転職すると年収が下がる理由とは?下がっても転職すべきケースと下げないための交渉術

年収が下がっても転職するべき?

一般的には転職するにつれて生涯年収は下がると言われていますが、理由は様々です。

転職して年収が下がることにどうしても悪いイメージを持っている方も多いと思いますが、多少の年収が下がるぐらいならば、転職した方がよいこともたくさんあります。

ここでは転職して年収が下がる理由と、年収が下がっても転職するべきケース・どうしても年収を下げたくない人への交渉術についてご紹介していきます。

年収が下がるから転職を迷っている人はきっと年収に対する考え方が変わるはずです。

転職して年収が下がる理由とは

異業種への転職

未経験の職種への転職は必ず年収は下がります。

前の職場では活躍できていても、新しい業界に行けば新人と同じ扱いです。

未経験でも採用された理由は、あなたの熱意や成長の可能性・ポテンシャルであって、即戦力ではありません。

即戦力を求めての採用なら、会社に貢献している分年収アップも交渉できるかと思いますが、未経験の新人は会社の戦力となるまでに時間とお金がかかります。

異業界に転職する場合は最初から戦力になることは難しいので、高い年収を提示されることはないでしょう。

異業種からの転職で失敗してしまう人の特徴!事前の業界リサーチが勝負の分かれ目!

焦って転職先を選んでしまった

転職は早く決めたいという思いから転職を焦ってしまうと、年収が下がる会社に入ってしまいがちです。

転職エージェントから「あなたの能力では年収アップは期待できない」という言葉を鵜呑みにしてしまい、転職を急いで失敗してしまうケースもあります。

年収を下げたくないという意思が固いならば、多少時間がかかっても転職先をじっくり吟味した方が後悔しません。

面接時に年収の交渉ができなかった

転職活動をしていて順調に選考が進むと、企業側と応募者の希望年収を調整することになります。

企業側から提示された年収に納得がいかなくても、「ここで年収に不満をいったら不採用になるかもしれない」という不安から自分の希望を通せないと年収が下がってしまいます。

賞与や住宅手当などの諸手当を確認してしなかった

求人票に載っている給与だけを見ていて、賞与の有無や住宅手当・通勤手当などの諸手当について確認していないと年収が下がる原因になってしまいます。

月々の給与が高くてもボーナスがあまりもらえない企業もあれば、月々の給与は平均だけどボーナスや手当がついている企業とでは、もらえる年収はかなり変わってくるでしょう。

賞与や住宅手当は年収に大きく関係します。見落とさず確認しましょう!

企業側からの評価が低かった

「ネガティブな理由で転職を繰り返している」「将来の見通しも立っていない」と企業側から判断された場合は、評価が低く採用時の年収に影響してしまいます。

自分の経歴やスキル・能力に自信がないと、企業側から希望より低い年収を提示されても仕方ないと思いがちです。

年収が下がっても転職するべきケース

自分のやりたいことを実現ための転職

自分のやりたいことを優先したい思った場合、年収が下がっても後悔はないはずです

たしかに生活するうえでお金は大事ですが、お金のために人生の多くの時間をやりたくないことに注ぐ必要はないのではないでしょうか。

自分のやりたい仕事なら達成感もありますし、向上心も持てるでしょう。

嫌いな仕事を嫌々やっていくより、好きなこと・やりたいことをした方が自然とキャリアアップや評価アップにも繋がります。

転職することで今あるストレスがなくなる

今悩んでいる人間関係・労働環境などのストレスから解放される場合、転職した方がいいでしょう。

ストレスがたまる環境で働いていては作業効率も上がりませんし、精神的な余裕が全く持てなくなってしまって心身ともに悪影響です。

年収が下がっても健康的に仕事できるなら転職する価値はあるのではないでしょうか。

仕事以外の時間を大切にしたい

仕事以外の時間を大切にしたいという理由で転職を考えているなら、転職で年収が下がってとしても転職を優先させたほうがよいでしょう。

家族との時間を大切にしたい、育児と仕事を両立させたい

そんな風に考えている方は、年収が下がっても転職して環境を変えることで悩みを解決できます。

キャリアアップを優先する

キャリアアッププランをきちんとたてて、転職を「将来の目的を達成するための手段」として捉えているならば、年収が下がっても転職しても後悔しません。

今の職場ではスキルを身に着けて、次の転職で給与アップを考えているならば、目先の年収に悩む必要はありませんし、きちんと計画が立てられているならば、結果的に生涯年収は多くなるでしょう。

