YouTuberの平均年収は?稼げるジャンルや収益化までのステップを解説!

YouTuberは今や人気の職業です。

私たちが普段見ているYouTuberはかなり稼いでいる印象ですが、実際稼げる職業なのでしょうか?

また、私たちが1からYouTubeを始めた場合、稼げるようになるまでどれくらいかかるのか気になりますよね。

今回はYouTuberの平均年収、人気YouTuberの年収、YouTuberになる方法を徹底解説します!

YouTuberの平均年収は800~900万円!?

YouTuberの平均年収は800~900万円前後といわれています。

また、トップYouTuber100人の平均は3,000万円以上だともいわれているので驚きですよね。

YouTuberは年収の公開を禁止されているためチャンネル登録者数や動画の再生回数から推定したものです。

しかし「YouTubeクリエイター表彰プログラム」でアワードを受け取っているYouTuberの平均なので、YouTuber全体の平均年収はもっと低いといえます。

YouTubeクリエイター表彰プログラムはトップユーチューバーの証

YouTuberが動画で紹介することもある「銀の盾(シルバークリエイターアワード)」「金の盾(ゴールドクリエイターアワード)」などは、このYouTubeクリエイター表彰プログラムから贈呈されたものです。

チャンネル登録者10万人 シルバークリエイターアワード
チャンネル登録者100万人 ゴールドクリエイターアワード
チャンネル登録者1,000万人 ダイヤモンドクリエイターアワード

YouTubeだけで生活できる人は一握り

年収が800万円以上あれば日本の平均よりもかなり高い収入が得られているといえますが、実際にYouTuberだけで生活できている人はほんのひと握りでしょう。

後ほど詳しく解説しますが、YouTubeは収益化までに時間がかかるため、ほとんどの人は軌道に乗るまでに挫折してしまいます。

YouTubeで稼いだり知名度を上げたりしたいのであれば、続ける覚悟が必要です。

収益を上げるには4000時間以上かかる

YouTubeはただなんとなく動画をアップするだけでお金がもらえるわけではありません。

広告料の一部が投稿者に還元されることで収益が上がる仕組みなので、広告を見てくれる視聴者が増やす必要があります。

「チャンネル登録者数も再生回数もいい感じだし、広告収入を支払っても良いよ!」とYouTubeから認められるまでは1円も収益が発生しないのです。

YouTubeで広告収入が発生する条件

  • チャンネル登録者数1000人以上
  • 直近12ヶ月での総再生時間が4000時間以上
  • 18歳以上であること
  • 広告掲載に適したコンテンツ(内容)であること
  • 収益化可能な国や地域に居住している
  • リンクされているAdSenseアカウントを持っている

以上の条件をクリアすると、YouTubeパートナープログラム(YPP)というものが利用できるようになり、そこで収益化が認められるのです。

パートナープログラムについてはこの記事の後半でお話します。

YouTubeに審査してもらうのに1ヶ月前後の期間が必要なので、YouTubeを始めてすぐに動画を収益化させることはできません。

また、収益化に成功しても収益が8000円以上にならないと振り込まれないため、YouTuberになってもすぐに収入を手に入れることはできないのです。

直近12ヶ月での総再生時間が4000時間以上

こちらの条件は分かりづらいと感じる人も多いため少し解説します。

直近12ヶ月とは、現在から12ヶ月以内に投稿された動画であるということ。

総再生時間が4000時間とは、投稿した動画が何本であれ4000時間以上再生されているということです。

10分の動画を1本投稿するのであれば、その動画が24,000回以上再生されれば収益化の条件をひとつクリアしたことになります。

また、10分の動画を10本投稿すれば、平均2,400回以上再生、10分の動画を50本投稿すれば平均480回以上再生されることが条件です。

普段から人気YouTuberの動画を見ている人は「24,000回再生なんてすぐに達成できそう」と思うかもしれませんが、動画の編集スキルや知名度によっては高い壁だといえます。

また、動画の長さは10分以上が良いといわれています。

時間稼ぎのために動画の質が下がってしまうのは本末転倒ですが、最終的に10分以上の動画にすることを目指してみてください。

1回再生されるごとに0.05~0.3円の広告収入

実は、広告収入において1回再生あたりの金額はいつも同じというわけではありません。

ジャンルや時期によって単価が変動するため、同じ再生回数でも動画によって収益が異なるのです。

また、平均は1回再生あたり0.1円といわれているので、1万円稼ぐためには10万回再生される必要があります。

UUUMなどの事務所に所属し、アドバイスを受けながらYouTuberをすれば1回再生あたり平均0.26~0.3円ほどもらえるそうです。

YouTuberとして稼ぐためには戦略も必要なため、人気出るまで事務所に所属するという人も多いですね。

世界一稼ぐYouTuberの年商は24億円!?

