儲かる仕事おすすめ10選!高収入を目指せる職業・副業と始め方を解説!

儲かる仕事おすすめ10選!高収入を目指せる職業・副業を紹介!

今の仕事の内容にやりがいは感じるけれど、日々の生活や将来を考えたときに、経済的な不安を感じているという人も多いのではないでしょうか?

ここ数年で働き方の多様性は広がり、さまざまなお金の稼ぎ方があることも話題になっています。

経済的に余裕ができると、心にもゆとりが生まれます。

どんな仕事に儲かる可能性があるのか、今の自分に無理なく始められるのか、きちんと見極める必要があります。

自分に合った収入アップの方法を見つけましょう!

儲かる仕事オススメ10選!

ここからは儲かる可能性の高い仕事10選をご紹介していきます。

資格が必要なものからどんな人でも始められるものまで、さまざまな種類の仕事があります。

そして、時代の変化とともにお金の稼ぎ方も日々変化しています。

仕事 平均年収
1 不動産鑑定士 約680万円
2 MR(製薬会社営業) 660万円~700万円
3 宅地建物取引士 470万円~620万円
4 薬剤師 520万円~560万円
5 プログラマー 約430万円
6 FP(ファイナンシャルプランナー) 300万円~400万円
7 保険の営業 約380万円
8 YouTuber・インスタグラマー 100万円~550万円
9 アフィリエイト運営 3万円~4万円
10 公的許可を受けた民泊ビジネス

不動産鑑定士

平均年収 約680万円
必要な資格 不動産鑑定士(国家資格)→実務修習
儲かる理由 資格を取得するのが難しい(=専門性が高い)

不動産鑑定士の平均年収は約680万円です。

不動産鑑定士とは、不動産の鑑定評価を行うエキスパートのこと。

土地というのは、私たち人間が生活するうえで欠かすことのできない、言わば生活の土台となるものです。

土地も需要と供給で成り立っています。

土地は移動させることも増やすこともできない、永久不滅のものです。

加えて、一つとして同じものは存在しません。

その価値を判断するのはとても難しく、だからこそ不動産鑑定士という知識と経験を持ったエキスパートの存在が必要なのです。

年齢や学歴を問わずに試験を受けることはできますが、難易度も高く独学だけでは難しい試験です。

高度な知識が求められる専門職のため、給与も高くなります。

MR(製薬会社営業)

平均年収 660万円~700万円
必要な資格 製薬会社に就職→研修→MR認定資格
儲かる理由 専門性が高い・知名度が低い

MRの平均年収は660万円~700万円。

MRとはMedical Representativeのことで、医薬情報担当者とも呼ばれます。

MRになるためには「MR認定試験」という公益財団法人MR認定センターが独自に行っている試験に合格しなければなりません。

受験資格は、公益財団法人MR認定センターに登録している製薬会社に所属していることですので、そもそも製薬会社に勤めていないと目指せないことには注意してください。

MRは医薬品メーカーで開発された医薬品の効能や副作用などの情報を、病院やクリニック、薬局などへ提供する役割を担っています。

医薬品によっては副作用や適応症が、患者さんの命に関わることもあります。

医薬品に関する広い知識と、正確な情報を伝える力が必要です。

また、情報を伝えるという役割のほかに、医療現場から直接副作用などの情報を得ることで、その情報を医薬品の改善や新しい薬の開発につなげるという役割も担っています。

学歴不問の求人も時にありますが、基本的に大卒以上の求人が多い仕事です。

厳しい入社試験や研修を乗り越える必要がありますが、医薬品を扱うプロとして責任も大きく、高収入も期待できます。

宅地建物取引士

平均年収 470万円~620万円
必要な資格 宅地建物取引士(国家資格)→登録手続き
儲かる理由 資格手当がつく・利益率が高い

宅地建物取引士の平均年収は470万円~620万円です。

不動産取引の専門家です。宅建とも呼ばれています。

賃貸などを借りたことのある人は、契約の際に複雑な取引の内容の説明を受けたかと思います。

その説明をしていた人こそ、宅地建物取引士と呼ばれる人たちです。

宅地建物取引士は不動産の売買なども行います。

活躍の場は不動産管理会社だけでなく、建築会社や金融機関などもその一つです。

金融機関に宅地建物取引士?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、不動産の担保価値を正当に評価して融資を行うには宅地建物取引士の知識が重要な役割を果たします。