しっかりしたキャリアプランが立てられているならば、年収よりも、

  • 経験が身につくか
  • スキルが身につくか
  • 自分に必要な環境が整うか

を軸に転職を考えるとよいでしょう。

転職で年収が下がらない交渉の仕方

転職したら年収は下がると言われているけれど、できれば自分の希望の年収で働きたいですよね。

お金はたくさんもらえれば、モチベーションにもつながると思います。

転職して年収を下げないためには、交渉の仕方を知っておく必要があります。

平均年収などのデータを提示する

自分の年収の希望を伝えるときに、自分と同世代の平均年収や業界での平均年収のデータを伝えて交渉することは効果的です。

営業の時に業界ナンバーワンです!と言われるよりも、第3者のデータや実績を見せられて説明された方が説得力が増しますよね。

転職も同じです。自分の希望年収を主張するだけだと企業側を説得させることは難しいですが、客観的なデータがあれば企業側も納得しやすく交渉がスムーズに進みやすいです。

希望の金額よりも少し多めに伝える

希望の年収よりも少し多めの金額を提示しておけば、たとえ企業から金額を下げられても大きなダメージを受けることがありません。

心理的にも、人間は一度断ると罪悪感から次のお願いを聞き入れてもらいやすいです。

最初から自分の本当の希望金額を提示すると、断られたときに年収が下がってしまいます。最初に企業に提示する金額は少し多めに伝えましょう。

企業側から提示された年収に妥協しない

自分は採用してもらっている立場だと思ってしまい、つい企業の提示する年収に妥協してしまいがちです。

しかし面接のときに「自分は経験がある」「貢献できる」と企業にアピールしておきながら、自分の希望した年収をあっさり妥協していると、面接官は「本当は自分に自信がないのかな?」と思ってしまいます。

最終的には企業側に妥協することになったとしても、最初から交渉する姿勢をなくしてはNGです。自信をもって交渉するようにしましょう。

転職エージェントに代行してもらう

どうしても交渉するのが苦手・・という方もいるでしょう。

面接で年収のことについて触れたら落とされるのではと不安になってしまう方は転職エージェントに年収の交渉を代行してもらうのも手です。

転職エージェントは応募者にただ求人を紹介してくれるだけでなく、面接のサポートとその後のアフターフォローも行ってくれ、自分では話しにくい年収の交渉や、入社時の条件調整も頼むことができます。

自分で交渉ができそうにないという方は転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントに頼む際には、自分の能力とスキルや希望の年収をしっかりと伝え、担当者ときちんとコミュニケーションをとっておくことが大切です。

昇給を狙う

最初に少し年収が下がってしまっても、昇給できて収入が増えれば生涯年収はそれほど低くなりません。

最初の給与は高いけど、昇給のチャンスがなく、ずっと働いても年収が変わらない会社より、最初の給料が低くても、しっかりと評価してくれて年収が上がっていく会社の方が将来的に年収は高くなります。

転職すると年収が下がって嫌だ・・いう方は目先の年収だけでなく、長い目で見て転職を決めるようにしましょう。

転職で年収交渉をするタイ ミングと成功するコツ!人事のプロが教える交渉術

年収が下がる場合の許容範囲はどのくらい?

転職して年収が下がる場合は、一般的に許容範囲は10%までです。

20%を超えるとかなりきつくなってくるでしょう。

例えば月給30万円の人が10%下がると27万円で、そこまで違いは感じられませんが、20%下がると月収は24万円になります。

月給30万円から24万円になると生活スタイルが変わることは想像できますよね。

どんなに素晴らしい仕事でも、給料が低すぎて生活できなくては意味がありません。

転職して年収が下がる場合も10%以上のダウンは生活スタイルに影響があることを覚えておきましょう。

金額で言うと年収が100万円以上さがる場合は転職先を考え直した方がよいです。

多少の年収が下がるくらいなら問題はない

年収が下がる=転職失敗ではありませんし、年収が上がる=転職成功ではありません。

年収が上がったけど残業が増えてプライベートな時間が取れなくなって転職を後悔したケースもあります。

多少年収が下がっても「やりたい仕事ができている」「家族との時間が増えた」など自分が満足しているならば転職成功でしょう。

転職時に自分が転職に何を求めるのかをしっかり把握していくことが、本当の意味での転職成功に繋がるのではないでしょうか。