「転職したい」と思ったときに取るべき行動!後悔しない転職活動の秘訣

走るサラリーマン

毎日、目の前の仕事が辛すぎて、将来に希望が持てない。

もう今の会社を辞めて、転職した方がいいのでは…?

その気持ち、よく分かります。

転職したいと思った時に大切なことは、自分を客観視することです。

そして、冷静になることです。

自分自身がいま置かれている状況を冷静に見るようにして下さい。

今回は自分を客観視して、転職活動を進める具体的な方法について伝授いたします。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

まずは客観的に転職すべきか判断しよう

転職すべきがどうかを判断するには、自分自身で以下の項目をチェックする必要があります。

この分析を怠ると、転職後に後悔したり、結局すぐに今の仕事が嫌になり、転職癖がつきかねません。

なぜ転職をしたいのか?

なぜ転職していま所属している会社を辞めたいと考えたのでしょうか。

給与が安い、ボーナスが出ない、会社が潰れそうだ、

求人内容に嘘があった、当初希望していた部署と配属先が違った、人間関係が辛いなど様々な理由があると思います。

そして、仕事でステップアップ出来ないというのも理由になると思います。

これをしっかりと自分自身で整理してください。

ここの分析を怠ると何度も転職を繰り返す傾向にあります。

転職したいと思ってしまう原因を追究してからアクションを起こすようにしないと、無茶な転職活動になりがちです。

また絶望することになります。しまった、転職を失敗したと。

転職をするべき基準は?

  • 仕事内容にやりがいがない
  • 今の職場の環境を自分の力だけではどうしても変えることができない
  • 生活が出来ないくらいに給料が安い
  • 上司からのパワハラ
  • 仲の良い同僚がいないことで孤立してしまう

このような理由から、近い将来、メンタル疾患にかかりそうだというような緊急度の高いものであれば、転職活動を開始しても問題ありません。

特に、給与が安すぎることは生活不安に陥ります。

せっかく働いているのに生活に困るような給与しか支給できない会社は、勤めていても将来が明るくありません。

上司からのパワハラ、職場での孤立はメンタル疾患を患う可能性があります。

我慢していると一気にストレスが爆発してメンタル疾患に罹患する可能性があります。

自分自身が命の危険を感じるような職場からは離れることをおすすめします。

今の仕事が自分に合っているか確信が持てない方は、こちらの記事も参考にしてください。

自分に合った仕事の見つけ方!転職で悩んでいる方必見!

自分の市場価値を調べるには?

自分自身の市場価値を調べるためには、転職サイトに登録したり、転職エージェントに登録することで、市場価値を調べることが可能です。

転職サイトに登録すると、スカウトメールがたくさん来ます。

給与金額等を掲示してスカウトしてくる企業もあるので、自分自身の市場価値を知ることが出来ます。

転職サイトには年収相場を掲示してくれるサービスもあります。

転職エージェントはいいエージェントに当たれば積極的に転職市場における自分の相場を教えてくれます。

本当に良い転職エージェントは無理矢理に転職を進めてこない転職エージェントです。

誰かに相談すべき?

転職を決めたら家族には必ず、逐一、転職活動の進捗や受けている業界のことを話すようにしましょう。

特に既婚者でお子様もいらっしゃる場合には、奥様との意思疎通は必須です。

嫁ブロックという言葉があります。

せっかく行きたい会社から内定を手に入れたのに、奥様に反対されてしまい、転職できないという現象です。

内定後にやっぱり奥様に反対されてしまい、内定辞退するという方はかなり多いです。

少なくとも、面接を受ける前にこれから受ける予定の会社のことを奥様に話すようにして下さい。

転職成功はご家族の理解と協力にもかかっています。

独身者の場合にも、親御さんたちの理解が必要なケースがあります。

社会人になって、もう成人している方も多いと思いますが、親御さんの反対にあって内定辞退される方もやはり多いのが現実です。

普段からコミュニケーションをとることを忘れないようにしましょう。

絶対に相談してはいけない相手とは?

職場の同僚や上司に相談することだけは絶対に避けるようにしましょう。

一番知られてはいけない相手です。

転職をすると決めたと言っても、給与は大切な生活に必要な生命線です。

もしも転職活動をしていることがバレて、辞めることにでもなれば不安定な状態で転職活動をするハメになります。

転職活動をスムーズに進めるには?

転職活動をしてみたいけれど、とても忙しくて面接に行けないという方も多いと思います。

しかし、転職活動は、在職中に行うのが基本中の基本です。

退職してからの転職活動は、精神的な負担や貯金がすり減って精神もすり減るという辛い状況に陥るからです。

経済的な余裕を持って転職活動に臨むようにしましょう。

働きながら転職活動はできる?

働きながら転職活動をすることは十分に可能です。

具体的には、3つの有効な手段があります。

土日どちらかの休日に面接を依頼する!

