退職届を半年前に出すのは普通?早ければ早いほうがいい?

退職届を半年前に出すのは普通?早ければ早いほうがいい?

退職する際は「退職届」を出さなくてはいけません。

退職届を出すことは社会人の方であれば常識だと思うのですが、提出するタイミングに悩まされると思います。

法律で決められているわけではありませんので、退職する人によってタイミングはバラバラで中には半年前に退出されるからもいます。

なぜ、半年前に提出するのでしょうか?

この記事では、退職届を半年間に提出することについて詳しくご紹介します。

退職届を1〜2ヶ月前に出すのが一般的

退職届はいつ提出するのが良いのか悩むと思いますが、退職届は1〜2ヶ月前に提出することが基本とされています。

民法によると退職する2週間前までに提出すれば、問題なく退職することができるとされているのですが、詳しい提出期限は会社によって異なります。

就業規則に退職届に関する規則がある場合はそれに従う必要があります。

そのため退職届を提出する前に一度、就業規則を確認することをおすすめします。

半年前から出すという人も一部いる

上記で退職届は「1〜2ヶ月前に提出することが基本とされてる」とお伝えしましたが、中には半年前に退職届を出す方もいます。

「半年前?」と思われる方が多いと思いますが、半年前に退職届を出すことにはメリットが伴います。

もちろんメリットもあればデメリットもあるため、半年前に退職届を提出することをおすすめできませんが、下記でメリット・デメリットについて詳しくご紹介してるので、参考にしてみてください。

退職手続きの流れ完全ガイド~転職前から転職後に必要な手続き

退職届を半年前に出すメリット

退職届を半年前に提出するメリットは様々あり、場合によってはメリットしかないと感じられる方もいます。

半年前から退職届を出す方はメリットがあると感じて提出しているので、下記でご紹介するメリットが魅力的に感じられた方は半年前に提出しましょう。

有給休暇の消化など計画的に行える

社会人には「有給休暇」というものがあります。

正式には「年次有給休暇」というのですが、簡単にお伝えするとお給料をもらえる休日ということです。

そんな有給休暇を半年前に退職届を出すことにより、計画的に消化することができます。

有給休暇は簡単に取れるものではありません。会社の全員が有給休暇をとってしまうと、その日会社を回らなくなるため1日に有給休暇を取れる人数は決められています。

さらに「明日有給休暇取ります」と言って取れるものでもありません。

予め「有給届」というものを提出して初めて認められますので、退職する1ヶ月前に退職届を出すと全て有給休暇を消化できないかもしれません。

そのため半年前に退職届を出し、計画的に有給休暇を消化するのです。

部下や取引際の引き継ぎが余裕を持って行える

退職するときは必ず「引き継ぎ」をしなければいけません。

部下や同僚に自分が行っている業務の引き継ぎ、取引先に退職する旨を伝え新しい担当者への引き継ぎ、退職するためには引継ぎすることが大切です。

そんな引き継ぎを半年前に退職届を出すことにより、余裕を持って行うことができます。

引き継ぎは今まで行ってきた仕事を全てを引き継ぎことになるため、1日2日で終わるものではありません。

さらに引き継ぎを余裕を持って行わないと、上記でご紹介した有給休暇も計画的に消化できなくなります。

余裕を持って引き継ぎの業務を終了させられるからこそ、計画的に有給休暇を消化することができるのです。

円満退職しやすい

退職するときに会社と良好な関係で退職したくないですか?

退職する多くの人が円満退職したいと考えていると思うのですが、円満退職するためには早いうちに退職届を出す必要があります。

退職するということは会社にも迷惑がかかることで、あなたの代わりの人材を探さなければいけませんし、余裕を持って引き継ぎをしてもらいたいため、会社側は必ず早めの退職届の提出を希望します。

会社側が希望していることができると、円満退職することができます。

2週間前までに退職届を出しても退職することができますが、円満に退職することは難しいです。

円満に退職したい方は、半年前に退職届を出すと良いでしょう。

転職先で働く準備がしやすい

半年前に退職届を出すことにより、あなたは会社の中で「退職する人」と思われます。

そのため大きな仕事や新しい仕事を振られることなく、次に仕事場で活躍する準備をしっかりすることができます。

退職する人といいますと何か孤立した状態になっているイメージがしますが、そうではなく「退職する人=仕事が振れない」ということになるのです。

退職することが決まっている人に新しい仕事や責任感が大きい仕事は任せないですよね。

少し自我のことしか考えているような気もしますが、これも1つのメリットです。

退職しやすいタイミング・時期とは?いつ会社へ伝えるべき?

退職届を半年前に出すデメリット

この記事ではメリットばかりをお伝えしてきましたが、半年前に退職届を出すことにはデメリットもあります。

物事にはメリット・デメリットが必ずあるため、半比較して考えてみてください。

会社から引き止められる可能性が高くなる

半年前に退職届を出すということは退職するまで時間があるということですよね。

そのため会社側はその半年間で退職を引き止めようとしてくる可能性があります。

その可能性はあなたが優秀な人材であればあるほど確率は高くなり、繁忙期に退職しようとしても確率は高くなります。

会社側は極力1人でも人材を減らしたくないため、退職の引き止めはしてくるのですが、「引き止めがデメリット?」と思われた方も多いと思います。

「引き止められる=会社に必要な人材」ということになるため一見喜ばしいことなのですが、退職を引き止められることは退職者にとっては面倒なことです。

退職することを覚悟した上で退職届を出しているのにも関わらず、引き止められることはデメリットになるでしょう。

上司からの退職の引き止めで困らないために事前にやっておくべきこと

半年間冷遇されるリスクがある

上記でもお伝えしましたが退職届を出すと会社の中で「退職する人」と思われます。

実際退職することが決まっているため間違いではないのですが、退職する半年間「冷遇」される可能性があります。

上司や同僚から冷たく接しられ、任せられる仕事は雑務ばかり、このような待遇を受ける可能性ができます。

いくら退職する会社だからといいって冷遇されることは嫌ですよね。

全ての会社で冷遇されるわけではありませんが、半年前に退職届を出すことにより冷遇されるリスクが高まります。

出産・結婚など退職が確定しているなら半年前に提出するのもあり

出産や結婚することにより退職することが決定している方の場合は、半年前に退職届を出すのもありだと思います。

出産や結婚というのはおめでたいことになるため、デメリットであった「引き止め」を受ける可能性も極めて低いですし「冷遇」される可能性も低くです。

あくまで可能性になるため会社によっては「引き止め」を受ける可能性もありますが、出産や結婚で半年前に退職届を出すことはメリットの方が多いでしょう。

半年前に退職届を出すのであれば半年後の時期を考えよう

半年前に退職届を出すということは、半年後に退職するということです。

そのため退職する半年後を考える必要があり、会社側は退職届を出してくれて時期より退職される時期を気にします。

最も懸念される時期は「繁忙期」です。

会社にとって忙しい時期は1人でも多く働いてもらい、利益を生みたいものです。

繁忙期は会社によって異なりますが、退職する半年後が繁忙期の時期にならないように退職届を提出することも大切です。

まとめ

この記事では退職届を半年前に提出することについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

退職届は1〜2ヶ月前に提出することが基本とされてる中で半年前に提出することは、メリットもデメリットも伴います。

そのため、あなたにとってデメリットとデメリット、どちらの方が大きいのか考えて退職届を提出することが大切です。

提出するタイミングに正解はないため、あなたが提出したいタイミングで提出しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件