9月に転職活動を始める人向け!転職対策と傾向について徹底解説!

9月に転職活動を始める人向け!転職対策と傾向について徹底解説!

9月は夏が終わり年末に向けて心機一転再スタートする時期です。

中には9月に転職活動を始めて、年内中に新しい職場でのスタートを切っておきたいという方もいるのではないでしょうか?

中途採用は年間を通して行われていますが、やはり旬の時期が存在します。

そこで今回は9月の転職の傾向から、9月に転職活動を始める人向けの転職対策まで細かく解説します!

5分程度で読み終わる内容にまとめてあります。

以下の目次をクリックすると気になる項目だけを読むことができます。

9月は1年の中でも求人数が増える貴重な時期!

みなさんは転職の求人が増える時期として、「2月・3月」を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?

しかし実は9月も求人の増加する時期なんですよ!

求人数が増える時期に転職活動を始めることは、内定の確率を上げることにも繋がりますから、逃さずにチャンスをモノにすることが重要です。

ではなぜ9月に企業は求人を出すのでしょうか?

以下で詳しく解説します。

秋の人材確保のために企業が中途採用を強化する

みなさんが転職活動を始めているのと同様に、他の企業でも社員が転職するためにポストに穴が開いてしまいます。

そのため、人材を確保する目的で秋に求人を出す企業が集中するのです。

また秋は下半期のスタートという非常に区切りの良い時期ですので、この時期に体制を変えようとする企業もいます。

企業側は9月に求人を出すメリットが非常に大きいため、求人が集中し求人数が増加するのです。

また9月以降に求人を出してしまうと、年末年始や繁忙期で採用活動が一時ストップしてしまう可能性もありますので、スムーズな採用活動を行えるというメリットもあるようですよ。

9月に出される求人の2つの特徴

9月は求人が増加する時期ですが、求人にどんな特徴があるのか事前に知っておくことで、どの業界に応募するかを見極めることができます。

特徴は以下の2つです。

  • 年末・年度末に向けて経験者が有利になる
  • 10月入社が一般的

以下で詳しく解説します。

年末・年度末に向けて経験者が有利になる

9月に求人を出す企業が年末・年度末の繁忙期に向けて欠けた人材を補填しようとします。

そのためこの時期に出される求人の多くは、年末・年度末に向けてすぐに現場で活躍できるいわゆる「即戦力」を求める傾向にあります。

即戦力は一般的には同じ業界での経験があり、最低限の教育だけで済む人材です。

即戦力の人材は入社後の社内研修を終えれば、すぐに配属先に送り出すことが出来ますから、金銭面のコストも人的コストもかからないことがほとんどです。

企業もなるべくコストを減らしたいと考えているので、非常にメリットが大きいのです。

10月入社が一般的

9月に求人を出している企業は10月入社を目標に設定していることが多いです。

10月は企業の中でも体制が変化し、新規プロジェクトや昇進などポストに空きが出やすくなります。

体制の変化の時期は欠員が出やすくなりますので、当然といったら当然ですね。

10月入社は転職者側にもメリットがあり、新体制への変化によって人間関係を構築しやすい環境である可能性も高いんですよ!

9月に転職を始める3つのメリット

求人も多く、経験者の転職に有利な9月は転職活動を始めるメリットが他の月に比べて豊富にあります。

その中でも以下の3つが特に転職者にとって大きいメリットです。

  • 選考スピードが速く早期内定が貰いやすい
  • 自分のこれまでの経験を活かした経験重視の転職ができる
  • 求人数が多いので同じ業界の求人を比較検討できる

以下で詳しく解説します。

選考スピードが速く早期内定が貰いやすい

上の項目でも紹介した通り、9月は10月入社を目標と設定している企業が非常に多いです。

9月に出された求人で10月に入社するとなると、選考スピードが速くなりがちです。

すぐにでも転職したいと考えている人には非常にメリットが大きいのではないでしょうか?

早期内定を貰える可能性が高いとなると、メンタル面の安定にも繋がりますよね。

しかし転職活動は通常3か月程度かかるといわれていますから、ハードスケジュールになることが予想されますので注意が必要です。

自分のこれまでの経験を活かした経験重視の転職ができる

9月に出される求人は、すぐにでも活躍できる経験者重視であることが多いです。

これまでの経験をふんだんにアピールできますので、自分の能力をフル活用して働ける職場を見つけることもできるかもしれません。

また、自分のスキルに見合った給与にレベルアップできる可能性もありますので、年収アップを検討している人にもメリットがあります。

求人数が多いので同じ業界の求人を比較検討できる

なんといっても求人数が1年の中でも多い時期ですから、様々な条件で求人を比較検討することができます。

比較検討できるということは、自分自身が転職に求めている条件を重視して求人を見ることができますから、希望通りの職場に転職できる可能性が非常に高いです。

9月に転職活動を始める人向けの転職対策

9月の傾向や求人の特徴、9月に転職活動を始めるメリットが分かったところで、実際に実践できる9月に転職活動を始める人向けの転職対策を紹介します。

対策は以下の4つです。

  • ハードスケジュールが予想されるのでスケジュール管理を徹底する
  • 8月までには転職で使用する情報を整理しておく
  • 事前に仕事を引き継ぐためのマニュアルを作成しておく
  • 転職サイト・エージェント両方に登録しておく

