メーカーからのおすすめの転職先とは?異業種に転職するコツ

転職市場では経験者が優遇される傾向があり、経験したことがある職種や業界には転職しやすくなります。

反対に未経験者は待遇などが下がってしまうことが多く、未経験の職種や業界への転職は難しくなります。

しかし、異業種へ絶対に転職できないわけではありません。

この記事ではメーカーから異業種へ転職する際に、おすすめの転職先や希望通りに転職するコツを解説していきます。

メーカーから異業種へ転職を考えている方は参考にしてみてください。

メーカーから異業種へ転職することは難しい

上記でもお伝えしたように異業種への転職は比較的、難しいとされています。

メーカーに関わらず異業種への転職は難しいとされていて、待遇や給与が下がってしまうことが多いです。

その理由は簡単で、未経験の業種になるからです。

今までの経験や実績を転職先で活かすことが難しいため、転職も難しくなります。

ここで1つ注意点があるのですが、転職する際は「業種・業界・職種」の意味合いをしっかり理解しておく必要があります。

そこで簡単に「業種・業界・職種」について解説します。

業種:企業が携わる分野
(製造業・金融業・サービス業など)

業界:業種を扱っているものやサービスを細かく分類したもの
(業種がサービス業の場合は、不動産業界・ホテル業界・福祉業界など)

職種:業務内容ごとに分類された職務名
(医療事務・企画営業・ITコンサルタントなど)