年齢や学歴、実務経験などを問わず受験資格の縛りがないため、手を伸ばしやすい資格でもあります。

資格を持っていることで、独立してキャリアアップを目指せる可能性が広がります。

企業によっては資格手当が支給されることもあります。

薬剤師

平均年収 520万円~560万円
必要な資格 6年間薬学部に所属→薬剤師免許(国家資格)
儲かる理由 資格を取得するのが大変(=専門性が高い)

薬剤師の平均年収は520万円~560万円です。

薬剤師はその名の通り、薬剤を扱う仕事です。薬剤とは、医薬品全般のことを指します。

国家資格に合格しないと薬剤師として働くことはできません。

試験を受けることができるのは、以下の二通りのどちらかに当てはまる人のみです。

  • 薬学部の6年制大学で学んだ人
  • 薬学部の4年制大学(2017年度までの入学者のみ)+専門の大学院で2年間学んだ人

仕事の内容は、勤務する施設によって異なります。

勤務施設は、ドラッグストアや病院、製薬会社や行政機関など多岐にわたります。

どの薬剤も、正しい使い方をしなければ人の命に関わります。

取り返しのつかないことにならないために、緊張感を持った仕事が求められます。

私たちの健康に欠かせない存在だからこそ、収入も大きくなります。

薬剤師転職サイト好評ベストおすすめ公式ランキング【2020年】

プログラマー

平均年収 約430万円
必要な資格 なし(転職に役立つ資格は多数あり)
儲かる理由 スキルや根気が求められるため

プログラマーの平均年収は約430万円。

プログラミング言語を使用して、システムやソフトウェアを作る仕事です。

最近では、子供向けのプログラミング教室も増えてきており、注目が集まっています。

プログラマーが作るシステムやソフトウェアは、私たちの身の回りにあるあらゆるものを支えています。

社内システムや設備管理、通信サービス、普段私たちが何気なく使っているアプリケーションやゲーム。

物流業や金融業の世界でも必要不可欠なものなのです。

プログラマーはプログラミング言語の高い知識だけでなく、論理的に物事を考える力や集中力、根気が必要です。

今後ますます発展し続けるIT業界の仕事は、収入面でも大いに期待できる仕事であると考えられます。

プログラマーの転職に有利な資格5選!取得すれば印象アップ間違いなし

FP(ファイナンシャルプランナー)

平均年収 300万円~400万円
必要な資格 FP技能士(国家資格)・AFP,CFP(民間資格)
儲かる理由 需要が高く、未発展の市場のため

ファイナンシャルプランナーの平均年収は300万円~400万円。

私たちの生活に欠かすことのできないお金の悩みに関するアドバイザーです。

個人や家庭の状況・状態を踏まえながら資産計画や資産設計を提案し、家計の改善を図る役割を担っています。

私たちの暮らしとお金は密接にかかわっているにもかかわらず、年金や保険、税金、住宅ローンに相続問題など専門的な知識がなければ解決できない問題がたくさんあります。

それだけファイナンシャルプランナーには、幅広い知識が求められるということでもあります。

自分自身の人生設計を考えるうえでも役立つことが多い仕事です。

保険の営業

平均年収 約380万円
必要な資格 なし(転職に役立つ資格は多数あり)
儲かる理由 需要が高いため

保険の営業の平均年収は約380万円です。

保険の営業は、ただ保険を売るのではありません。

人が生活する中で避けられない、病気やケガなどへの不安を解消し、寄り添っていくことが大切です。

保険に関する知識はお客様にとっては、分かりにくいこともあります。

専門的な知識をもって分かりやすく説明し、お客様自身が必要なものを判断する手助けをするのが営業者の役割でもあります。

お客様が保険に加入したら終わりなのではなく、その後の相談役となりアフターフォローをしていくことも仕事のひとつです。

保険や資産運用は、人が生きている限りいつの時代にも求められます。

そのため市場価値も高くなっています。

時代の変化に合わせた保険の形やサポートの仕方を提供していくことで、それが成果となり、収入アップにつながります。

営業の転職に必要なスキル・有利になる資格とは?

