メーカーから大手企業に転職したい!成功をつかむポイントと注意点を解説します

転職活動において希望通りに転職することは難しいです。

また希望する転職先が大手企業になればなるほど転職難易度は高くなり、大手への転職を諦めてしまう方も多いと思います。

しかし大手企業への転職は、いくつかのポイントをおさえることで成功する確率を高めることができます。

この記事ではメーカーから大手企業へ転職する際のポイントと、注意点について解説していきます。

メーカーから大手企業に転職するための5つのポイント

メーカーから大手企業へ転職する際は大きく5つのポイントがあります。

メーカーからの転職は難しいと言われることは多いので、大手企業への転職を考えている方は下記のポイントを参考にしてみてください。

経歴が大手企業の求める人物とマッチするか

1つ目のポイントは「大手企業が求める人物とマッチするか」ということです。

大手企業になればなるほど、自社で求めている人材しか採用しません。

言い方を変えると、大手企業が求める人物とマッチすることができれば転職することが可能です。

大手企業がマッチしているか判断するポイントが「職歴」です。

職歴とはどのような会社に勤めていて、どのような部署に在籍していて、どのような立場だったかということです。

例えば、大手企業が新しい部署をまとめる人材を探していると、役職経験があるとマッチしているといえるでしょう。

大手企業が求める人物とは何なのかを考えて転職するようにすると、成功をつかめる可能性は高まります。

20代のうちに転職を進める

2つ目のポイントが「20代のうちに転職を進める」ということです。

大手企業に限らず転職業界では年齢が若ければ若いほど需要が高くなります。

その理由は転職して長い月日を働けることや考え方が固まっていないということが挙げられます。

そのため20代のうちに転職活動を進めることで、大手企業への転職が成功する可能性は高くなります。

40代よりも30代、30代よりも20代というように需要は高くなりますので、1日でも早く転職活動を進めるようにしましょう。

しかし、即戦力の人材を求める企業もあります。その場合は30代〜40代の方が転職しやすいでしょう。

子会社なら栄転を目指す

3つ目のポイントが「子会社なら栄転を目指す」ということです。

大手企業への転職は大手栄転に勤めている方が成功する可能性が高くなり、子会社の場合は転職しにくくなります。

そのため子会社のメーカーに勤めている方は、まず「栄転」を目指してみてください。

子会社でも高い地位にいることで、大手企業へも転職しやすくなります。

同業他社を狙う

4つ目が「同業他社を狙う」ということです。

同業他社とは同じ業界の仕事をしている他の会社のことを指すので、食品メーカーに勤務していると他の食品メーカーに転職することになります。

食品メーカーから自動車メーカーへの転職は同業他社にはなりませんので、注意してください。

同業他社に転職することで、今までの経験をそのまま活かすことができて即戦力の人材として扱ってもらえ、大手企業へも転職しやすくなります。

また競合会社からの転職になると、待遇や条件が良くなることもあります。

ただし、同業他社への転職は仕事内容が大きく変わらないというデメリットがあるため、他の職業に就きたい方にはおすすめできません。

転職サイト・エージェントを活用する

5つ目のポイントが「転職サイト・エージェントを活用する」ということです。

転職する際に自分の力だけで転職しようとする方がいます。

自分の力だけで転職することは素晴らしいことなのですが、大手企業への転職は難しいです。

そのため転職サイト・エージェントを活用して転職するようにしましょう。

転職サイト・エージェントは全て無料で利用できますし在職中でも利用できるので、大手企業への転職を考えている方は、サポートをフルに活用してください。

メーカーから大手企業に転職するときにすべきアクション

メーカーから大手企業へ転職する成功率を高めるポイントをお伝えしましたが、より成功率を高めるためにするべきアクションがあります。

メーカーからの転職は簡単なことではないため、下記でご紹介するアクション・行動を参考にしてみてください。

アピールできる専門性を磨く

1つ目が「アピールできる専門性を磨く」ということです。

転職する際は少しでも魅力的な人材になることが大切です。

魅力的な人材と判断してもらうためには、アピールできる専門性を磨く必要があります。

例えば、大手不動産業界への転職を考えていたとしましょう。

その場合は「宅建」や「司法書士」などの資格を取得していると、簡単に専門性の高さを証明できるでしょう。

専門性の高さを面接で証明するためには、資格がおすすめです。

もちろん、業界の動向や資格にはない専門性を磨くことも大切ですが、なかなか証明できません。

そのためメーカーから大手企業へ転職する際は、アピールできる専門性を磨くようにしましょう。

企業内で実績を上げておく

2つ目が「企業内で実績を上げておく」ということです。

「実績がある人材か実績のない人材、どちらを採用しますか?」と聞かれると多くの方が実績のある方と答えると思います。

そのため転職する際は、少しでも企業内で実績を上げておく必要があります。

ただし、メーカーで明確な実績を挙げるのは難しいと思います。

メーカーでアピールできる実績とはラインの効率化・顧客拡大・生産の効率化などが挙げられるので、少しでもアピール実績を上げておくようにしましょう。

メーカーから大手企業を目指す時の注意点

大手企業に転職する方は「大手企業=優良企業」と思われていることが多いのですが、その考え方には注意が必要です。

