理学療法士の平均年収っていくら?年収の高い勤務先は?

理学療法士の平均年収っていくら?年収の高い勤務先は?

理学療法士は国家資格を有する職業で、体に障害や不自由を抱えた人や、身体機能が低下した高 齢者などに対してリハビリを行い、回復のサポートをする仕事です。

そんな理学療法士の「年収っ ていくらなんだろう?」と気になっている方は多いのではないでしょうか?

この記事では理学療法士の平均年収について解説します。

年収の高い勤務先や理学療法士として年収を高める方法もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

理学療法士の平均年収はいくら?

理学療法士の平均年収は、400万円~420万円と言われています。

日本の平均年収が450万円~500万円と言われているため、平均を少し下回っています。

「国家資格を有する職業なのに少ないな…」と感じられる方が多いかもしれませんが、年収1,000 万円以上を稼いでいる方は存在します。

反対に平均年収を下回っている方もいます。

理学療法士は国家資格を有する職業の中では、年収が低い傾向があります。

年齢別の平均年収

理学療法士の年収は年齢によって異なります。 年齢別の平均年収は下記の通りです。

20代 320万円~380万円
30代 400万円~460万円
40代 450万円~520万円
50代 500万円~600万円

理学療法士は経験が豊富になると年収が高くなるため、50代が最も高いとされています。

また年齢を重ねると「役職」に就くことが多く、年収が高くなっていると考えられます。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は240~456万円!中央値と平均は何が違う?

年収の高い勤務先

理学療法士は「福祉施設」や「医療施設」など勤務先はさまざまあります。

そこで平均年収が高い勤務先を2つご紹介します。

「少しでも年収を高めたい」という方は、下記の勤務先を参考にしてみてください。

医療施設

理学療法士で最も年収が高いとされているのが、医療施設です。

医療施設に勤務している理学療法士の平均年収は、450万円~500万円と言われています。

さらに10年以上勤務している理学療法士は、年収が500万円以上になることがあります。

医療機関は労働組合がしっかりと形成されているため、給料面はもちろん、福利厚生の面でも充実していることが多いです。

さらに医療施設が倒産することも考えにくいため、将来的な安定はあ るでしょう。

ただし市立病院や厚生年金病院などの「公立病院」の場合は、450万円を下回る可 能性があります。

少しでも年収を高めたい方は、民間の病院がおすすめです。

介護施設

介護施設に勤務している理学療法士の平均年収は、400万円~450万円と言われています。

平均年収は医療施設より少ないのですが、現在の日本は高齢化が急速に進行しているため、介護 施設における理学療法士の需要は高まると推測されています。

さらに体力面での負担が大きい介 護施設では、高待遇で採用される理学療法士が増えています。

医療施設の方が平均年収は高いの ですが、勤務する介護施設によっては450万円以上を稼げる可能性があります。

20代で手取り15万~20万円って普通?平均年収と今より収入を上げるコツ!