YouTuber・インスタグラマー

平均年収 100万円~550万円
必要な資格 なし
儲かる理由 時間や労力の分、価値あるコンテンツが生まれるため

YouTuberの平均年収は約550万円、インスタグラマーの平均年収は100万円~300万円です。

今や小学生のあこがれの職業にもなっているYoutuberや、世の中に大きな影響を与えるインスタグラマーは、何がきっかけで人気が出るか分からない、可能性を秘めている職業ですよね。

Youtuberとインスタグラマー、どちらも人気が出ないとなかなか収入に結び付かない職業ですが、お金が入ってくる仕組みが異なります。
YouTubeの場合、動画の最初や途中で流れる広告(アドセンス広告)収入でお金を稼ぐことになります。

一回の再生数で○円と決まっており、動画の再生数が収入につながります。

Instagramの場合は、スポンサーとの契約をする必要があります。

商品を売りたい企業と影響力のあるインスタグラマーが契約をし、インスタグラマーが商品をPRすることで広告料を得ることができます。

フォロワー数が必ずしも収入につながるわけではありません。

誰でも始めることができる利点がある一方で、収入を得るには時間や労力が必要です。

時間をかけて投稿しているからといって、それが必ず再生数や閲覧者のリアクションにつながるとも限りません。

何がきっかけになるかは分からないという点が、Youtuberやインスタグラマーの魅力であり、難しい点でもあります。

お金を稼ぐためにという気持ちももちろん大切ですが、誰よりも自分自身が楽しんで続けていることが成功する秘訣ではないでしょうか。

アフィリエイト運営

平均年収 3万円~4万円
必要な資格 なし
儲かる理由 収入に天井がないため

アフィリエイトとは、成果報酬型の広告のことを指します。

そんなアフィリエイト運営の平均年収は3万円~4万円。

年収の低さに驚いた人が多いと思いますが、アフィリエイト運営者の半数は収入がなく、儲けている人が儲けているため平均年収が数万円と低いのです。

アフィリエイト運営は副業として行っている人が多いですが、稼いでいる人はアフィリエイトだけで年収500万円ほどもらっています。

アフィリエイトについてまだピンときていない人で、ホームページを開いたときに小さく広告と書かれた画像に見覚えがあるという方は多いのではないでしょうか。

あの広告がアフィリエイトです。

アフィリエイトで収入を得るには、自分のホームページやブログ記事に企業のサービスや商品の広告を掲載する必要があります。

閲覧者がその広告をクリックしサービスを利用したり商品を購入したりすると、広告主(企業)の利益となり、その成果として報酬が支払われる仕組みになっています。

収入を多く得るポイントは、独自のドメインでサイトやブログを運営するということです。

独自のドメインを使うことで信頼性の高いサイトであると閲覧者は判断し、検索順位も上がります。

その結果アクセスも増え、アフィリエイトでの収入も期待できるというわけです。

公的許可を受けた民泊ビジネス

平均年収
必要な資格 なし
儲かる理由 需要があるため・投資になるため

日本の場合、民泊という言葉に法律上の明確な定義はありませんが、一般的には国内外からの旅行者に個人宅の空き部屋やマンションなどを有料で貸し出すことを指します。

外国人観光客の増加に伴い宿泊施設が不足している今、新しい投資のやり方としても注目が集まっています。

最近ではシェアリングエコノミー(共有型経済)が広がっており、さまざまな場所で目にしたり利用したりする機会も増えてきました。

シェアハウスやシェアオフィス、コワーキングスペース、カーシェアリング、シェアサロン…初期費用を抑えられるだけでなく、時間の節約にもなり、利用者はインターネットを使えば簡単にそして手軽に使うことができます。

遊休資産の活用にもなるシェアリングエコノミーは、今後さらに需要が高まっていくでしょう。

10年先まで生き残る・儲かる仕事は?

