自己分析によって転職の成功率が上がる!成功に導く自己分析のやり方

自己分析によって転職の成功率が上がる!成功に導く自己分析のやり方

転職を成功させるためには「自己分析」をすることが大切です。

しかし社会人として生活を送っていて自己分析をする機会はないと思うので、「自己分析のやり方がわからない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事では転職を成功させる自己分析のやり方について解説します。

自己分析が大切な理由や注意点もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

転職において自己分析が大切な理由

転職を成功させるためには「自己分析が大切」ということは、耳にする機会が多いと思います。

しかし「なんで転職に自己分析が大切なの?」と疑問に感じている方は多いでしょう。

転職において自己分析が大切な理由は、より魅力的に自分のことを売り込むためです。

転職を成功させるためには、企業から「採用したい」と思ってもらう必要があります。

その企業に転職を希望しているのは、1人だけではないのでより魅力的に自分を売り込む必要があり、売り込むことができなければ採用してもらえないです。

また自己分析することで、自分にあった仕事内容を理解することができて、転職後に活躍できる可能性が高まります。

転職において自己分析をすることは、採用率を高めて転職後に活躍できる可能性も高めることです。

転職活動でやる気が出ないよくある理由とモチベアップの対策を徹底解説

転職を成功に導く自己分析のやり方

転職を成功に導く自己分析のやり方は、大きく4つのステップに分けられます。

4つのステップを1つ1つこなしていくことで、成功に導く自己分析ができます。

1〜4のステップを具体的にご紹介するので、参考にしてみてください。

①転職したい理由を明確にする

まずは「転職したい」を思った理由を振り返り、明確にする必要があります。

転職したい理由を明確にすることで、それを実現するためにはどのような仕事に転職すれば良いのか、どんな業界に転職すべきなのか見えてきます。

転職したい理由を振り返るときには、ネガティブな理由ではなくポジティブな理由に目を向けるようにしてください。

「どんな自分になりたいのか」ということを意識して考えてみると、自分の中で答えが出ると思います。

②今までのキャリアの棚卸しをする

転職したい理由を明確にできると、今までのキャリアについて振り返ります。

キャリアの棚卸しをすることで、これまでの経験や得られた知識・スキルを明確にできます。

具体的なり方としては、「時期」「部署」「取り扱っていた商品」「目標」「成績」「努力したこと」など、とにかく思いつくキャリアを書き出します。

書き出すことができると、自分の感情(楽しかった仕事・辛かった出来事など)も書き出していきます。

また特別な成績や上司に褒められた経験なども書き出してください。

具体的に書き出すことで、今までのキャリアを自分自身でも明確に理解できるようになります。

③棚卸ししたことを言語化する

書き出した今までのキャリアを分析して、「大切にしていたこと」や「強みとしてアピールできるスキルや実績」を考えます。

分析して考えることで、自分の価値観の傾向が理解できます。

そしてその価値観を伝えられるように、言語化してください。

例えば「チームワーク力があり、決めたことをやり抜く力がある」や「常に学ぶ姿勢があり、広い視野で考えることができる」など、転職先の人事に魅力的にアピールできるように言語化しましょう。