業種・業界・職種の違いを理解しておかなければ、求人を検索する際などにも困ります。

メーカーからのおすすめの転職先

職種によって異なるのですが、メーカーでは培った経験を異業種では活かしにくいと言われています。

しかし、メーカーからの転職でも内定をもらいやすい転職先がいくつかあります。

メーカーからの転職におすすめの転職先をいくつかご紹介します。

IT業界

1つ目がIT業界です。

メーカーとは一切関わりがない業界になるのですが、おすすめの転職先になります。

その理由は市場規模が拡大しているにも関わらず、人手が足りていないからです。

そのためたくさんの求人が掲載されていて、未経験でも採用してくれる企業が多くあります。

また未経験で転職してもスキルを身に付けて磨くことで、他の業界よりも早いスピードで出世することが可能です。

IT業界の中でもエンジニアやプログラマーなどの職種は、独学である程度の知識は身につけられるため、メーカーにおすすめの転職先になります。

営業職

2つ目が営業職になります。

どの業界の営業職でもメーカーからおすすめの転職先です。

その理由は潜在能力に期待する「ポテンシャル採用」が多い職種になるので、アピールできる実績や経験がなくても転職しやすいからです。

そして営業職は明確な数字で評価されるため、高いモチベーションで働くことができるでしょう。

仕事に対するやりがいなどを転職先に求めている方は、ぴったりだと思います。

また転職してすぐでも営業成績が良ければ給与を上げることも可能です。

コンサルタント

3つ目がコンサルタントです。

コンサルタントはメーカーの経験を活かすことができる転職先になります。

コンサルタントとは企業のさまざまな経営上の問題点を明らかにして解決するアドバイスをすることが仕事です。

簡単にお伝えすると、クライアントの経営をうまく回せるかということです。

そのためメーカーでも業務やライン生産の効率化を考えていた方は、転職しやすくなります。

実際にメーカーからコンサルタントに転職している方は多いです。

ベンチャー企業

4つ目がベンチャー企業です。

ベンチャー企業とは、新しいサービスや商品を提供している企業のことで、市場規模を拡大しています。

日々市場規模を拡大させようとしているため、社会経験のある即戦力の人材を求めています。

そのためメーカーからのおすすめの転職先になります。

さらに大手メーカーで勤めていた場合は、より転職しやすくなります。

大手メーカーでさまざまな経験が評価されることは多く、良い条件で転職できる可能性も高いです。

メーカーから異業種へ転職するコツ

何度もお伝えしていますが、メーカーから異業種へ転職することは簡単なことではありません。

さらに希望通りに転職することは、より難易度の高いことになります。

そこでメーカーから異業種へ転職する際に、おさえておきたいコツをいくつかご紹介します。

転職先のことを調べてから転職活動をする

「転職したい」と考えている方の多く「できるだけ早く転職したい」と思っています。

できるだけ早く転職することが悪いわけではないのですが、少しでも希望通りに転職するためには、じっくりと時間をかける必要があります。

焦って転職活動をしてもうまくいかないことが多いですし、ミスマッチしてしまう可能性も高いです。

そのため落ち着いて希望する転職先ついて、調べてから転職活動をするようにしましょう。

事前に詳しく調べておくことで企業が求める人物像を把握することもできて、転職が成功する可能性も高くなります。

ポジティブな転職理由を考える

転職での面接では必ず「なぜ転職しようと思ったのですか?」と理由を聞かれます。

特にメーカーから異業種への転職では人事も気になると思います。

その際に「人間関係が〜」「給料が悪くて〜」と前職を悪く言うのではなく、ポジティブな転職理由を伝えられるようにしましょう。

そして人事の方を納得させることができれば、転職できる可能性は高くなります。

嘘をつくことはよくありませんが、ポジティブに聞こえる伝え方を意識することも大切です。

転職エージェントを活用する

メーカーから異業種の転職は難易度が高いのですが、転職エージェントを活用することで希望通りに転職できる可能性は高まります。

その理由は転職のプロであるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるからです。

転職エージェントに登録することで在籍しているキャリアアドバイザーが、求人紹介から面接対策まで幅広くサポートしてくれます。

そのためメーカーからでも希望する転職先から内定をもらうことができます。

さらに転職エージェントでは全て無料でサポートしてくれます。

メーカーから異業種へ転職する際は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

メーカーから異業種に転職する際の注意点

今までにメーカー以外の職業を経験したことがない方は、異業種へ転職する際にいくつか注意すべき点があります。

下記でご紹介する注意点をおさえて転職するようにしてください。

労働環境が異なる

1つ目が「労働環境が異なる」ということです。

転職するため労働環境が変わるのは当たり前なのですが、メーカーは他の職業に比べて残業をする可能性が少ないです。

決められた時間で退社することが多いメーカーに勤めていた方がベンチャー企業などに転職すると、残業が多いことで転職したことを後悔してしまいます。

全てのベンチャー企業が残業するわけではありませんが、メーカーとは違う労働環境になることは把握しておきましょう。

待遇・給与が低くなる可能性がある

2つ目が「待遇・給与が低くなる可能性がある」ということです。

メーカーから異業種へ転職するということは、未経験の転職先になります。

上記でもお伝えしたように転職業界では未経験よりも経験者が優遇されるため、未経験だと待遇や給与が低くなる可能性は高いです。

転職前よりも待遇や給与が下がることは覚悟しておく必要があります。

転職できるまで時間がかかることがある

3つ目が「転職できるまで時間がかかることがある」ということです。

メーカーから異業種への転職は簡単なことではないため、転職が成功するまで時間がかかることが多いです。

場合によっては6カ月以上もの間、転職活動をしなくてはいけない可能性もあります。

そのため転職先が決まるまで現職の仕事は退職しないようにしましょう。

メーカーから大手企業に転職したい!成功をつかむポイントと注意点を解説します

メーカーから異業種に転職する際におすすめの転職エージェント

メーカーから異業種へ転職する際は転職エージェントを活用することが大切とお伝えしました。

しかし日本国内に転職エージェントは数多くあるため、「どのサービスを活用すれば良いのかな?」と悩むことが多いと思います。

そこでメーカーから異業種へ転職する際におすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

doda

doda

dodaは業界でもトップクラスの知名度を誇る転職支援サイトです。

登録者は550万人を超えていて、取り扱っている求人数も豊富になります。

その数は公開求人だけで65,000件を超えていて、非公開求人を含めると8万件〜10万件は取り扱っているでしょう。

さらにdodaは転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっています。

そのためdodaに登録するだけで両方のサービスを受けることができます。

そして「転職フェア」を開催していて、実際に企業の方と話すことが可能です。

転職フェアに参加することでメーカーから異業種へ転職できる可能性も高くなるでしょう。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材会社マイナビグループが運営している転職エージェントで、業界屈指の転職支援実績を誇ります。

転職をサポートしてくれるキャリアアドバイザーは各業界に精通しているため、各業界ならではの手厚いサポートをしてくれるでしょう。

そしてマイナビエージェントは圧倒的な求人数を誇ります。その数は公開求人10万件、非公開求人10万件、合計で20万件になります。

これほどの求人数を取り扱っている転職エージェントはそう多くありません。

サポート内容も求人数も充実しているマイナビエージェントはおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

メーカーへの転職におすすめな転職サイト・エージェント12選!

メーカーから異業種へ転職しよう

この記事ではメーカーから異業種へ転職することについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

「異業種へ転職したいけど、どの転職先が良いかわからない」という方は、上記でお伝えしたおすすめの転職先を参考にしてみてください。

さらにメーカーから異業種への転職は簡単なことではありませんので、転職エージェントのサポートを活用するようにしてください。

そして少しでも希望条件に近い転職先へ転職しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件