7月に転職を始めよう!転職の対策と時期の特徴を解説!

7月に転職を始めよう!転職の対策と時期の特徴を解説!

7月は夏のボーナス後の時期にあたります。

「ボーナスをもらってから転職しよう…!」と考えている方もいるのではないでしょうか?

ですが、7月に転職を始めたとして、果たして転職が成功するのか不安になってしまう方もいるはず。

そこで今回は7月に始める転職活動にフォーカスして、7月の転職の傾向から対策まで詳しく解説します!

5分程度で読み終わる内容ですので、そこまで時間はかかりません!

目次

7月は企業の採用意欲が始まる時期!

7月は企業の採用意欲が高まり始める時期であることをご存知ですか?

7月は様々な理由から、企業側の中途採用者の採用意欲が高まり始める時期なんですよ!

理由は以下の3つです。

  • 6月に退職した人員を補充しようと企業の採用意欲が高まる
  • 夏のボーナス後だから転職意欲が落ち着くのでライバルが少ない
  • キリの良い10月の採用に向けて企業が動き始める
  • 新卒採用が落ち着いてくるので企業の人事が動きやすい

以下で詳しく解説します。

6月に退職した人員を補充しようと企業の採用意欲が高まる

6月といえば、夏のボーナス支給時期です。

一般的に転職者は、ボーナスをしっかりもらってから転職する傾向にあります。

そのため、6月は企業内で転職を理由に社員が退職してしまい、人員不足が起こりやすくなります。

企業は人員不足が生じたまま業務をすすめるのは、パフォーマンスが落ちてしまいマイナスな面につながってしまいますから、すぐにでも人員を補填したい所ですよね。

以上のような理由から、ボーナス支給後の7月に企業の採用意欲が高まるのです。

7月に採用意欲が高まっている企業は早期に選考を終わらせたいため、スピーディに採用活動をすすめてくれる可能性が非常に高いのです。

夏のボーナス後だから転職意欲が落ち着くのでライバルが少ない

夏のボーナスが転職時期の傾向に与える影響は、企業内だけではありません。

夏のボーナス後は転職活動が落ち着く傾向にあるため、同じく転職をするライバルが減ります。

ご存じの方も多いでしょうがボーナスは勤続期間や成績を考慮して査定されますので、転職してすぐには受け取れません。

ライバルが減ると、求人に対する応募数も減りますから、転職活動をスムーズに進めやすくなるのです。

キリの良い10月の採用に向けて企業が動き始める

通常、転職にかかる時間は3ヶ月程度と言われています。

そのため、企業はキリの良い10月の採用を目指して動き始めます。

本格的に採用活動が始まるのは8月後半~9月ですが、7月から徐々に動き始める企業もあります。

10月は企業の下半期にむけて人事異動が行われますので、中途採用を行うのにはちょうどいい時期です。

新卒採用が落ち着いてくるので企業の人事が動きやすい

どの企業の人事部においても、新卒採用の時期は一番本腰を入れて動く一年の中でも特に忙しい時期に当たります。

そのため就活の解禁される3月から就活がひと段落する6月までは、採用担当者は新卒採用に集中しているため中途採用を行わない企業もあるのです。

しかし就活がひと段落する7月以降は人事部も手が空いてきますので、上でも紹介したように10月の採用に向けて本腰を入れやすくなるのです。

7月以降の求人の特徴は「経験者重視」

中途採用は年間を通して行なわれていますが、やはり時期に応じて求人に特徴があります。

7月の求人の特徴は「経験者重視」と言われています。

ではなぜ、7月の求人は経験者重視と言われるのでしょうか?

