銀行員からの転職は有利?銀行員から転職するメリット・デメリットを解説

銀行員からの転職は有利?銀行員から転職するメリット・デメリットを解説

銀行員に対する世間のイメージとしては、「安定している・信頼できる」ということが挙げられます。

しかし、そんな銀行員から転職したいと思っている方は多いのではないでしょうか?

この記事では銀行員からの転職について詳しく解説します。

銀行員から転職するメリット・デメリットや、おすすめの転職先もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

銀行員からの転職は有利になる?

銀行員からの転職は有利に働くことが多いです。

その理由は、無形商材の法人営業職だからです。

無形商材の法人営業職は転職市場で高く評価される職業で、特に同じ金融業界からは評価されやすいです。

営業職では、有形商材よりも無形商材、個人営業よりも法人営業の方が難易度が高いとされているため、銀行員からの転職は有利に働くことが多いでしょう。

また、銀行員は「信頼できる」というイメージが強く、企業の採用担当者からの信頼を得やすいです。

採用担当者からの信頼を得られれば、採用率はグンと高まるでしょう。

若ければ若いほど有利に働く

銀行員からの転職をより有利にするためには、1日でも早く転職することが大切です。

銀行員に限らず、転職市場では年齢が若ければ若いほど優遇されやすく、20代では希望通りに転職できる可能性が高くなります。

若ければ若いほど優遇されやすい理由は、転職後に働ける年数が多いからです。

そのため銀行員で転職を考えている方は、1日でも早く転職活動を行うことをおすすめします。

銀行員から転職するメリット

銀行員から転職することには、さまざまなメリットが生じます。

転職しようか悩んでいる方は、下記のメリットを参考にしてみてください。

悩み・ストレスから解放される

銀行員から転職すると、悩み・ストレスから解放されます。

銀行員からの転職を考えているということは、何かに悩んでいたり、ストレスを感じていることが多いです。

例えば、仕事にやりがいを感じていなかったり、社内での人間関係に悩んでいたり、理由もなく転職するという方は、少ないでしょう。

そのため転職することで、悩んでいることやストレスに感じていることから解放されます。

銀行員からの転職に限らないことですが、転職する大きなメリットになるでしょう。

プライベートの時間が圧倒的に増える

銀行員から転職すると、プライベートの時間が圧倒的に増えます。

銀行員は業務上、金融機関に関する多くの資格を取得する必要があり、休日は勉強に追われることが多いです。

また、厳しいノルマが定められていることもあり、平日は長時間労働を課せられて、プライベートの時間は少ないです。

しかし、転職することで資格の勉強をする必要はなくなり、転職先企業によっては残業が全くないことも考えられるため、圧倒的に自由な時間が増えるでしょう。

仕事にやりがいを感じやすくなる

銀行員から転職すると、仕事に対してやりがいを感じやすくなります。

銀行員から転職する理由として、「仕事にやりがいを感じない」ということが多いです。

銀行員はお金を取り扱う関係から確認作業が多く、退屈に感じやすい傾向があります。

また、銀行はリスク回避することを最優先に考えているため、保守的な傾向があり、仕事に対してやりがいを感じにくいです。

そのため銀行員から転職することで、仕事に対するやりがいを感じやすくなり、モチベーションも高められるでしょう。

銀行員から転職するデメリット

銀行員から転職するメリットをお伝えしましたが、デメリットもあります。

転職したことを後悔しないためには、メリットだけではなくデメリットと比較して判断することが大切です。

収入が下がる可能性がある

銀行員から転職すると、収入が下がる可能性があります。

銀行員の平均年収は600万円〜650万円と言われていますが、日本の平均は約430万円です。

約200万円の差があり、転職することで年収を高めることは難しいと考えられます。

さらに、金融業界以外の業界に転職する場合は未経験として扱われるため、大きく収入が下がることもあるでしょう。

ただし、あくまで可能性です。

自身で転職先を決められるため、収入を下げないようにすることは可能です。

社会的な地位が低くなる

銀行員から転職すると、社会的な地位が低くなることが多いです。

上記でもお伝えしたように、銀行員は「安定している・信頼できる」というイメージがあります。

また、銀行員というだけで「仕事ができそう」と思われることも多いでしょう。

そのため銀行員以外へ転職することで、社会的な地位が低くなる可能性が高いです。

大手企業や知名度のある企業へ転職した場合は地位が高くなることも考えられますが、銀行員から転職する1つのデメリットとして考えられるでしょう。

銀行員におすすめの転職先

銀行員からの転職を考えている方は、「どのような業界に転職しようかな…」と転職先で悩まれることがあるでしょう。

そこで銀行員におすすめの転職先を2つご紹介します。

転職先で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

金融業界

金融業界

銀行員からの転職をスムーズに成功させたい方には、金融業界がおすすめです。

金融業界は銀行員としての経験や資格を活かせるため、希望通りに転職を成功させられる可能性が高いです。

