退職願の正しい文面の書き方とは?退職願について徹底解説

退職願の正しい文面の書き方とは?退職願について徹底解説

退職するときには会社に「退職願」を提出する必要があります。

しかし退職願を提出する機会は少ないと思うので、「正しい文面の書き方がわからない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事では退職願の正しい文面の書き方を解説します。

退職届との違いや会社に承認してもらうコツもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

退職願とは?

退職願とは、退職することを会社に願い出るための書類のことを指します。

願い出る書類になるため、提出することで退職が決定するわけではありません。

会社が承認したことで退職することが許されます。

そのため退職するための前段階と考えるようにしてください。

退職を願い出る場合は口頭でも良いのですが、証拠が残らないため意思が固まっている場合は書類で提出することをおすすめします。

退職届・辞表との違い

退職願と似ている言葉に「退職届」と「辞表」があります。

退職届は、退職することが決定した後に会社に対して届け出る書類のことを指します。

退職願との違いは、退職が決定しているのか、していないのかということです。

辞表とは、社長や取締役など雇用関係のない立場の方が、勤めている役職を辞めることを届け出る書類のことを指します。

会社を辞めるのではなく役職を辞めるだけになるので、提出した後でも一般社員として働くことが可能です。

このように退職願・退職届・辞表にはそれぞれ異なる意味合いがあります。

退職願の提出先とタイミング

退職願は退職を願い出るときにしか提出しないため、「どこに提出すれば良いの?」「いつ提出すれば良いの?」と疑問に感じている方は多いと思います。

基本的に直属の上司に退職する14日前に提出する必要があります。

法律では「退職の意思を示してから14日後には退職できる」と決まっているのですが、企業によって提出期限は異なります。

提出期限は就業規則に記載されていて、多くの企業が1カ月〜2カ月前に設定しています。

直属の上司に提出することは、どこの企業でも変わらないと思います。

退職を1カ月前に伝えるのは非常識?何か月前から会社に伝えておけばいい?

退職願を提出して退職するまでの流れ

退職願を提出して退職までの流れは下記の通りです。

  1. 退職する意思を固める
  2. 退職希望日を記載した退職願を作成
  3. 直属の上司に手渡しで提出する
  4. 退職の承認を得て、退職日を決める
  5. 退職日が確定すると、退職届を提出する
  6. 退職

①〜⑥までの流れは約1カ月半〜3カ月の期間を必要とします。

上記の流れを把握していると、スムーズに退職できると思います。

退職願の正しい文面の書き方

退職願を提出するうえで肝心なことは、正しい文面で提出することです。

社会人のマナーとして正しい文面で提出することは当たり前です。

基本的に退職願は手書きとPCでの作成があり、どちらの方法でも文面は変わりません。

退職願の正しい文面の書き方を詳しくご紹介します。

正しい文面を書くときのポイント

退職願を正しい文面で書くときは抑えておきたいポイント7つあります。

7つのポイントを抑えて退職願を書くと、正しい文面で提出できます。

  1. 書き出し:「私義」と書く
  2. 退職理由:転職などの場合は「一身上の都合」で問題ない
  3. 退職日:退職希望日を書く
  4. 文末:「お願い申し上げます」など願い出る旨を書く
  5. 提出年月日:退職願を提出する日付を書く
  6. 所属部署・氏名:宛名より下の位置に部署と名前を書く
  7. 宛名:最高執行責任者の役職と名前を書く(代表取締役社長などが一般的)

以上のポイントを抑えて退職願を書くと、正しい文面になります。

1つでも書き忘れてしまうと正しい文面にはならないので、注意してください。

正しい文面の例文

退職願は横書きでも縦書きでも良いのですが、一般的には縦書きで提出することがマナーです。

縦書きの正しい文面の例文は下記の通りです。

(1から順番に左詰めで書くと、正しい文面になります)

1:退職願
2:私義
3:このたびは、一身上の都合により、令和○年○月○日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。
4:令和△年△月△日
5:〇〇部〇〇課 名字 名前
6:△△株式会社
7:代表取締役社長 〇〇 〇〇殿

以上の例文を参考にすると、正しい文面が書けると思います。

退職願にも関わらず、「退職届」と書いて提出してしまうと正しい文面にはなりませんので、書き間違いには注意してください。

退職の挨拶はどんな内容がいい?最後の出社日にやっておくべきこと

会社に退職願を承認してもらうコツ

退職願は退職を願い出る書類になるため、会社に承認してもらう必要があります。

また円満に退職するためには、スムーズに承認してもらうことが大切です。

そこで退職願をスムーズに承認してもらうコツをいくつかご紹介します。

期限よりも少し早めに退職願を提出する

退職願は就業規則に記載されている期限内に提出すれば問題ありません。

しかしスムーズに承認してもらうためには、期限ギリギリよりも少し余裕を持って提出することが大切です。

1カ月前までに提出する必要がある場合は、1カ月と1週間前に提出するようにしてください。

会社にとって1人でも退職されると、新しい人材を確保する必要が出てきます。

そのため期限よりも少し早めに提出することで、会社側が不満に感じる可能性を低くできます。

引き継ぎが間に合わないまま退職してもいい?引き継ぎを完了させる義務はない!