5年後、10年後には世の中が大きく変わり、今の就職先や転職先の業界は存在していないかもしれませんよね。

せっかく儲かる業界や仕事を選ぶなら、10年先でも生き残るものを選ぶべきです。

生き残る業界や企業を見極めるためのポイントは3つ。

  • 世の中の変化に適応できる業界
  • 高齢化・IT化の中で人々の生活に必要な仕事
  • AIができない仕事

自分が転職しやすい業界をピックアップし、その中から上記に当てはまる業界を選ぶと長期的に安心して働けます。

IT業界

IoTという言葉をご存知でしょうか。

IoTとは、「Internet of Things」の略で、スマホなどのインターネット機器だけでなくさまざまなモノとインターネットが繋がるということです。

例えば、冷蔵庫やエアコンなどの家電製品、車などはすでにインターネットと繋がっていますよね。

つまり、IT業界は、その他の業界を支える存在でもあるのです。

また、AI(=人工知能)の技術も今後ますます発展していきます。

「AIが発展したらIT業界の人手不足は解消されるのではないか?」と思う方もいるでしょうが、AIを含むIT環境をより良くしていくためには人間の力が必要です。

そのため、10年後もIT業界は必要とされ、生き残っていきます。

エンタメ業界

エンタメ業界とは、映画やゲーム、音楽などの娯楽のことです。

IT技術の発展により、今後ますますエンタメは人々にとって身近で手の届きやすいものになります。

具体例を挙げると、YouTubeやNetflixなどのサブスクリプションサービスが生まれたことで、わざわざCDやBlu-rayを買わなくてもすぐに音楽や動画に触れられるようになりました。

SNS要素を盛り込んだエンタメや、一般人が気軽に動画配信できる場所がどんどん増え、さらに市場が拡大していきます。

こうした娯楽は人々が必要としているものなので、今後も進化し続けるでしょう。

インターネット広告業界

インターネット広告業界も、IT技術の発展とともに市場が拡大していく業界です。

Google検索やYouTube、SNSなど、インターネットを使用していれば必ず広告を見かけますよね。

パソコンやスマホの普及により、インターネットの広告の価値は高まり続けているのです。

マーケティングからクリエイティブ、営業まで、インターネット広告業界の中にも幅広い職種が存在しています。

福祉・介護業界

福祉・介護業界とは、障がい者や高齢者など、日常生活において支援を必要としている人に対してサービスを提供する業界です。

日本はこれからどんどん高齢化が進んでいきます。

福祉・介護業界は市場が拡大する上に、人間にしかできない仕事があるのです。

これから先、単純な作業などはロボットが行う時代になりますが、サポートが必要な障がい者や高齢者の心に寄り添うことは人間にしかできません。

そのため、福祉・介護業界はこれからも生き残っていく可能性が高いでしょう。

人材派遣業界

人材派遣業界は、企業に人材を派遣・紹介する事業を行っています。

世の中が変化し続ける中で、新たな人材を求める企業や事業拡大に伴い人手を必要とする企業が増えているため、大きく成長している業界です。

労働の形が多様化していくと同時に転職希望者も増えていくため、労働者と企業の架け橋である人材派遣業界は生き残っていくでしょう。

建設業界

建設業界は、2020年の東京オリンピックまでは好景気だと言われてきました。

では、その後はどうなっていくのでしょうか?

一旦は不動産需要が落ち着くものの、衣・食・住のひとつに関わる業界のため衰退していくことはありません。

先ほどもお話したように、IT技術の発展により建設業界もIT化やAIの導入が進められていくでしょう。

現在、建設業界は人手不足ですので、機械ができることは機械が、人間にしかできないことをだけを人間が担っていくことでさらに発展していくことでしょう。

当サイトで人気の転職サイト
年収1000万超求人多数!ハイクラス専用転職サイト
ビズリーチ ビズリーチ
公開求人数 92,000件以上
対象年齢 20代~50代以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ ハイクラス向け

\年収1000万超求人多数!ハイクラス専用/

公式サイトはこちら

これから衰退していく可能性のある業界は?

ここからは、儲かる業界とは真逆をいく、これから衰退していくと予想される業界を紹介します。

業界自体が完全になくならないとしても、必要な人手が減るということは一部の優秀な人材しか生き残ることができません。

そのため、衰退していく業界に今から就職・転職することは難しいでしょう。

衰退していく業界で戦っていくのであれば、先ほど述べたように

  • 世の中の変化に適応できる業界
  • 高齢化・IT化の中で人々の生活に必要な仕事
  • AIができない仕事

を考え、自分自身が上記の価値を生み出せる存在になることが求められます。

製造業界

先ほどお話したように、今後生き残っていく仕事はAIにできない、つまり人間にしかできない仕事です。

すでに製造業界ではロボットやAIを使った作業の自動化が進んでいます。

今後、さらにロボットやAIの性能が上がっていけば、それらを管理する仕事以外は必要なくなるでしょう。

また、日本よりも海外のほうがITの活用が進んでいるため、人手以前にそもそも日本の製造業界自体が縮小される可能性もあります。

そんな製造業界に今後携わっていきたいのであれば、やはりITにも関わっていくことが求められるでしょう。

出版業界

出版業界は、今後衰退して業界としてかなり有名です。

なぜ有名かというと、日本だけでなく世界的に今後生き残っていくのが厳しいとされる分野だから。

若者の活字離れや、書籍を読むとしてもスマホや電子書籍リーダーが当たり前になりつつあることから、すでに書店数が全盛期の半分ほどしかありません。

それでも紙媒体を好む人は一定数いますが、フリマアプリなどで遠く離れた人ともモノのやりとりが可能になったことか新しい本を買う機会は減ってきているのです。

出版業界が完全になくなることはありませんが、今までにないやり方が求められ、競争が激しくなっているためよっぽど企画力やマーケティング力がないと儲けるのは難しいでしょう。

