ミドル層の転職は難しい?転職に失敗するミドル層の特徴

ミドル層の転職は難しい?転職に失敗するミドル層の特徴

転職は若いうちにしかできないなんて思っている人も多いのではないでしょうか?

実は、ミドル層いわゆる35歳から〜50歳の人でも転職することができます!

しかし、一般的にミドル層での転職は難しいと言われており、転職する側の不安も大きく転職に一歩踏み出せていない人も多いと思います。

歳を追うごとに転職に対する不安も大きくなり、「このままでいいか」と思いがちですが、転職して理想のワークライフを実現させましょう!

そこで今回は、ミドル層で転職に失敗する人の特徴や成功させるためのポイントをご紹介します!

ミドル層の転職は難しい?難しくない?

一般的にミドル層での転職は難しいと言われており、それは一概には否定できません。

様々な理由からミドル層の転職は難しいと言われており、例えば「考え方が固まってしまっている」「伸び代が期待できない」「会社に馴染めない」などが挙げられます。

確かに、それだけの理由があれば転職は難しいと言われても仕方ないですよね。

年齢だけを見ると、若い世代の方が長期的にも雇えますし、伸び代もありますし、会社にも馴染みやすいでしょう。

しかし、いくつかのポイントを抑えるだけでミドル層でも転職を成功させれます!

ミドル層だからこその強みがありますよね。

世間の声だけを信じて転職に一歩踏み出せずにいるのではなく、ミドル層でも転職に一歩踏み出しましょう!

ミドル層のよくある転職理由

ミドル層は一般的にどのような理由で転職しているのか気になりますよね。

ミドル層のよくある転職理由は以下の3つといわれています。

  • 年収に不満がある
  • 職場の人間関係が悪い
  • 会社の雰囲気と合わない
  • 業界内でのキャリアアップを目指したい

やはりミドル層での転職では、待遇を改善しようとして転職考える人が多いようです。

また20代と同様に職場の人間皆生で悩む人も依然多く、環境の改善を求める人も多いです。

ミドル層での転職で得られるメリット

ミドル層の転職は、一般的にリスクが大きいといわれています。

しかし、リスクが大きい分得られるメリットも大きいのも事実。

ミドル層の転職で得られるメリットは以下の通りです。

  • 自分の経験と能力に見合った高収入が得られる
  • 業界内でのキャリアアップができる
  • 新しい経験を積める

以下で詳しく紹介します。

自分の経験と能力に見合った高収入を得られる

ミドル層の転職ではこれまでの経験と能力を武器に、選考に挑むことになります。

もしも自分の経験と能力と年収を照らし合わせて、釣り合わないと感じているのでアあれば、ミドル層での転職は非常にメリットが大きくなります。

ミドル層は一般的に管理職や要職のポストの求人が多いです。

管理職や要職は、その責任や職務内容から給与が高く設定されていることがほとんどです。

そのため、ミドル層の転職では高収入を獲得できるチャンスなんです。

業界内でのキャリアアップができる

上の項目で、ミドル層の転職先は管理職や要職のポストが多いとお伝えしました。

基本的に、ミドル層は同じ業界内での転職を行いますので、業界内でのキャリアアップが可能です。

業界内で自分がいる企業よりも、規模の大きい企業へキャリアアップもできる可能性があります・

将来的にもっとキャリアを伸ばしていきたいと考えている人は、ミドル層に当てはまる年齢で転職することをおすすめします。

新しい経験を積める

別の企業へ転職することで、新しい経験を積むことができるので新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができます。

ミドル層の方の中には、今いる企業の業務内容に魅力を感じていない人もいるでしょう。

ミドル層での転職は、上に上げたメリットの他にも、新しい企業で気持ちと環境を一新して新しい経験を積めます。

また転職することによって生活スタイルも変えることができますから、普段の生活に刺激を得ることもできるのではないでしょうか。

転職に失敗する人の特徴

ミドル層での転職に失敗する人の多くにはいくつかの特徴があります。

その特徴を把握しておくことで転職も成功に近づきます!

