メーカーの転職は難しい?転職を勝ち取る5のコツ

メーカーの転職は難しい?転職を勝ち取る5のコツ

転職する際は現職の職種によって難易度が変わります。

転職しやすい職種・転職しにくい職種があり、転職市場で転職することが難しいとされているのが「メーカー」です。

メーカーは明確な結果が出る職種ではないため、転職することが難しいと言われています。

しかし、メーカーでも希望通りの転職することは可能です。

この記事ではメーカーの転職が難しい理由と、メーカーでも転職を勝ち取るコツを解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

メーカーの転職は転職先によって難易度が異なる

メーカーの転職が難しいとお伝えしましたが、希望する転職先によって難易度は変わります。

メーカーから営業への転職を希望するのか、メーカーからメーカーへの転職を希望するのか、メーカーからマーケティングへの転職を希望するのか、さまざまな選択肢があります。

その選択肢によって転職が成功する難易度が変わり、転職先によっては成功することが難しいとされています。

メーカーの転職難易度についてより詳しく解説します。

同業者に転職するなら経験者枠で転職しやすい

メーカーの転職は難しいと言われるのですが、同業者に転職する場合は「経験者枠」として扱われるため、転職しやすくなります。

同業者とは、メーカーからメーカーに転職することです。

メーカーと言っても食品メーカー・自動車メーカー・アパレルメーカーなどさまざまあるのですが、基本的なものを生産して提供するという業態は変わらないため、経験者として扱われます。

さらにメーカーは高い専門性を必要とする職業なので、新卒を採用して即戦力になりません。

そのため即戦力で働ける経験者は、転職業界で高い需要を誇ります。

異業種に転職する場合は難しい

メーカーからメーカーへの転職はあまり難しくないのですが、異業種への転職は難しいです。

異業種とはメーカーと異なる職業のことを指し、営業職・マーケティング職・事務職などになります。

なぜ、メーカーは異業種への転職が難しいのでしょうか?