しっかりとキャリアの棚卸しができていると、スムーズに言語化できると思います。

④具体的なエピソードを交えて整理する

上記でもお伝えしましたが、自己分析が大切な理由は「より魅力的に自分のことを売り込むため」です。

そのため人事に売り込むことができて、やっと自己分析が完結します。

人事に魅力的な人材と感じてもらうためには、具体的なエピソードを交える必要があります。

例えば「チームワーク力があり、決めたことをやり抜く力がある」と伝えても、人事には全く刺さらないと思います。

エピソードを交えて「大切にしていること」「具体的にした行動」「行動した成績」を伝えることで、魅力的な人材と判断してもらうことができます。

そして具体的なエピソードを交えられるようになると、応募書類に記載する「自己PR」にも役立たせることが可能です。

以上の4ステップで転職を成功に導く自己分析ができます。

転職で自己分析するときの注意点

転職で自己分析するときに、焦ってしまうことには注意が必要です。

少しでも早く転職を成功させたいと思う気持ちから、自己分析を終わらせることに焦ってしまうことが多いです。

焦ってしまうと、転職を成功に導く自己分析ができません。

働いている方の場合は、自己分析に1週間〜2週間程度の時間をかけることをおすすめします。

そして転職で自己分析するときには、他にも注意すべき点があります。

その他の注意点を2つご紹介します。

ありきたりな表現を避ける

自己分析をして自分を売り込むときに、ありきたりな表現は避けるようにしてください。

周りの希望者よりも魅力的な人材と判断してもらうためには、ありきたりな言葉で表現をせずに、自分なりの言葉で表現することが大切です。

自分なりの言葉で表現できると、周りの希望者と差別化ができるとともに企業側にも強いインパクトを残せます。

いきなり自己分析ツールを使わない

近年、さまざまな企業でネット上で自己分析が簡単にできる専用ツールを提供しています。

企業によって正確さや重視しているポイントは異なると思いますが、いきなり自己分析ツールを使うことはおすすめしません。

その理由は自分の中で理解できないからです。

自分を売り込むためには、自分の中で深く理解することが大切です。

ただし一度、自分で自己分析をした後にツールを使うことは問題ありません。

ツールを使うことで気付けることはあると思います。

さまざまな企業が自己分析ツールを提供しているので、自分にあったものを使うようにしてください。

第二新卒の転職では自己分析が大切!意味のある自己分析のやり方を解説!

自己分析以外で転職を成功に導くポイント

転職を成功に導くためには自己分析以外にも大切なことがあります。

少しでも転職の成功率を高めるためにも、下記のポイントを参考にしてみてください。

働きながら転職を行う

転職を成功させるためには、働きながら転職することが大切です。

「退職した方が転職に時間を割けるのでは?」と疑問に感じると思いますが、働きながら転職すると焦る気持ちを抑制できます。

退職してしまうと「1日でも早く転職先を決めないと…」と焦りが出てきてしまいます。

その気持ちは大切なのですが、転職を成功させるために焦りは禁物です。

そして働きながら転職することで、「転職しない」という選択肢を持てます。

転職中に気持ちが変わる可能性はあると思うので、転職しないという選択肢を残しておくと気持ちにも余裕が生まれます。

情報収集を怠らない

転職を成功させるためには、情報収集を怠らないことです。

転職の成功とは転職先が決まることを指すのですが、「転職して良かった」と心から思うことも意味します。

転職先が決まっても転職したことを後悔している場合は、成功したとは言えないと思います。

転職してよかったと思うためには、情報収集を怠らないことが大切です。

業界・職種・企業に関する情報収集を怠らずに行うと、後悔する可能性は低くなります。

もし情報収集を怠ってしまうと、「思っていた企業ではなかった」と後悔する可能性が高まります。

転職エージェントを活用する

転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントは無料で転職に関することをサポートしてくれるサービスです。

具体的なサービスは求人紹介・面接対策・書類添削・日程調整・条件交渉などで、自己分析に関するアドバイスもしてくれます。

独自の自己分析ツールを提供している転職エージェントもあるので、自己分析をするために転職エージェントを活用するのも1つの方法です。

しかし国内に転職エージェントは数多くあるため、「どのサービスが良いんだろう?」と悩まれと思います。

そこでおすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

doda

doda

dodaは業界最大級の転職支援サイトで転職エージェントと転職サイトのサービスが1つになっています。

両方のサービスを受けられることもあり、登録者は600万人を超えています。

そんなdodaでは取り扱っている求人数が豊富です。

非公開求人を含めると10万件以上を取り扱っていて、大手企業から中小企業まで幅広く対応しています。

そしてサポートサービスも充実しているため、自分にあった自己分析のやり方をアドバイスしてくれると思います。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手人材会社「マイナビ」が運営している転職エージェントです。

dodaに並ぶ業界最大級の転職エージェントで、特に20代からの人気が高いです。

そんなマイナビエージェントでは、各業界に精通しているキャリアアドバイザーが在籍しています。

その業界出身のキャリアアドバイザーも在籍しているため、業界ならではのサポートサービスを提供しています。

マイナビエージェント詳細ページ

自己分析によって転職の結果は変わる

この記事では転職で自己分析をすることについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

転職において自己分析をすることは非常に大切なことで、成功率を高める1つの方法です。

転職を成功に導く自己分析のやり方は上記でお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。

そして転職を成功に導くためには、いきなりツールを使わないことが大切です。

まずは自分で自己分析を行って、自分の中で強みなどを理解するようにしてください。

転職を成功に導く自己分析を行い、希望通りに転職しましょう。

自分に合った仕事の見つけ方!僕の人生を救ってくれた恩人たちの言葉

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件