以下で詳しく解説します。

ハードスケジュールが予想されるのでスケジュール管理を徹底する

9月の求人に応募するとなると、選考開始から内定まで非常に短いスパンで、採用活動が行われます。

通常、転職活動をする際は在職中であることがほとんどですから、仕事と両立しなければなりません。

仕事と両立しながら転職活動を行うのはタダでさえ大変なことですが、それに加えて選考スピードが速いとなると、スケジュール管理が難しくなります。

転職活動をスムーズに進めるために、仕事を8月の段階で整理しておく、スケジュールを開けておく、有給を申請しておくなど事前にスケジュール管理を徹底しておきましょう。

8月までには転職で使用する情報を整理しておく

9月に転職活動を始めるとは言っても、前月の8月までには情報の整理などの準備を完了させておく必要があります。

転職活動は就職活動と同様に、業界分析や自己分析を行ってアピールポイントを作成します。

しかし社会人である以上、就活の時よりもレベルの高いものを作成しなければならないため、事前に時間を取って準備しておく必要があります。

準備をせずに、短時間で業界分析や自己分析を行うのは非常に危険です。

書類選考や面接で見抜かれてしまうこともありますから、お盆休みでまとまった休みがあって時間の取りやすい8月を利用して準備をするようにしましょう。

事前に仕事を引き継ぐためのマニュアルを作成しておく

上の項目でも紹介した通り、9月に転職活動を始めるのは非常にハードなスケジュールで動くことがほとんどです。

そのスケジュールを乗り切ったとしても次に待っているのは、現職場の仕事の引継ぎ作業です。

本来の平均的な転職期間であれば、1ヶ月かけて仕事を引き継ぐことができますが、内定から入社までの期間の短い9月はそこまで時間がありません。

仕事の引継ぎが終わらなければ退職できませんし、退職が遅れてしまうと最悪「内定辞退」をしなければならない可能性もあるのです。

そのため、事前にコツコツと引き継ぐ仕事のマニュアルを作成しておきましょう。

そうすることで、スムーズな退職を実現することができます。

転職サイト・エージェント両方に登録しておく

9月からの転職活動を成功させるために、転職サイトと転職エージェント両方に登録してすぐにでも利用できる状態を作っておきましょう。

9月は求人の多い時期ですから、出来るだけ求人をかき集めて自分の条件にあう求人を取捨選択できます。

転職サイトは求人を条件で絞って検索することもできますし、Web上での応募や履歴書の一斉送付ができるので、手間がかかりません。

また転職エージェントを利用することで、通常自分ひとりでおこなわなければならない書類選考の書類の推敲や、面談の練習にも付き合ってもらえます。

両方とも無料で利用できます。

また、9月に入り転職活動が活発化し始めると上記のサービスも込み合ってきますので、登録や利用開始はできるだけ8月までに終わらせるようにしましょう。

9月に転職活動を始める人が注意すべき3つのポイント

9月に転職活動を始めるのは非常に魅力的な点がたくさんありますが、やはり注意すべきポイントはいくつか存在します。

注意すべきポイントをおさえておくことで、リスクを避けた転職活動ができますよ!

9月に転職活動を始める人が特に注意すべきポイントは以下の3つです。

  • 転職者が多い時期なので周りとの差別化が必要
  • 未経験での転職は苦戦するかも
  • ボーナスがもらえるのは翌年の夏から

以下で詳しく解説します。

転職者が多い時期なので周りとの差別化が必要

9月は求人数も増え、経験者重視の転職が可能ない時期ということもあって、転職者が1年の中でも急増する時期にあたります。

転職者が多いということは、それだけ埋もれやすくなるということです。

アピールポイントや経験でオリジナリティを発揮して、差別化をする必要があります。

もしも経験やアピールポイントの作成で悩んでしまった場合は、第三者の意見を求めるようにしましょう。

未経験での転職は苦戦するかも

何度もお伝えしているように、9月に出される求人は経験者重視のものが多いです。

そのため未経験の業界や業種に挑戦するのは、非常に難易度が高いといわれています。

未経験での転職を検討するのであれば、求人が殺到する時期を避けておくのが無難です。

もしもどうしても挑戦したい業界や業種がある場合は、その業界・業種に専門性を持つ転職サイト・エージェントを利用すると、未経験の求人を見つけることができるかもしれません。

ボーナスがもらえるのは翌年の夏から

9月に転職活動を始める人の中には、転職先で冬のボーナスをもらえることを期待している人もいるかもしれません。

9月に転職活動を始めて10月に入社したとしても、転職先でボーナスがもらえるのは翌年の夏のボーナスからになります。

ボーナスは一般的に、在職6ヶ月以上から支給されますので、条件を満たしていない場合は次のボーナスまで支給を待たなければなりません。

また、ボーナスの査定期間に在職しておかなければいけません。

そのため、転職活動をする際は充分な貯蓄が必要です。

転職活動は交通費はもちろんのこと、スーツのクリーニング代や美容代など非常にお金がかかります。

その中でボーナスを受給できないとなると、経済的に大打撃になってしまいますので、対応できるだけの貯蓄があった方が安心でしょう。

9月の求人が集中する時期を利用して内定を獲得しよう!

いかがでしたか?

9月は1年の中でも特に求人が集中する転職の旬の時期です。

しかし求人は企業のニーズにより、経験者が有利になる傾向がありますので注意が必要です。

転職サイトや転職エージェントを有効活用することで、より安全かつ円滑に転職活動を進めることができますよ!

ここで紹介したような転職対策や注意点を参考に、是非9月から始める転職で内定獲得を目指してください!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件