メーカーへの転職におすすめな転職サイト・エージェント12選!

メーカーへ転職する際は、転職サイトや転職エージェントを活用することが大切になります。

転職サイト・エージェントを活用することで、希望通りに転職できる可能性が高まるのですが、日本国内には数多くの転職支援サービスがあるため、「どのサービスが良いんだろう?」と悩まれると思います。

そこでメーカーへの転職におすすめの転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

1位 ビズリーチ

ビズリーチ

1位は「ビズリーチ」です。

ビズリーチはハイクラスの求人を取り扱っている転職サイトで、テレビCMなどをやっていることから高い知名度を誇ります。

ビズリーチが取り扱っている求人数は9万件を超えていて、メーカーの求人は8,000件以上取り扱っています。

そんなビズリーチには「スカウト」サービスがあります。

ビズリーチに登録するだけで優良企業や一流のヘッドハンターからスカウトされる可能性があり、自分から応募しなくても転職ができます。

実際にビズリーチを利用している8割以上の方が、スカウトサービスより転職しています。

ビズリーチ詳細ページ

2位 マイナビエージェント

マイナビエージェント

2位は「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントは大手人材会社「マイナビグループ」が運営している転職エージェントです。

大手企業が運営していることもあり、業界での知名度・実績・求人数はトップクラスになります。

マイナビエージェントでは転職者をサポートするキャリアアドバイザーとは別に、企業の人事担当者とやりとりをするアドバイザーが在籍しています。

そのため求人に載っていないリアルな情報を知ることができます。

さらにマイナビエージェントは20代から高い人気のある転職エージェントで、若手向けの求人が多い傾向にあります。

20代でメーカーへの転職を考えている方は、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

3位 doda

doda

3位は「doda」です。

dodaは業界でもトップクラスの知名度を誇る転職支援サイトで、登録者は550万人を超えています。

取り扱っている求人数も豊富で、公開求人だけで65,000件を超えていて、非公開求人を含めると8万件〜10万件は取り扱っています。

さらにdodaは転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっています。dodaに登録するだけで両方のサービスを受けることができます。

そして「転職フェア」を開催していて、企業の方と直接話すことが可能です。

転職フェアに参加することでメーカーへの転職を後悔する可能性は低くなるでしょう。もちろん、転職フェアは無料で参加できます。

doda詳細ページ

4位 リクナビNEXT

リクナビNEXTの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

4位は「リクナビNEXT」です。

リクナビNEXTは大手人材会社リクルートグループが運営している転職サイトで、業界屈指の規模を誇ります。

リクナビNEXTは転職を希望している半数以上が登録していると言われる転職サイトで、4万件以上の求人を取り扱っています。

さらに気になる求人があれば転職者から「アプローチ」することが可能です。

また求人を掲載している企業から「オファー」されることもあります。

リクナビNEXTを利用することで転職活動を行わなくても、メーカーへ転職することが可能です。

リクナビNEXT詳細ページ

5位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

5位は「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは大手人材会社「リクルートグループ」が運営している転職エージェントです。

業界屈指の転職支援実績を誇り、キャリアアドバイザーのサポート力も充実しています。

さらに各業界に精通しているキャリアアドバイザーが在籍しているため、メーカーへの転職も手厚くサポートしてくれるでしょう。

そしてリクルートエージェントは圧倒的な求人数を誇ります。

その数は公開求人10万件、非公開求人10万件、合計で20万件になります。

これほどの求人数を取り扱っている転職エージェントはそう多くありません。メーカーの求人も多数取り扱っています。

リクルートエージェント詳細ページ

6位 パソナキャリア

パソナキャリア

6位は「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは転職者からの満足度が高い転職エージェントで、手厚いサポートが好評です。

パソナキャリアを運営している「パソナグループ」は東証一部に上場していて、業界トップクラスの取引企業数を誇ります。

求人数は公開求人だけで25,000件以上で、メーカー関連の求人は約7,000件取り扱っています。

そしてパソナキャリアには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍していて、業界ならではのサポートをしてくれます。