理学療法士で年収を高める方法

理学療法士として同じ時間働く以上は、「少しでも年収を高めたい」と思われる方が多いでしょう。

そこで理学療法士として年収を高める方法をいくつかご紹介します。

役職に就く

理学療法士として年収を高める一般的な方法は、役職に就くことです。

医療施設や介護施設など勤務先で役職に就くことができれば、自然と年収は高くなるでしょう。

理学療法士として役職に就くためには、普段の勤務態度が重要視されます。

もちろん実績や勤務年数なども関係してくるのですが、リハビリをしている患者さんからの評価は判断材料になるこ とが多いです。

しかし「役職に就く」という方法はおすすめできません。

「〇〇年勤務すると、役 職になれる」という明確な条件がないため、一向に平社員で勤務する可能性も考えられます。

年収の高い施設に転職する

理学療法士として年収を高めるおすすめの方法は、年収の高い施設に転職することです。

上記でもお伝えしたように、理学療法士は勤務する施設によって年収が大きく異なります。

そのため転職することで、簡単に年収を高められる可能性があります。

さらに介護施設では、入居者が増加していることが多く、理学療法士が足りていないことがあります。

「転職を成功させることは難しい」と考えると思いますが、しっかりと準備をして転職活動を行えば、年収を高める転職は成功します。

そして年収を高める転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

副業をする

理学療法士として平均以上の年収を得ている方は、副業をしています。

理学療法士で多い副業は、週に1回別の施設でアルバイトをすることです。

求人によっては、時給 1,500円以上もらえるので、「1,500円×8時間=1万2,000円」を稼げます。

毎週アルバイトをす ることで月に約5万円稼げて、年収に換算すると「約57万円」も増えます。

他にはセミナー講師を副業にしている方も多いです。

しかし、勤務している施設によっては副業が禁止されていることがあります。

禁止されている場合は、副業を始めることはおすすめしません。

社会人から理学療法士を目指す方法

理学療法士は国家資格を有する職業になるため、社会人からでも目指すことが可能です。

しかし、理学療法士試験を受験するためには、専門学校もしくは大学に通い、卒業する必要があ ります。

理学療法士を目指している学生と比べると難易度は高まりますが、社会人からでも目指せ る職業です。

社会人から理学療法士になる方法について詳しくご紹介します。

1専門学校・大学に通う

理学療法士の国家資格を受験するために、まずは専門学校や大学に通う必要があります。

基本的に専門学校や大学では平日の日中に授業が行われるのですが、社会人の場合は仕事がある ので通えないです。

そのため夜間に授業を行われている専門学校に通うことをおすすめします。

お金に余裕がある社会人の場合は、平日の日中に授業が行われる専門学校や大学に通うべきで す。

学費は専門学校のほうが安いため、こだわりがない方は専門学校を受験してください。

2理学療法士の資格を取得する

専門学校や大学を卒業すると、理学療法士試験を受けます。

理学療法士試験の合格率は80%前後 になっていて、卒業してすぐに受験した方は合格している傾向があります。

理学療法士試験は、一般問題(解剖学・生理学・病理学等)が160問、実地問題(リハビリテー ション医学・画像診断等)が40問、合計200問出題されます。

問題数が多いですが、在学中にしっかりと勉強していれば解ける問題がほとんどです。

理学療法士試験は1年で1回しか実施されないため、1回で合格する必要があります。

3勤務先を決める

理学療法士の資格を取得すると、勤務先を決めます。

理学療法士として採用してくれる施設は、 「医療施設・福祉施設・地域包括支援センター・教育施設・研究施設」などさまざまです。

理学療法士の資格を持っているため、「就職先が決まらない」ということは考えにくいですが、 希望通りに就職したい場合はしっかりと準備する必要があります。

そして就職したことを後悔しないために、企業研究などの情報収集は怠らないことが大切です。

理学療法士になるまでにかかる金額

理学療法士になるまでにかかる金額は大学や専門学校によって異なります。

理学療法士になるまでにかかる金額は下記の通りです。

国公立大学 約250万円
私立大学(3年間) 350万円~500万円
私立大学(4年間) 550万円~650万円
専門学校(昼間部/3年間) 350万円~420万円
専門学校(夜間部/4年間) 360万円~450万円

上記の金額に生活費を加えると、500万円~800万円以上のお金が必要になります。

「お金に余裕がない」という方は、夜間部がある専門学校に通うことをおすすめします。

理学療法士を目指しやすい仕事に転職することが大切

社会人から理学療法士を目指す場合は、夜間部のある専門学校に通うことをおすすめしました。

夜間部の専門学校に通うことで金銭面での不安を払拭できて、すぐに通うことができます。

ただし、日中は仕事で夜は勉強となると、体力面での負担は大きいです。

そのため理学療法士を目指しやすい仕事に転職することをおすすめします。

土日祝が休みで残業がない仕事だと、体力面での負担を軽減できるでしょう。

おすすめの仕事は「工場作業員」や「ルート営業」です。

土日祝が休みで残業ない仕事では年収 に期待はできませんが、理学療法士を目指しやすい環境は整っています。

転職エージェントを活用する

理学療法士を目指しやすい仕事に転職する場合は、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的に受けられるサポートは、「求人紹介・面接対策・書類添削・日程調整・条件交渉」などで、登録者に対して担当のキャリアアドバイザーが1人付くため、働きながらでも転職を成功させ られる可能性が高まります。

またサイトには公開されていない「非公開求人」にも応募すること ができるため、転職先の選択肢が広がります。

そして転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

理学療法士におすすめ転職サイト・エージェントランキング完全版

理学療法士は勤務先によって年収が異なる

この記事では理学療法士の平均年収についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

理学療法士の平均年収は400万円~420万円と言われています。

日本の平均年収を少し下回ってい るのですが、勤務先を変えたり副業をすることで平均以上の年収を得ることができます。

そして社会人からでも目指すことができる職業です。

上記の方法を参考にして、国家資格を有する「理学療法士」への転職を目指してみてください。

作業療法士へ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

言語聴覚士へ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件