理由は3つあります。

  • 下半期に入るので即戦力を必要とするから
  • 未経験者よりも教育にかかるコストが少ないから

以下で詳しく解説します。

下半期に入るので即戦力を必要とするから

7月に転職を始めるとなると、早期選考による7月内の入社と、10月の入社のパターンの入社時期があります。

しかし、両方とも下半期に入る時期にかかりますから、できるだけパフォーマンスに優れた人材を企業は欲します。

そのため、7月以降の転職は経験者重視の求人が多く出される傾向にあるのです。

未経験者よりも教育にかかるコストが少ないから

経験者は未経験者を採用するよりも、教育にかかるコストが少ないです。

一般的に入社後には社内研修が行なわれますが、未経験者だとそれにプラスして専任で1人社員をつけて教育しなければならないため、人的コストも時間的コストもかかります。

コスト削減の観点からも、経験者の採用を狙う企業が多いのです。

未経験採用を狙って転職するなら4月入社を狙うのがおすすめ

もしも未経験での転職をしたいと考えているのであれば、4月入社を目指して転職活動を行うことをおすすめします。

4月は年度も代わり、新体制が始まるため未経験の採用をする企業も増えるのです。

特に違う業界への転職を検討している方は狙い目です。

その時期を外してしまうと、未経験の求人は限られてしまいますから気をつけましょう。

7月の転職開始向けの転職対策

7月の転職時期の傾向や求人の特徴について理解が深まったら、7月に転職をする方向けの転職対策をしっかりと把握して転職活動に備えるようにしましょう。

7月に転職を始める方が取るべき転職対策は以下の3つです。

  • 3ヶ月程度かかると見込んで転職の計画を立てる
  • 自分の在籍している業界への転職を検討する
  • お盆期間を挟まないように転職スケジュールを立てる
  • 転職が活発化する前の時期に転職支援サービス利用を始める

以下で詳しく解説します。

3ヶ月程度かかると見込んで転職の計画を立てる

一般的に転職には3ヶ月程度かかると言われています。

そのため、3ヶ月先を見込んだ転職計画を7月中に立てておきましょう。

転職には事前の分析やリサーチ、企業へ提出する書類の作成や面接練習が必要です。

段取りを事前に考えておいて、それに沿って転職をするようにしましょう。

もしも7月に求人を出している企業で、7月中の入社が条件になっている場合は、一日刻みの計画を立てる必要がありますので気をつけましょう。

自分の在籍している業界への転職を検討する

上の項目でもお話したとおり、7月に始める転職では経験者が優遇される傾向にあります。

そのため、自分の在籍している業界での転職を検討しておくことをおすすめします。

転職では就職と同様に業界分析が必要になりますので、同じ業界であれば業界分析に時間をかけなくても済むという利点もあります。

お盆期間を挟まないようにスケジュールを立てる

7月から転職活動を始める際に注意していただきたいのが、転職のスケジュール調整です。

7月に転職活動を本格的に始めるとなると、スムーズに進めると8月初旬から採用選考に参加する人も出てくるでしょう。

しかし8月にはサービス業以外の企業は、大体がお盆休みで1週間程度休業してしまいます。

書類選考をお盆前に設定してしまうと、企業に書類が届いて目を通してもらう過程でお盆期間に入ってしまい、選考結果が届くのが遅れてしまいます。

転職では選考結果が届く時間をできるだけ短くして、効率的に動く必要がありますからタイムロスが発生してしまうのはできるだけ避けたいですよね。

スムーズな転職活動をするためにも、決定連絡が発生するイベントをお盆期間付近に設定しないようにしましょう。

転職が活発化する前の時期に転職支援サービス利用を始める

7月は転職意欲が落ち着いている時期ですから、転職支援サービスの利用も落ち着いてきます。

落ち着いている時期にサービス利用を開始すると、レスポンスや相談がしやすく、綿密なサポートを受けられる可能性が高くなります。

特に転職エージェントの利用を検討している人は、この時期にサービスに登録しておいて面談を事前に行っておくことをおすすめします。

事前に情報共有や求人紹介を受けていると、その後の書類選考や面接の際のサポートを受けやすくなります。

また転職エージェントでは、企業の情報を多く保有していますから、情報収集にも活用できます。

7月に転職を始める人が注意すべきポイント

7月に転職を始めることは様々な点においてメリットや対策法がありますが、もちろん転職をするにあたって注意しておくべきこともあります。

以下で詳しく解説します。

8月には転職市場が落ち着いてしまう

7月以降に企業は採用意欲が高まり始めますが、8月に一旦採用活動が停止してしまいます。

8月はお盆休みがあり、どの企業もお盆休みには営業を停止します。

8月に採用活動を始めてしまうと。お盆休みで一度ストップしてしまうのです。

採用活動は数週間に渡って行なわれますから、企業側としては休みを挟んで採用活動を行うことを避けます。

そのため、8月は一旦企業の採用意欲が落ち着いてしまうのです。

採用意欲が落ち着いている時期は転職が思うように進まないこともありますから、8月は避けるようにしましょう。

10月入社よりも前に入社することになるかも

7月に転職活動を始めると、一般的には10月に入社することになりますが、企業の都合によっては入社時期が前後する可能性があります。

企業の属している業界によっては、10月に繁忙期に入ることもありますから、それよりも前に入社してもらいたいと考える場合もあります。

7月に転職活動を始めたからといって、必ずしもぴったりに入社できるわけではありませんから柔軟に対応できるようにしておきましょう。

未経験での転職は厳しい傾向

何度もお伝えしている通り、7月以降に掲載される求人は経験者を求めているものが多いため、未経験者がこの時期に転職をするのは難しいとされています。

年中未経験可の求人を出している企業もありますが、業界が限られてきますので注意が必要です。

7月の転職開始におすすめな転職エージェント

ここでは7月の転職開始に活用できるおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

どちらも求人数が豊富で、転職業界の中でも大手企業が運営していますので、安心して利用することができます。

それぞれターゲットが異なるので、自分に合ったサービスを利用してくださいね。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職専門のエージェントサービスです。