そのため転職者からも高い満足度を誇っているのでしょう。

パソナキャリア詳細ページ

7位 JACリクルートメント

JACリクルートメント

7位は「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは30代〜50代の転職に特化している転職エージェントです。

取り扱っている求人もハイクラスなものが多く、年収アップを考えている方にはぴったりな転職エージェントになります。

JACリクルートメントは1988年より転職支援サービスを開始していて、業界屈指の転職支援実績を誇ります。

その数は40万人を超えています。そのため転職を成功させる「ノウハウ」を持っていて、その転職ノウハウを駆使して転職サポートしてくれます。

30代〜50代でメーカーへの転職を考えている方は、JACリクルートメントがおすすめです。

JACリクルートメント詳細ページ

8位 ワークポート

ワークポート

8位は「ワークポート」です。

ワークポートはさまざまなジャンルの転職支援サービスを提供している総合型の転職エージェントです。

「株式会社ワークポート」が運営していて、日本各地に拠点を展開しています。

ワークポートでは転職経験がない方でも希望通りに転職できるように、転職ノウハウ講座を開催しています。

転職ノウハウ講座はオンラインから無料で閲覧することが可能で、11種類もの講座が用意されています。

さらに履歴書や職務経歴書をPC・タブレット・スマホから簡単に作成できるツールがあります。

働きながらメーカーへの転職を考えている方は、ワークポートがおすすめです。

ワークポート詳細ページ

9位 メイテックネクスト

メイテックネクスト

9位は「メイテックネクスト」です。

メイテックネクストはエンジニアの転職に特化した転職エージェントです。

エンジニアの求人を常時1万件以上取り扱っていて全体の8割が非公開求人になります。

そのため非公開求人を含めると5万件以上のエンジニア求人を取り扱っているということです。

またメイテックネクストでしか取り扱っていない独占求人も多数取り扱っています。

さらにメイテックネクストでは土日祝も転職に関するサポートをしてくれるため、働きながらでもメーカーに転職しやすいです。

そして業界に精通したキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、サポート力も充実しています。

メイテックネクスト詳細ページ

10位 e仕事

e仕事

10位は「e仕事」です。

e仕事は工場製造業に特化した転職サイトになります。e仕事では正社員や契約社員の求人よりも「派遣社員」の求人を中心に取り扱っています。

派遣社員としてメーカーへ転職したいと考えている方にはぴったりな転職サイトになります。

そしてe仕事の派遣社員に登録できる会場は日本各地に構えていて、登録しやすい環境が整っています。

正社員ではなく派遣社員としてメーカーに転職したい方はe仕事がおすすめです。

11位 マイナビ転職

マイナビ転職

11位は「マイナビ転職」です。

マイナビ転職は大手人材会社「マイナビグループ」が運営している転職サイトです。

取り扱っている求人数は1万件以上で、メーカーの求人は約2,500件取り扱っています。

マイナビ転職にはさまざまなコンテンツがあり、「転職ノウハウセミナー」や「適正診断テスト」など求人検索以外のサービスも充実しています。

そして「転職フェア」も開催しているので、スムーズに転職活動を進めやすいです。

マイナビ転職詳細ページ

12位 type転職エージェント

type転職エージェント

12位は「type転職エージェント」です。

type転職エージェントは関東圏のITエンジニア・営業職・メーカーへの転職に強い転職エージェントです。

転職者の満足度も高く、キャリアアドバイザーのサポート力も充実しています。

キャリアアドバイザーが求人紹介から企業先への条件交渉まで代行してくれるため、転職に関する不安を軽減できます。

さらにtype転職エージェントが取り扱っている求人の8割以上の非公開求人になるので、条件・待遇の良いメーカー求人を紹介してもらうことが可能です。

type転職エージェント詳細ページ

メーカーへの転職で注意すべきポイント

転職サイト・エージェントを活用することでスムーズに転職できる可能性が高いのですが、メーカーへの転職ではいくつか注意すべき点があります。

メーカへ転職したことを後悔しないためにも、下記の注意点を参考にしてみてください。

企業の情報を徹底的に収集する