新しい業界、職種に転職する人

ミドル層の転職で失敗する多くは経験したことのない業種・職種に転職をする人です。

心機一転、今まで経験したことのないことへ転職したくなる気持ちはわかります。

しかし、ミドル層の人が新たな世界に飛び込むのは難しいです。1からその業種のことを理解して、学んでいくにはヤング層の方が優遇されてしまいます。

一度、採用する側の目線で考えてみてください。

その職種には未経験のミドル層とヤング層、同じ未経験なら歳の若いヤング層を採用するはずです。

ミドル層が転職に失敗しないためには経験したことのある業種・職種に転職しましょう!

今の立場を理解できていない人

今の自分に立場や環境を理解できていないと、転職は失敗します。

ミドル層ということは、今の会社でもある程度の立場や地位を築いていることでしょう。

転職すると、もちろんその立場や地位は無くなりますよね。

そのため、そのギャップから転職を失敗にしてしまう人が多くいます。

今自分が置かれている立場や地位、環境、給与など様々な視点から自分を理解して、転職に一歩踏み出しましょう。

自分に自信を持ちすぎている人

ミドル層の多くは自分に自信を持ちすぎています。

決して、自信を持つことがダメと言っているのではなく、転職先に合わせるということが大切ということです。

転職をすると、上司は年下になるかもしれません。

もちろん、上司なわけですから自分がその上司に合わせなくてはいけません。

そのことを理解できているとミドル層での転職を失敗にしてしまう可能性は低くなるでしょう。

理解できずに「お前より年上だぞ」「経験してきてるんだよ」といった気持ちで接してしまうと、態度にも出ますし、会社にも馴染めません。

自信を持つことは大切ですが、転職先での立場を理解しておきましょう。

経験値を重視してしまう人

ミドル層が転職するときに、経験の豊富さを押し出してしまうことがあります。

それは転職を失敗にしてしまう要因です。

経験豊富ということは魅力的なことなのですが、様々な業務についてきたことよりも1つの業務に特化している方がミドル層での転職を成功させれます。

経験豊富ということはミドル層ならではのポイントなのですが、伝え方が肝心です。

採用を決める第3者が判断しやすい伝え方を心がけましょう!

うまく時間を使えてない人

転職をするときには、ミドル層を問わずに準備する時間が大切です。

ミドル層ですと、今の仕事に対する責任感や仕事量は多いですよね。

そんな中でも転職に準備の時間を疎かにしてしまうと、転職を失敗にしてしまいます。

大切なのは、時間の使い方です!

1日を生活していく上で、転職について考える時間は意外と多いのです。

例えば、通勤時間や休憩時間、食事の時間、お風呂の時間、寝る前の時間など意外にも転職について考える時間はあります。

その時間の中で転職に関することや準備について考えておきましょう。

いざ「転職について準備するぞ!」となってから考えていては時間の使い方がもったいないです。

必要になる前から順序立てて考えるようにしましょう!

ミドル層で求められる人材の4つの特徴

ミドル層ではどんな人材が求められるのかを知っておくことで、転職活動を始めるべきかどうかを判断できますよね。

ミドル層で求めらる人材の特徴は以下の4つです。

  • 語学力がある
  • マネジメント能力が高い
  • 最新の技術知識がある
  • 転勤が可能

以下で詳しく紹介します。

語学力がある

ミドル層であっても、語学力がある人材は重宝されます。

みなさんもご存じの通り、企業内では海外進出するために外国語が堪能な人材のニーズが高いです。

若手社員ももちろんですが、管理職クラスでも語学力が高い人材が必要不可欠です。

そのため管理職や要職のポストの多いミドル層の転職では、語学力がある人材は優遇されやすいのです。

特に最近では英語の他にも、アジア圏での経済発展の影響からか中国語などのアジア圏の言語が注目されています。

アジア圏での業務経験がある方は非常に有利であるといえるでしょう。

マネジメント能力が高い

ミドル層は転職後用意されているポストの関係上、転職後すぐに管理職としての職務を行えるようなマネジメント能力が求められます。

そのためこれまでの経験で大きなプロジェクトを担当した人や、外国人を交えたプロジェクトをまとめ上げたような人材は重宝されます。

またその時の世相に合わせて、マネジメント方針を変更できるような人材であることも求められます。

最近だと「働き方改革」や「育休」などの取得が問題になっていますから、それらを取り入れたマネジメントを行ってきた経験があることも大きなアドバンテージになるでしょう。