大手企業でも優良企業とは限りません。

そのためメーカーから大手企業へ転職する際は、いくつか注意すべき点があります。

転職したことを後悔しないためにも、下記の注意点を参考にしてみてください。

大手企業独自の社風がある

大手企業になればなるほど、独自の社風があることが多いです。

大手企業は会社の規模感が大きいため、会社全体で価値観やルールを細かく決められていることがあり、個人の価値観や意見は反映されにくい環境になっています。

また安定しているという一面はあるものの自分なりの意見やアイデアは採用されにくいため、チャレンジ精神がある方や新しい発想を取り入れていきたい方は、大手企業だと働きにくいと感じるかもしれません。

大手企業ならでは独自の社風をさらに詳しくご紹介します。

年功序列制度が色濃く残っていることも

大手企業は歴史を大切にする傾向があるため、年功序列制度が色濃く残っている可能性が高いです。

年々、年功序列制度を撤廃している会社が多い中、色濃く制度が残っていると働きにくいと感じるでしょう。

さらに年功序列精度がある会社に転職してしまうと、何歳でも一番下の立場として扱われます。

前職で上の立場で働いていた方にとっては、より働きにくいと感じるでしょう。

部署内になじめないことも

大手企業では部署内の人数が多く、転職者はなじめないこともあります。

転職者を歓迎してくれないとは限りませんが、大手企業になれば「個」というイメージが強くなるため、歓迎してくれる可能性は低くなるでしょう。

そのためどのように部署内でなじむのか考えておくことが大切です。

希望の部署に配属されるかはわからない

大手企業にはさまざまな部署があり企業内でも高い競争率になっているため、メーカーから大手企業へ転職する際は、希望する部署に配属されないかもしれません。

「大手企業に転職できたけど、希望する部署に配属されなかった」ということは、多くの転職者が経験していることになるので注意が必要です。

どうしても希望する部署に配属されたい方は、大手企業への転職ではなく中小企業への転職をおすすめします。

企業によってはブラックなことも

上記でもお伝えしましたが「大手企業=優良企業」とは限りません。

大手企業でもブラックなこともあります。求人の条件や福利厚生は充実していたのに、いざ転職してみると求人の情報と全く違うなんてこともあります。

大手企業になればなるほど、「大丈夫だろう」と思い込んでしまうため、「大手企業=優良企業」ではないと思っておきましょう。

メーカーの転職は難しい?転職を勝ち取る5のコツ

メーカーから大手企業に転職したい人におすすめ転職サイト・エージェント

上記でもお伝えしたようにメーカーから大手企業へ転職する際は、転職サイト・エージェントを活用することが大切になります。

しかし日本国内に転職サイト・エージェントは数多くあるため、「どのサービスが良いんだろう?」と悩まれることが多いと思います。

そこでメーカーから大手企業に転職する際に、おすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

1つ目がマイナビエージェントです。

マイナビエージェントは大手人材会社マイナビグループが運営している転職エージェントで、20代から高い人気を誇ります。

マイナビエージェントは20代の利用者が多いということもあり、キャリアアドバイザーのサポートが充実しています。

また、各業界に精通しているキャリアアドバイザーが在籍しているため、希望している業界に転職しやすいです。

20代でメーカーから大手企業へ転職したい方は、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

2つ目がリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは大手人材会社リクルートグループが運営している転職エージェントで、業界屈指の転職支援実績を誇ります。

そんなリクルートエージェントは業界最大級の求人数を誇り、その数は20万件以上になります。

転職エージェントで20万件以上の求人を取り扱っていることは、そう多くありません。

圧倒的な求人の中から選びたい方は、リクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェント詳細ページ

doda

doda

3つ目がdodaです。

dodaは業界最大規模を誇る転職支援サイトで、転職サイト・転職エージェント両方のサービスを利用することが可能です。

dodaは転職エージェントの中では珍しく担当者を分けています。

転職者と企業側の担当者を分けているため、100%転職者の味方でいてくれます。

また企業と連絡を取る時間がないため、サポート体制も整っています。

充実したサポートを受けたい方は、dodaがおすすめです。

doda詳細ページ

メーカーからでも専門性を活かして大手への転職を目指そう

この記事ではメーカーから大手企業へ転職するポイントと注意点についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

メーカーからの転職は難しいと言われることが多いのですが、専門性を活かすことができれば大手企業への転職も夢ではありません。

ただし、大手企業=優良企業ではないということには注意してください。

上記でお伝えした転職サイト・エージェントを利用して、メーカーから大手企業へ転職しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件