WEBライターの始め方と必要な準備を徹底解説!

WEBライターの始め方と必要な準備を徹底解説!

サラリーマンの副業から学生・主婦のアルバイトまで幅広く人気のある職業が「WEBライター」です。

近年はインターネットが普及してきたこともあり、副業ではなく本業での需要も高くなっています。

しかし「WEBライターの始め方がわからない…」という方は多いのではないでしょうか?

この記事ではWEBライターの始め方や、必要な準備などについて解説していきます。

WEBライターの始め方5ポイント

WEBライターがしている仕事は、WEB上に記事を掲載することです。

普段WEB記事を読む機会が多い人には、身近に感じるものだと思うのですが、いざ仕事を始めると考えると「何から始めれば良いんだろう?」と悩まれることが多いと思います。

そこでWEBライターの始め方をご紹介します。

WEBライターの始め方ポイントは5つあります。

  • WEBライティングの基本を叩き込む
  • SEOの知識も触れてみる
  • 自分のブログで学んだことを生かしてみる
  • 実際に案件を受注してみる
  • 経験を積んで単価を上げていく

1つずつ解説していきます。

WEBライティングの基本を叩き込む

1つ目のポイントが「WEBライティングの基礎を叩き込む」ということです。

WEBライターに限らず、まずは基礎部分を叩き込む必要があります。

基礎ができるようになって、初めて応用ができるようになります。

そのためWEBライターとしてWEBライティングの基礎を叩き込むようにしましょう。

WEBライティングの基礎とは、一般的な構成や文章の書き方などになります。

WEBライターは「SEO」に関する知識も必要なのですが、まずは基礎部分を叩き込むことだけに集中しましょう。

WEBライティングに関連する書籍を読みこむ

WEBライティングの基礎を叩き込むには、書籍を読むことがおすすめです。

「WEBなのに書籍?」と感じると思いますが、基礎部分は書籍で学ぶのが一番です。

WEBライティングに関する書籍は多数発売されています。

基本的にはどの書籍を読んでも良いのですが、1冊だけで終わるのではなく2冊、3冊と読みこむようにしましょう。

TwitterでWEBライターの投稿を追ってみる

「WEBライターの始め方がわからない」という悩みは、WEBライターを始める多くの方が抱える悩みです。

そのためTwitterでWEBライターの投稿を追ってみると、ヒントになる投稿があるかもしれません。

さらに現役WEBライターはTwitterで自身が持っている基礎知識を投稿していることがあります。

WEBライターのTwitterを追うことで、始め方や基礎知識を学べると思います。

Twitterの検索窓で「WEBライター」と検索するとヒットします。

SEOの知識も触れてみる

2つ目のポイントが「SEOの知識も触れてみる」ということです。

WEBライティングの基礎知識を叩き込むと、次は「SEO」の関する知識にも触れてみましょう。

SEOとは、検索エンジン最適化の頭文字をとった総称で、GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードが検索された場合に自サイトが上位に表示するようにすることになります。

WEBライターとして仕事をしていく上では、欠かせない知識になります。

しかしSEOに関する知識は奥深くアップデートもされるため、100%習得することは難しいです。

そのためWEBライターを始めたての場合は、少し触れてみる程度で問題ありません。

WEBライティングすることに慣れてくると、SEOに関する知識も増やしていくと良いでしょう。

自分のブログで学んだことを活かしてみる

3つ目のポイントが「自分のブログで学んだことを活かしてみる」ということです。

WEBライティングの基礎知識やSEOに関する知識などをインプットするだけではなく、アウトプットすることが大切になります。

学ぶことも大切なのですが、学んだことを活かしていかないと成長しません。

そのため自分のブログで学んだことを活かしてライティングしてみましょう。

自分のブログになるので、ライティングする内容やジャンルは自由です。

学ぶだけで終わらないことが大切になります。

実際に案件を受注してみる

4つ目のポイントが「実際に案件を受注してみる」ということです。

インプットした知識をアウトプットできるようになると、次は実際に案件を受注します。

WEBライターは依頼された内容に沿ってライティングしていくため、初めは得意なジャンルを中心に受注してみてください。

案件の受注は「ランサーズ」や「クラウドワークス」など、クラウドソーシングサイトを利用することをおすすめします。

ランサーズやクラウドワークスは、未経験で簡単にも案件を受注することができるため、お金をもらいながら経験を積んでいけます。

経験を積んで単価を上げていく

5つ目のポイントは「経験を積んで単価を上げていく」ということです。

クラウドソーシングサイトなどでWEBライティングの案件を受注していき経験を積めると、単価の上げていきましょう。

未経験の場合は1文字0.5円〜0.7円程度の案件が多いと思うので、経験を積めると1文字1円以上の案件を受注するようにしましょう。

また継続的に発注してくれるクライアントがいる場合は、単価アップの交渉してみてください。

単価を上げることは難しいかもしれませんが、質の良い記事を納品できていると単価は上げられます。

WEBライターになるために必要な準備

WEBライターの始め方は理解していただけたと思います。

次はWEBライターになるための準備をご紹介します。

WEBライターになることは簡単かもしれませんが、WEBライターとして希望通りにお金を稼ぐことは簡単ではありません。

WEBライターになるために必要な準備について解説していきます。

正しい日本語力をつける

WEBライターはWEB上に掲載する記事をライティングする仕事になるため、必ず「読み手」がいます。

その読み手が読みやすい日本語でライティングする必要があり、正しい日本語力をつけることが大切になります。

正しい日本語でライティングすることができていないと、読み手は読みにくく感じてSEO的にも良くありません。

WEBライターになるためには、正しい日本語力をつける必要があります。

わかりやすい文章を書く練習をする

上記でも伝えしましたが、ライティングした記事には必ず読み手がいます。

その読み手がわかりやすい文章で書く必要があり、自分が理解できても読み手が理解できなければ意味がありません。

そのためわかりやすい文章を書く練習をしましょう。

わかりやすい文章を書くコツとしては、第三者の目線に立つことが大切です。

自分がライティングした記事を読んでも「わかりやすい」と感じてしまいますので、「その内容を全く知らない方が読んでもわかりやすいと感じる文章なのか」という目線で書くことをおすすめします。

