「転職したい」と思ったら取るべき行動!後悔しない転職活動の秘訣

走るサラリーマン

毎日、目の前の仕事が辛すぎて、将来に希望が持てない。

もう今の会社を辞めて、転職した方がいいのでは…?

その気持ち、よく分かります。

転職したいと思った時に大切なことは、自分を客観視することです。

そして、冷静になることです。

自分自身がいま置かれている状況を冷静に見るようにして下さい。

今回は自分を客観視して、転職活動を進める具体的な方法について伝授いたします。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

目次

まずは客観的に転職すべきか判断しよう

転職すべきがどうかを判断するには、自分自身で以下の項目をチェックする必要があります。

この分析を怠ると、転職後に後悔したり、結局すぐに今の仕事が嫌になり、転職癖がつきかねません。

なぜ転職をしたいのか?

なぜ転職していま所属している会社を辞めたいと考えたのでしょうか。

給与が安い、ボーナスが出ない、会社が潰れそうだ、

求人内容に嘘があった、当初希望していた部署と配属先が違った、人間関係が辛いなど様々な理由があると思います。

そして、仕事でステップアップ出来ないというのも理由になると思います。

これをしっかりと自分自身で整理してください。

ここの分析を怠ると何度も転職を繰り返す傾向にあります。

転職したいと思ってしまう原因を追究してからアクションを起こすようにしないと、無茶な転職活動になりがちです。

また絶望することになります。しまった、転職を失敗したと。

このまま転職して大丈夫?転職を考えたきっかけ10つと転職を成功させるタイミング

転職理由を振り返ってみよう

  • 仕事内容にやりがいがない
  • 今の職場の環境を自分の力だけではどうしても変えることができない
  • 生活が出来ないくらいに給料が安い
  • 上司からのパワハラ
  • 仲の良い同僚がいないことで孤立してしまう

転職を検討する方の多くは上記のような転職理由をもって、転職活動に挑んでいます。

「自分の頑張りではどうしようもない」と感じられた時には、心身ともに健康的な生活を送るために転職活動に挑むことをおすすめします。

今の仕事が自分に合っているか確信が持てない方は、こちらの記事も参考にしてください。

自分に合った仕事の見つけ方!転職で悩んでいる方必見!

当サイトで人気の転職サイト
年収1000万超求人多数!ハイクラス専用転職サイト
ビズリーチ ビズリーチ
公開求人数 92,000件以上
対象年齢 20代~50代以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ ハイクラス向け

\年収1000万超求人多数!ハイクラス専用/

公式サイトはこちら

転職すべきでない人に共通する5つの特徴

転職活動をしたいと思ったら、まず自分を振り返って本当に転職すべきかどうかを検討する必要があるとお伝えしました。

しかし、いくら振り返ってみても、本当に自分が転職すべきかどうかがわからない…という方もいるでしょう。

そこで以下では、転職すべきでない人の特徴を簡単にまとめていきます。

自分で自分がわからなくなってしまったときに、参考にしてくださいね!

とりあえず安定できれば何でもいい人

「とりあえず給料安定してればなんでもいいや」
「会社が安定してさえすればいいかな…」

という思考を持っている方は、転職すべきではありません。

転職活動は自分の不満を解消して、よりよい環境で仕事をしていくために行うものです。

もちろん転職活動を行っている人全員が、希望の転職先で内定をもらえるとは限りません。

安定を求める人は、リスクのある行為を避けるほうが得策です。

定時で帰宅できている人

現在の職場で定時退社できている方は、転職活動を控えたほうが良いでしょう。

転職サイトや転職エージェントでは、求人票に掲載されている情報をもとに、応募先を決定します。

しかしその情報がすべて本当であるとは限りません。

中には「完全定時退社」や「残業なし」と書いてあっても、実際に働き始めたら定時退社のかけらもないような企業だった…ということもあるんです。

現在の企業で定時退社できるのであれば、転職はリスクが高くなってしまいますので、避けておいたほうが良いでしょう。

もしも残業代で稼ぎたい…と考えている方であれば、残業代がしっかり出る企業に転職を検討することをおすすめします。

情報に信憑性が無いな…と感じるのであれば、転職エージェントに確認してみたり、企業の口コミサイトを見てみるとリアルな声を聞けますよ!