金融業界

金融業界は経済や社会にとって必要な業界ですが、中身の業務はどんどん変わっていくでしょう。

お金に関わる手続きは厳しい情報管理によってますますシンプルになっていき、店舗数が減り、無人のATMが増えていきます。

お金や情報の管理は機械ができるため、人間は顧客である個人や企業のコンサルティングに注力することになります。

それでも人手は必要なくなってくるため、金融業界で生き残っていくためには自分にしか出せない価値が必要です。

公務員・士業

業界という括りではありませんが、安定しているイメージのある公務員や年収が高いイメージのある士業(会計士や税理士など)も今後衰退していくと予想されています。

何度も言いますが、IT技術やAIの発展によって、人間にしかできないこと以外の仕事の価値はどんどん下がっていくのです。

公務員や士業はクリエイティブな業務というよりは、情報やお金を管理するような業務が多いですよね。

これまで公務員や士業が行ってきた業務に加え、人間にしかできない価値のある仕事を行っていくことが生き残っていくために求められるでしょう。

ただし、公務員の中でも教師は今後も必要とされると言われています。

学問を教えることはAIにもできますが、考え方などの人間力を高めていけるのは人間だけです。

長期的な目で見て就職、転職する業界を決めたいのであれば、人間にしか生み出せない価値、自分にしかできないことを考えると良いでしょう。

注目!儲かる仕事の5つの特徴

儲かるといっても、収入の額や仕事の内容はさまざまです。

資格が必要な場合もあれば、初心者でも始めやすいものもあります。

まずは儲かる仕事の5つの特徴を見ていきましょう。

インセンティブがある仕事

インセンティブとは、意欲を引き出すために外部から与える刺激のことです。

仕事で言うと、社員の意欲を向上させるために会社から与えられる、給料とは別に与えられる+αの報酬を指します。

会社が定めている基準を満たせば、収入アップが期待できます。

そのためには実績を上げるなどの努力や工夫が必要です。

給与の額や基準は企業によって異なり、報酬も現金とは限らず商品券やプリペイドカード、旅行券などの企業もあります。

多様な形のインセンティブ制度があるということを頭に入れておきましょう。

自分が勤めている企業が定めている基準も知っておくことで、頑張る意欲にもつながります。

不労所得で稼げる仕事

不労所得とは、自身が労働することなく得ることのできる所得のことです。

不労所得でお金を稼ぐには、まずその仕組みを築く必要があります。

例えば不動産投資。ローンを組んで不動産を購入し、家賃収入で月々のローンを返済します。

ローンを返済し終わった後の家賃収入は投資家の純利益となり、長期的な利益を考えている人に向いています。

不動産投資と同じく、長期的な利益が期待できるものに株式投資も挙げられます。

業績が好調な企業の株式を保有すれば、それだけで配当金を得ることができます。

簡単に利益が出ると考えてしまいがちですが、利益の出る株式を選ぶには知識が必要です。

そして利益の出る株式を見極める力が求められます。

簡単に利益を得られるように聞こえるものほど、高い知識と判断力、そしてセンスが必要です。

リスクが伴うということを頭に入れておく必要があります。

できるだけリスクを少ないものを選ぶのであれば、預貯金の利子や利息、債権の利息、投資信託などが挙げられます。

まずは気になるものについて詳しく調べるところから始めましょう。

インターネット関連の仕事

現在の私たちの生活は、インターネットによって支えられています。

WEBやIT業界は、今この瞬間も日々進化し続けています。

インターネット関連の仕事の中でも特に高収入が期待できるのが、ITコンサルタントです。

ITの力でクライアントが抱えている経営課題を解決に導く役割を担っています。

そのためには、ITに関する高度な知識が必要です。

同時に、問題点を見極める力、解決へ導くための柔軟な思考力が求められます。

実力が求められる仕事ですが、年齢問わず評価され、高収入も期待できます。

WEB・IT業界の発展に伴い、WEBプロデューサーやWEBデザイナーの仕事にも注目が集まっています。

WEBプロデューサーは、プロジェクトの企画から制作、運営、管理に至るまでの責任者です。

WEBデザイナーはWEBサイトの構成やレイアウト、デザインの作成を担当します。

コーディングを行うこともあります。

業界の発展についていける、ともに進化できる人材が求められます。

専門的な知識やセンスが求められる厳しい世界ですが、人々の生活を豊かにする、やりがいのある仕事です。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

