転職が成功する面接マナーとは?面接マナーが大切な理由を解説

転職が成功する面接マナーとは?面接マナーが大切な理由を解説

転職を成功させるためには、面接で好印象を与える必要があります。

転職では面接が一回しか設けられないことが多いため、一回きりの面接で好印象を与える必要があるのですが、「面接マナーがわからない…」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事では転職が成功する面接マナーについて解説します。

面接マナーが大切な理由や転職を成功に導くポイントもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

転職において面接マナーが大切な理由

転職において面接マナーが重要視される理由は、中途採用には研修が用意されていないからです。

新卒で入社した場合は、新入者研修があると思います。

しかし、中途採用の場合は研修が用意されていないため、しっかりとビジネスマナーが身に付いている方を採用する必要があります。

転職においてビジネスマナーの有無を確認できるのは面接で、人事は面接で判断しようと考えていることがほとんどです。

そのため転職を成功させるためには、面接マナーを抑えておく必要があります。

面接前日までに準備すべき面接マナー

面接マナーは当日だけではなく、前日から準備しなくてはいけないことが2つあります。

当日でも良いのですが、前日から準備しておいた方が焦らなくて済みます。

前日から準備すべき面接マナーについて詳しくご紹介します。

マイナスな印象を与えない服装

前日の面接マナーとして、マイナスな印象を与えない服装を準備する必要があります。

マイナスな印象を与えない服装とは、ビジネスマナーに沿っている服装です。

無理にスーツを着る必要はありませんが、「TPO」を意識した服装をすることが大切です。

面接という場を考えると、「リクルートスーツがTPOに合っている」と思われるかもしれませんが、リクルートスーツは新卒のイメージが強すぎるためおすすめしません。

必要な持ち物を準備する

前日の面接マナーとして、必要な持ち物を準備する必要があります。

服装同様に、ビジネスマナーに沿っている持ち物を準備するようにしてください。

最低限必要になる応募書類やボールペンに加えて、印鑑や身分証明書などを準備しておくと、持ち物でマイナスな印象を与えることはないと思います。

到着から入室までの面接マナー

面接当日は意識しなければいけない面接マナーがさまざまあります。

まずは会社に到着してから面接会場に入室するまでの面接マナーを3つご紹介します。

時間に余裕を持って行動する

面接マナーとして、時間を守ることは大切です。

社会人としても当たり前のことなのですが、実際に時間を守れていない方が多いのが実情です。

面接マナーとしては集合時間のぴったりに行くのではなく、最低でも15分前には到着しておく必要があります。

集合時間を守れないと、大幅に印象を悪くしてしまいます。

交通機関のトラブルがあっても時間を守れるように、余裕を持って行動するようにしてください。

会社に入る前にスマホの電源をオフにする

面接マナーとして、スマホの電源をオフにすることが大切です。

マナーモードにしておけばビジネスマナーとしては問題ないのですが、面接マナーとしては電源をオフにしておくべきです。

面接中にバイブ音が鳴ってしまうと、マイナスな印象を与えてしまいます。

また、スマホに手が当たりマナーモードが解除させることも考えられるため、会社に入る前には電源を切っておくようにしましょう。

受付から面接が始まっていると考える

面接マナーとして、受付から面接が始まっていると考えることが大切です。

受付から評価をしている企業は多く、受付の時点で不採用が決まってしまう方も多いです。

そのため受付から面接が始まっていると考えて、明るくハキハキと話すようにしてください。

そして受付する時間は面接予定時間の「5分前」が最適です。

早すぎると企業側が用意できていない可能性が考えられるため、5分前を意識するようにしてください。

入室から退出までの面接マナー

入室から退出までの面接マナーでは、大幅に印象を下げてしまう可能性があります。

上記の面接マナーも肝心ですが、特に入室から退出までの面接マナーには気を付けるようにしてください。

入室から退室までの面接マナーを3つご紹介します。

ノックの回数は3回

面接マナーとして、入室するときのノックは「3回」です。

2回と間違われる方が多いのですが、2回はトイレノックになります。

面接の場でトイレノックをしてしまうことは、大幅に印象を下げてしまいます。

落ち着いてゆっくり3回ノックしてから入室するようにしてください。

正しい椅子の座り方をする

面接マナーとして、正しく椅子に座ることが大切です。

正しく椅子に座るためには、大きく2つ意識することがあります。

1つ目が「勝手に座らない」ということです。

入室して挨拶をすると自然と椅子に座ってしまう方が多いのですが、面接マナーとして「お座りください」と促されてから座ることが大切です。

2つ目が「背もたれは使わない」ということです。

当たり前のことかもしれませんが、面接の場では背もたれを使わずに椅子の半分より前に座ることが大切です。

