転職エージェントの裏事情!エージェントの仕組みと落とし穴

手で止める男性

転職エージェントを使った方が、転職が上手くいくって本当かな?

転職エージェントを使って転職した知り合いがブラック企業に入社したと言っていた。

本当に転職エージェントって使った方が良いのかな?

その不安な気持ち、良く分かります。

今回は転職エージェントの裏事情について解説させて頂きます。

転職エージェントを活用する事で大切なのは、本当に信用できる転職エージェントを活用することです。

少し長くなってしまいますが、最後までお付き合いくださいね。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントを転職希望者は無料で使用することができます。

これは転職が成功したら転職エージェントが会社からお金を受け取る事が出来るから転職エージェントを無料で活用できるということです。

転職エージェントのサービス料金を負担するのは、いい人材を紹介してくれたお礼として会社が転職エージェントにお金を支払うことで成り立っているからということです。

転職エージェントの取り分は、転職が成功した転職希望者の年収の30%です。

年収1000万円の転職希望者を採用すれば300万円もの紹介料金が会社から支払われるので、紹介に躍起になるのです。

裏を返せば年収の高い人以外はあまり相手にしたくないという転職エージェントも存在するということです。

転職サイトは更新日を活用しよう!大手転職サイトの更新日と求人広告の仕組み

転職エージェントは転職希望者の味方ではない?

転職エージェントは基本的に各企業の人事担当者の味方です。

転職希望者自身はお客様ではありますが、実際にお金を支払うのは企業なのでどうしても各企業の人事担当者の要望を聞かざるを得ません。

転職エージェントのお客様は転職希望者ではなく各企業の人事担当者です。

人事をしていると毎日のように転職エージェントからの営業の電話攻撃を受けており、業務に支障が出ることもあるくらい電話が来るのですが、とにかく彼らは転職希望者を紹介して内定を出してもらわないことにはお金になりません。

とにかく転職エージェントは各企業の人事担当者の思惑に良くも悪くも左右されます。

ぶっちゃけ転職エージェントを使うと採用で不利になるのか、人事のプロに訊いてみた

悪質な転職エージェントの特徴

悪質な転職エージェントの特徴は、ノルマ達成のために転職希望者の意に沿わない求人を紹介したり、こんな経歴では転職できないからと転職希望者に脅しをかける転職エージェントです。

こんな経験はありませんか。

特にリーマンショック時に顕著だった出来事ですが、堅い業界で事務職を志望しているのにパチンコ屋のホールスタッフの求人を紹介されたり、飲食店でのホールスタッフの求人を紹介されたりと悪評が目立つ時期でした。

それだけ求人がなかったので特別な時期ではあったのかも知れませんが、ノルマ達成ばかり考えている悪質な転職エージェントがかなりいました。

いま現在はずいぶんとクリーンな業界になっていますが、まだ質の悪い転職エージェントは残っている可能性もあります。

転職エージェントで有名な人物ほど経営者と人事からの信用はない

よく転職エージェントで○○万人の転職を成功させた!というタイトルで本を出版したりしている人物がいますが、そういった転職エージェントほど信用しない方が良いです。

転職エージェントは、人事部員や経営者からはあまり信用されていないのが現実です。

転職エージェントは基本的に登録してきた人を採用されやすいように志望動機を考えたり内定を取りやすい状態に持っていくのが仕事ですが、転職エージェントはたまたま仲介役にいるだけで、人事や経営者からは信用されてはいません。

人を右から左に移しているだけでお金を持って行っているだけですし、年配の経営者からすれば「むかし暴力団がやっていた口入屋とどう違うのか。」という考え方をしている経営者もまだまだいます。

転職本を出している人で勘違いしているのは、転職希望者の転職が成功したのは転職エージェントの力でも何でもなくその人に採用されるだけの仕事の実力があったから転職に成功したという事実だけです。

転職エージェントが頑張ったから内定が出たのではなく、転職希望者に真の実力があったから転職に成功したというのが真実です。

転職エージェントは利用すべきか

転職エージェントは利用するべきです。

無料で活用することが可能ですし、転職エージェントの中でも信頼されている人物であれば仮に選考基準から外れている人物であっても、一度、面接でもしてみようかと考えることもあります。

また昔と違い、いまでは転職エージェントでないと出せない求人があるということも確かです。

転職エージェントに依頼する人事側の心理とは?非公開求人の正体!

非公開求人の正体は、高待遇の求人を一般公開されたくないという後ろ向きな理由での非公開求人であることも多いです。

具体例を挙げます。

例えば、いまは会社の中に様々な種類の雇用形態の従業員がいます。

正社員、契約社員、定年雇用延長社員、嘱託社員、派遣社員、パート社員、臨時雇いの人、日雇い派遣の人。

彼らは待遇が著しく違います。

同一労働同一賃金の問題で、雇用格差による賃金差について議論が上がってきていますが、まだまだこの賃金格差のある状態は続きます。

もしも正社員で待遇の良い求人が、自分が契約社員として勤めている企業から出ればどうなるでしょうか。

心理的には穏やかではありません。

契約社員の年収が250万円の会社でも、正社員の年収は一番若手の社員でも450万円オーバーの会社が日本では圧倒的に多いのです。

このような状態に陥っているので、正社員の求人を非正規社員に見られたくない企業は、転職エージェントに依頼しています。

人事と経営者は、転職エージェントを完全に信用はしていないけれど、活用せざるを得ないので活用しているというのが実情なのです。

契約社員を筆頭とした非正規社員に正社員の給料の金額を知られたくないということと同時に、もしも社内にいる契約社員が正社員の求人に殺到したらどうしようという恐怖心も人事にはあります。

転職希望者にはメリットだらけです。

社内の非正規従業員に知られたくないほどの高待遇な求人を、転職エージェントが握っているという状態なのですから。

優良な転職エージェントを見極めるポイントは?

