メーカーへの転職を成功に導く志望動機の考え方と書き方

メーカーへの転職を成功に導く志望動機の考え方と書き方

転職する際は企業に対する「希望動機」を考える必要があります。

志望動機によって転職者の気持ちを人事に伝えることでできて、転職結果を大きく左右します。

しかし企業に勤めていて志望動機を考える機会はないため、「どう考えてどう書けば良いのかわからない」という方は多いのではないでしょうか?

この記事では製造業と言われる「メーカー」へ転職する際の志望動機の考え方と、書き方について解説します。

例文もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

志望動機で転職結果は変わる

就職や転職する際は志望動機を必ず企業に提出します。

志望動機では「なぜ応募したのか」「どんなところに魅力を感じたのか」などを書くのですが、内容によって転職結果は変わります。

上記でもお伝えしましたが、志望動機は転職者の気持ちを人事に伝えることができるものです。

そのためしっかり伝えることができれば転職は成功できますし、伝えることができなければ転職は失敗するでしょう。

これほど志望動機は大切になります。

また、人事に伝わる志望動機を考える必要があります。

企業に対する思いなどが強いものの、伝わる書き方ができていなければ転職は成功しないでしょう。

メーカーの志望動機を考えるポイント

メーカーの志望動機を考える際には、いくつかおさえておきたいポイントがあります。

下記でご紹介するポイントをおさえることで転職を成功させる志望動機を考えることができるでしょう。

  • メーカーについて理解する
  • 8:2の割合で考える
  • 転職したい理由を振り返る

1つずつ解説していきます。

メーカーについて理解する

1つ目のポイントが「メーカーについて理解する」ということです。

メーカーの志望動機を考える際は、具体的な内容を考える前にメーカーについて理解することが大切になります。

メーカーとはどのような業界なのか、メーカーにはどのような職種があるのかなど、とにかくメーカーについて深く知る必要があります。

メーカーについて深く理解できている方が考える志望動機と、メーカーについて無知な方が考える志望動機は違います。

転職を成功に導く志望動機を考えるためには、まずメーカーについて深く理解するようにしましょう。

8:2の割合で考える

2つ目のポイントが「8:2の割合で考える」ということです。

「8:2とは?」と疑問に思われた方がほとんどだと思いますが、志望動機は「自分のエピソード:企業の魅力=8:2」で考えることが大切になります。

社風や事業内容など企業に関することばかりを考えるのではなく、具体的なエピソードも踏まえて考えることが大切です。

志望動機で企業に関することばかり考えると、魅力的ではない至って普通の志望動機になります。

それではメーカーへの転職は難しいです。

そのため自分が体験したエピソードなどを踏まえて、「8:2」を意識して考えることがメーカーへの転職を成功に導きます。

転職したい理由を振り返る

3つ目が「転職したい理由を振り返る」ということです。

志望動機と転職したい理由は全くの別物になるのですが、意外にも関係性があり転職したい理由を振り返ることでスムーズに志望動機が考えられます。

例えば、転職したい理由が「企業に対する安定を求める」というものだったとしましょう。

その場合にベンチャー企業へ転職しようとするとスムーズに志望動機が考えられません。

反対に安定性のある大手メーカーへ転職しようとすると、スムーズに志望動機を考えられるでしょう。

簡単にお伝えすると、転職理由と「=」になっている企業の志望動機しかスムーズに考えられないということです。

そのため「志望動機が思い浮かばない」という方は、転職したい理由を振り返って考えてみてください。

メーカーの転職は難しい?転職を勝ち取る5のコツ

メーカーの志望動機の書き方

志望動機は日常的に書くものではないため、「どのように書けば良いかわからない」という方は多いと思います。

しかし安心してください。志望動機を書くことは考えることもよりも簡単です。

志望動機を考えることができれば、もう完成は近いです。

メーカーの志望動機の書き方を詳しくご紹介します。

抽象的ではなく具体的に書く

メーカーの志望動機に関わらず、抽象的ではなく具体的に書くことは大切になります。

抽象的な志望動機では人事に想いを伝えることができずに、転職は失敗してしまいます。

反対に具体的に書くことができていれば、人事に想いは伝わり転職は成功するでしょう。

ただ、メーカーという業界について具体的に書くことは難しいと思います。

そのため応募した企業に関しては具体的に書くようにしましょう。

人事に「他のメーカー企業でも良いのでは?」と思われてしまうと、転職は成功に近づきません。

志望動機を書くときは抽象的ではなく具体的に書きましょう。

職種を選んだ理由を書く

メーカーには製品の製造に関わる職種・営業職・事務職などさまざまな職種があります。

その中からなぜその職種を選んだのかについても具体的に書くことが大切になります。

多くの方がメーカーという業界や企業について書いてしまうのですが、職種について書くことでより具体性が増し、自ずとオリジナル性の高い志望動機が書けるでしょう。

そして職種に関して他のメーカーへ応募する際にも使い回しできます。

