試用期間の退職は転職に不利になる?転職活動でどう説明すべき?

試用期間の退職は転職に不利になる?転職活動でどう説明すべき?

試用期間は1〜3ヶ月「会社との相性を確認する期間」として多くの会社が導入している制度なのですが、試用期間に退職したいと感じている人は多いです。

しかし「転職活動で不利になるんじゃない?」と退職後の転職活動を気にする人が多いので、この記事では試用期間に退職した場合の転職活動について詳しくご紹介します。

試用期間に転職したい理由って?よくあるケース

試用期間に「転職したい」と思っている人は多くいます。

試用期間とはいえ、その会社の一員として働くため不満に感じることは出てきます。

よくある理由は下記の通りです。

想像していた仕事内容と違った

試用期間で辞めたいと思う人は「想像していた仕事内容と違う」という理由が多いです。

企業研究やインターンなどで会社のことを知る機会はあると思うのですが、実際に入社して働いてみると想像していたものと違う場合があります。

いくら企業研究などをして会社のことを調べても、実際に入社するのとは想像できる仕事内容も感覚も違います。

しかし入社するまでに会社の詳しい仕事内容までを知ることは難しいため、試用期間で退職したいと思うことが増えるのです。

上司の人間性に問題があった

上司の人間性に問題があった場合も試用期間で辞めたいと思うことが多いです。

人には向き不向きがあるため必ずしも上司と気が合うかどうかはわかりませんし、もし気が合わなくても「上司を変えてください」ということはできません。

その会社で働く以上その上司の元で仕事しなくてはいけないため、試用期間でも退職したい思います。

給与が当初聞いていた金額と違う

入社する前に「給与」を聞かされると思います。

その給与でも良いと思い入社したにも関わらず、実際聞かされていた給与と違う金額だった場合会社を辞めたいと思うでしょう。

給与は試用期間でも同様に支払われるため、試用期間が終わるまでの我慢ということでもありません。

しかし会社によっては「本採用」されるまでの給与は低く設定されている場合があるので、一度確認するようにしましょう。

単に仕事が面倒くさくなった

入社するまでは「仕事頑張るぞ」と思っていたのにも関わらず、いざ入社すると「面倒くさいな」と思い辞めたい思うことも少なくありません。

上記でもお伝えしましたが、イメージと実際に働くことは全くの別物です。

特に試用期間だからこそ、より面倒くさいという気持ちが高まる場合もあります。

試用期間の退職は転職に不利になる?

試用期間中に退職すると転職活動に影響があるのか気になると思います。

もし転職することが不可能に近くなるのであれば、我慢をして働くという選択肢を選ぶ方もいるでしょう。

試用期間に退職した場合の転職活動についてご紹介します。

短期退職なので転職活動で不利になる

上記でもお伝えしましたが試用期間は入社から「1〜3ヶ月」設けられることが多いです。

そのため「1〜3ヶ月」の間で辞めたということになり、転職活動では不利になります。

転職先となる企業にも「またすぐ退職するんじゃない」と思われ、なかなか採用されないことが多いです。

基本的に試用期間に辞めることは「短期退職」とみなされることが多いため、転職活動では不利になります。

忍耐力がない人とみなされる可能性がある

短期退職した人が採用されにくい理由は「忍耐力がない人」とみなされる可能性が高いからです。

忍耐力がないということは、転職先でもすぐに辞める可能性が高いということになります。

転職先の企業は数字でしか判断することができないため、いくら忍耐力のある人でも短期退職は採用されにくいです。

職場に溶け込めない人とみなされる可能性がある

もう1つ考えられる理由が「職場に馴染めない人」とみなされる可能性が高いからです。

短期で仕事を辞めるということは、会社の中で馴染めていなかったという捉え方もできて、その人を採用することにより会社内で余計なトラブルが発生すると思われます。

企業は新しい人材を採用してトラブルになることは避けたいため、採用される可能性が低くなります。

ブラック企業だからやめた場合はまだ救いようがある

ブラック企業の試用期間で仕事を辞めた場合は、転職活動が不利にならないこともあります。

ただしそれを判断するのは転職先の企業です。

「ブラック企業なら退職しても仕方ない」と思ってくれる企業と「ブラック企業だからといって試用期間に辞めるのは早すぎる」と思う企業もあるため、100%不利ではないと言い切れません。

しかしブラック企業で我慢して働く必要はありませんので、転職活動のことを気にせず退職することをおすすめします。

転職期間中の収入がなくなり金銭的に不利になることも

試用期間に退職するということは、会社を辞めてから転職活動を始めることになります。

そのため転職期間中の収入がなく、金銭的に不利になる場合があります。

転職サイト・エージェントは無料で利用することができますが、「生活費」「交通費」などを必ず必要になっているお金があるため、転職どころではなくなることもあるでしょう。

試用期間に退職を伝える時はどうすればいい?

