パティシエの平均年収ってどれぐらい?年収1,000万円以上は可能?

パティシエの平均年収ってどれぐらい?年収1,000万円以上は可能?

お菓子を作ることが得意な方や、デザートが好きな方は「パティシエに転職したい」と考えることがあると思います。

その中で「パティシエの年収っていくらなんだろう?」と気になることが 多いのではないでしょうか?

この記事ではパティシエの年収について解説します。

パティシエとして年収1,000万円以上稼ぐことや社会人から目指す方法もご紹介しているので、ぜ ひ最後まで読んでみてください。

パティシエの平均年収はいくら?

パティシエの年収は、300万円~400万円と言われています。

日本の平均年収は450万円~500万円になっているため、パティシエの年収は平均を下回ってい ます。

しかし、パティシエは年収の幅が広いです。年収が200万円を下回っている方もいますし、 反対に400万円を優に超えている方もいます。

パティシエは洋菓子を作る「職人」になるため、一 人前になるまでの年収が低く、平均年収が低くなっていると考えられます。

業種別の平均年収

パティシエは業種によって平均年収が異なります。 業種別の平均年収は下記の通りです。

洋菓子店 280万円~330万円
レストラン 300万円~350万円
ホテル・結婚式場 350万円~500万円
独立開業オーナー 600万円~800万円

独立しているパティシエが最も高い年収を得ています。

ただし独立することにはリスクが伴い、雇 われているパティシエよりも年収が低いこともあります。

年齢別の平均年収

パティシエは職人になるため、年齢によって平均年収が異なります。

年齢別の平均年収は下記の通りです。

20代 200万円~250万円
30代 300万円~350万円
40代 350万円~450万円
50代 400万円~500万円

パティシエは一人前になるまで時間がかかるため、年齢を重ねるごとに年収が高くなる傾向があ ります。

下積み時代と言われる20代は、年収が200万円を下回ることも考えられます。

地域別の平均年収

パティシエは地域によって平均年収が異なります。 地域別の平均年収は下記の通りです。

北海道・東北 約320万円
関東 約350万円
中部・北陸 約335万円
近畿 約340万円
中国・四国 約315万円
九州・沖縄 約340万円

最も平均年収が高い地域は関東です。

関東には一流ホテルやレストラン、結婚式場が多くあるた め、平均年収が高くなったと考えられます。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は240~456万円!中央値と平均は何が違う?

パティシエで年収1,000万円以上稼ぐことはできる?

パティシエの平均年収は低いですが、年収1,000万円以上稼ぐことは可能です。

実際にパティシエだけで、稼いでいる方は存在します。 しかし、年収1,000万円を超えているのはごくわずかです。

パティシエの中でもトップクラスの腕前を持った方のみが、年収1,000万円を超えています。

パティシエで年収1,000万円以上稼ぐ方法について詳しくご紹介します。

ホテルやレストランで実績を積む

パティシエで年収1,000万円以上稼ぐためには、ホテルやレストランで実績を積む必要がありま す。

実績を積むことで、チーフやリーダーといった役職に就くことができます。

パティシエとして役職に就くことができれば、年収1,000万円も夢ではありません。

ただし雇われているパティシエで年収1,000万円以上稼ぐためには、規模の大きいホテルやレスト ランで働くことが大切です。

カフェや洋菓子店に比べると規模は大きいですが、その中でも規模 の大きいホテルやレストランで働けると、年収1,000万円を超えることが可能です。

独立する

パティシエとして年収1,000万円以上稼ぐためには、独立する必要があります。

独立することで雇われている立場ではなくなるため、年収は高くなりやすいです。

メディアなどに多く取り上げられる有名なホテル・レストラン・洋菓子店などで修行して、独立することで注目されやすく、年収1,000万円以上稼ぐことも夢ではありません。

実際にフランスの有 名な洋菓子店で修行して、日本で独立を成功させているパティシエは何人もいます。

しかし、独立して年収1,000万円以上稼ぐことには、リスクが伴います。

リスクがある分、年収が2,000万円、3,000万円になる可能性もありますが、生活することすら厳 しい状況になることも考えられます。

「安定した状態で年収1,000万円を目指したい」という方 は、スキルを磨いて役職に就く方法をおすすめします。

年収1000万以上の割合は5%!?目指せる職業と高給取りの落とし穴を解説

パティシエの福利厚生制度

何度もお伝えしているようにパティシエは洋菓子を作る「職人」になるため、福利厚生制度には 期待できません。

パティシエの業界では、「一人前になるまでは見習いだから、給料や待遇が悪 くても何も言えない」という風潮があります。

そのため福利厚生制度が充実していないことは、当たり前の認識になっていることが多いです。

しかし、近年は世間の価値観が変わってきているため、働きやすい職場が増えています。

特に上場 企業が運営するレストラン・ホテル・結婚式場では、福利厚生制度が充実していることが多いです。

社会人からパティシエを目指すことは可能?