また、業界が同じということもあり、転職しても仕事に馴染みやすいでしょう。

金融業海の中でおすすめなのは、「クレジットカード・保険・証券」です。

特に保険・証券は「インセンティブ制度」を設けていることが多いので、仕事に対するやりがいは感じやすいです。

ただし、大きく仕事内容を変えたい方に金融業界はおすすめできません。

金融業界の転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

不動産業界

不動産業界

銀行員におすすめの転職先は、不動産業界です。

不動産業界では取り扱う商品の金額が高く、お客様から高い信頼を得ることが大切になります。

そのため「信頼できる」というイメージがある銀行員は、転職を成功させやすいです。

また、元銀行員という肩書でお客様からの信頼を得やすく、銀行員としての経験を活かせます。

そして不動産業界ではインセンティブ制度を設けていることが多く、成績次第では年収を大きく高められます。

仕事に対するやりがいも感じやすいので、銀行員の転職先にはおすすめです。

不動産業界の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

銀行員からの転職を成功させるコツ

銀行員からの転職を成功させるためには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

希望通りに転職を成功させることは簡単なことではないので、下記のポイントを参考にして転職活動を行ってみてください。

働きながら転職活動を行う

転職を成功させるためには、働きながら転職活動を行うことが大切です。

退職することで転職に割ける時間は増えるのですが、「無職」という経歴が付いてしまいます。

もし、退職してから数カ月転職先が決まらないと、無職の経歴を懸念されて採用率が下がってしまう可能性があります。

さらに退職することで、精神的な焦りが生じます。「1日でも早く転職先を決めないと」という気持ちは大切なのですが、焦りは禁物です。

そのため働きながら転職活動を行い、納得できる転職先を見つけるまでは終わらないようにしてください。

転職エージェントを活用する

転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的には「求人紹介・面接対策・書類添削・条件交渉・日程調整」などで、キャリアプランの相談などにも乗ってくれます。

また、転職エージェントでは登録者1人に対して、担当のキャリアアドバイザーが付きます。

そのため働きながらでも転職活動をスムーズに進められます。

そして転職サイトには公開されていない「非公開求人」にも応募できるようになります。

しかし、転職エージェントのサービスを提供している企業は多く、「どのサービスが良いかわからない…」という方は多いです。

そこで銀行員におすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

転職エージェントは併用して問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

doda

doda

dodaは登録者600万人以上を誇る業界最大級の転職エージェントです。

取り扱っている求人は10万件を超えていて、金融業界の求人を約1,500件、不動産業界の求人は約5,000件取り扱っています。

そんなdodaでは、各業界に精通しているキャリアドバイザーが在籍しています。

そのため業界ならではのサポートを受けられて、希望通りに転職を成功させられる可能性が高いです。

そして転職未経験者のサポート実績が豊富なので、未経験者でも安心して転職活動を進められます。

doda詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラスの転職に特化している転職エージェントです。

取り扱っている求人は5万件を超えていて、金融業界の求人を約3,500件、不動産業界の求人は約2,000件取り扱っています。

そんなビズリーチでは、スカウト型の転職エージェントとしてサービスを提供しています。

企業やヘッドハンターから登録者に直接オファーが届くスカウト型のサービスを主流で提供していて、自分から積極的に転職活動を行わなくても転職後成功する可能性が高いです。

実際にビズリーチを使用した7割以上の方がスカウトサービスで転職を成功させています。

転職で年収アップを目指している方には、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチ詳細ページ

銀行員からの転職は有利に働くことが多い

この記事では銀行員からの転職についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

銀行員からの転職は有利に働くことが多く、年齢が若ければ若いほど優遇されやすいです。

銀行員からの転職を悩んでいる方は、上記でお伝えしたメリット・デメリットを比較して判断することをおすすめします。

両方を比較することで転職したことを後悔しにくくなります。

そして希望通りに転職を成功させるためには、転職エージェントの活用が必須です。

上記でおすすめした転職エージェントを参考にして、銀行員からの転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件