試用期間に退職する旨を伝える場合は特別な手続きをする必要はありませんし、退職届を出す必要もありません。

しかしいくつか注意するポイントがあるので、下記の内容を参考にしてみてください。

上司に口頭で伝える

試用期間中に退職する場合は上司に口頭で伝えましょう。

伝えるときは上司と2人きりの空間で強い意志を持つことが大切で、試用期間とはいえ退職を引き止められる可能性があります。

一度退職する旨を伝えてから引き止めに応じることには基本的に良いことがありませんので、意志を貫きましょう。

口頭で伝える場合でも退職届を用意する必要はありません。

電話やメールのみの報告はトラブルの元

電話やメールで退職すると伝えることは法律上問題ないのですが、退職後トラブルになる可能性があるので辞めておきましょう。

さらにビジネスマナー的にも口頭で伝えることが常識です。

退職する旨を伝えることは言いにくいことかもしれませんが、転職後のトラブルを防ぐためにも口頭で伝えるようにしてください。

試用期間は相性を見る期間なので遠慮することはない

上記でもお伝えしているように、試用期間は「会社との相性を見る期間」になるため遠慮する必要はありません。

「せっかく採用してくれたのにな…」と思いますが、試用期間が終了して本採用してから退職する方が会社的には迷惑です。

しっかりと手続きをして退職すれば、遠慮することはないです。

試用期間に退職したことを印象よく説明する方法

試用期間に退職したことを転職活動で聞かれた際には、「できるだけ印象よく説明したい」と思います。

その場合は「ポジティブ」な退職理由を伝えましょう。

「人間関係が上手くいかなかった」「思っていた仕事ではなくてやる気をなくした」などネガティブな退職理由は良い印象を与えることができません。

ただし嘘の退職理由を伝えるのはいけませんので、ネガティブな退職理由でも前向きに伝えるようにしてください。

試用期間中に退職しても職歴は履歴書に書く?今後のキャリアに与える影響は?

試用期間に退職したらすぐに転職活動を!対策は?

上記でもお伝えしましたが試用期間の退職は転職活動にも影響が出ますし、転職先に入社するまで「無職」の期間が続きますので、すぐに転職活動をスタートさせることが大切です。

そして「転職エージェント」を利用することも大切で、利用することにより希望している企業に転職しやすくなります。

さらに転職サポートも行ってくれるため、転職活動が早く終わりやすいです。

試用期間中に退職した人に向いている転職エージェントは下記でご紹介しているので、参考にしてみてください。

退職後に転職先を見つけたい人向けの転職エージェント

転職エージェントは国内に数多くあるのですが、自分に合っているものを利用しなければ転職は上手くいきません。

ただ使えば良いというものではありませんので、下記の転職エージェントを参考にしてみてください。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは業界トップクラスの知名度を誇っている転職エージェントになっています。

コンセプトは「未経験から正社員就職支援」と謳っているため、短期退職した人でも関係なく採用してくれる企業を多く抱えており、その企業の求人を紹介してくれます。

そのため早く採用してもらうことができる可能性が高いです。

さらにハタラクティブのアドバイザーは「面接対策」「書類添削」「自己アピールのコツ」など転職がスムーズに進むようにしっかりサポートしてくれるため、初めて転職活動を行う方でも安心です。

ハタラクティブ詳細ページ

就職shop

就職shop

就職shopは「株式会社リクルートキャリア」が運営する転職エージェントになっているため、高い信頼性があります。

ハタラクティブ同様に20代や未経験の方をメインに転職支援を行っているので、試用期間で退職された方でも採用してくれる企業の求人を多く取り扱っています。

さらに「就職支援」も行っているため、他社よりも志望動機や面接などのサポートは手厚いです。

そしてアドバイザーの方は転職活動のことだけではなく、将来のことについても相談に乗ってくれるため利用者からの評判は良いです。

就職shop詳細ページ

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは主にハイクラスの求人を取り扱っています。

30代〜50代の転職することが難しいと言われている年代のサポートも行っているため転職支援経験は豊富で、アドバイザーも親切にサポートしてくれます。

なかなか採用してくれる企業が見つからなくても熱心に諦めることなくサポートしてくれるため、短期退職が気になる方でも安心です。

上記では主にハイクラスの求人を取り扱っているとお伝えしましたが、20代求人や一般社員の求人も取り扱っています。

3つの転職エージェントをお伝えしましたが、大切なことは「自分に合っている」ということです。

登録することも求人紹介してもらうことも一切料金はかかりませんので、上記3つの転職エージェント全てに登録することもおすすめです。

JACリクルートメント詳細ページ

試用期間で区切りをつけて希望通りの転職を成功させよう

試用期間は会社との相性を確認する期間でもあるため、退職したいと思った方は遠慮なく退職して転職しましょう。

「まだいいか」「もう少し頑張るか」と思い、退職を先延ばしにしてしまうこともあると思いますが、試用期間で区切りをつけることが大切です。

ただし試用期間での退職は転職活動に影響が出るため「すぐに転職活動をスタートさせる」「転職エージェントを利用する」というポイントを抑えて希望通りの転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件