最新の技術知識がある

最近ではAIや仮想通貨などの最新の技術知識がよくメディアで取り上げられていますが、それらを専門領域として取り扱っている人は依然少ないです。

企業内ではそれらの最新の知識を取り入れて、業務の効率化を図っていきたいと考えているところもありますから、知識を豊富に備えている人は企業の中でも採用するメリットが大きいのです。

そのため最新の技術知識がある方はそれらを全面に出していくことで、企業から良い印象を持ってもらえる可能性があるのです。

ミドル層で転職を成功させるポイント

ミドル層での転職を成功さえるためには抑えておきたいポイントがあります。

ポイントを4つご紹介します。

即戦力で活躍できるスキルや経験

企業側がミドル層に求めることは伸び代ではなく、即戦力です。

伸び代が期待できる人材を求めている企業もあれば、即戦力を求めている企業もあります。

そのため、即戦力で活躍できるスキルであったり、経験を押し出しましょう。

さらに、高い実績や専門的なスキルを持ち合わせていると、より有利です。

ヤング層には押し出せないポイントのため、即戦力というのはミドル層の強みです。

今までの実績を詳しくまとめておく

ミドル層での転職の時には、今までの実績をまとめておきましょう。

「自分が今まで何をしてきたか?」「どんな実績を残してきたか?」など経歴書よりも深くまとめておくと、自分の強み、売りとなる部分を理解できます。

自分の強みを理解できていれば、その強みを求めてる企業とマッチしやすくなり、ミスマッチが減ります。

さらに、まとめてみると今までの自分では気付けなかった部分にも気付くことができる可能性もあり、求人の選択肢を増やせるかもしれません。

今までの実績をまとめることは、転職をスムーズに進める効果的な方法です!

自分の経験を振り返るのは意外と時間がかかりますから、目標としている転職時期に間に合うように余裕を持って行動することが大切です。

経験がある業界で転職する

ミドル層の転職では、業務経験がある業界で転職活動を進めるようにしましょう。

よく20代の転職ではポテンシャル採用といって、未経験の職場でも今後の伸びしろを考慮して採用してもらえることがあります。

しかしミドル層ではそうもいきません。

経験がない業界で雇ってくれることはコンサルティングなど一部の場合を除いて、可能性が非常に低いと考えたほうがいいでしょう。

また経験のない業界へ転職が成功したとしても、給与が現在余地も下がってしまうことが考えられます。

確実に成功させていくためにも、経験のある業界で転職活動を進めていくようにしましょう。

転職サイト・エージェントの併用

転職サイトにはヤング層向けな転職サイトもあれば、ミドル層向け、シニア層向けとそれぞれに特化しているサイトがあります。

ミドル層な転職なため、ミドル層に特化しているサイトを支えているかがポイントです。

年齢を問わずに求人掲載しているサイトもありますが、ミドル層の求人はもともと少ないためミドル層向けの転職サイトを使ってください!

さらに、ミドル層向けの転職サイトでも求人数は少ないため、転職エージェントと併用して使いましょう。

転職サイトと転職エージェントの大きな違いは、自分で求人を探すかプロの人に探してもらうかです。

どちらが良くてどちらが悪いというわけではなく、ミドル層の転職では併用することがポイントです。

利用を試す目安としては、転職サイトは4~5個程度、転職エージェントは2~3個を目安にするといいでしょう。

あまり登録しすぎてしまうと、メールがたくさん来て対処しきれなくなり、転職に対する意欲がそがれてしまうことにもつながってしまいますので、気を付けましょう。

ミドル層にオススメの転職サイト・転職エージェント

ミドル層向けの転職サイト・転職エージェントを3つご紹介します。

別々のサービスになっても構いませんので、必ず双方に登録しましょう!

