不妊治療を受けながらできる仕事はある?不妊治療と仕事を両立するコツを解説

不妊治療を受けながらできる仕事はある?不妊治療と仕事を両立するコツを解説

晩婚化が進んでいる日本では、不妊治療を受けている女性が増えています。

その中で「不妊治療と仕事の両立が難しい」「不妊治療を受けながらできる仕事はないかな?」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事では不妊治療を受けなができる仕事をご紹介します。

不妊治療と仕事を両立することが難しい理由やコツもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

不妊治療と仕事を両立することは難しい?

不妊治療と仕事を両立することは、難しいと言われています。

NPO法人Fineが実施したアンケートによると、「不妊治療と仕事の両立は難しいと感じたことがある」と91%の方が回答しています。

不妊治療経験者2,000人を対象に実施されたアンケートになるため、難しいという実情はあるのでしょう。

ただし、「難しいと感じたことがある」という回答になっているので、工夫次第では両立させることが可能です。

不妊治療と仕事を両立することが難しい理由

不妊治療と仕事を両立するためには、難しいとされている理由を把握することが大切です。

そこで不妊治療と仕事を両立することが難しいとされている理由をいくつかご紹介します。

会社に伝えられない

不妊治療を受けていることは、「会社に伝えにくい」と感じている女性が多いです。

男性に不妊治療を受けていることを伝えにくいということもありますが、会社に迷惑をかけてしまうことが伝えにくい最大の原因でしょう。

不妊治療を受けると、平日でも会社を休まなくてはいけない日があり、基本的に残業はできないです。

そのようなことを考えると、不妊治療を受けていることは会社に伝えにくく、両立することが難しいと考えられます。

病院に通う時間が少ない

不妊治療を受けていると、1カ月に何度も病院に通う必要があります。

しかし、仕事をしていると病院に通う時間が少なくなり、どちらかを優先しなくてはいけない状況になります。

その結果、不妊治療か仕事が疎かになり、両立することが難しいと考えられます。

さらに不妊治療では、「2日後に来てください」「明日にもう一度来てください」ということが多々あります。

正社員として仕事をしていると、急に休みを取ることは難しいです。

通院できる時間が少ないことと休みを取りにくいということから、両立は難しいと考えられます。

ストレスが溜まりやすい

不妊治療は100%子供を授かれる治療法ではなく、子供授かれるまで数年かかると言われています。

通院していても子供授かれないことへのストレスを感じることは多く、不妊治療を受けていることを理解してくれない会社へのストレスも溜まります。

また、薬の副作用で体調不良になることもあり、仕事でよりストレスを感じやすくなる場合もあります。

このようなストレスから不妊治療と仕事の両立は難しいと考えられます。

不妊治療を受けながらできる仕事はある?

不妊治療と仕事の両立に関するアンケート

引用元:不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的な調査(厚生労働省)

不妊治療と仕事の両立は難しいとお伝えしました。

しかし、不妊治療を受けながらできる仕事はあります。

実際に不妊治療を受けながらでも仕事をしたいと思われている方は多いです。

厚生労働省の「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的な調査」では、約60%の方が両立しています。

そのため不妊治療を受けながらでもできる仕事はあり、工夫次第では両立させることが可能です。

不妊治療を受けながらできる仕事3選

上記でもお伝えしたように不妊治療を受けながらできる仕事はあります。

不妊治療を受けながらでもできる仕事は下記の通りです。

  • 事務職
  • 受付
  • WEB関係

3つの仕事について詳しくご紹介します。

事務職

事務職は心身的な負担が少ない仕事で、基本的に座った状態で業務を行います。

主な業務は書類の作成・データ入力・電話対応・ファイル整理などで、PCと向き合っていることが多いです。

事務職は女性が担うことが多い仕事なので、不妊治療に関する相談・理解がされやすいです。

特別な資格や知識は必要としないため、ある程度のPCスキルがあれば働けます。

そして急なトラブルがない限り残業することはなく、定時に帰られます。

事務職は残業が少ないってホント?平均時間と理由を徹底解説します

受付

受付は企業や施設で来客対応をする仕事で、心身的な負担が少ないです。

来客対応以外にも、訪問者の情報登録・電話対応・備品管理・予約対応なども担います。

事務職同様に女性が多い仕事になるため、不妊治療を受けながらでもできる仕事になります。

そして基本的に定時で帰ることができて、企業の受付などでは土日祝が休みのことが多いでしょう。

受付は特別な資格は必要としない仕事で、転職難易度は低いです。

WEB関係

WEB関係の仕事はWEBデザイン・プログラマー・グラフィックデザイナーなどの職種を指します。

WEB関係の仕事は心身的な負担が少なく、残業が少ないです。さらに「自由度」が高く、在宅勤務を設けている企業が多い傾向があります。

経験によってはフリーランスとして働くこともできる仕事です。

ただし、WEB関係の仕事は高い専門知識・スキルが求められます。

未経験でも働くことはできるのですが、無知な状態では転職できません。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

