同窓会で年収の話になったらどうするべき?年収を訊かれたときの正しい対処法

同窓会で年収の話になったらどうするべき?年収を訊かれたときの正しい対処法

社会人になっても年に数回、高校や大学の同窓会などに行くことがあると思います。

昔話をしながら楽しい会になると思うのですが、同窓会では「年収」の話になることがあります。

大人になればなるほど年収は言いにくいと思うのですが、その場の雰囲気を考えると「どう対処するべきなのかわからない」という方は多いのではないでしょうか?

この記事で同窓会で年収を訊かれたときの正しい対処法や、年収を訊かれたときの注意点などについて解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

同窓会で年収の話になる可能性は高い?

そもそも同窓会で年収を話になる可能性は高いのでしょうか?

社会人経験の浅い方や同窓会に参加することが少ない方は、疑問に感じていると思います。

結論からお伝えすると、年収の話になる可能性は高いです。

やはり同年代に社会人が集まると、「お金」の話になってしまいます。

他にも「結婚」や「仕事」の話題を中心に話が進んでいくと思うのですが、年収は話に上がる可能性が高いです。

その理由としては、同窓会で目立ちたい方がいるからだと思います。

学生時代は横一線だった友人が社会人になると年収という明確な数字で評価されるようになります。

その年収に自信がある方は、同窓会で自慢して目立ちたいのでしょう。

そして年収に自信がある方が年収の話を切り出します。

同窓会で年収の話が盛り上がるのかはわかりませんが、年収の話になる可能性は高いです。

【2020年最新版】日本の年収の中央値は240~456万円!中央値と平均は何が違う?