ミドルの転職

ミドルの転職

ミドルの転職はエン・ジャパンが運営する転職サービスです。

エン・ジャパンは「エン転職」と「ミドルの転職」の転職サービスを展開しており、エン転職はヤング層向け、ミドルの転職はミドル層向けになっています。

ミドルの転職の求人数は8万を超えており、さらに非公開求人もあるため、業界でもトップクラスの求人数を誇っています!

ミドルの転職は、管理職やハイクラスな求人が多数あり、年収1000万円以上の求人だけでも、1万件を超えています。中には、年収5000万以上の求人も存在するため、あなたにあった求人を見つけ出すことができるでしょう。

そして、ミドルの転職は転職エージェントにも力を入れています。

一般的にエージェントは選ぶことはできないのですが、ミドルの転職ではエージェントを自分で選ぶことができます。

エージェントの顔も見れますし、得意な分野、今までの実績なども見れます。

ミドルの転職は、転職サイト・エージェント共にオススメできるサービスです!

ミドルの転職詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはミドル層向け転職エージェントです。

利用者の平均年収は約800万と高く、求人の3分の1が以上が年収1000万越えです!

さらに求人数も9万を超えているため、3万以上もの求人が年収1000万越えということになりますよね。

ビズリーチのオススメポイントはヘッドハンターの質です!

ヘッドハンターの数が3000人を超えており、自分にあったサポートをしてくれる人を探しやすいです。

さらに、ヘッドハンターは世の中に出ていない求人まで抱えているため、質の高い求人やあなたにぴったりの求人が見つかりやすいです。

求人紹介だけではなく、面接対策や書類添削などまでサポートしてくれるのは、ビズリーチ最大のメリットです。

他にもオススメポイントはあり、ビズリーチではアプリを展開しており、検索機能やメッセージ機能まで搭載されているため、外出中にでも転職活動を行うことができます。

検索機能もシンプルな作りになっており、職種、業種、人気キーワードなどから検索できます。

細かい情報を入れたい方には、別のカテゴリーも用意されていますので安心です。

豊富な求人、豊富なヘッドハンター自分にあった転職を見つけやすいのがビズリーチです!

ビズリーチ詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは実績、求人数ともに業界トップクラスです!

ミドル層向けと謳っているわけではないですが、幅広い年齢層を対象にしている転職エージェントです。

求人数は12万を超えており、非公開求人は10万を超えています。

ただただ求人数が多いだけではなく、ヤング層、ミドル層と幅広い年齢層の求人を抱えており、質でも大企業から勢いのあるベンチャー企業まで幅広く抱えています。

そんなリクルートエージェントのおすすめポイントはサポートの手厚さです。

担当となるエージェントは優秀と評判で、転職者にも親身になってサポートをしてくれます。特に、エージェントサービスの中でも面接対策のクオリティは高さは有名です!

他にも、書類の添削、面接セミナーなどのサポートも行っており、初めて転職する人でも安心できるサポートの手厚さです。

ミドル層の転職で失敗しないためにも、サポートの手厚いは大きなメリットになりますね。

ミドル層の求人は転職サービスごとに独占することが多いため、いくつもの転職サイトに登録することを勧めます。

リクルートエージェント詳細ページ

まとめ

今回はミドル層の転職についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

世間的に、ミドル層の転職は難しいと言われていますが、今回お伝えしたポイントを抑えることができれば転職が難しく感じることはないでしょう。

さらに、転職に対する準備を怠らず、転職サイト・エージェントの双方を利用すれば、希望通りの転職が叶います!

ミドル層になると、転職になかなか一歩踏み出すことができないと思いますが、転職することで様々なことがプラスに働き、人生が豊かになります。

今回のことを参考にして、転職を成功させましょう!

ミドル層におすすめの転職サイト・エージェントランキング

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件