1つ目の注意点が「企業の情報を徹底的に収集する」ということです。

メーカーへの転職に関わらず、転職先企業の情報を徹底的に収集することは大切になります。

反対に収集せずに転職してしまうと、「思っていた企業ではなかった」と転職したことを後悔する可能性が高くなります。

求人に載っている情報だけではなく、転職者自身でも徹底的に情報を収集するようにしましょう。

希望している職種に絞って検索する

2つ目の注意点が「希望している職種に絞って検索する」ということです。

「メーカーに転職したい」と希望だけで求人を検索しても、なかなか希望している求人には出会えません。

そのためメーカーの中でも営業職を希望するのか、商品企画職を希望するのか、希望している職種も絞って検索するようにしましょう。

「メーカー×職種」で検索することで希望している求人も見つけやすく、スムーズに転職できます。

自分で企業に直接応募しない

3つ目の注意点が「希望で企業に直接応募しない」ということです。

メーカーへ転職する際は、上記でお伝えした転職サイト・エージェントを介して企業に応募するようにしましょう。

自分で企業に直接応募してしまうと、転職が成功する可能性は低くなります。

さらに直接応募することで内定が出るまで時間がかかるため、必ず転職サイト・エージェントを介して応募するようにしてください。

メーカーの転職は難しい?転職を勝ち取る5のコツ

メーカーへの転職で効率よく転職サイト・エージェントを利用する方法

メーカーへの転職で転職サイト・エージェントを活用することが大切ということは理解していただけたと思います。

そこで転職サイト・エージェントを効率よく活用する方法をご紹介します。

効率よく活用することで、メーカーへスムーズに転職できます。

企業内の情報をできるだけ収集する

1つ目の方法が「企業内の情報をできるだけ収集する」ということです。

転職サイト・エージェントでは、企業内の情報を聞かれることが多いです。

「福利厚生はどのような感じでしたか?」「退職の規約はどうなっていますか?」などメーカーへ転職するうえで必要な情報が聞かれます。

転職サイト・エージェントの方に聞かれてから、情報を収集していてはスムーズに転職できないので、事前に企業内の情報は収集しておきましょう。

キャリアアドバイザーと可能な限り面談をする

2つ目が「キャリアアドバイザーと可能な限り面談する」ということです。

転職エージェントでは担当のキャリアアドバイザーが1人付きます。

そのキャリアアドバイザーが転職に関するサポートをしてくれるため、1回でも多く面談はした方が良いです。

面談を繰り返せば繰り返すほど、希望通りの求人を紹介してくれますし手厚いサポートを受けることができます。

オンラインでも良いので、可能な限り面談してみてください。

担当者と合わないならすぐに変更を依頼する

3つ目が「担当者と合わないならすぐに変更を依頼する」ということです。

上記でもお伝えしたように転職エージェントを利用することで担当者が1人付くのですが、気が合わない場合はすぐに変更してもらいましょう。

担当者の紹介する求人やサポート内容によって転職結果が決まるので、遠慮する必要はありません。

転職者が「合わないな」と感じれば、すぐに変更を依頼してください。

自分でも口コミや評判を調べてみる

4つ目が「自分で口コミや評判を調べてみる」ということです。

上記でメーカーへの転職におすすめの転職サイト・エージェントをお伝えしましたが、登録する前に自分で口コミや評判を調べてみてください。

口コミや評判を調べることで、サービスの質や特徴を事前に把握することが可能です。

効率よく活用するためには事前にサービスについて把握しておくことが大切になります。

メーカーから大手企業に転職したい!成功をつかむポイントと注意点を解説します

メーカーへの転職なら転職サイト・エージェントを活用しよう

この記事ではメーカーへの転職におすすめの転職サイト・エージェントをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

日本国内には数多くの転職サイト・エージェントがあるので、上記でお伝えしたランキングを参考に活用してみてください。

転職サイト・エージェントは転職者に合う・合わないがあるため、最も利用しやすいものを活用することをおすすめします。

そして上記お伝えした効率よく活用する方法を参考にして、メーカーへ転職してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件