優良な転職エージェントの特徴は4つです。

①希望にあった求人をしっかりと丁寧な説明をしながら紹介してくれること

あまりにも自分の希望からかけ離れた求人を紹介してくる転職エージェントは基本的に信用しないようにして下さい。

自分の売り上げノルマばかりを気にする転職エージェントに一体、どれほど信用がおけることでしょうか。

人事担当者の顔色ばかりを窺う転職エージェントを信用する必要はありません。

自分よりも他人の人生を良くしたいと思う転職エージェントでなければ信用して転職をすることはできません。

②無理なハイスピードで転職を進めない転職エージェント

無理矢理、転職希望者が望んでいもいないハイペースでの転職を進めようとする転職エージェントは避けるようにして下さい。

特に在職中の転職活動を行う場合には特に気を付けてください。

在職中でお給料の保証があるのだから転職を焦る必要はないのです。

無職状態になってしまっている場合には「多少無理をしてもドンドン求人を受けてみましょうよ!」と言ってくるのはいい転職エージェントです。

早く転職を決めないと不利になってしまう可能性が高いからです。

ブランク期間が長くなると再就職が難しくなるも現実ですから特に急ぐ必要があります。

しかし、在職中でお給料もボーナスもしっかりと頂けている状態であれば出来る限り時間をかけて転職活動をするべきなのです。

③高圧的な転職エージェント

最近では人手不足も手伝ってこのタイプの転職エージェントは減っていると信じたいですが、不遜な態度や高圧的な態度の転職エージェントには特に注意をしてください。

十中八九まともな転職先を確保してくれません。

高圧的に「この経歴では無理です。いまから転職してもかなり厳しいですよ」などという転職エージェントは絶対に避けてください。

転職エージェントが内定を出すわけではありません。

求人を出している企業の経営者と人事担当者が内定を出すのです。

選考結果を決めるのは、転職エージェントではなく人事担当者なのです。

ここをはき違えている転職エージェントには未来はありません。

条件通りの転職希望者を集めてくるのも転職エージェントの大切な仕事ではありますが、転職希望者の希望と適性を確実に把握して紹介できる求人を探すのも転職エージェントの大切な仕事です。

認識の甘い転職エージェントほど不遜な態度で人を軽んじます。

実際に転職エージェント経由で転職してきてくれた社員に話を聞いてみても、良い転職エージェントにあたったおかげで転職できたという声が聞こえます。

④企業に足を運んで生の情報を取っていない転職エージェント

採用は生ものです。

常に企業内の採用基準は変動していますし、経営状態は変化しています。

人事が信用するのは会社内を細かく観察して、転職してきた社員についてのその後を聞いてくれるような転職エージェントです。

「紹介させて頂いた○○さん、調子はいかがですか?また人が必要な部署等ございましたらご用命頂ければ幸いです。よろしくお願いしますね。」

このような会話が一つあるだけで人事側としては安心します。

紹介してそれで終わり、というような紹介料だけが目当てだなというように感じてしまう転職エージェントを人事は信用してはいません。

人事の間で転職エージェントの評判が「あまり信用できない」という風になっているのはここでもあります。

たまたまインターネットで登録してきた人を紹介してきて、しかも全くその転職希望者独自の売りも言ってくれない。

ただ履歴書をひたすらメールで送信してきて、ご連絡ください。

このような仕事の態度の転職エージェントが多いのです。

普通のメーカーの営業職でも納品した商品の稼働状況や売れ行きなどを気にして営業マンは電話をしてくるものなのですが、この意識があまりにも薄い。
生の情報を持っている転職エージェントを確認する方法がありますので、試してみて下さい。

「この間、紹介して頂いた企業では、どのような点が売りですか?これまで紹介していった人材はどのような部分にやりがいを感じて仕事をしていますか」

これに即答できないということは転職した人の後がどうなっているのかを確認できていませんし、そもそも企業の売りを把握していないのは企業の人事担当者との会話の量が少ないことが原因です。

人事担当者自身も転職エージェントにはこのような質問をして真剣度を計っています。

「うちのいいところってどこだと思いますか。売りにしている部分は世間ではどう捉えられていますかねぇ。」

この質問に答えられなかった場合は、その場では笑顔で取り繕ってもあとで会議室ではこのように怒りながら話しています。

「うちの会社の売りも答えられないで何がいい人材を紹介しますだ!ふざけている。あの転職エージェントは切ろう!」

実際にこのようなことが採用現場では絶えることがありません。

紹介する企業の生の情報は人事担当者の口からでなければ得られませんので、試しに質問してみて下さい。

即座に答えられれば信用に足る転職エージェントです。

答えられなければその転職エージェントはいずれ企業の人事から担当者変更されるということです。

転職エージェントを上手く利用することで落とし穴を避けよう!

転職エージェントには様々なタイプがいるため、信頼できない転職エージェントにあたった場合にはすぐに担当者変更をするようにしましょう。

また転職エージェントに頼りきりの転職活動は危険なので、出来る限り転職希望者自身も積極的に転職サイトなどを併用する事で、情報感度を高めるように努力してください。

新しい職場での、輝かしい社会人生活のために、しっかりと活動するようにしましょう!