とりあえず3年働いてから転職するべき?3年以内に転職する方法と注意点

とりあえず3年働いてから転職するべき?3年以内に転職する方法と注意点

社会人として転職を考えている方は、「とりあえず3年」という言葉をを耳にする機会が多いと思います。

離職率が高い日本では「とりあえず3年働くべき」という風潮があるのですが、本当に3年間働いてから転職するべきなのでしょうか?

この記事ではとりあえず3年という言葉について解説します。

3年働くべき人と3年以内でも転職すべき人の特徴もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

「とりあえず3年」と言われる理由

社会人の方ですと、「とりあえず3年」という言葉は聞いたことがあると思います。

しかし、「3年働いてから転職したほうが良い」という根拠はどこにもありません。

そこでとりあえず3年と言われることが多い理由として考えられるものをいくつかご紹介します。

一人前の社会人になるには3年かかる

一般的に新しい環境で最大限の力を発揮できるようになるには、3年かかると言われています。

言い方を変えると、一人前の社会人になるには3年かかるということです。

1年目にビジネスマナーや仕事内容を覚えて、2年目に基本的なことを1人でできるようになり、3年目で自分から仕事をできるようになります。

そのため新人研修のサイクルを3年と決めている企業は多いです。

ただし、一人前の社会人になるまでに3年かかるという根拠はありません。

あくまで「一般的」ということを忘れないようにしてください。

入社3日目で退職して大丈夫?次の職場は見つかる?

企業側の希望

とりあえず3年と言われるようになったのは、「少なくても3年は働いてほしい」という企業側の希望ということが考えられます。

企業にとって3年以内に辞められることは、会社のイメージダウンにつながることで、研修費用を回収できません。

特に企業の評価基準として「離職率」は重要視されることが多いため、3年以内で辞められることは避けたいと考えています。

上司や会社から「とりあえず3年は働こう」と言われるのは、上記の理由がほとんどでしょう。

退職金をもらうことができない

とりあえず3年と言われるのは、退職金をもらえないことが理由だと考えられます。

退職金の「減額率」が企業によって定めることができて、法律では定められていません。

一般的には勤続年数によって減額率が定められていて、「入社3年」を一区切りとしている企業が多いです。

入社3年を一区切りにしている企業では、退職金がもらえません。

このような理由からとりあえず3年は働くべきと言われるようになったと考えられます。

3年目で仕事に向いていないと感じる人向けの8つの転職判断基準

3年以内でも転職すべき人の特徴

「とりあえず3年」と言われている理由をいくつかお伝えしました。

しかし根拠がないため、必ずしも3年働く必要はありません。

特に下記の特徴に当てはまる方は、とりあえず3年という言葉を気にせずに転職するべきです。

現在の仕事にやりがいを感じない人

現在の仕事にやりがいを感じていない人は、3年以内でも転職すべきです。

「一人前になるまでは3年かかる」とお伝えしましたが、1年目からでもやりがいは感じます。

反対に3年以内でやりがいを感じない仕事を5年、10年と仕事を続けても感じない可能性が高いです。

また「やりがいを感じない」と思っている人ほど、仕事に対して前向きです。

そのため転職した方が仕事もプライベートの充実すると思います。

やりたいことがある人

「やりたいことがある」と思っている人は、今すぐにでも転職すべきです。

入社したタイミングではやりたいことがなかったものの、働いているうちに見つかる方は多いです。

やりたいことがあるにも関わらず、現在の仕事を続けていると後悔することになります。

転職市場では年齢が若ければ若いほど優遇されやすいため、3年以内でも転職するべきです。

転職したいけど何がしたいかわからないときの適職発見法!

