郵便局から転職したい!おすすめの転職先と転職対策を紹介!

郵便局から転職したい!おすすめの転職先と転職対策を紹介!

郵便局で働いていると「転職したいな」と思ったことはないでしょうか?

人それぞれ転職したいと思う理由は違いますが、一度は考えたことがあると思います。

しかし「転職先はどこが良いんだろう」「転職しても後悔しないかな」といった悩みを抱えており、なかなか一歩踏み出せていない人が多いため、この記事では郵便局員におすすめの転職先や転職対策についてご紹介します。

郵便局から転職したい!みんなが抱える理由

郵便局で働いている人は「転職したいな…」と考えていることが多いです。

その理由は人それぞれなのですが、「年賀状のノルマ」や「年功序列」といったことが転職したいと思わせる理由になっています。

その他にも理由はあるので、多くの人が抱える理由について解説していきます。

民営化による年賀状ノルマがきつい!

郵便局が民営化されてから「年賀状」のノルマを課せられるようになり、ノルマに頭を抱えている人が多いです。

ノルマとされている枚数は店舗によって異なりますが、簡単に達成することができる枚数ではないため、自分で足りない分を購入することになります。

そして使い道がない「年賀状」は金券ショップなどに売ることになり、自身の損失に繋がります。

近年インターネットが普及していることから「年賀状を出さない人」が増えてきており、年賀状ノルマは年々厳しいものになることでしょう。

年功序列だから上司との関係が面倒臭い

郵便局は年功序列になっているためいくら成果を上げても上司との立場が逆転することはなく、関係性に悩まされる人も多いです。

年功序列にはメリットもあるのですが、上下関係が明確になっているため人間関係が面倒臭いです。

「頑張ったら上司との関係も終了だ」なんてこともありませんので、郵便局員として仕事を続けるモチベーションも保つことができません。

人手が足りていない

郵便局から転職したい理由として「人手不足」も挙げることができます。

人手不足になると単純に1人あたりの仕事量は増えることになり、インターネット通販などの拡大より年々郵便局員の仕事量は増えてきています。

ただし仕事量が増えても給料は変わらないため、転職したいとなってくると考えられます。

ほかの職種よりも給料が低い

郵便局は他の職種よりも「給料」が低いです。

上記でもお伝えしたように仕事量は年々増えてきているのにも関わらず、給料は他の職種よりも低いと考えると「転職」ということも頭に浮かぶと思います。

さらに民営化されたことにより公務員ではなくなったため、安定している職業とも考えにくくなっています。

正規と非正規との待遇格差が大きすぎる

郵便局は「正規社員」と「非正規社員」の待遇格差が大きすぎることも転職したいと思う理由の1つになっています。

元々郵便局の非正規社員の待遇や労働条件は「ひどい」と言われているのですが、なかなか改善されません。

正規社員の手当てを一部削減して非正規社員に当てるという政策も取っているのですが、基本が低すぎて決して満足できる待遇にはなりません。

郵便局から民間企業に転職して後悔することはある?

