性が高いということも、気が緩む原因になります。しかし「転職活動で気が緩むことはいけないの?」と思われる方が多いです。

転職活動で気が緩んでしまうと、そのままの流れで入社してしまう可能性もありますし「転職するの面倒くさいな」となってしまうことも少なくないです。

そのため知人からの紹介で転職される人は、しっかりを気を引き締めるように意識しておきましょう。

転職で志望動機に知人からの紹介のみで済ますのはNG!

転職する際は「志望動機」を伝えなければいけないのですが、「知人からの紹介」で済ませるのは良くないです。

なぜ、知人からの紹介のみで済ませるのは良くないのでしょうか?

良くない理由をいくつかご紹介します。

企業に真に興味があるとは思われないため

志望動機を知人からの紹介だけで済ませてしまうと、企業に真に興味があると思われないからです。

面接官からすると「紹介されたから応募しただけ?」「それなら違う企業でも良いじゃん」と思われてしまい、採用される可能性が低くなります。

もし採用されても、入社してから「企業に真に興味がない人」として接される可能性も少なくないです。

そのため志望動機が「知人からの紹介」の場合であっても、他の志望動機も伝えるようにしましょう。

コネがあっても面接官の印象には残りにくい

面接官は必ず志望動機を確認するため知人からの紹介のみで済ませてしまうと、いくらコネがあっても印象には残りにくいです。

コネがあるとはいえ、面接官は転職者の全てを知っているわけではありませんし、直接知り合いなわけではありませんので元々強い印象はありません。

そのため志望動機をしっかり伝えて、面接官の印象に残ることが大切です。

コネがあるため採用される可能性は高いと思いますが、印象を残すことで入社してからも期待される人材になれることでしょう。

受け身の姿勢があると取られてしまう

志望動機は「企業に対する気持ち」と捉える面接官もいます。

そのため知人からの紹介のみで済ませてしまうと、「何かやる気のない人だな」と思われてしまい、受け身な姿勢の人という印象を与えてしまいます。

企業側からすると「受け身な姿勢」の人材よりも「自発的な姿勢」の人材を求めていることでしょう。

採用される可能性を高めるためにも、志望動機を知人からの紹介のみで済ませるのは辞めておきましょう。

知人からの紹介で転職するときの志望動機例2つ

上記で志望動機を「知人からの紹介」のみで済ませるのは良くないとお伝えしました。

では、好印象を与えるためにはどんな内容が良いのでしょうか?

この記事では「前職の知識を活かす場合」と「自分の得意分野を活かしたい場合」の志望動機をご紹介します。

初めて転職される方ですと悩まれることが多いため、下記の例文を参考にしてみてください。

①前職の知識を活かす場合

前職の知識を活かす場合の志望動機は下記の例文を参考にしてみてください。

今までの経験・知識を活かせる職場に転職したいと考えており、この度御社に応募させて頂きました。以前家電量販店で働いていた経験があり、家電商品の営業にもこの経験を活かせればと考えています。経験を活かせる職場に転職したいと考えていた所、知人から御社の紹介を受け、少しでもお力になりたいと思い応募させて頂きました。営業という仕事は未経験ですが、家電量販店で働いていた経験を活かして頑張りますので宜しくお願いします。

以上のような志望動機を記入することができれば、好印象を与えることができます。

「知人からの紹介」ということを隠す必要はありませんので、正直に伝えても問題ないです。

②自分の得意分野を活かしたい場合

自分の得意分野を活かしたい場合は下記の例文を参考にしてみてください。

自分が得意としていることを活かせる職場に転職したいと考えており、御社の求人に応募させて頂きました。私はインターネットに関する知識を学生時代から独学で勉強しており、プログラミング経験などもあります。前職ではインターネット関係の仕事ではなかったため未経験にはなるのですが、この度知人から御社の求人紹介を受けて応募させて頂きました。未経験ではありますが、少しでもお力になれるよう頑張りますので宜しくお願い致します。

以上のよう志望動機の場合は面接官に好印象を与えることができます。

志望動機は「応募した理由」になるため、嘘をつく必要はありません。

嘘をついた場合は入社してから間違った期待をされる可能性があるので、注意してください。

転職エージェントから紹介された場合はどうすればいい?

転職エージェントから紹介された企業に応募する際も、志望動機に「転職エージェントに紹介されたから」と記入するのは良くありません。その理由は簡単です。

転職エージェントは企業を知るきっかけを与えてくれただけで、応募するように勧められたわけではないからです。

上記でもお伝えしましたが、志望動機は「なぜ応募したのか」ということを伝えるため、「転職エージェントに紹介されたから」のみで済ますのは間違っています。

どうしても志望動機が考えられない人は、一度転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは志望動機や面接対策のサポートをするのも仕事の一環となっているため、親切にサポートしてくれます。

転職エージェントの内定率ってどれくらい?自力でやるより転職しやすい?

知人からの紹介でも志望動機は自分で考えるようにしよう

知人からの紹介でも志望動機を「知人からの紹介」で済ませるのは辞めておきましょう。

面接官に好印象を与えることができませんので、自分で考えることが大切です。

そして知人から紹介された企業に応募することはメリット・デメリットが伴います。

知人からの紹介以外でも転職することはできるため、メリット・デメリットを比較して判断するようにしてください。

志望動機は自分で考えて、スムーズに転職活動を終わらせましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件