ミドルの転職の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ミドルの転職

求人情報 86,000件以上
非公開求人 あり
直接面談 なし
履歴書添削 なし
面談対策 なし
タイプ 求人検索型(人材紹介会社の求人も掲載)
対象エリア 全国

『ミドルの転職』は、人材業界大手のエン・ジャパンが運営する転職サイト。エン・ジャパンは、エン転職などの運営でも知名度が高い企業です。

30~40代のミドル層をターゲットにしており、エン転職と比べるとハイクラスな求人中心のサービスになっています。

ハイエンド向けサービスは転職サイトや人材紹介会社を含め色々とありますが、今回は実際に『ミドルの転職』を使ったことがある方の口コミ・評判をもとに、メリットやデメリット、どんな方に向いているのかなどを解説します。

一目で分かるミドルの転職の評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
いろんな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

ミドルの転職の口コミ一覧

年齢 42歳
性別 男性
前職 営業(管理職)
転職前の年収 620万円
転職後の年収 700万円
転職理由 収入アップのために

現職の給与制度上、給与アップに限界がありました。自分の力をより高く評価してくれる会社を探してミドルの転職に登録し、現職へ入社。マネジメントや組織運営のスキルを買ってもらい、給与も前職と比較して上がりました。
年齢 33歳
性別 男性
前職 システムエンジニア
転職前の年収 420万円
転職後の年収 510万円
転職理由 よりハイレベルな開発に携わりたかった

以前は自社パッケージの開発に携わっていました。開発するものはある程度決まっており、どうしても得られるスキルは限られてしまいます。エンジニアとして成長するためには、より先端技術に携わりたいという想いがありました。現職ではそれがかなっています。紹介された企業の中には有名企業も多く、魅力的な求人が多いと感じました。
年齢 35歳
性別 男性
前職 営業
転職前の年収 380万円
転職後の年収 420万円
転職理由 マネジメントに挑戦したい

年功序列の風土が残った会社にいたため、先輩が退社しない限り役職に就ける見込みがありませんでした。上の詰まり具合を考えると10年以上は役職につけそうもなく、マネジメントに挑戦できる環境を求めてミドルの転職に登録しました。紹介会社経由で入社した会社ではまだ入社したてなのでメンバーは持っていませんが、課長候補として上司のもとでマネジメントを学んでいます。

ミドルの転職のメリット

  • エン・ジャパンの他、紹介会社の求人も掲載されているので情報が豊富
  • 『年収1000万円以上』『経営幹部』などレア求人が多数
  • スカウト経由で非公開求人の案内が届く

エン・ジャパンの他、紹介会社の求人も掲載されているので情報が豊富

ミドルの転職には、エン・ジャパンが管轄している求人だけでなく、提携している人材紹介会社各社が保有している求人も掲載されています。

86,000件以上という膨大な求人が掲載されているのは、多数の人材紹介会社の求人があるからこそ。豊富な求人の中から、自分に適したものを探すことができます。

ちなみに紹介会社は都市部だけでなく、地方のものも多数。地方で仕事を探しており、かつハイクラスな求人を選びたい方にとっては非常に有益です。

『年収1000万円以上』『経営幹部』などレア求人が多数

30~40代向けのハイクラス求人が多く掲載されているため、年収1000万円を超す募集や経営幹部・管理職などの役職者募集も少なくありません。

また、一般の転職サイトでは見られないような超有名企業・大手企業の求人や、公にはできないようなレアな業務内容のものなども多数掲載されています。

スカウト経由で非公開求人の案内が届く

ミドルの転職に登録すると、スカウト機能を利用できます。スカウト機能は企業からスカウトメールが届くだけでなく、人材紹介会社からのメールも届きます。

特に人材紹介会社からのスカウトメールの場合、掲載されていない非公開求人を紹介してくれるものも多く、通常では知ることができない求人にも出会えます。

ミドルの転職のデメリット

・転職者に求められるレベルが高い
・紹介会社を利用する場合は別途登録が必要

転職者に求められるレベルが高い

ハイクラス求人であればあるほど、転職者に求められる経験・スキルも高いものになります。

例えば営業管理職募集の場合、当然のようにマネジメント経験は必要ですし、戦略策定のための競合分析やチームビルディングなどのスキルも必要とされるかもしれません。

入社後も即戦力として高いレベルの成果を期待されるでしょうし、チャレンジングな転職を望まない方にとっては厳しい環境になるはずです。

紹介会社を利用する場合は別途登録が必要

エン・ジャパンが保有する求人ではなく、人材紹介会社が保有する求人に応募する場合は、別途紹介会社に登録する必要があります。

その場合は紹介会社と電話やメールでコミュニケーションを取る必要があり、状況に応じて面談のために紹介会社を訪問しなければならないかもしれません。これらの対応については紹介会社によって異なりますので、個別に問い合わせてみてください。

なお紹介会社の求人に関してはミドルの転職を運営するエン・ジャパンの管轄外であるため、エン・ジャパンに問い合わせをしても回答を得られない可能性があります。ご注意ください。

ミドルの転職はどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
3.36
求人をたくさん見たい
(5.0)
在職中の転職
(5.0)
第二新卒
(1.0)
自分のペースで転職したい
(4.0)
初めての転職
(1.0)
IT・WEB・エンジニア
(5.0)
医療関係
(4.0)
福祉関係
(2.0)
アパレル関係
(2.0)
大手
(5.0)
地方
(3.0)

サービス特性上、初めて転職したい方や第二新卒の方にはあまり向かないサイトかもしれません。

しかし多くの求人を見たい方や大手志向の方、レア求人を探したい方にとっては魅力的なサイトです。

またIT・WEBなどに関しては、非公開の開発案件や『Apple Japan』『日本アイ・ビー・エム』といった超有名企業も掲載されています。なかなか転職サイトではこうした企業の求人には出会えません。

ぜひご自身の転職プランに合わせて、上手にミドルの転職を使っていただければと思います。

またミドル層におすすめの転職サービスは、こちらの記事でもランキング形式で紹介しています。

ミドル層におすすめの転職サイト・エージェントランキング