不都合なことを他人のせいにしがちな人

「自分が昇進できないのは会社の評価体制が悪い」

「仕事がうまくいかないのは上司の対応が悪いから」

といったように、自分に生じている不都合を、すぐに他人のせいにしてしまう人は、転職で環境を変えたとしてもまた転職する羽目になる可能性が高いです。

自分を評価してくれる企業を目指したい!といっても、実力が伴っていなければ評価されることはありませんし、上司が変わっても効率が上がるというわけではありません。

人を責める前に自分で反省する習慣がない人は、転職してもまた職場に不満を持って転職を繰り返してしまう可能性があるのです。

自分を試したいという気持ちでキャリアアップの機会をとして活用するなら問題ありませんが、評価されるところを求めての転職はおすすめできません。

転職の目的が曖昧な人

最近では「語学力を活かしてグローバルに活躍したい!」と海外と関われる仕事を探すために転職活動をする人が多いです。

海外進出している大手企業によくある話で、希望している部署とは関係ない部署に配属された新卒社員に多い転職理由です。

しかし「語学力を活かしたい」というだけでは、具体的に何をしたいのか不明瞭で、企業も「この人は何がしたいのかわからない」と採用を踏みとどまってしまいます。

また中途採用した社員をすぐに海外に派遣する企業はありません。

海外進出している企業へ転職できたとしても、国内での実績を上げてからの海外派遣が一般的ですから、「海外で活躍したい」という希望条件を実現できずに再度転職する羽目になるかも。

活躍したいステージを思い描くよりも、企業でどんな仕事に従事していきたいかを身近なところから考えていく必要があります。

新たな職種に未経験でチャレンジしようとしている人

転職を機に、新しい人生をスタートさせたい!と考えている人は多いと思います。

しかし転職する際に新しいスタートを切ろうとして、全くの未経験の職種に挑戦しようとしている方は、転職を思いとどまったほうが良いかもしれません。

未経験で転職できる職種は限られています。

エンジニアなどのIT関連で、人材不足が懸念されている業界であれば転職は可能かもしれません。

しかしそれにも年齢の壁があって、20代を過ぎると未経験での転職は難しくなります。

IT業界以外の職種でも、未経験の人材を採用してくれるところもありますが、ブラック企業に当たってしまう可能性が高くなります。

せっかくの転職で、今いる企業よりも条件を落として転職するのは非常にもったいないです。

そこまでのリスクをおかして、未経験の職種に転職するメリットはありません。

転職をしたい!と思ったときに取るべき4つの行動

転職をしたい!と思っても、現在の職業との兼ね合いもありますし、どう行動していいかわからない!なんて方もいますよね。

転職活動は思い切って行動に移すことが多いため、事前準備を行わずに行動してしまいがちですが、しっかりとした準備やモチベーションの維持が成功のカギなのです。

以下では転職をしたい!と思い立った時に、あなたがすぐに取るべき行動を4つ紹介します。

現在の自分の市場価値を調べよう

新卒採用のときには自分の学歴や学生時代に力を入れたことを重要視されますが、社会人になってからの転職活動では「社会人としての市場価値」が企業が注目するポイントになります。

社会人としての市場価値とは、年齢や企業でかかわった仕事やそれに伴う実績など、企業にとって有益な人物であるかを表す価値のことです。

市場価値が高ければ企業からの需要も高いですし転職先も見つけやすくなるのですが、自分の価値を理解せずにとりあえず転職活動をしてしまうと、転職先が見つからないなんてこともあります。