米誌フォーブスによると2019年の「世界で最も稼ぐユーチューバー」は「ライアンズ・ワールド」というチャンネルをもっているライアン・カジさん8歳。

8歳のライアンさんは、おもちゃのレビュー動画で2600万ドル(約24億1000万円)稼いだといわれています。

8歳で24億円以上稼ぐなんて信じられませんよね。

ちなみに世界ランキングだと日本人はトップ10に入っていないという結果でした。

Hikakinやはじめしゃちょーなど人気YouTuberの年収を紹介!

では、人気YouTuberの年収は一体いくらくらいなのでしょうか?

Hikakinの年収は11億円以上!?

Hikakinさんが運営しているYouTubeチャンネルは以下の4つです。

  • HikakinTV…チャンネル登録者数878万人、視聴回数77億回以上
  • HikakinGames…チャンネル登録者数494万人、視聴回数54億回以上
  • HIKAKIN…チャンネル登録者数241万人、視聴回数4.9億回以上
  • HikakinBlog…チャンネル登録者数57.9万人、視聴回数3.6万回以上

Hikakinさんはゲームや歌、メインチャンネルよりもゆるい動画を投稿するためにチャンネルをいくつかもっています。

4つのチャンネルを合わせると、チャンネル登録者数は2000万人以上、動画の総アクセス数は100億回以上もあることが分かりますよね。

広告収入だけでもかなり稼げていると思いますが、タイアップ動画やイベント、CM出演などでもよく見かけるため、さまざまな手段で収入を得ている状態でしょう。

また、YouTubeタレント事務所であるuuum株式会社でファウンダー兼最高顧問という役職にも就いているのです。

Hikakinさんの正確な年収は分かっていませんが、11~12億円ほどだといわれています。

はじめしゃちょーの年収は6億円以上!?

はじめしゃちょーさんは、なんとメインチャンネルのチャンネル登録者数が900万人以上!

このチャンネルは登録者数から日本一有名チャンネルだといえます。

はじめしゃちょーさんが運営しているYouTubeチャンネルは以下の3つです。

  • はじめしゃちょー…チャンネル登録者数903万人、視聴回数77億回以上
  • はじめしゃちょー2…チャンネル登録者数265万人、視聴回数9.9億回以上
  • はじめしゃちょーの畑…チャンネル登録者数213万回、視聴回数14億回以上

はじめしゃちょーの畑ははじめしゃちょーさんとその仲間たちで共同運営しているため、すべての広告収入がはじめしゃちょーさんに入っているわけではありませんが、それでもかなりの収入があると予想できます。

はじめしゃちょーさんもHikakinさんと同様、広告収入以外でもタイアップ動画やグッズの発売、ファンクラブ運営などさまざまな収入源をもっていますよね。

こちらも正確な年収は公開されていませんが、6億円前後なのではないかといわれています。

日本一Youtuberはじめしゃちょーの年収は?固定給ってマジ?

その他の人気YouTuberの年収は?

Fischer’s-フィッシャーズ- 5.5億以上
東海オンエア 4.9億円以上
水溜りボンド 2億円以上
スカイピース 1.6億円以上
キヨ。 1.5億円以上
ヒカル(Hikaru) 1.3億円以上
キリン【考察系youtuber】 1.2億円以上

知名度というのは年々上がっていくものなので、動画投稿や挑戦を続けていけば今後も年収が上がっていくでしょう。

YouTuberはまだまだ人気の入れ替わりが激しいため、上記のYouTuberを超える人が現れるかもしれませんね。

2019年までは子ども向けチャンネルが稼げるといわれていた

実は、YouTubeのジャンルの中でも子ども向けや子どもが出演する動画は非常に人気で「稼げるジャンル」だといわれてきました。

しかし、2020年1月に子ども向け動画への規制が強化され、収益が大幅に下がってしまったのです。

これからYouTuberになろうという人は、どんなジャンルが稼ぎやすいのかを知ってから始めると良いでしょう。

人気YouTuberになるには?必要な機材・スキルと5つの稼ぎ方を解説!