平日に面接を入れると服装や退勤時間で面接に行っているのがバレる可能性があります。

平日にしか面接をしない会社もたくさんありますが、土日の休みに人事が出勤して、面接してくれる会社もあります。

会社ごとに給与計算などの締日は違いがありますが、求人票に給与の締日が書いてあると思います。

求人票に書かれている給与計算の締日から3日から1週間くらいが人事が忙しい時期です。

そのあたりから外れていれば、土曜日か日曜日に出勤しても代休が取れます。

休日に面接をしてもらえる可能性もあります。

平日の遅い時間帯に面接を入れる。

平日の遅い時間帯に面接を実施してくれる会社もあります。

私もそうでしたが、在職中の方の面接をする際には、必ず定時後1時間から2時間後までならば面接を受け付けています。

在職中の方には優秀な方が多いという認識も強いので、このような配慮をさせて頂いています。

在職中の方はまだ会社を辞めていないので、履歴が途切れておらず、面接する側も安心して面接に挑めるというところからメリットが大きいのです。

有給休暇の申請をいつも通りに行うこと

会社によっては、在職中にも関わらず、どうしても平日の業務時間帯にしか面接を行えないということもあり得ます。

有給休暇なんてとても使えない!というような環境の会社もあると思いますが、1か月前くらいに前もって有給休暇を使うかもというようなことを上司に相談するようにしてから有給を取得するようにしましょう。

そうすれば怪しまれることもありません。

「前に君、有給休暇使うって言ってたよね。また決まったら言ってね」というように自然と上司が認識している上で、有給休暇を取得するのが理想です。

転職希望の会社の採用担当者の都合に合わせるのも大切ですが、いまは人手不足の時代なのでリスケジュールができます。

自分自身のことを最優先に考えて、面接のスケジューリングを行うようにしましょう。

会社にばれないようにするには?SNSには要注意!

基本的には、周囲に怪しまれない様にするのがベストです。

転職先が決まっていない状態で「転職活動をしているんだ」というようなことを周囲に絶対に漏らさないようにして下さい。

恐ろしいことにあいつ転職活動をしているらしいという情報は必ず流れてきます。

特に、転職活動中はSNSも使用しないのが吉です。

転職活動を始めたら、一旦検索できない様に設定しておきましょう。

うっかりとフェイスブックなどに転職について書いてしまう人もいます。

これが非常にリスキーです。

面接の合否にSNSが影響した具体例を紹介いたします。

まだ30代の若手の経営者が経営している会社で、こんな出来事がありました。

社長と最終面接の合否について打ち合わせをしていた際の出来事です。

「この間、面接に来た子のフェイスブックを見たんだけど、写真とか見てみるとさ、ちょっと華やか過ぎてうちでは合わないのではないのかと思う。うちは泥臭い会社だから、彼の採用は見送ろう。なんというか、前に辞めて言った子に似てるんだよね」

嘘のような話に感じるかも知れませんが、本当に最近あった体験談です。

SNSは危険です。

フェイスブックなどのSNSを、見ている人は見ているということです。

人事は年配者が多いので、SNSはあまり見ませんが、経営者が見ているパターンもあります。

金髪の派手な写真などは、出来るだけ載せない様にしておきましょう。

その他、会社に内緒で転職活動を進めるコツは、こちらの記事で詳しく紹介しています。

転職活動が会社にバレる原因とは?内緒で転職活動を進める秘訣

転職を成功させる秘訣は?

転職を成功させる秘訣は、決して焦燥感に駆られないことです。

何よりも、自信を失わないことです。

転職活動をしているのに、中々、内定が決まらないと焦りが来ます。

人間なので当たり前です。上手くいかなったことを引きずらないことです。

書類選考に落ちることもたくさんあります。

それだけ日本の採用は難しいということです。

特に在職中の転職活動はストレスが溜まります。

本来は疲労回復のために充てる予定の体力と気力を転職活動に充てるのですから、疲れてパワーダウンします。

在職中ということは生活の糧は失っていません。疲れている時こそ、息抜きをしてください。

心に余裕を持つようにしましょう。

在職中ならば、落ちてもあなたの生活レベルは維持できています。

焦れば焦るほど悪い会社に引っかかることを忘れないようにして下さい。

転職エージェントは利用すべき?

転職エージェントを利用するのはありですが、上手な使い方をするのがいいです。

転職エージェントに登録したからといって、絶対に転職を転職エージェントでする必要はありません。

本当に信用できる転職エージェントにあたれば良いですが、そうでなかった場合には悲惨です。

転職エージェントを情報を取るためだけに活用するのは常套手段です。

登録すれば年収相場を教えてくれますし、実際に紹介してくる求人の年収レンジを見て自分で転職サイトなどで転職活動をするのもありです。

転職エージェントの使っている履歴書と職務経歴書のフォーマットなどは非常に見やすくて使いやすいので、それを参考にしてオリジナルの履歴書と職務経歴書を作成することもできます。

自分にあったやり方で、転職活動をするようにして下さい!

新天地でのご活躍をお祈りしております!