市場価値を自分で判断するのは難しいですから、転職サイトで実施している市場価値診断を利用してみることをおすすめします。

今の自分のスキルや経験を洗い出す

上でも紹介したように転職活動ではむやみに行動するのではなく、事前の準備が重要です。

市場価値診断の様に他己分析だけではなく、自分でスキルや経験を洗い出すことも重要です。

紙やスマートフォンを活用して、自分のこれまでを振り返ってみましょう。

転職活動では選ばれるのではなく、アピールして企業に選ばせることが重要なので、自分の強みは何かを掴めるようにしてください。

身近な人に転職について相談しよう

転職活動はサポートサービスを利用するとは言っても、結局は自分一人で進めていかなければなりませんので、メンタル面の維持が非常に重要になります。

選考会参加前には「失敗しないだろうか…」「失礼なことを言ってしまったらどうしよう…」など落ち込みやすいものです。

身近な人に転職活動について相談し、アドバイスをもらうことで自分のモチベーションを維持できるようになります。

特に家族には必ず、逐一、転職活動の進捗や受けている業界のことを話すようにしましょう。

転職活動の全てを理解してもらえなくても、励ましの言葉はかけてもらえるはずです。

転職成功はご家族の理解と協力にもかかっています。

独身者の場合は電話やコミュニケ―ションツールを用いるのもいいですし、違う職場の友人に相談してみるのも良いでしょう。

職場の上司や同僚にはぎりぎりまで相談しないのが吉

転職先が確定するまでは、職場の上司や同僚には転職について相談しないようにしましょう。

転職活動は新しい環境やリスタートの機会ですが、必ずしも企業から内定をもらえるとは限りません。

転職先が決まらなければ一旦あきらめて、生活のために現職を続けていく必要があります。

しかし職場の上司や同僚に内定が決まる前に相談してしまうと、「〇〇課の××さん、転職するらしいよ」といううわさが広まってしまう可能性があります。

もし現職を続けることになった場合、職場に居づらくなってしまう可能性があるので、ぎりぎりまで職場の人には伝えないほうが良いでしょう。

SNSへの転職を匂わせる投稿にも要注意!

最近ではインスタグラムで24時間で投稿が削除される「ストーリー」機能が一つの交流ツールになっていますよね。

またTwitterやフェイスブックなどもいまだに根強い人気を持っています。

これから転職したい!と考えている人の中にも、上記のようなSNSを利用している人は多いでしょうし、職場の人とつながっていることもあるでしょう。

実は転職活動について会社で秘密にしていても、SNSでの投稿で転職をしていることがバレてしまうことがあるんです。

映りこんでいた書類や、仕事でもないのにスーツで移動しているような写真が掲載されているだけで、推測できてしまいます。

自分では匂わせているつもりはなくても、察しの良い人には感づかれてしまいます。

意外なところから転職がバレてしまう可能性もありますので、転職活動中のSNS投稿には十分注意を払うようにしましょうね。

転職先に求める条件を明確にする

転職先に求める条件はわかりやすいようにリストアップしておきましょう。

方向性がなかったり、頭の中だけでなんとなくイメージをもっているだけだったりすると、転職活動がなかなか上手く進まないことがあります。

最初に条件を明確にしておくことで、効率よく転職活動を進めましょう。

転職活動が会社にバレる原因とは?内緒で転職活動を進める秘訣

転職したい人が知っておくべき転職のリスク

転職したい人が考えておかなくてはならないのが、転職をするにあたって発生するリスクです。

  • メリットもあるが必ずデメリットもある
  • 収入が下がるリスクがある
  • ローンの審査が不利になるリスクがある
  • 上司が年下になるリスクがある
  • 職場での信頼関係を1から築くことになる