メーカーから異業種に転職することが難しい理由を3つご紹介します。

メーカー独自の考え方が定着している

1つ目が「メーカー独自の考え方が定着している」ということです。

メーカーに長く勤めていればいるほど考えが凝り固まってしまい、「メーカー独自の考え方しかできない」と判断されることがあります。

そのため異業種への転職は難しくなります。

メーカーは「ものを生産して提供する」ということが中心になるため、長く勤めているとどうしても独自の考え方が定着してしまいます。

業態が異なるので経験を活かせない

2つ目が「業態が異なるので経験を活かせない」ということです。

何度もお伝えしていますがメーカーはものを生産して提供するという業態になりますが、異業種でそのような職種はありません。

そのためメーカーで培った経験を異業種で活かすことができずに、転職することが難しくなります。

このことは人事の方も理解しているため、メーカーから異業種への転職は難しいです。

転職でアピールできるポイントが限られる

3つ目が「転職でアピールできるポイントが限られている」ということです。

メーカーはものを作ることが業務のほとんどになるため、転職でアピールできることは少ないです。

例えば営業職だとアピールできるポイントは豊富です。

営業での成績をアピールできますし、成績を出せるようになるまでの過程などもアピールできるでしょう。

しかしメーカーの場合は明確な結果がないため、魅力的なアピールができません。

そのためメーカーから異業種へ転職することは難しくなります。

メーカーでも転職を勝ち取る5つのコツ

メーカーの転職は難しいとお伝えしましたが、決して転職できないわけではありません。

メーカーでも希望通りに転職できる可能性はあります。

そこでメーカーで転職を勝ち取る5つのコツをご紹介します。

少しでも希望通りに転職するためにも、下記のコツを参考にしてみてください。

①転職しやすい企業の特徴をつかんでおく

1つ目のコツが「転職しやすい企業の特徴をつかんでおく」ということです。

メーカーからの転職が難しいとはいえ、転職しやすい企業と転職しにくい企業があります。

そのため転職しやすい企業の特徴をつかんでおくことができれば、メーカーでも転職することが可能です。

メーカーから転職しやすい企業をいくつかご紹介します。

コンサル

コンサル会社はメーカーから転職しやすい企業になります。

コンサルとは一般的に企業のさまざまな経営上の課題を明確にして解決する助言をする職業になります。

簡単にお伝えすると、クライアントの経営をいかにうまく回せるかということです。

そのためメーカーでも業務・ラインの効率化を考えていた方は、より転職しやすくなります。

効率化を考えるということと、経営上の課題を明確にすることが似ているため評価されやすく、実際にメーカーからコンサル会社に転職を成功させている方は多いです。

ベンチャー企業

ベンチャー企業はメーカーから転職しやすくなります。

ベンチャー企業とは新しいサービスやビジネスを展開している企業のことを指し、規模としては中小企業程であることが多いです。

なぜベンチャー企業に転職しやすいかというと、即戦力で働ける人材を求めるからです。

また大手メーカーで勤めていた場合は、より転職しやすくなります。

大手メーカーで培った顧客拡大や生産の効率化といった経験が高く評価されることは多く、良い待遇で転職できる可能性も高いです。

転職におすすめのベンチャー企業12選!向いている人の特徴も解説

同業他社

同業他社はメーカーから転職しやすくなります。

同業他社とは同じ業種で他の会社のことを指すので、メーカーからメーカーへの転職ということになります。

ただし業種が同じである必要があるため、食品メーカーなら食品メーカーへ転職するということです。

職種・業種が変わらないため、経験者として扱われて培ってきた経験を活かすことができます。

さらに競合他社への転職であれば待遇されることが多いでしょう。

とにかく現職の会社を辞めたいと考えている方は、同業他社への転職がおすすめです。

②20代のうちに転職を進めておく

2つ目のコツが「20代のうちに転職を進めておく」ということです。

メーカーに限らず転職業界では年齢が若ければ若いほど、需要が高まります。

その理由は考え方が固まっていないことや、長い年月働くことができることが挙げられます。

そのため20代のうちに転職活動を進めておくと、メーカーからでも転職しやすくなります。

40代より30代、30代より20代というように需要はどんどん低くなるので、1日でも早く転職活動を進めることが大切になります。

30代ならアピールできる実績を確保しておく

20代ではなく30代に転職する場合は、アピールできる実績を確保しておくようにしましょう。

20代よりも年齢が高くなる30代は働ける時間も少なくなってしまうため、即戦力で働ける力を求められます。

それを転職でアピールするためには、実績が必要になります。

転職先の企業で活躍できることを証明する実績を30代では確保しておくようにしましょう。

③メーカーの経験やスキルが通用する企業を選ぶ

3つ目のコツが「メーカーの経験やスキルが通用する企業を選ぶ」ということです。

メーカーでの立場によりますが、必ず何か通用する経験やスキルは身に付いていると思います。

例えば生産性を上げるために作業の効率化を常に考えていたという経験があると、コンサル会社やマーケティング会社には転職しやすくなるでしょう。

他にもアパレルメーカーから転職する際は、アパレル販売になることで専門性の高い販売員になれるでしょう。

メーカーは専門性が高いため、通用する経験やスキルがないと思われることが多いのですが、必ず何かあります。

転職をきっかけに今までの職歴を振り返ってみてください。

④同じ職種での転職を目指す

4つ目のコツが「同じ職種での転職を目指す」ということです。

同じ職種とはメーカーからメーカーへの転職ということになります。

転職業界の中でも同じ職種への転職は比較的成功しやすいです。

今までの経験をそのまま活かすことができますし、転職しても即戦力で働くことができるでしょう。

また同業他社への転職ではありませんので、働く環境も変化させることが可能です。

⑤転職エージェントのサポートを受ける

5つ目のコツが「転職エージェントのサポートを受ける」ということです。

転職する際は自分の力だけで転職しようとする方が多いのですが、転職エージェントのサポートを受けた方がスムーズに進みやすいです。

特にメーカーの転職は難しいと言われているため、エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

そして担当のエージェントが転職に関することは、幅広くサポートしてくれるため、働きながらでも転職活動を進められます。

メーカーの転職で利用すべき転職エージェント3選

メーカーの転職では転職エージェントを利用すべきなのですが、日本国内には数多くの転職エージェントがあるため「どのサービスが良いんだろう?」と悩まれることが多いと思います。

そこでメーカーの転職で利用すべき転職エージェントを3つご紹介します。

doda

doda

1つ目がdodaです。

dodaは業界最大級の転職支援サービスで、登録者は550万人を超えています。

転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっているため、DODAに登録することで2つのサービスを受けることが可能です。

そして各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、メーカーへの転職も手厚くサポートしてくれるでしょう。

doda詳細ページ

パソナキャリア

パソナキャリア

2つ目がパソナキャリアです。

パソナキャリアは業界でもトップクラスの取引企業を抱える転職エージェントです。

公開求人だけで28,000件以上取り扱っていて、非公開求人も含めると3万件は優に超えるでしょう。

パソナキャリアでは転職に関するサポートだけではなく、退職交渉もサポートしてくれます。

負担の大きい退職交渉をサポートしてくれることは,

大きなメリットになるでしょう。

パソナキャリア詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

3つ目がリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、大手人材会社リクルートグループが運営している転職エージェントです。

業界最大手の転職エージェントになるため転職支援実績が豊富で、充実したサポート体制が整っています。

さらにリクルートエージェントは業界No.1の求人数を取り扱っています。

その数は20万件以上で、幅広い求人の中から希望するものを選ぶことができます。

リクルートエージェント詳細ページ

メーカーでも自分のアピールポイントを理解して転職を進めよう

この記事ではメーカーからの転職についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

メーカーからの転職は難しいと言われることが多いのですが、自分のアピールポイントを理解して転職活動を進めれば希望通りに転職することは可能です。

また上記でお伝えした「コツ」を意識することで、希望通りに転職できる可能性は高まります。

メーカーからの転職の際は、転職エージェントを活用してアピールポイントを理解して、転職活動を進めるようにしましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件