「うざい」と思われる営業電話の特徴とは?うざいと思われないコツを解説

「うざい」と思われる営業電話の特徴とは?うざいと思われないコツを解説

営業職には、新規顧客を開拓するための営業手法として「営業電話」というものが設けられています。

電話で営業する手法を指し、目的を達成するには相手からの信頼を得る必要があります。

しかし、営業電話は「うざい」と思われることが多く、「なかなか営業電話を成功させられない…」と悩むことがあるのではないでしょうか?

この記事では、うざいと思われる営業電話の特徴と、うざいと思われないコツについて詳しくご紹介します。

営業マンとして成果を残すためにも、ぜひ最後までご覧ください。

うざいと思われる営業電話の特徴

営業電話は、相手が必要としていないサービス・商品を売り込む電話になるので、「うざい」と思われることが多いです。

「うざい」と思われない営業電話をするには、まずうざいと思われる営業電話の特徴を知ることが大切です。

営業電話を成功させるためにも、下記の特徴を参考にしてみてください。

大切な時間を奪う

営業電話で最もうざいと思われるのが、「大切な時間を奪う」ということです。

営業電話を受けている相手は、業務を停止しているため、簡潔に要件を伝えて欲しいと考えています。

そのため、なかなか本題に入らずに、長々と電話してしまうと、うざいと思われやすいです。

また、「大切な時間を奪っている」という自覚のない営業電話も、うざいと思われる特徴の1つになります。

時間は無限にあるわけではないので、「大切な時間を奪っている」ということは、営業電話をする前に理解しておくことが大切です。

提案の質が低い

営業電話を受けているということは、少なからず「必要なサービス・商品を提案してくれる」と考えているため、「提案の質が低い」ということがうざいと思われる特徴になります。

「大切な時間を使ったのに、こんな提案かよ」と思われるような営業電話では、うざいと思われる可能性が高くなります。

相手にとって必要なサービス・商品でない場合でも、提案の質が高い場合には、うざいと思われる可能性は低くなります。

相手にとって質の高い・低いという基準は異なりますが、営業電話では自分の中で最大限の提案をすることが大切です。

相手の話を聞かない

営業電話では、「電話する側」が「電話を受けた側」に話をするというイメージがあるかもしれませんが、それではうざいと思われてしまいます。

営業電話は訪問営業と異なり、相手の顔が見えないため、相手に話すタイミングを与える必要があります。

一方的に話すことで、顧客のことを考えていない迷惑な営業電話だと思われてしまいます。

「あえて一方的に話をしている」という方もいるかもしれませんが、うざいと思われないことを優先するには、相手の話も聞くべきです。

営業電話でうざいと思われないようにするコツ

営業電話で相手にうざいと思われてしまうと、求めている結果につながることは考えにくいです。

求めている結果につなげるには、相手を不快な気持ちにさせないことが大切です。

営業電話でうざいと思われないようにするコツをいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

最初に用件を伝える

上記でお伝えした通り、営業電話では相手の時間を奪ってしまっているため、最初に用件を伝えることが大切です。

「最初に用件を伝えることで、営業電話と思われて切られる」と思われるかもしれませんが、営業電話を成功させるには、相手からの信頼を得る必要があります。

なかなか用件を伝えない営業電話と、最初に用件を伝えてくれる営業電話では、後者の方が信頼を勝ち取れる可能性が高いです。

営業電話の目的は、少しでも長く電話してもらうことではなく、アポや制約などを取ることなので、最初に「なぜ、電話したのか」「どんなサービス・商品を紹介したいのか」などを伝えるようにしてください。

相手の時間・話を優先する

うざい営業電話の特徴として「時間が奪われる・話が長い」などが挙げられるため、相手の時間・話を優先することが大切です。

相手の時間・話を優先することで、自ずと相手からの信頼を得ることができ、話を聞いてもらえる状態を作ることができます。また、優先する気持ちを持つことで、話のトーンが落ち着きます。