転職することで役立てることを具体的に書く

志望動機を書く際に最も大切になるのが、自分の経験やスキルをメーカーでどう活かすことができるのかということです。

企業に対する想いが強くても、採用するメリットがなければ企業側は採用しません。

そのため「採用することで役に立つ」と思わせられる志望動機を書くことが大切になります。

メーカーは専門知識や業界知識が必要になることが多いので、関連する経験を活かしやすい業種だと思います。

メーカーへ転職する際の志望動機の例文

転職を成功に導く志望動機を作成する際には、例文をテンプレートとして参考にすることが効率的な手段の1つになります。

しかし、例文を完全コピーして作成すると転職者自身のオリジナル性が失われるため、必ずオリジナル性を加えるようにしてください。

この記事では「メーカー未経験」と「メーカー経験者」の2通りの例文をご紹介します。

メーカー未経験者

「幼い頃からプラモデル作りに熱中し、その後さまざまな工作を趣味として続けているうちに、製造の仕事に転職したいと強く思うようになりました。

複数部門をローテーションで回すことでさまざまな作業を経験できる御社の教育方針を知り、充実した経験を積みながら常に高い向上心をもって業務にのぞめると考えました。

また運動が好きなので、体を動かしながら働ける職場に就きたく、今回未経験ではありますが応募させていただきました。」

メーカー(製造業)は未経験でも転職できる?必要なスキルや実績とは?

メーカー経験者

「私は大学卒業後、4年間にわたり部品メーカーで技術開発に励んでまいりました。

小さな会社ながら、医療機器メーカーからの発注も多く、技術開発者としてたくさんの経験を積むことができました。

その経験から、医療機器分野に特化した技術者としてより成長していきたいと考え、貴社に応募させていただきました。

これまでに培ってきた微細な構造を設計する技術を発揮し、医療技術の進化に貢献したいと思います。」

転職エージェントを活用することでより良い志望動機が作成できる

メーカーの志望動機を作成する際に自分の力だけで考えようとする方が多いです。

自分の力だけで考えることは素晴らしいことなのですが、転職エージェントを活用したほうがより良い志望動機を作成できます。

その理由は簡単でキャリアアドバイザーが転職に関するサポートをしてくれるからです。

志望動機に関するアドバイスもしてくれますし、志望動機の添削もしてくれます。

そのため転職エージェントを活用することでより良い志望動機が完成します。

そして手厚くサポートしてくれるので、メーカーへの転職が成功する可能性も高まります。

転職エージェントのサービスは全て「無料」で受けることができます。

そこでメーカーへの転職におすすめの転職エージェントを2 社ご紹介するので、参考にしてみてください。

doda

doda

dodaは業界最大級の転職支援サイトで、業界トップクラスの知名度・求人数・実績を誇ります。

また転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっているため、両方のサービスを受けることができます。

そんなdodaでも志望動機に関するサポートが充実していて、添削やアドバイスをしてくれます。

さらにdodaでは各業界に精通しているキャリアアドバイザーが在籍しているため、メーカーならではの志望動機にも手厚くサポートしてくれます。

もちろん、志望動機以外の転職サポートも充実しているため、メーカーへの転職成功率も高くなるでしょう。

転職サイト・doda(デューダ)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材会社マイナビグループが運営している総合型の転職エージェントになります。

業界屈指の求人数を誇り、その数は20万件を超えています。

20万件以上の求人を取り扱う転職エージェントはそう多くありません。

そしてマイナビエージェントはキャリアアドバイザーのサポート力が充実しています。

志望動機の添削やアドバイスはもちろん、面接対策や条件交渉までサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーからのサポートは対面でもメールや電話でも可能になるので、手軽に志望動機に関するアドバイスがもらえます。

マイナビエージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

魅力的な志望動機でメーカーへの転職を成功させよう

この記事ではメーカーの志望動機についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

志望動機はメーカーへの転職を成功に導く大切なもので、必ず提出する必要があります。

ただ志望動機は日常的に作成する機会がないため不安だと思います。

しかし、上記でお伝えしたポイントをおさえて志望動機を作成することでメーカーへの転職は成功に近づきます。

そしてより良いメーカーの志望動機を作成するためには、転職エージェントを活用することが大切になります。

メーカーへの転職を成功に導く魅力的な志望動機を作成して、転職を成功させましょう。

メーカーへの転職におすすめな転職サイト・エージェント12選!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件