転職に伴う引っ越しはどのタイミングがベスト?転職から引っ越しまでの流れと注意点とは

転職と引っ越し

住んでいるところと転職先が遠い場合、「先に引っ越しておいた方がいいのか」「どんな流れで引っ越しをすすめたらいいのか」分かりませんよね。

転職と引っ越し、2つ人生の大きな分岐点を目の前にして「どこから手を付ければいいのか分からない…」と不安と方も多いはずです。

  • 転職と引っ越しのタイミング、どっちが先?
  • どんな順番で引っ越しを進めればいいの?
  • 準備すべきことは何?

この記事では、転職と引っ越しを同時に進める際に気になる、こんな疑問にお答えしていきます。

引っ越し準備をしっかり行って、気持ちよく新生活をスタートさせましょう!

転職と引っ越しのタイミング どっちが先?

引っ越し準備は内定後に行うのが基本です。

時間や金銭面や精神面から考えても内定後に引っ越すことが理想でしょう。

内定後の引っ越しがおすすめできない理由

内定前に引っ越しても新居に近い企業で働けるとは限らない

内定前に引っ越しをおすすめできない主な理由は新居から会社が高いとは限らないということです。

例えば、東京都で働きたいと考えて先に引っ越したとします。転職活動を進めるうちに、埼玉で行きたい企業がみつかったらどうしますか?

東京からも通えなくはないですが、毎日2時間も電車に揺られて出勤するのは金銭的にも精神的にも辛くなってしまうでしょう。

新居のために希望の就職先を諦めるなんてこともしたくないですよね。

働く場所がはっきりと決まるまでは、引っ越しは避けた方がよいでしょう。

無職の状態で契約することになるため入居審査に通らない可能性もある

退職してから引っ越しした場合、収入面での不安から入居審査に通らない場合があります。

特に前職での勤務年数が短い場合は審査が厳しくなるようです。

無職の状態でも大家さんに貯金通帳を見せて納得してもらったという方もいるようですが、自分の貯金額に自信がない方はきちんと職が決まってから新居を探すことをおすすめします。

転職活動で疲れているとき新居だと落ち着かない

転職活動中は精神時に参ってしまう時期があります。努力しているのに不採用しか出ないとき、どうしても落ち込んでしまいますよね。

転職活動に疲れたとき住み慣れた家だとリラックスできます。

逆に家に帰った時に、荷ほどきも終わってない・家具もそろってない状況だと心が落ち着きません。

引っ越しの初期費用で貯金が減ってしまう

転職活動中は交通費にスーツ代など意外とお金がかかります。さらに転職活動がどのくらいで終わるのかは予想ができないため、ある程度の貯金は用意する必要があるでしょう。

内定が決まらないまま引っ越しをしてしまうと、転職活動に必要な貯金を少なくしてしまいます。収入の目途が立たないまま引っ越ししてしまうと、家賃が払えなくなる可能性もあるでしょう。

転職活動費が出せなくなって、仕方なく入れそうな企業に就職していしまっては元も子もありませんね。

【例外】内定前に引っ越しをしてもいい場合とは

基本的には転職先が決まってから引っ越すことがおすすめですが、例外もあります。

現在地方に住んでいて、東京や都市での勤務を希望している場合は、内定前でも先に引っ越しをした方が金銭的に負担にならないこともあります。

採用試験や面接のたびに出向くのは時間もお金もかかります。転職活動時の交通費より、家賃を払った方が安上がりな場合は内定前の引っ越しもOKです。

注意!内定前に引っ越す場合は面接会場へのアクセスがいいか確認しておきましょう。

また、内定が決まった後にもう一回引っ越す可能性もあるので、家賃は高すぎないところにしておきましょう。

内定してから引っ越しまでの流れ

内定が決まってから引っ越しをする場合の基本的な流れについて確認します。

実際に引っ越しをするとなるとかなりバタバタするので早めの行動が大切です。

①入社日を確認する

企業によっては入社前研修を行うことあります。

研修や入社前訪問が引っ越し日と被らないように入社日の確認を行ってください。

②引っ越し日を決める

勤務先と入社日が決まったら、初めに引っ越しの日を決めましょう。

遅くとも入社の1週間前には引っ越しが完了していることが理想です。

引っ越ししたら荷物を整えたり、買い足しも必要になるでしょう。

入社してからは覚えることが多く慣れない環境も大変ですので、自分の生活には余裕をもっておくと安心です。

引っ越し業者への連絡は退職前であっても、採用が決まった瞬間に行ってください。

退職の手続きや役所の手続きなどがあり、引っ越し後回しにしがちですが、3月や9月は引っ越しシーズンのためどこの引っ越し業者も予約でいっぱいです。

早めに準備をしましょう.