転職をすると、これらのリスクが伴うことがあります。

そのため、転職したいという人は、転職をするにあたって発生するリスクを知り、考える必要があるのです。

メリットもあるが必ずデメリットもある

転職が必ず人生を良い方向に進めるとは限りません。

自分にとっての、今の会社を離れ新しい会社に入る「メリット」と「デメリット」を言語化することをおすすめします。

メリットとデメリットを整理した結果、転職をすることが想像以上にリスクのあることだと分かるかもしれませんし、逆に転職する大きな理由が見つかるかもしれません。

ただ一つ言えることは、メリットだけ、デメリットだけということはない、ということです。

転職活動を始める前に、必ずメリットとデメリットを把握しておきましょう。

収入が下がることもある

転職をすると、収入が前職よりも下がる可能性があります。

転職をする会社の待遇によりますが、転職の際には収入面で妥協を余儀なくされることも少なくありません。

そのため、収入が下がるリスクは常に頭に入れておくようにしましょう。

ローンの審査が不利になる

転職をすると、ローンの審査が不利になる可能性があります。

転職をした直後は、勤続年数が短いため、各種ローンの審査に通過しづらくなるのです。

そのため、近いうちにローンを組むことを考えている人は、すぐに転職するべきではないでしょう。

転職をするのであれば、当分はローンを組むことが難しくなるということを頭に入れておきましょう。

上司が年下になる可能性がある

転職をすると、上司が年下になる可能性もあります。

前職でかなりの実績を上げていれば話は別ですが、一般的に、転職をする際に相当良いポジションを与えられることは少ないです。

そのため、その会社における勤続年数が長い、年下の上司につくことになる可能性があるのです。

仕事なので仕方ありませんが、やりにくさは出てくるかもしれません。

職場での信頼関係を1から築くことになる

転職すると、人間関係を1から築くことになりますよね。

そのため、会社の制度に惹かれて転職先を決めるのはあまりおすすめできません。

制度に惹かれて転職するのはオススメできない

会社の制度を利用するためには、社内で信頼されることが必要である場合が多いです。

そのため、会社の理念や仕事内容には興味がないが、制度が整っているからという理由で転職をしてしまうと苦しい状況になるでしょう。

信頼関係が築ける前までも充実した生活が遅れるように、会社の理念や仕事内容で転職先を選ぶことをおすすめします。

転職活動を成功に導く9つの秘訣

転職活動は確実に成功できるというわけではなく、場合によっては転職が成功しないことだってあります。

ですが「転職したい!」という熱い気持ちがある今を無駄にしたくない人も多いはず。

そこで以下では転職活動を成功に導くための9つの秘訣を紹介します。

転職を決意してからすぐに会社を辞めない

転職を決意してからすぐに会社を辞める必要はありません。

働きながら転職活動を行ってもOKですので、なるべくリスクが少ない状態を作りましょう。

勢いで会社を辞めてしまうと、転職活動が上手く行かなかった場合に困ります。

譲れない条件を明確にしておく

転職先に求める条件はあらかじめ明確にしておきましょう。

わかりやすい判断基準がないと、決めきれなかったり、自分にとって嬉しくない転職先を選んだりすることになります。

自分の市場価値に見合った企業を選ぶ

自分の市場価値を正しく理解し、自分に合った企業を選びましょう。

市場価値は高く見積もりすぎても低く見積もりすぎても上手くいきません。

転職を成功させるためには、自分がきちんと評価される会社を選ぶべきです。

自分の市場価値を話せるようにしておこう

面接で自分について正しく伝えるためにも、特性やできることなどを言語化し話せるようにしておきましょう。

どれだけポテンシャルや能力があっても、人事に伝わらなければ採用してもらえません。

転職を焦らない

転職したい!と思い立ってしまうとすぐにでも行動して、さっさと転職先を見つけようとしてしまいがちです。

しかし転職活動では企業の事前の情報収集が成功のカギになりますので、焦ってしまうとかえって現職よりも待遇の悪い企業に当たってしまうこともあるんです。

