ADHDの人が転職に成功するための秘訣!もう失敗しない転職先の探し方

ADHDの人が転職に成功するための秘訣!もう失敗しない転職先の探し方

ADHDと診断され、仕事に対して不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

ADHDは病気ではなく、特性の1つでということを忘れないで仕事に向き合いましょう。

そして、世界的に活躍されているトム・クルーズやビル・ゲイツ、楽天の創業者の三木谷浩史もADHDと言われています。

ADHDと向き合い、ADHDにあった仕事に転職しますと、失敗することはなく、才能が開花することもあります。

今回はADHDの人が仕事に対する不安を抱かないように、転職に成功する秘訣やADHDにあった仕事をご紹介します!

ADHDの方が転職を成功させる3つ秘訣!

ADHDの人が転職を成功させるには秘訣があります!

この秘訣を抑えるだけで転職で失敗する可能性は低くなります。

ADHDの長所を活かした仕事に転職する

ADHDには仕事上、強みになる部分があります。

例えば、「好奇心が旺盛でチャレンジできる」「発想力が豊かでアイデアが豊富」「好きな分野にはとことん集中できる」など多くの長所が存在します。

成功する秘訣は、この強みを生かせる仕事に転職することです。

長所というのは、他の人より優れているため、活躍できる仕事になりますね。

活躍できる仕事は転職に失敗する確率がグンと下がるでしょう!

クリエイティブ職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

ADHDの人が苦手な仕事内容を理解する

次は、ADHDの仕事上の短所を理解することです。

長所もあれば短所もあります。例えば、「書類などのデータ入力」「整理整頓が苦手で物を失くしやすい」「多くのことに手をつけてしまい、効率を下げる」など弱みとなる部分もあります。

それをどれだけ理解して転職できるかが成功の秘訣です!

活躍できる仕事同様に、活躍できない仕事では転職に成功したとは言えないです。

転職をするときには、ADHDとして自分の弱みを理解して、弱みが現れにくい仕事に探しましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、転職のプロの人が一人一人カウンセリングを行ってくれ、転職者にあった仕事を探してくれます。

転職サイトでは、自分で求人を探しますが、転職エージェント場合はピッタリの求人を持ってきてくれます。

そのため、転職のプロの人にADHDということを伝えることで、活躍できない仕事に転職してしまうことは無くなります。

「ADHDとしての強みを生かした仕事がしたい」という思いをしっかり伝えれば、問題ないです。

そして、転職エージェントは初めての人でも安心して転職ができるように手厚いサポートをしてくれますが、それはすべての転職エージェントではないので、エージェント選びは慎重に行いましょう!

未経験職種の転職におすすめ転職エージェントランキング!

ADHDに向いている仕事

ADHDに向いている仕事をご紹介します。

これを理解しておくことは転職を成功に繋げる大切なことです。

何かを作り上げる仕事

何かを作り上げる仕事とは「漫画家」「画家」「建築家」「スタイリスト」「料理人」などです。

ADHDの人は、こだわりを持ったものづくりができ、突出した才能があることがあります。

世界的にも有名な「エマ・ワトソン」「ジム・キャリー」などADHDの人は「俳優」「漫画家」「作家」などで活躍している人が多いです。

1つのことに集中でき、こだわりのある物作りができるADHDの人には向いている仕事になりますね。

しかし、仕事にはならず自己満足で終わってしまうことあるため注意が必要です。

体を動かす仕事

ADHDの人はデスクワークやルーティンワークを苦手します。

そのため「インストラクター」「料理人」など常に体を動かしている仕事が向いており、仕事に対する拒否反応も起こりにくいです。

そして、「インストラクター」や「料理人」は独自の働き方ができます。

インストラクターの場合は決められたことは教えるというよりかは、その人にあったことを教えますよね。料理人も同様に美味しい料理を作れれば、OKです。

縛られていない仕事内容もADHDの人には向いています。

情報発信をする仕事

情報発信をする仕事とは「編集者」「カメラマン」「ライター」などです。

ADHDの人が様々なことに手を伸ばしてしまうのは、様々なことが思いつくからです。

独特な考え方であったり、視点の違うアイデアなど頭の中は想像力豊かで忙しいです。

例えば、ライターですと人とは違うアイデアで文章を書いたり、自分の思っていることを文章にできます。

ライター以外のカメラマンでも同様に人とは違うアイデアで撮影できれば、もうそれは強みです!