パティシエは年齢制限などは定められていないため、社会人からでも目指すことが可能です。

実際にパティシエ以外の職業に就いてから、パティシエを目指す方は多いです。

そして社会人からパティシエを目指す方法は、大きく2つあります。

正解の方法はないため、自身に合った方法でパティシエを目指してみてください。

1専門学校に通う

パティシエになる一般的な方法は、専門学校に通うことです。

調理専門学校や製菓専門学校などでは、基本的な知識から専門的なスキルまでパティシエになる上で必要なことを全て教えてくれます。

専門学校の中には実習に力を入れていたり、就職サポート を積極的に行ってくれることがあるため、パティシエになりやすい環境は整っています。

また働きながらでもパティシエを目指せるように、夜間部の専門学校があります。

お金に余裕がある方は日中に授業がある専門学校に通い、お金に余裕がない方は働きながら夜間の専門学校に通うことをおすすめします。

2店舗で知識やスキルを身に付ける

パティシエになるために必要な資格はないため、必ずしも専門学校に通う必要はないです。

専門学校に通わない方法としては、未経験でも採用してくれる店舗に転職することです。

現場で実践を通してパティシエに必要な知識やスキルを身に付けます。

お金をもらいながら知識や スキルを身に付けられることはメリットなのですが、正社員で雇用してもらうことは難しいです。

未経験の場合はアルバイトや契約社員からのスタートが多いです。

そして仕事以外の時間でも、パティシエに必要な知識やスキルを学ぶ必要があります。

いきなりパティシエとして働くことは挫折してしまう可能性が高いため、注意してください。

パティシエにおすすめの資格

パティシエになるために必要な資格はないのですが、役職に就きやすくするためには資格を取得 することが大切です。

また資格を取得していることで、年収の良いホテルや結婚式場に採用してもらいやすくなります。

パティシエにおすすめの資格を2つご紹介します。

製菓衛生師

製菓衛生師は、お菓子作りの技術や知識に加えて、公衆衛生学・衛生学など食の安全に関する専 門知識の証明となる国家資格です。

パティシエとしての能力を証明する資格ではないのですが、食 を扱う職業なため、取得していることで優遇されることがあります。

製菓衛生師の資格を受験す るためには、製菓専門学校を卒業するか、菓子製造業に就職後2年以上経っている必要があります。

合格率は70~80%になっているため、比較的取得しやすい国家資格です。

食品衛生責任者

食品衛生責任者は、飲食店などの開業に必要な資格です。

飲食店・食品工場・スーパーなど食品を 加工・販売する店舗には必ず1名以上の食品衛生責任者が在籍している必要があります。

食品衛生責任者は独立を目指しているパティシエは取得しておきたい資格です。

上記でお伝えした「製菓衛生師」の資格を持っていれば講習が免除されて、申請のみで取得でき ます。

製菓衛生師を取得していない場合は、約1万で受けられる「食品衛生責任者養成講習会」に 参加する必要があります。

パティシエになるまでにかかる費用

パティシエになるための専門学校に通う場合は、1年間で120万円~150万円の学費がかかりま す。

1年制と2年制の専門学校があり、2年制の場合は約300万円必要です。

さらに専門学校に通っ ている間の生活費を加えると、300万円~500万円は必要になるでしょう。

そのため社会人からパティシエを目指すためには、ある程度の貯金が必要です。

そして夜間の専門学校に通うと、貯金をしなくても問題ありません。

夜間の専門学校に通う場合は、土日祝が休みで残業が少ない仕事に転職することをおすすめします。

残業が多い会社に勤めていると、夜間でも専門学校に通い続けることが難しいです。

社会人からパティシエを目指すためには、ある程度の貯金をするか、夜間の専門学校に通いやす い仕事に転職する必要があります。

パティシエは年収1,000万円以上稼ぐことができる

この記事ではパティシエの年収についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

パティシエの平均年収は300万円~400万円と言われていて、業種・年齢・地域によって平均年収が多少異なります。

パティシエは平均年収が低いですが、年収1,000万円以上稼ぐことができる職 業です。

そして社会人からでも目指すことができます。

上記でお伝えした方法を参考にして、年収 1,000万円以上稼げる「パティシエ」に転職してみてはいかがでしょうか。

パティシエにおすすめ転職サイト・エージェントランキング完全版

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件