YouTuberの収入源は主に4つ!人気が出れば広告収入以外で稼げる

YouTuberが収入を得る方法は再生回数による広告収入だけではありません。

地名度が上がれば動画自体にお金を出してくれる企業が現れたり、ファンからサポートを受けたりします。

YouTube上で収入を得る手段は以下の4つです。

  • Google AdSense(広告収入)
  • タイアップ動画(案件・PR)
  • チャンネルメンバーシップ
  • Super ChatとSuper Stickers(投げ銭)

また、人気YouTuberになれば動画以外のところで収入を得られるようになります。

  • グッズ販売
  • イベント出演

最近はYouTuberプロデュースのコスメやアパレルブランドが増えていますよね。

YouTubeだけで収入を得るのではなく、YouTube以外でやりたいことを実現させることで収入源を増やしているのです。

YouTubeは自分を知ってもらう手段として非常に有効ですので、YouTube以外の夢がある人が始めることもあります。

Google AdSense(広告収入)

広告収入は、企業がYouTubeに広告を出すことで発生する収益です。

YouTubeは無料で利用しているとインストリーム広告と呼ばれる、動画の最初や最後、途中に流れる広告や、オーバーレイ広告と呼ばれる画面下部に表示される広告が見られますよね。

動画に広告をつけることで、再生回数に応じてYouTubeから広告料の一部が支払われるのです。

タイアップ動画(案件・PR)

タイアップ動画とは、人気YouTuberが「案件」や「PR」などと呼んでいるものです。

企業から依頼を受け、商品やサービスを紹介する動画を作成することでYouTuberに直接報酬が支払われます。

金額は企業やYouTuberの人気によってさまざま。

チャンネル登録者数が多いYouTuberが紹介すると商品やサービスの知名度や利用者が一気に増えるため、1つの動画で数百万円支払われることもあります。

YouTuberを始めていきなり案件が来ることはないので、まずはチャンネル登録者数を増やしましょう。

チャンネルメンバーシップ

YouTubeにはチャンネルメンバーシップという制度があります。

簡単にいうと、YouTubeが運営するYouTuberのファンクラブのようなものです。

チャンネルメンバーシップは月額490円で、メンバーになると限定の特典を受けられます。

YouTuberは開設すれば収益の70%を受け取れますが、開設するのに条件があるためYouTuber全員がこの制度を利用できるわけではありません。

こちらの収入源も、ある程度チャンネル登録者数を増やしてから始められる手段だといえます。

Super ChatとSuper Stickers(投げ銭)

Super ChatとSuper Stickersは、YouTubeで動画のリアルタイム配信を行う中で収入を得る方法です。

よくYouTube上で「スパチャ」という言葉を耳にしますが、それはこのSuper Chatのことを指します。

視聴者が有料でメッセージを送れる仕組みで、無料メッセージよりも目立たせられたり、金額によって目立たせられる時間が変わったりするのです。

簡単にいえば「YouTubeの投げ銭制度」といえます。

YouTuberにメッセージを読まれたいファンがSuper ChatやSuper Stickersを送るので、チャンネル登録者数だけでなく熱狂的なファンがいるかどうかも大切です。

こちらの制度も利用するには条件がありますが、チャンネルメンバーシップよりも難易度が低いといえます。

グッズ販売

グッズ販売は、自分で商品をプロデュースしたり、企業とコラボしたりして収入を得る方法です。

動画以外の収入源があると収入が安定させやすいといえます。

コスメや服だけでなく、写真集や本の出版をするなどYouTuberとして知名度があるとさまざまなことに挑戦できますね。

イベント出演

イベント出演は、YouTuberとして動画以外の場に出演することです。

事務所がファン向けにイベントを行ったり、企業から依頼されたりします。

また、中にはテレビへの出演や歌手としてライブを行うYouTuberもいますよね。

ファンがいれば、叶えられる夢も増えるといえます。

YouTuberになる方法や手順は?

YouTuberという職業に興味がある方の中には「難しい手続きがいるのでは」と心配する人もいるでしょう。

たしかに人気YouTuberになるためには動画を撮影する機材や編集するためのパソコン、編集スキルなどが必要ですが、ただYouTuberになるだけならそんなに難しくありません。

パートナープログラム(YPP)に登録するだけ!