不妊治療と仕事を両立するコツ

不妊治療と仕事を両立することは難しいのですが、実際に両立できている方はいます。

そのような方は、不妊治療と仕事を両立させるコツを把握しています。

そこで不妊治療と仕事を両立させるコツをいくつかご紹介するので、参考にしてみてください。

通いやすい病院を選ぶ

不妊治療と仕事を両立させるためには、病院選びが肝心です。

評判が良い病院や知り合いが通っている病院など判断基準は人それぞれあると思いますが、両立することを最優先に考える場合は、「通いやすい病院」を選ぶことが大切です。

上記でお伝えしたように、不妊治療と仕事の両立が難しい理由は、「通う時間が少ない」ということです。

そのため通いやすい病院で不妊治療を受けると、両立できる可能性が高まります。

ただし、通いやすいということだけで病院を選ぶことは危険です。

不妊治療では女性にかかる負担が大きいですし、短期間の治療ではないので、評判などはしっかりと確認してから選ぶようにしてください。

誰かに相談できる環境を作る

不妊治療と仕事を両立させるためには、誰かに相談できる環境を作ることが大切です。

不妊治療を受けながら仕事をしていると、ストレスが溜まりやすく不安を抱えることが増えます。

そのため誰かに相談してストレスを発散して、不安を軽減させる必要があり、相談することで両立できる可能性が高まります。

そして相談相手としては、家庭・職場・その他で1人ずつが理想です。

相談しなくても「相談できる環境」が両立には大切です。

不妊治療を受けながらできる仕事へ転職する

不妊治療と仕事を両立させるためには、不妊治療を受けながらできる仕事へ転職することが大切です。

上記でお伝えした3つの仕事は不妊治療を受けながらでもできる仕事で、両立しやすい特徴があります。

また、転職難易度は高くないので、すぐに希望通りに転職できる可能性が高いです。

そして上記の仕事は心身的な負担が少なく、不妊治療に悪影響を与えることは考えにくいです。

しかし、転職することには体力を使うため、今の仕事でも両立できそうな方は続けることをおすすめします。

両立してみて難しいと感じてから、転職することも1つの選択肢です。

女性におすすめの転職エージェント

不妊治療を受けながらできる仕事への転職を考えている方は、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関するサポートを受けられるサービスです。

求人紹介から面接対策まで幅広くサポートしてくれて、転職サイトには掲載されていない「非公開求人」にも応募できるようになります。

転職先が決まっても料金が発生することはないため、転職エージェントを活用して損をすることはありません。

ただし、転職エージェントのサービスを提供している企業は多くあり、悩まれる方が多いです。

そこで女性のおすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

doda

doda

dodaは業界最大級の総合型転職エージェントです。

登録者数は600万人を超えていて、非公開求人を含めて10万件以上の求人を取り扱っています。

そんなdodaはサポートが手厚いです。

大手企業が運営していることもあり、サポート体制は徹底されていて、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

そのため業界ならではのサポートを受けることができて、スムーズに転職を成功させられる可能性が高いです。

求人数とサポート力を重視される方には、dodaがおすすめです。

doda詳細ページ

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

type女性の転職エージェントは、女性の転職に特化している転職エージェントです。

「type転職エージェント」を基盤としてサービスを提供していて、18年以上の実績を誇ります。

そんなtype女性の転職エージェントでは、女性のキャリアアドバイザーが約7割を占めています。

女性のキャリアアドバイザーを希望することも可能で、転職のサポートを受けながら不妊治療に関する相談もできるでしょう。

そして転職サポートの1つとして「メイクアップ」が用意されています。

女性ならではのサポートを受けたい方には、type女性の転職エージェントがおすすめです。

type女性の転職エージェント詳細ページ

不妊治療を受けながらできる仕事はある

この記事では不妊治療を受けながらできる仕事をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

不妊治療と仕事の両立は難しいと感じられることが多いのですが、約60%の方が両立を成功させています。

不妊治療を受けながらでもできる仕事はたくさんあり、中でも「事務職・受付・WEB関係」はおすすめです。

そして転職を成功させるためには、転職エージェントの活用が必須です。

上記でお伝えしたコツを参考にして、不妊治療と仕事の両立を成功させましょう。

転職活動中の妊娠でパニック!妊娠と転職の悩みを解決!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件