会社や職場に不満を感じている人

現在の会社や職場に不満を感じている人は、3年以内でも転職すべきです。

「入社して3年も経っていないのだから、不満に感じることもある」と言われるかもしれませんが、3年以内で感じていれば年数を重ねる度に気持ちは高まるとも考えられます。

反対に4年目から不満に感じなくなることの方が考えにくいと思います。

ただし自分の行動次第で解決できそうな場合は、しっかりと考えるようにしてください。

とりあえず3年は働くべき人の特徴

3年以内でも転職すべき人の特徴をお伝えしましたが、転職すべきではない人も存在します。

3年は働くべき人が転職してしまうと、後悔してしまう可能性が高まります。

下記の特徴に当てはまる方は、とりあえず3年は働くことをおすすめします。

働くことに対して前向きではない人

働くことに対して前向きではない人は、とりあえず3年は働くべきです。

その理由は転職しても同じ感情を抱くことになるからです。

会社や職場に不満を感じている場合は転職することで仕事に対する気持ちが変わると思いますが、そもそも働くことに後ろ向きな場合は転職しても意味がないと思います。

「生活するために働いている」「とりあえず働いている」という方は、転職しないことをおすすめします。

2回以上の転職経験がある人

2回以上の転職経験がある人は、とりあえず3年は働くべきです。

転職市場において回数は重要視されることで、増えれば増えるほど採用してもらえる可能性は下がります。

また短い期間で繰り返していると「また転職する」と判断されて、採用してくれる企業がなくなります。

2度目の転職までは目を瞑ってくれる企業が多いですが、2回以上の場合は転職先が決まらない可能性が高いです。

そのため2回以上の転職経験がある場合は、転職しないことをおすすめします。

20代の転職回数は平均どれくらい?何回まで転職して大丈夫?

3年以内でも転職を成功させる方法

3年以内の転職は「また辞める可能性が高い」と判断されて、不利になることがあります。

そのような状況でも転職を成功させる方法をご紹介します。

3年以内でも成功している方は多くいるので、ぜひ参考にしてみてください。

退職した理由を明確にする

3年以内の転職を成功させるためには、退職した理由を明確にして自分の中で理解することが大切です。

理解していない状態で転職活動を行うと、転職する目的を達成できない可能性が高まります。

また人事に「この人はまた転職する」と判断されることも考えられます。

人事に「もう転職しない」と判断してもらうためにも、まずは自分が退職した理由を理解して退職しない企業への転職を希望することが大切です。

将来のキャリアプランを考える

3年以内の転職を成功させるためには、将来のキャリアプランを明確に考えることが大切です。

将来のキャリアプランを明確にすることで、自分に必要なスキルやどのような企業へ転職すれば良いのかがわかるようになります。

そして面接のときに「〇〇歳にはこのようになり、〇〇歳までにはこうなる」と伝えることができれば、人事からの信頼は高まると思います。

3年以内の転職では辞めることが懸念されるので、辞めないことを伝えるためにもキャリアプランを明確にすることが大切です。

転職エージェントを活用する

3年以内の転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関するサポートをしてくれるサービスです。

具体的なサービスは「求人紹介・面接対策・日程調整・条件交渉・書類添削」などで、登録者1人に対して担当者が1人付くため、1人1人にあったサポートを受けられます。

また将来のキャリアプランも一緒に考えてくれます。転職先が決まっても料金は発生しないので、登録しておいて損はないと思います。

しかし、国内に転職エージェントは数多くあるため、「どのサービスが良いんだろう?」と悩まれると思います。

悩まれる場合は下記の転職エージェントを参考にしてください。

転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば登録してサポートを受けてみてください。

3年以内で転職するときの注意点

とりあえず3年働く必要はないのですが、転職するときはいくつか注意すべき点があります。

転職したことを後悔しないためには、下記の注意点を参考にしてみてください。

辞める癖がついてしまう可能性がある

3年以内に転職すると、辞める癖がついてしまう可能性があります。

少しでも嫌なことや不満に感じることがあると、「退職したい」と感じるようになります。

もし辞める癖がついてしまうと何度も何度も転職を繰り返してしまい、最終的には採用してもらえる企業がなくなります。

癖なので自分では気付かないと思うので、癖つく前に注意しておく必要があります。

生活費に困る可能性がある

3年以内で転職すると、生活費に困る可能性があります。

退職金がもらえないことに加えて、「失業手当」も約2カ月半受け取れません。

失業手当は退職することで受け取ることができる制度なのですが、転職のような自己都合で退職した場合は2カ月間の待機期間を設けられます。

また自己都合の場合は、受け取ることができる金額も少なくなります。

そのため生活費に困る可能性があり、ある程度の貯金が必要になると思います。

とりあえず3年働く必要はない

この記事では「とりあえず3年」という言葉についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?ビジネスの世界では「とりあえず3年は働くべき」と言われることが多いですが、根拠のない言葉になるので無理に3年働く必要はないです。

特に上記でお伝えした特徴に当てはまる人は、3年以内でも転職すべきです。

3年以内でも転職を成功させる方法を参考にして、希望通りに転職しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件