営業電話ではお互いの顔が見えない状態なので、話のトーンの影響力が大きいです。

自社のサービス・商品を提案したい気持ちを抑えて、まずは相手の時間・話を優先することが大切になります。

営業電話する時間帯を考える

うざいと思われないように対応してもらうには、営業電話する時間帯を考えるようにしてください。

相手が忙しいであろう時間帯に営業電話をしてしまうと、繋がらない可能性が高く、「時間がないのに」という最悪な状態で電話がスタートしてしまいます。

それでは、営業電話を成功させられないので、1日の中で忙しくないであろう時間帯に電話することが大切です。

職種によって異なりますが、始業時間から1時間以内であれば、電話が繋がりやすく、バタバタしている可能性が低いです。

相手にとってのメリットを伝える

営業電話では、「自社のサービス・商品が素晴らしいです」などという内容ばかりを伝えてしまいがちなのですが、相手にとってのメリットだけを伝えることが大切です。

相手にとって「サービス・商品が素晴らしい」ということは関係のないことで、そのことに興味はありません。

「そのサービス・商品を使うメリットがあるのか」ということが肝心な部分になり、メリットがあった場合には、アポや制約につながります。

相手にとってのメリットを伝えるためにも、まずは相手の話を聞くことが大切です。

相手が抱えている悩みや問題が分からなければ、サービス・商品を使うメリットを伝えることができません。

何度も何度も電話しない

会社によっては営業電話を着信拒否にしていたり、専用の対策ツールを導入していたりするので、何度も何度も電話しないことが大切です。

「営業電話だな」とバレている会社に、何度も何度も電話することは、うざいと思われる典型的な例です。

一度断られてしまった会社は、電話以外のアプローチ方法を取ったり、他の会社に営業電話した方が効率的です。

営業電話を成功させるためには、一度断られた会社へのアプローチ方法を事前に考えておく必要があります。

営業に向いている人の共通点を徹底解説!自己適性チェック

営業電話が「辛い」と感じるときの解決策

営業電話が「辛い」と感じるときの

上記でお伝えした通り、営業電話は「うざい」と思われることが多いです。

場合によってきつい言葉をかけたり、冷たい態度で対応されることがあり、精神的な辛さを感じることがあると思います。

営業電話が辛いと感じながら続けることは、心身ともに大きなダメージを負うことになるので、辛いと感じるときの解決策をいくつかご紹介します。

メールを活用する

営業電話する相手が原因で辛いと感じている場合は、メールを活用してみてください。

電話ではなくメールを使って営業することで、きつい言葉をかけられたり、冷たい態度で対応されることがありません。

また、営業メールのテンプレートを作成すれば、電話よりも多くの会社にアプローチすることが可能です。

「メールでの営業は成果を残しにくい」と思われるかもしれませんが、提案するサービス・商品によっては、電話よりもメールの方が伝わりやすい可能性が考えられます。

営業電話に精神的な辛さを感じている方は、メールでの営業を検討してみてください。

部署異動を相談する

営業電話をしなければいけないのは、営業職のことが多いので、精神的な辛さを感じている方は、部署異動を相談してみてください。

営業職以外の仕事に異動することができれば、営業電話の辛さから解放されます。

ただし、部署異動は頻繁におこなわれているわけではありません。

会社によって異なりますが、一般的に1年間で2回しかおこなわれないので、「すぐに解決したい」という方にはおすすめできない方法です。

営業電話をしない仕事へ転職する

「すぐに精神的な辛さを解決したい」という方は、営業電話をしない仕事へ転職することをおすすめします。

転職することに対して不安を感じるかもしれませんが、精神的な辛さを感じながら、働き続けることはおすすめしません。

仕事に対するモチベーションは高くなりませんし、営業電話を成功させられる可能性も低くなります。

それでは営業職として働き続ける意味がないので、思い切って転職することをおすすめします。

営業に向いてない人11の特徴!営業に向いてなくて辛いときの対処法

スムーズに転職を成功させるコツ

「同じ業界を希望する」「転職エージェントを利用する」という2つのことを抑えるだけで、スムーズに転職できる可能性が高くなります。

転職市場では「経験者」が優遇される傾向があり、業界経験のある人材を求めている会社が多いです。

職種が違っても業界経験があるだけで、転職成功率が高くなります。

今の業界に対して不満がない場合は、同じ業界を希望することをおすすめします。

また、転職に関する幅広いサポートを受けられる「転職エージェント」を利用することが大切です。

転職エージェントでは、「求人紹介・日程調整・必要書類の添削」など、転職に関することは無料でサポートしてもらえます。転職者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが付くので、働きながらでもスムーズに転職活動を進めることが可能です。

営業電話のない仕事へ転職するときは、「同じ業界を希望する」「転職エージェントを利用する」ということを意識してみてください。

「うざい」と思われない営業電話を心がけよう

この記事では、うざいと思われる営業電話の特徴をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

営業電話は相手の時間を奪うもので、必要としていないサービス・商品を売り込むため、うざいと思われることが多いです。

しかし、うざいと思われる営業電話では、目的を達成することができないので、うざいと思われない営業電話を心がけることが大切です。

最も大切なことは「最初に用件を伝える」ということです。

この記事でお伝えした内容を参考にして、うざいと思われない営業電話で目的を達成しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件