短所であった様々なことが頭の中にあるということが、長所となって生かせる仕事が情報発信をする仕事です。

自分の好きなことに特化した仕事

ADHDの人は自分の好きな分野、趣味には物凄い集中力を発揮できます。

例えば、「研究者」「スポーツ選手」「インストラクター」「整備士」などです。

自分の好きなものに特化した仕事ですと、物凄い集中力を発揮し、才能が開花する可能性も高いです。

そして、好きな分野や得意な分野なため、すぐに嫌になってしまうことがないです。

継続して集中して、仕事に励むことができます。転職ばかりを繰り返していては向いている仕事とは言えませんよね!

ADHDに向いていない仕事の特徴は?

もちろん、ADHDに向いている仕事もあれば向いていない仕事もあります。

その特徴を押さえておくだけで、に失敗しません!

ルーティンワーク

ADHDの人は、単調な仕事、単純な仕事、繰り返す仕事などのルーティンワークには向いてないです。

ルーティンワークは刺激が少なく、その仕事以外のことに意識が入ってしまい、集中できずにミスを増やしてしまいます。

ADHDの人は好奇心が旺盛なため、ルーティンワークでは満足できません。具体的には、工場勤務や事務作業、受付などには向いてないです。

長時間集中する仕事

常に集中する仕事や勤務時間が長い仕事はADHDの人には向いてないです。

上記の理由と同様に、頭の中で様々なことか考えてしまい、集中力を長い間継続することができません。

そして、ミスを増やします。さらに、そのミスをなくさなければという思いから、また別のミスをしてしまう悪循環に陥ります。

それでは、ADHDの強みが台無しですよね。具体的には、銀行員や医療関係の仕事などには向いていないです。

規則が厳しい仕事

ADHDの人は規則や段取り、納品日などが多くの制約がある仕事には向いてないです。

ADHDの人は期間や納品といったスケジュースを管理させることが苦手です。

自分の興味のあることだけに没頭してしまうため、期限から逆算して仕事を進めるのができません。

それに加え、見張られている仕事も苦手で、上司に見張られている仕事は最悪です。

それでは、ADHDの強みクリエイティブさが発揮されないですよね。具体的には、営業や経理などには向いてないです。

状況に応じて仕事内容が変化する仕事

ADHDの人は臨機応変に対応することが苦手です。

人の気持ちや感情を読み取る能力が低いことがあり、その場その場で判断が求められても、相手の考えていることがわからずに正確な判断ができません。

1つのことを極めることには長けているのですが、状況判断などは苦手です。

自分で判断することやその場その場で判断が求められる仕事では、正確な判断ができずにミスを増やしてしまいます。具体的には、営業や接客業などは向いてないです。

ADHDの方が転職してから心がけること

転職を成功させるためには、仕事選びは肝心です。

それに加え、転職した後の行動も失敗させないためには必要です!

頭の中を整理する時間を作る

転職すると、多くのことを覚えますし、やることも多くなり、頭がいっぱいになります。

そんな時に頭を整理する時間を作っていないと、頭がパンクして転職を失敗に繋げてしまいます。

しかし、ADHDの人は頭の中を整理する時間をとることは苦手なため、予め頭の中を整理する時間を作っておきましょう!

それに加え、頭の中だけではなく、デスクや書類などを整理する時間も予め決めておくことが転職を成功に繋げます。

その時間は短くても良いので、1日に数分は整理する時間を決めましょう。

常にメモをするようにする

ADHDの人は注意力が散漫になりがちなため、他の情報を記憶することが苦手です。

転職後には多くのことを覚える機会があるため、メモを取ることを習慣化しましょう!

メモに書いておくことで、約束を忘れていたややり方を忘れたといった転職が失敗につながることが避けることができます。

そもそもメモとペンを忘れてしまうことがあるため、スーツや鞄の中など常に携帯できるようにしておきましょう。

楽しみながら仕事に向き合う

仕事にゲーム要素を自分で取り組みながら仕事と向き合いましょう。

ADHDの人はゲームやネットにハマりやすい傾向があり、その特性を利用すれば仕事も同様に集中力を持続させることができます。

そのため、仕事にタイムアタック形式のように取り組んでみたり、同僚と成果を競ってみたりゲーム要素を取り組みましょう。

集中力を持続させることができ露ことに加え、興味がなかったことにも興味が湧いてくるようになってきます。

ゲーム要素を取り組み。楽しみながら仕事をしましょう。

まとめ

転職を成功させるためには、ADHDを理解することが大切です。

向いている仕事、向いていない仕事、それはADHDの人に限らず人間全てに向き不向きはありますよね。

まずは、ADHDを理解して、向いている仕事を探しましょう。

そして、転職に失敗しないためにも、転職エージェントをうまく活用して、向いている仕事に転職しましょう!

そして、転職したことに満足せず、転職後も工夫をして仕事に取り組んでください!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件