椅子の半分より前に座ることで、自然と背筋が伸びて好印象を与えられます。

話しているうちに座り方が変わらないように、注意してください。

ハキハキと人事の目を見て話す

面接マナーとして、ハキハキと人事の目を見て話すことが大切です。

ハキハキと目を見て話すことで、「自信がある人だな」と判断してもらえます。

また、語尾を「です」や「ます」に統一することで、より好印象を与えられます。

ハキハキと元気に話すことに恥じらいを感じられるかもしれませんが、「面接だから」と割り切ることができれば、恥ずかしさは感じないと思います。

面接マナーとして恥じらいは捨てて、ハキハキと目を見て話すようにしてください。

面接のプロが教える!転職を成功に導く逆質問と失敗に終わる痛い逆質問

中小企業の面接でよく聞かれる質問と回答例!志望動機・自己PRのコツ

面接マナー以外で転職を成功に導くポイント

転職を成功させるためには、面接マナー以外にも意識すべきことがあります。

少しでも転職が成功する可能性を高めるために、下記のポイントを参考にしてみてください。

情報収集を怠らない

転職を成功させるためには、情報収集を怠らないことが大切です。

面接マナーを抑えることで採用してもらえる可能性は高まるのですが、それだけでは転職後に後悔してしまうことがあります。

心から「転職してよかった」と思うためには、情報収集を行う必要があります。

業界・職種・企業に関する情報収集を怠らずに行うと、転職後に後悔する可能性は低くなります。

自己分析に時間を費やす

転職を成功させるためには、自己分析に時間を費やすことが大切です。

面接マナー同様に「自己分析は大切」と言われることが多く、時間を費やすことで採用率も転職後に活躍できる可能性も高まります。

働きながら転職を行っている場合は、1週間〜2週間程度の時間を費やすことをおすすめします。

専用のツールを活用することで簡単に自己分析ができるのですが、初めは自分で行うことをおすすめします。

転職エージェントを活用する

転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することをサポートしてくれるサービスで「転職支援サービス」と言われることもあります。

転職エージェントでは「求人紹介・日程調整・自己分析・キャリアプランの相談」など、転職に関することは幅広くサポートしてくれて、面接対策も行ってくれます。

日々、転職支援を行っているキャリアアドバイザーが面接対策してくれるため、面接マナーでマイナスの印象を与える可能性は低くなると思います。

転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば登録してサポートを受けてみてください。

面接後のフォローは転職に効果大!転職エージェントを上手に活用しよう

面接対策に定評がある転職エージェント

転職を成功させるためには転職エージェントを活用することが大切なのですが、国内には数多くの転職エージェントがあるため、「どのサービスが良いんだろう?」と悩まれると思います。

そこで面接対策に定評がある転職エージェントを2社ご紹介します。

doda

doda

dodaは業界最大級の転職支援サイトで、転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっています。

両方のサービスを受けられることもあり、登録者は600万人を超えています。

取り扱っている求人数は公開求人だけで7万件を超えていて、大手企業から中小企業まで幅広く対応しています。

そしてdodaの面接対策は実際に利用された方からも好評です。

面接対策のサポート力に加えて、求人数を重視したい方にはdodaがおすすめです。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材会社「マイナビグループ」が運営している総合型の転職エージェントです。

20代から高い人気を集めていて、34歳までの登録者が80%を占めています。

そのため取り扱っている求人は若者向けのものが多く、掲載している企業も若い人材を求めています。

マイナビエージェントではマイナビグループで培った転職ノウハウを駆使して、面接対策してくれます。

34歳までの方はマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

面接マナーで転職の結果が大きく変わる

この記事では転職での面接マナーについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

中途採用になる転職では研修が用意されていないため、ビジネスマナーが身に付いている方を優先的に採用します。

そのため面接マナーを抑えていると、採用率を高められます。面接を受ける機会は滅多にないと思うので、上記の面接マナーを参考にしてみてください。

そして転職エージェントを活用することで、面接に関するサポートを受けられます。

面接マナーを抑えて希望通りの転職を成功させましょう。

「面接官はここを見ている!」事務職の転職は面接対策が重要

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件