SEOの知識を付ける

WEBライターになるために欠かせない知識が「SEO」に関する知識です。

正しい日本語でわかりやすい文章を書いてもSEOに関する知識がないと、WEBライターとして仕事を続けていくことは難しいです。

ただし、いきなりSEOに関する知識をマスターする必要はありません。

WEBライティングの基礎もわかりやすい文章を書ける力も必要になります。

そのため、まずはSEOに関する基礎知識を身に付けることをおすすめします。

WEBライターはフリーランスと企業どっちがいいの?

WEBライターには大きくフリーランスの方と企業に勤めている方がいます。

どちらもWEBライターになるためフリーランスとして働くべきなのか、企業に勤めるべきなのか悩まれることが多いと思いますが、この悩みに正解はありません。

双方にメリット・デメリットがあるため、求めることで最適な選択肢が変わってきます。

副業として始めたいならフリーランス

WEBライターを副業として始めたい場合はフリーランスがおすすめです。

上記でお伝えした「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトを利用することで、副業としてWEBライターを始められます。

ただし副業としてWEBライターを始めると、お金を稼げるまで時間がかかります。

そのため将来的にWEBライターとして生計を立てていきたい方は、企業に勤めても良いでしょう。

企業に所属すれば安定性は手に入る

WEBライターに安定性を求める場合は、企業に勤めることをおすすめします。

企業に勤めるということは「正社員」になるため、経済的な安定は手に入ります。

ただしフリーランスのように副業として働くことはできませんし、現職の会社を辞める必要があります。

「まだWEBライターとしての経験を積みたい」という方は、副業のフリーランスとしてWEBライターを始めても良いでしょう。

未経験だと転職が難しい

WEBライターとして企業に勤める場合の大きな壁が「転職することが難しい」ということです。

特にWEBライターの経験がない方は、より転職することが難しいです。

WEBライターの求人を出している企業は、未経験ではなく即戦力の人材を求めています。

また未経験のWEBライターを求める場合は、新卒で採用します。

そのため未経験でWEBライターに転職することは難易度が高いです。

しかし、上記でお伝えした始め方を参考にして、実際に案件を受注していると、転職できる可能性は高まるでしょう。

WEBライターを始めるときの注意点

WEBライターになることを簡単なのですが、始める際にはいくつか注意すべき点があります。

WEBライターになったことを後悔しないためにも、下記の注意点を参考にしてみてください。

案件を受けても最初から稼げるわけではない

1つ目の注意点が「案件を受けても最初から稼げるわけではない」ということです。

「WEBライターとして案件を受注できるとお金を稼げるようになる」と思われている方が多いのですが、最初は多くのお金を稼げるわけではありません。

上記でもお伝えしましたが、最初は1文字0.5円〜0.7円程度です。

案件によっては0.5円を下回ることもあります。

1記事にかかる時間が少なければ、0.5円でも稼げるかもしれませんが、最初は1記事にかかる時間も多いです。

そのためWEBライターになって案件を受け始めても稼げるわけではないので、注意してください。

ライティングに慣れていないと1記事に時間がかかる

2つ目の注意点が「ライティングに慣れていないと1記事に時間がかかる」ということです。

案件によって文字数は異なるのですが、経験者だと2,000文字の記事は1時間〜2時間程度で仕上げるでしょう。

4,000文字であれば2時間〜3時間程度で仕上げると思います。

しかし、ライティングに慣れていないと、2,000文字の記事でも1日〜2日かかってしまうことがあります。

しかし、ライティングに慣れるまで時間がかかることは仕方ないです。

慣れるまでは時間がかかると思っておきましょう。

安定した生活は保証できない

3つ目の注意点が「安定した生活が保証できない」ということです。

WEBライターとして企業に勤める場合は安定した生活が保証されていますが、フリーランスとして働く場合は安定した生活が保証されていません。

その分、働く場所や時間は決められていないというメリットがあります。

フリーランスのWEBライターとして働く以上は、安定した生活は保証されないです。

Webライターは儲からない?!平均年収と高収入を得る人の特徴を解説!

副業で始めるなら会社にバレる可能性がある

4つ目の注意点が「副業で始めるなら会社にバレる可能性がある」ということです。

WEBライターを副業として始める方は、会社にバレる可能性があります。

副業OKな会社だと問題ありませんが、副業NGな会社の場合は退職することになるかもしれません。

「WEBライターの副業ならバレないだろう」と思っていても、会社にバレる可能性は十分あります。

そのため副業がOKな会社に在籍している方のみ、WEBライターを始めることをおすすめします。

副業NGな会社に在籍している方は、思い切って転職しましょう。

ライターにおすすめ転職サイト・エージェントランキング

WEBライターの始め方を知って準備を進めていこう

この記事ではWEBライターの始め方や必要になる準備についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

WEBライターは「始め方がわからない」という方が多いのですが、意外にも簡単に始められます。

ただし必要になる準備をしていないと、WEBライターとしてお金を稼ぐことは難しいです。

WEBライターには「企業に勤める・フリーランスで働く」という選択肢があるため、自分が求める条件によって選択肢を決めましょう。

この記事を参考にしてWEBライターの準備を始めていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件