退職理由は個人的な理由が良い

退職願では退職理由を記載する必要があり、提出したときには「なんで退職するの?」と聞かれることが多いです。

その場合は個人的な退職理由を伝えることが大切です。

「〇〇に興味が出てきたので、それに関わる仕事がしたい」など個人的な理由を伝えると、会社は退職を引き止めにくくなります。

もし「仕事量が多すぎた」など会社が理由で退職することを伝えると、余計なトラブルに発展したり、なかなか承認してもらえなかったりします。

ただし嘘をつくことはよくないので、ポジティブで個人的な理由に言い換えることが大切です。

退職届を半年前に出すのは普通?早ければ早いほうがいい?

スムーズに希望通りの転職を成功させるポイント

退職願を提出しようか悩んでいる方の多くは、転職することを考えていると思います。

転職先が決まってから退職願を提出しても良いのですが、1日でも早く転職したいと思っている方は転職先が決まっていない状態で提出する必要があります。

しかし転職先が決まっていない状態だと、無職になる期間が生じる可能性があります。

そこでスムーズに希望通りの転職を成功させるポイントをご紹介します。

早期準備を心がける

スムーズに転職を成功させるためには、早期準備を心がけることが大切です。

「退職願を提出してから転職の準備をする」と考えられている方が多いですが、転職の準備は退職願を提出する前から行う必要があります。

転職したい業界・職種を絞ったり、自分の職歴や実績を振り返ったり、今すぐにでもはじめられる準備はさまざまあります。

少しでも早く準備することが成功させる秘訣になるため、転職を考えている方は明日からでも準備してみてください。

即戦力で働けることをアピールする

中途採用で企業が求めるのは、即戦力で働ける人材です。

そのため即戦力で働けることをアピールすると、スムーズに転職が成功しやすくなります。

最も効果的なアピール方法が、今までの実績を具体的に伝えることです。

人事は面接の場だけで即戦力で働けるのか判断する必要があるため、具体的な成績を有効な判断材料と考えています。

例えば、「営業部署70人の中で5カ月連続、制約数1位でした」とアピールできると、ほとんどの人事が「即戦力で働ける」と判断すると思います。

具体的な数字と直近の成績をアピールすると、より効果的です。

転職エージェントを活用する

スムーズに転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関するサポートをしてくれるサービスで、転職者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが1人付きます。

そのキャリアアドバイザーが求人紹介から面接対策、キャリアプランの形成まで転職に関することを幅広くサポートしてくれます。

またサイトに公開されない「非公開求人」にも応募できるようになるため、転職先の選択肢が広がります。

しかし転職エージェントは種類が豊富なため、悩まれることが多いと思います。

そこでおすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

doda

doda

dodaは業界最大級の転職支援サイトで転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっています。

両方のサービスを受けられることもあり、登録者は550万人を超えています。

そんなdodaは総合型の転職支援サイトで、約70,000万件の求人を取り扱っています。

さらに非公開求人を含めると、求人数は10万件を超えます。

そしてdodaに在籍しているキャリアアドバイザーは各業界に精通しているため、業界ならではのサポートを受けられます。

転職に関するサポートも充実しているため、働きながらでも転職を成功させられます。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材会社「マイナビグループ」が運営している総合型の転職エージェントです。

業界トップクラスの転職支援実績を誇り、サポート体制も充実しています。

そんなマイナビエージェントは20代から信頼されている転職エージェントで、34歳までの登録者が80%占めています。

そのため比較的若者向けの求人が多く、求人を掲載している企業も若者を求めています。

そして運営元である「マイナビグループ」が培った転職ノウハウを駆使してサポートしてくれるため、転職を成功させられる可能性が高いです。

マイナビエージェント詳細ページ

退職願は正しい文面で提出することが社会人のマナー

この記事では退職願の正しい文面の書き方についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

退職願を正しい文面で提出することは社会人としてのマナーで、今までお世話になった会社に対する感謝を示すものでもあります。

正しい文面で書くことは難しいことではないので、書き間違いがないようにしましょう。

そして転職先が決まっていない状態で提出する場合は、上記のポイントを参考にしてスムーズに転職を成功させてください。

繁忙期の退職は認められない?気にせず退職して大丈夫?

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件