どの業界でも転職する際は「本当に転職していいのかな…」と考えることが多いのですが、実際郵便局から民間企業に転職した場合「後悔」する可能性があります。

もちろん、すべての人が後悔するわけではありません。転職したことを後悔する理由についてご紹介します。

思うように転職先が決まらない

郵便局から転職する場合に限らず、転職先が思うように決まらない可能性があります。

「転職先が決まらない」ことは「選考」でつまずくと考える人が多いですが、まず希望している求人が思うように見つからないこともあります。

求人を見つけて選考という流れになるため、求人を見つけることができなければ転職先が決まることは程遠いです。

転職先で待遇が悪化する

転職したからといって待遇が良くなるとは限らず、郵便局で働いていた頃の待遇より悪化する可能性は十分にあります。

給与の面でも労働環境の面でも悪化するとなると、再度転職しなくてはいけないことになる可能性もあり「郵便局から転職しなかったらよかった」と後悔します。

転職する前に確認することができる待遇は、すべて確認しておくことをおすすめします。

現在の職場が辛いならすぐにでも転職すべき

上記では「転職して後悔することはある」とお伝えしました。

ただし現在の職場が辛いなら、すぐにでも転職するべきです。

仕事は人生の中で多くの時間を占めることになるため、辛い思いをして働き続ける必要はありません。

郵便局以外にも職場はあるため、思い切って転職しましょう。

下記で転職を成功させるポイントについてご紹介しているので、参考にしてみてください。

郵便局の職員におすすめ転職先4選

郵便局から転職するとなると「転職する職種は何が良いのかな」と悩まれることが多いです。

そのため郵便局員におすすめの転職先を4つご紹介するので、転職先に悩まれている方は参考にしてみてください。

運送トラック運転手

郵便局で「配送業務」をしていた方は、運送トラック運転手に転職することをおすすめします。

郵便局の配送業務と運送トラック運転手の業務は似ていることもあり、転職してもすぐに仕事に慣れることができるでしょう。

運転するトラックによっては「免許」を取得しなければいけませんが、その分給料は高くなる可能性があります。

長距離トラック運転手なども給料が高いとされているため「配送」ということが苦にならない方の場合はおすすめの転職先です。

タクシードライバー

タクシードライバーも同様に、郵便局で「配送業務」をしていた方にはおすすめです。

業務が似ているということもありますが、タクシードライバーは歩合制を設けている会社が多いため、頑張れば頑張るほど給料が高くなります。

そのため郵便局で働いていた頃よりも、仕事に対するモチベーションを保ちやすいでしょう。

ただしタクシードライバーも「二種免許」が必要になるので注意してください。

未経験でもドライバーに転職できるの?転職を失敗しないポイントを解説

営業

郵便局で「保険などの営業業務」をしていた方は、他種の営業に転職することをおすすめします。

「もう営業は懲り懲りだよ」と思われる方が多いですが、営業するサービスや商材が変われば一気に仕事内容は変わります。

そして自身が好きになれるサービスや商材を営業するようにしましょう。

好きなものを売り込むということは苦ではないと思いますし、営業経験を転職先でも活かせると早くから活躍することができます。

営業職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

事務職

郵便局で「窓口業務」をしていた方は、事務職に転職することをおすすめします。

窓口業務をしていたということはお客様に対応することが多かったと思うので、事務職だとその経験を活かすこともできるでしょう。

窓口業務で培った「コミニュケーション力」を事務職で発揮することができれば、早く転職先の仕事にも慣れることができるためおすすめです。

事務職の転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

郵便局から転職するときに取るべき転職対策

上記でもお伝えしましたが郵便局から転職すると後悔することがあるため、後悔しないための転職対策をご紹介します。

転職をスムーズに進めるためにも必要なポイントになるため、参考にしてみてください。

転職で何を実現したいのかを明確にする

まずは転職する「目的」を把握してください。

「転職して何を実現したいのか」ということを明確にすると、自然に転職先を絞ることができてきます。

そして実現したいことを明確にしておくことで、転職活動中も高いモチベーションで居ることができます。

転職活動中は「転職するの面倒臭いな」と思ってしまうことが多いため、まずは転職する「目的」を明確にしましょう。

自分の経験やスキルを洗い出す

スムーズに転職するためにも、自分の経験やスキルを洗い出してみてください。

郵便局で働いている人の中でもそれぞれ身についたスキルは違うと思います。

その経験やスキルを洗い出すことにより自分の強みを把握することができて、活躍しやすい企業を探し出すことができます。

採用される可能性を上げるためにも自分の強みを把握することは大切になるため、些細な経験やスキルでも良いので洗い出してみましょう。

転職エージェントを活用する

郵便局から転職する場合に限らず、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントでは、求人紹介・面接対策・面接日調整など転職者がスムーズに転職できるようにサポートしてくれます。

時間のかかる求人検索をする手間が省けると考えるだけでも利用するメリットはありますし、転職エージェントから紹介される求人は優良企業が多いです。

転職する目的を実現するためにも、転職エージェントを活用しましょう。

郵便局からの転職におすすめの転職エージェントを下記でご紹介しているので、参考にしてみてください。

郵便局からの転職におすすめ転職エージェント

国内に転職エージェントは数多くあるため、どの転職エージェントを活用しようか悩むと思います。

この記事では郵便局から転職される方におすすめの転職エージェントを2社ご紹介するので、ぜひ活用してみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手人材紹介会社「マイナビ」が運営している転職エージェントになり、業界でもトップクラスの規模と実績を誇ります。

マイナビエージェントだけが抱えている求人も多くあるため、希望している求人を見つけやすいです。

そしてマイナビエージェントには「サポート期限」がありません。

転職先が決まるまでサポートしてくれるため、満足のいく転職活動を行うことができるでしょう。

郵便局からの転職でも後悔しないためにも、マイナビエージェントを活用して満足のいく転職活動をしてください。

マイナビエージェント詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは「リクルート」が運営している転職エージェントになっており、「業界No.1の転職エージェント」と言われています。

リクルートエージェントが抱えている求人数は業界トップで「20万件」を超えています。

非公開求人だけでも「10万件」を超えているため、幅広選択肢の中から求人を選択できます。

そしてエージェントは優秀で、丁寧にサポートしてくれます。

他社のエージェントではサポートしきれない部分までしっかりサポートしてくれるため、郵便局からの転職でも安心です。

リクルートエージェント詳細ページ

郵便局員の強みを生かして転職を成功させよう

この記事では郵便局から転職することについてご紹介しましたが、現在の職場が辛いと感じている人はすぐに転職しましょう。

転職することは不安だと思いますが、上記でお伝えした対策を抑えると転職が成功する可能性は高まります。

そして郵便局で働いていたことは自身の強みとして活かすことができるため、思い切って転職することをおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件