③退職の意思を伝える

転職先が決まり引っ越しも決まったら、退職の意思を伝えましょう。

退職が決まってから引っ越しの日を決めるのもなしではないですが、もしぎりぎりまで働いてから転職となった場合に引っ越しに使う時間の余裕がありません。

また、引っ越し日が決まっていることも伝えると退職がスムーズにいくことが多いので先に引っ越し日を決めておくのがいいでしょう。

退職してから転職先へ入社期間する期間は1か月程度が目安です。

1か月もあるとのんびりしていると、引っ越しの準備や手続きであっという間に終わってしまうので注意しましょう。

④ライフラインの手続きをする

最初に完了させておきたいのが、電気・ガス・水道・インターネットの手続きです。

「引っ越したはいいけどガスの手続きが終わってなくてお風呂に入れない…」ということがないように、すぐ使えないと困るものは早めに完了させておきましょう。

特にガスの開栓するときには立ち合いが必要となります。事前にガス会社に連絡して、日にちを決めましょう。

⑤転居届の手続きをする

転出届は引っ越し後2週間以内にしなければいけません。

役所はほとんど平日しかやっていないので、入社してからは時間が取りにくいので時間に余裕があるうちに済ませておく必要があります。

⑥その他の住所の引継ぎ

郵便物やクレジットカードなどの重要な郵送物が新居に届くように住所変更を行います。

住所変更をしなければいけないリストを作って確実に行うとよいでしょう。

引っ越し前に確認するべき3つのこと

家賃補助の申請が必要かどうか確認する

企業によっては福利厚生で家賃補助をしていることもあります、補助を受けるためには事前に申請が必要な場合もあります。転職先に確認しましょう。

退去の連絡をする

新居の準備を進めることも大切ですが、今の住所の退去の準備も進める必要があります。

退去の連絡が遅れると1か月余計に家賃を払わなければいけなくなることもあるので注意しましょう。

退去の連絡は1か月前が基本です。退去を伝える時期については契約書類に書かれているので確認してください。

社宅や社員寮がないか確認する

社員寮や社宅があれば会社の近くに格安で住むことができます。

食事がついてくる可能性もありますので、はっきりとした収入が分かるまでは社宅に住むことも視野にいれてよいでしょう。

社宅や社員寮は敷金礼金がかからないため金銭的にも余裕を持てます。

内定が決まってから入社日まで余裕がない場合は、一旦社宅を利用して生活が落ち着いてから新居を探すことで満足に家探しができるでしょう。

部屋探しに余裕が持てれば、家賃交渉や仲介手数料交渉もできる可能性もあります。

社宅がなくても、会社に繋がっている不動産があれば、敷金礼金などの初期費用が比較的安く済むこともあります。

転職先に問い合わせてみてもよいでしょう。

引っ越しをするときの注意点

転職と引っ越しを同時進行させない

転職を引っ越しも人生の大きな決断です。両方を一緒に進めないで最初は転職活動に集中し、内定が出てから引っ越し先を決めましょう。

別々に進めた方が納得のいく結果を得られますよ。

入社日を焦らない

転職先から「できるだけ早くうちで働いてほしい」と言われるかもしれません。

ありがたいお話ですが、入社日を焦らないようにしましょう。

引っ越しが完了しても荷ほどきや手続きなど、やるべきことは沢山あります。

準備が不完全なまま、新しい仕事をスタートさせてしまうと、仕事にも支障が出てしまうかもしれません。

準備が完全にできてから余裕をもって新しい仕事をしましょう。

引っ越し代の見積は複数社に依頼しよう

1社だけで決めてしまうと、相場より高い引っ越し費用になってしまい損する可能性があります。

転職活動や新しい生活の準備で貯金も使っているかと思います。できるだけ引っ越し費用は抑えたいですよね。

複数社に見積もってもらいお得に引っ越しをしましょう!

まとめ

  • 基本的に内定をもらってから引っ越しの準備をする
  • 入社日(研修日)と引っ越しの日が被らないように注意する
  • ライフラインや役所の手続きは早めに完了させる
  • 退去の連絡も早めに行う
  • 社宅や社員寮を使う・見積もりは複数社に依頼するなどして費用を抑える

転職活動が終わったと思ったら引っ越し準備…と大変ですが、以上のことを準備して新生活をスタートさせましょう!