転職に関する相談から求人紹介、内定後のサポートまで包括的に行ってくれます。

求人紹介料、転職支援サービス利用料ともに無料ですので、安心して利用できます。

豊富な求人数と様々な業界を網羅的に掲載

リクルートエージェントは転職業界の中でもトップクラスの求人を誇っています。

豊富な求人数もさることながら、業界を限定せず様々な求人を紹介していますので、選択肢が増えます。

また全国の求人を取り扱っており、拠点も各地にありますので地方の方でもサービスを利用することができます。

初めての転職でも安心して任せられるコンサルタントが在籍

リクルートエージェントはこれまで多くの転職者の転職をサポートしてきた実績から、サポートのノウハウを非常に多く保有しています。

そのため転職活動が初めてでもサポートできるコンサルタントも揃っています。

初めての転職で不安を抱えている方でも、安心して利用できます。

詳細はこちら

マイナビエージェント

【女性の転職】マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビの運営する転職専門のエージェントサービスです。

マイナビもリクルートと同様に大手の企業です。

20代の若手社員のサポート実績が豊富

マイナビはご存知のかたもいらっしゃるでしょうが、新卒採用のサービスも提供しています。

そのため若い人材のコンサルティング力やサポート力が高く、20代の若手社員の転職のサポート実績が非常に豊富です。

20代の転職で生じる悩みや問題に対して、丁寧にサポートしてくれますよ。

豊富な求人数を保有している

マイナビエージェントはリクルートエージェントト同様に、求人数を豊富に保有しています。

求人数が多いことで、より自分に合った求人を探しやすくなります。

詳細はこちら

ハイキャリア採用!ビズリーチ

ビズリーチ

インパクトのあるテレビCMでもおなじみのビズリーチは、ハイキャリア転職専門のエージェントです。

上2つとはサービスの内容が異なり、有料会員にならないと本格的にサービスが利用できませんが、転職を機にステップアップしていきたいと考えている人は必見です。

ヘッドハンターから求人の紹介を受けられる

ビズリーチはマイナビエージェントやリクルートエージェントとは異なり、有料会員制の転職エージェントです。

通常の転職エージェントでは紹介されないような条件の良い求人を紹介してもらえるほか、書類選考対策や面接指導を受けることもできます。

企業の特色に合わせたサポートも受けられるので、応募先に絞った転職対策ができます。

内定まで面倒を見てもらえるので、転職活動に不安がある方は必見です。

企業の採用意欲の高いプラチナスカウトを受けられる

ビズリーチでは企業からの直接アピールであるスカウト制度を導入していますが、その中でも採用意欲の高いプラチナスカウトも受けられるのです。

企業の採用担当者がプロフィールを確認し、「ぜひ選考に参加してほしい!」という人にのみ送られてきますので、採用意欲が高く内定により近い選考会に参加できるのです。

詳細はこちら

7月入社を目指すなら余裕を持って4月から転職活動を始めよう

7月入社を実現する方法として、記事の上部では7月の早期内定を検討している企業へ応募することを紹介しました。

しかし7月に応募して7月に内定を獲得するのは、スケジュールが厳しくて難しいという方もいるでしょう。

7月に入社するために余裕を持った転職をしたい方は、4月に転職を始めるようにしましょう。

4月からの開始であれば、3ヶ月空いていますので、自分の仕事の都合と照らし合わせながらスケジューリングできます。

7月の時期の特徴と転職対策を掴んで、内定を成功させよう!

いかがでしたか?

7月は経験者重視の求人が多く掲載される時期ですので、同じ業界内の転職では非常に有利です。

他の転職者の動きも落ち着いている時期でもありますから、この時期に活動を初めて周りと差をつけるようにしましょう。

7月特有の注意点もありますから、事前に確認して注意しておくようにしましょう。

今回この記事で紹介した7月の転職対策を参考に、7月から始まる転職を有利にすすめていきましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件