転職したい気持ちを大切にしながら、焦らずじっくりと進めるように一呼吸置くようにしましょう。

ライバルの少ない中小企業を狙う

転職活動を始めたとはいえ、自分のスキルより高い企業ばかり狙っていては転職を成功させることは出来ません。

転職先があってこその転職成功ですから、大企業の選考ばかり狙っていると転職活動が長期間に及ぶことも。

大企業で働く夢は誰しも抱えているものですが、同じことを考えているライバルの応募が集中するため競争率が高いんです。

しかも大企業が必ず待遇が良いわけではなく、業務拘束時間が長かったり見なし残業代があることも。

一方で人気が分散しがちな中小企業の中にも待遇の良い企業はありますので、ねらい目です。

確実に転職先を決定できる可能性が高いので、転職活動を成功に導けるかもしれません。

選考スケジュールを計画的に立てる

転職活動は働きながら行うことが多いため、選考会に参加するとなるとスケジュール調整が難しくなってしまいます。

そのためスケジュール調整が一番難しいといわれています。

以下で選考スケジュールを上手に管理する方法を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

土日に面接を依頼する

平日に面接を入れると服装や退勤時間で面接に行っているのがバレる可能性があります。

平日にしか面接をしない会社もたくさんありますが、土日の休みに人事が出勤して、面接してくれる会社もあります。

会社ごとに給与計算などの締日は違いがありますが、求人票に給与の締日が書いてあると思います。

求人票に書かれている給与計算の締日から3日から1週間くらいが人事が忙しい時期です。

そのあたりから外れていれば、土曜日か日曜日に出勤しても代休が取れます。

休日に面接をしてもらえる可能性もあります。

平日の遅い時間帯に面接を入れる

平日の遅い時間帯に面接を実施してくれる会社もあります。

私もそうでしたが、在職中の方の面接をする際には、必ず定時後1時間から2時間後までならば面接を受け付けていることもあります。

選考に参加するときには、企業側の都合もしっかり聞いて、可能であれば平日の退勤後に面接を入れることも検討してみてください。

在職中の方はまだ会社を辞めていないので、履歴が途切れておらず、面接する側も安心して面接に挑めるというところからメリットが大きいのです。

有給休暇を消化してみる

会社によっては、在職中にも関わらず、どうしても平日の業務時間帯にしか面接を行えないということもあり得ます。

有給休暇なんてとても使えない!というような環境の会社もあると思いますが、1か月前くらいに前もって有給休暇を使うかもというようなことを上司に相談するようにしてから有給を取得するようにしましょう。

有給休暇にも承認できる期限がありますし、上司の許可が必要なので事前に把握してもらうのは重要です。

また、転職を悟らせないために有給休暇を取得するタイミングも考慮しましょう。

一度に何度も取得してしまうと、何か平日に用事が立て込んでいるのかと勘繰られてしまうので、適度に取得するように選考スケジュールと兼ね合いをとるようにしましょう。

可能な限り20代のうちに転職活動に取り組む

みなさんは周囲の人に「転職するなら20代のうちが良いよ!」といわれたことはありませんか?

実は転職は年齢が上がるにつれて成功確率が下がっていくのです。

企業は採用にかかるコストをできるだけ削減したいですから、長期的に働ける若い世代の採用に力を入れます。

30代以降を採用するとなると未来の管理職として即戦力になる人材を希望するようになりますので、転職のハードルが上がります。

20代であればスキルや経験に自信がなくても、今後のポテンシャルに期待した採用を行ってもらえるほか、応募できる求人も増えます。

転職を成功させるには、可能な限り20代のうちに取り組むようにしましょう。

転職エージェントを活用する

何度もお伝えしているように、働きながら転職活動をするとなると非常に負担が大きいため心身ともに疲れてしまう可能性があります。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントの利用です。