誰も手を出していない新しい仕事

誰も手を出していない仕事というのは、誰も手を出していないため、手探りでその可能性を探すことになります。

仕事はお金のためでもありますが、自分の仕事を楽しんでいる人が結果として多くの利益を得ているということは、これまで偉業を成し遂げてきた人たちを見ていてもわかるかと思います。

常にアンテナをはり、自分が面白いと感じることを全力で楽しむことが、新しい何かを生み出すきっかけになります。

資格を活かして働ける仕事

資格を持っていることが、必ずしも有利になるとは限りません。

しかし、資格を持っていないとできない仕事もあります。

そういった仕事に就くには、まず難易度の高い試験に合格しなければなりません。

資格を持っていないとできない仕事には、担うものが大きいということが特徴です。

例えば医者になるには医師免許が必要ですが、医者の仕事は人の命に関わります。

やりがいのある仕事であると同時に、一つ一つの判断が人の人生に影響してしまうプレッシャーと日々向き合わなければならない仕事でもあるのです。

どんな仕事も巡り巡って人の人生に関わっていますが、ひとつの判断が、人の人生を大きく変えてしまう仕事もあります。

担う責任が大きいからこそ、高収入を得られる仕事でもあります。

当サイトで人気の転職サイト
年収1000万超求人多数!ハイクラス専用転職サイト
ビズリーチ ビズリーチ
公開求人数 92,000件以上
対象年齢 20代~50代以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ ハイクラス向け

\年収1000万超求人多数!ハイクラス専用/

公式サイトはこちら

実際に儲かる仕事に転職する方法は?

「儲かる仕事に今すぐ転職したい!」

でもその前に、しっかりと準備をして土台を作っておくことが大切です。

現職と並行しながら副業として行う

儲かると言われている仕事の中には、副業として空いた時間に始められるものもたくさんあります。

今の仕事を続けながら副業として始めてみることで、生活の安定を保ったまま、自分に合う仕事を探すことができます。

Wワークをすることで収入も上がるため、選択の幅も広がります。

転職エージェントに相談する

転職は人生の中でも大きなイベントのひとつです。

自分の人生だからこそ、一人で悩まずに専門家に相談するという方法もあります。

転職に関する幅広い知識や経験から、一人一人に合ったアドバイスをしてくれます。

社会や業界の動向を常に把握する

社会全体や、さまざまな業界の動向を把握しておくことは非常に重要です。

日本だけでなく、アメリカや中国、インドなど海外の社会や経済についても知っておくと、今後日本で価値が上がる仕事を見つけることができるかもしれません。

今、自分の目の前にあることだけを見るのではなく、広い視野で社会について考えましょう。

自分の市場価値を高める

スキルや資格、実績をもつことで、どんな業界や企業に転職しても価値のある存在になることが儲かる仕事をする秘訣です。

元々優秀で、簡単にお金を稼いでいるように見える人でも、自分の市場価値を高めるための努力は必ずしています。

資格取得のために地道に行動する

資格が必要な仕事を目指しているという方は、まずは資格取得に向けてしっかりと準備をする必要があります。

今の仕事を辞めて勉強に集中するのか、今の仕事を続けながら勉強をするのか、自分の現状を把握したうえで判断する必要があります。

転職エージェントの裏事情!エージェントの仕組みと落とし穴

儲かる仕事で経済的・精神的に安定した生活を!

経済的な安定は、生活の質を上げるだけでなく精神的な安定にもつながっています。

一人一人、生活に必要なお金は異なります。その金額は誰かが決められるものではなく、その人が安心して人生を楽しめているかどうかということがひとつの判断基準となるのではないでしょうか。

自分の人生を、そして自分の心を豊かにするために、自分にとって何が必要なのかを判断し行動に移していきましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件