年収を訊かれたときの正しい対処法

年収の話になると、「〇〇さんは、いくら年収をもらっているの?」と訊かれることがあります。

むしろ、訊かれる場合がほとんどでしょう。

その場合にどう対処すれば良いのか悩まれる方は多いと思います。

同窓会で年収を訊かれたときの正しい対処法は「誤魔化す」ことです。

年収をはっきりと「〇〇万円貰っている」と答えると、不快な気持ちになる方も居られるかもしれませんし、自分自身もあまり公表したくないですよね。

反対に「いや、年収の話なんて良いから」と話題を終わらせると、同窓会の雰囲気を壊してしまうことになる可能性があります。

そのため同窓会で年収を訊かれたときには、上手に誤魔化すようにしましょう。

誤魔化すことが正しい対処法の理由を詳しく解説していきます。

同窓会の場で年収を答える必要はない

1つ目の理由が「答える必要がない」というです。

年収は個人情報の1つで他人に公表すべきものではありませんよね。

親しい友人や家族には公表しているという方は多いと思いますが、同窓会で久々にあった友人に自分の年収答える必要は一切ありません。

そのため誤魔化すのが正しい対処法になります。

同窓会の雰囲気を壊さない

2つ目の理由が「同窓会の雰囲気を壊さない」ということです。

年収は答える必要がないのですが、あからさまに嫌な顔をして「無理だから」と返事をしてしまうと、同窓会の雰囲気は壊れますしその場に居づらい状態になると思います。

社会人になってから同窓会でそのような態度を取ってしまうと、「いつまでも子供だな」と思われることもあり、せっかくの雰囲気が台無しになる可能性もあります。

年収を訊いてきた人が最も悪いですが、大人な一面を出して上手く誤魔化すようにしましょう。

同窓会のためにもあなたのためにも、それが正しい対処法です。

30代で手取り20万円はやばい?気になる平均年収と収入アップのコツ

誤魔化せないときの対処法

同窓会で年収を訊かれたときは誤魔化すことが正しい対処法になるのですが、しつこく年収を訊かれることがあります。

しつこき訊かれたときに年収を答えられる方は問題ないですが、どうしても答えたくない方は下記の方法を参考にしてみてください。

言いたくないとはっきり伝える

1つ目の方法が「言いたくないとはっきりと伝える」ことです。

年収をしつこく訊いてくる方は誤魔化していることに気付いていないことが多いです。

「この人は言いたくなさそうだな」と感じていないから、しつこく訊いてきます。

そのためはっきりと「年収は言いたくない」と伝えましょう。

はっきりと伝えることで、それ以上年収を訊かれることはなくなるでしょう。

しかし、伝え方が大切になります。

同窓会という場を壊さない伝え方を意識するようにしてください。

無理やり違う話に切り替える

2つ目の方法が「無理やり違う話に切り替える」ことです。

「年収を言いたくないと伝えるのは嫌だな」と思っている方は、無理やり話を変えましょう。

上手く話を変えようとしても年収をしつこく訊いて思うので、無理やりで問題ありません。

「もうお金の話はおしまい!話は変わるんだけど〜」と言いましょう。

もし、無理やり話を変えてもしつこく年収を訊いてくる場合は下記の方法を参考にしてみてください。

無視をする

3つ目の方法が「無視をする」ことです。

言いたくないことを伝えても話を変えてもしつこく年収を訊いてくる場合は「無視」しましょう。

無視することは最終手段です。

その場の雰囲気は壊してしまうことはないと思いますが、少し不穏な空気になると思います。

そのため最終手段として参考にしてください。

そして無視をしてから、違う人達と話をするようにしましょう。

同窓会で年収を訊かれた際の注意点

同窓会で年収を訊いてくる方の真意は「目立ちたい」「マウントを取りたい」「自慢したい」ということが多いと思います。

しかし、その他の理由で年収を訊いてきている場合があります。

目立ちたかったり自慢したい方に年収を答えても問題はないのですが、その他の理由で年収を訊いてきている可能性がある場合は注意が必要です。

年収を訊かれたときの注意点を詳しくご紹介します。

副業・ネットビシネスへの勧誘

同窓会では副業やネットビジネスの勧誘を目的に参加している方がいます。

多いとは言いませんが、出会ったことがあるという方は少なからずいると思います。

副業やネットビジネスの勧誘を目的に参加している方に年収を答えてしまうと、無理にでも勧誘しようとしてくる可能性があります。

「その年収ならネットビジネスで稼いだほうが良いよ」「もっと副業で稼がない?」と、とにかく勧誘されます。

同窓会という場で副業やネットビジネスの勧誘は避けたいですよね。

そのため副業やネットビジネスに勧誘される可能性があることは把握しておきましょう。

同窓会でお金を貸してくれる人を探している

同窓会で年収を訊いている方の中には、お金を貸してくれる人を探している場合があります。

お金に困っている方は金利などがない友人や知り合いにお金を借りようとすることが多いです。

しかし、なかなか貸してくれる人は現れないでしょう。

そのため同窓会という場でお金を貸してくれる人を探している場合があります。

年収を答えたからといってお金を貸さないといけないわけではありませんが、そのような方には年収は答えないほうが良いでしょう。

特に周りよりも高い年収を貰っている方は注意が必要です。

同窓会で年収を訊かれて不快になった方の最終手段

同窓会で年収を訊かれたことで「不快」な気持ちになった方は多いと思います。

「年収を答えると、小バカにされた」「年収を答えるまでしつこく訊かれた」「年収でマウントを取られた」など不快な気持ちになることはあるでしょう。

せっかくの同窓会で不快な気持ちになりたくありませんよね。

そこで不快な気持ちになった方の最終手段をご紹介します。

同窓会には参加しないようにする

同窓会で年収を訊かれて不快な気持ちになった方は、二度と同窓会には参加しないようにしましょう。

上記でもお伝えしたように同窓会では年収の話になることが多く、「毎回のように訊かれる」という方も多いです。

同窓会で年収の話からは逃げられません。

そのため同じ人が集める同窓会には参加しないことがおすすめです。

ただ親しい友人や少人数の同窓会ではしつこく年収を訊かれることはないと思うので、参加しても不快な気持ちにはなりにくいでしょう。

同窓会で胸を張れる年収にする

同窓会で不快な気持ちになられた方は「年収で小バカにされた」「年収でマウントを取られて、偉そうに話された」ということが多いと思います。

そのような理由で不快な気持ちになられた方は、転職して年収をアップさせましょう。

年収をアップさせることで同窓会でバカにされることもなくマウントを取られることもなくなると思います。

転職して年収をアップさせることができれば、楽しく同窓会に参加できるでしょう。

しかし、転職で年収をアップさせることは簡単ではありません。

ただハイクラスの転職に特化している転職サイト・エージェントを活用することで、年収をアップさせられる可能性が高くなります。

年収アップを目的に転職する方におすすめの転職サイト・エージェントを2社ご紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチ

1つ目が「ビズリーチ」です。

ビズリーチはハイクラスの転職に特化している転職サイトで、取り扱っている求人の3分の1が「年収1,000万円以上」です。

ビズリーチが取り扱っている求人数が約9万件になるので、1,000万円以上の求人が3万件以上もあるということになります。

さらにビズリーチでは優良企業や一流ヘッドハンターからスカウトされるサービスがあります。

そのため働きながらでも転職することが可能で、積極的に行動しなくても年収アップさせることが可能です。

実際に8割以上の方がスカウトサービスで転職を成功させているため、年収アップの転職にはビズリーチがおすすめです。

ビズリーチの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

2つ目が「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは大手人材会社リクルートグループが運営している総合型の転職エージェントです。

ハイクラスの求人に特化しているわけではないのですが、キャリアアドバザーのサポートが充実しているため年収アップさせやすいです。

さらに各業界に精通しているキャリアアドバイザーが在籍しているため、安心してサポートを任せられます。

サポート力を重視したい方は、リクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

同窓会で年収を訊かれても上手く誤魔化そう

この記事では同窓会で年収を訊かれたときの正しい対処法についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

同窓会では年収を訊かれることが多く悩まれている方も多いと思うのですが、誤魔化すことが正しい対処法になると思います。

誤魔化すことで年収を伝えることなく、同窓会の雰囲気を壊すことなく、その場を対処できます。

しかし、中にはしつこく訊いてくる方も居ます。その場合は上記でお伝えした方法で対処してみてください。

同窓会を楽しむためにも、年収を訊かれたときには上手に誤魔化すようにしましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件