転職エージェントでは、人材紹介に特化した企業に所属するコンサルタントから転職に必要な知識の提供や、選考活動のサポートが受けられます。

自分の市場価値の診断を受けることもできますし、強みやアピールポイントの洗い出しも対応してもらえます。

みなさんが苦手としているであろう面接の練習や、自分の魅力をアピールするための書類の書き方もレクチャーされます。

現職の仕事をおろそかには出来ませんから、負担を減らすためにも転職エージェントを利用しましょう。

自分一人で転職活動をするよりも、転職エージェントを活用して転職したほうが成功率も上がりますから、是非試してみてくださいね。

パートナーがいる場合は理解を得ておく

パートナーがいる場合は、転職についての理解をきちんと得ておくことが大切です。

転職活動に費用がかかったり、場合によっては一時的に職を失ったりしますよね。

パートナーの協力は必須ですし、トラブルにならないためにも必ず事前に相談をしましょう。

転職する自信がないならまずは市場価値を高めよう

「転職したいけど、上手くいくか不安…」

自信がない原因は大きく分けて2つ考えられます。

  • やりたいことや転職の目的がない
  • 能力やスキルに自信がない

前者の場合は、焦って転職する必要はありません。

今の会社を辞めたい理由はあるのかもしれませんが、先のことに方向性がないと今よりも辛い生活を送ることになるかもしれないからです。

後付でも良いので、できるだけ目的ややりたいことを明確にしてから、転職活動を始めましょう。

後者の場合も、焦って転職先を見つける必要はありません。

それよりも、働きながら自分の市場価値を高めることを考えたほうが賢いと言えます。

働きながら資格の取得を目指す

今の会社で働きながら資格の取得を目指すなら、通信講座がおすすめです。

良い転職先を見つけ、今より良い生活を送るためにも、上手くいく可能性は高めたほうが良いと言えます。

プログラミングスクールに通う

IT業界を目指しているのであれば、独学でスキルを身につけるよりもプログラミングスクールに通うほうが効率が良いです。

転職前のスキルアップのために、スクールに通うことも検討してみてください。

転職したい人向けのおすすめ転職エージェント

これから転職したい!という方は、これまで紹介してきたように働きながら転職活動を進められるように転職エージェントを上手に利用していくことが重要です。

ですがどのエージェントに登録したらいいかわからない!という方もいるでしょう。

そこで以下では転職したい人向けに、評価の高いおすすめ転職エージェントを紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチ

今よりも良い待遇の会社へ転職するなら、ビズリーチがおすすめです!

テレビCMでもおなじみのビズリーチですが、ハイクラス向け求人をメインで紹介しており、転職による年収アップが見込めます。

また求人紹介にあたり、一定の条件はありますが、20代からでも紹介可能な求人はたくさんあります。

今より良い待遇であれば転職を検討したい、という方におすすめの転職サービスです。

ビズリーチ詳細ページ

ビズリーチ公式サイト

doda

doda

dodaは転職業界でも大手といわれる有名な転職エージェントです。

掲載している求人数は業界内でもトップクラスで、様々な求人に応募できる可能性が高いです。

また転職サイトとして自分で求人を検索できる機能も持ち合わせているので、コンサルタントからの求人紹介だけではなく自分の目で確かめたい!という方に向いています。

コンサルタントの丁寧なサポートが好評ですので、初めて転職活動をする人はぜひ利用してみてくださいね。

doda詳細ページ

doda公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントはリクルートと同様に転職業界大手の企業が運営する転職エージェントです。

IT業界やメーカーの求人を多く取り扱っているため、これらの業界への転職を検討しているのであれば登録は必須です。

20代の転職に強みを持っているので、新卒入社後に転職したい!と思った方におすすめできます。

他の転職エージェントと比較しても書類選考の通過率が高いので、確実に面接に進みたい人はぜひ利用してみてください。

また転職活動をじっくりと行えるように、転職者のペースにも配慮してもらえるメリットもありますよ。

マイナビエージェント詳細ページ

マイナビエージェント公式サイト

転職エージェントはどう活用する?

転職エージェントを利用するのはありですが、上手な使い方をするのがいいです。

転職エージェントに登録したからといって、絶対に転職を転職エージェントでする必要はありません。

本当に信用できる転職エージェントにあたれば良いですが、そうでなかった場合には悲惨です。

転職エージェントを情報を取るためだけに活用するのは常套手段です。

登録すれば年収相場を教えてくれますし、実際に紹介してくる求人の年収レンジを見て自分で転職サイトなどで転職活動をするのもありです。

転職エージェントの使っている履歴書と職務経歴書のフォーマットなどは非常に見やすくて使いやすいので、それを参考にしてオリジナルの履歴書と職務経歴書を作成することもできます。

自分にあったやり方で、転職活動をするようにして下さい!

新天地でのご活躍をお祈りしております!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件