現在、YouTuberはひとつの職業として認識されています。

YouTubeでの動画投稿によって収入を得る人のことをYouTuberと呼ぶとすれば、YouTuberになる方法は「パートナープログラム(YPP)」に登録することだけです。

パートナープログラム(YPP)の利用でできること

  • クリエイターサポートチームを利用できる
  • コピーライトマッチツールを利用できる
  • 収益化機能を利用できる

YouTuberは全員、パートナープログラムを利用しています。

この記事の前半にもお話した、収益化する条件が、このパートナープログラムの利用資格の最小要件にあたるのです。

先ほどもお話しましたが、まずはYouTubeチャンネルを開設し、総再生回数4000回を目指して動画を制作、投稿しましょう。

学歴や資格がなくても職業!

YouTuberはパートナープログラムを利用するだけでなれる職業なので、学歴や職歴、資格がなくてもなれる職業です。

しかし、誰でもなれる上に夢のある職業なので人気は高いといえます。

挑戦者が多い分、個性のある動画やクオリティの高い動画を出し続けないとファンがつかないため、YouTubeで生活したいのであれば覚悟は必要です・

YouTuberに求められるのは継続力

YouTuberになるのは簡単ですが、YouTuberとして成功するためにはさまざまな能力が必要です。

人気YouTuberは継続的に動画を出すため、企画を出し続けたり動画を撮り続けたりするのはもちろんのこと、より再生回数を伸ばすためにさまざまな工夫をしています。

YouTuberに求められるスキル

  • 企画力
  • 継続力
  • 自己管理能力
  • 分析能力

事務所に所属すれば活動をサポートしてもらえる

YouTuberだけで生活したいのであれば、最初はプロにサポートしてもらうのが効率的です。

予定の管理から企画、撮影、編集まで、事務所に所属することでサポートしてもらえます。

最近はUUUMなどでYouTuberを育成するプログラムなども始まっているので、今から人気YouTuberを目指す方は是非調べてみてください。

動画編集やマネージャ-などの仕事もある

YouTuberに関わりたい、動画編集を仕事にしたいという方には、演者(YouTuber)以外の選択肢もあります。

最近は、YouTuberがひとりで企画、撮影、編集、投稿を行うことが少なくなってきました。

企画チームがあったり、編集担当者がいたり、チャンネル運営をサポートする人がいたりと、YouTubeに関わる方法はたくさんあるのです。

自分の好きな時間や場所でできる仕事も多いので、新しい仕事を始めたい人は是非YouTuberという職業以外でYouTubeに関わる方法も検討してみてください。

稼げる資格おすすめ16選!資格取得条件や難易度まで徹底解説!

YouTuberとして稼ぎやすいジャンルや企画は?

YouTubeの主なジャンルは以下の19つ。

  • バラエティ
  • 商品紹介・レビュー
  • Vlog(ビデオブログ)
  • ハウツー
  • ゲーム実況
  • メイク・ファッション
  • 大食い
  • 漫画
  • トレンド
  • 教育
  • 音楽
  • 料理
  • VTuber
  • アウトドア
  • ペット
  • 衝撃動画
  • 乗り物
  • パチンコ
  • 政治・ニュース

この中でペット、ゲーム実況、メイク・ファッション、料理が人気だといわれていますが、どんなジャンルでも一定数視聴者は獲得できるといえます。

人気ジャンルを狙うと逆に競合が多すぎてファンが増えない可能性があるので、個性を出したり少しニッチなジャンルで始めたりと工夫が必要ですね。

YouTubeは自分の好きなテーマで始めよう

先ほどもお話しましたが、YouTuberは継続することが一番重要で難しいです。

そのため、稼ぎやすいジャンル=自分が続けられるジャンルであるといえます。

YouTubeを始めるなら自分が一番楽しく続けられるジャンルにしましょう。

YouTubeで年収1000万円以上稼ぐのはどれくらい大変?

YouTuberとして年収1000万円以上稼ごうと思うと、単純計算で月84万円稼ぐ必要がありますよね。

10万回再生で1万円の収益が発生するため、月84万円稼ぐためには840万回再生が必要です。

トップクラスのYouTuberでも100万回再生をコンスタントに出すのは至難の業なので、クオリティの高い動画を高頻度で出していく必要があります。

ただ、不可能な話かというとそうではありません。

現在活躍しているYouTuberもチャンネル登録者0人から始めているので、覚悟をもって取り組めば年収1000万円も夢ではないのです。

YouTuberは分析と継続ができれば稼げる可能性がある!

いかがでしたか?

YouTuberの平均年収はアワードを獲得している(チャンネル登録者10万人以上)YouTuberで800~900万円です。

まずは収益化させるところが肝心なので、YouTuberを目指している人は諦めず動画投稿と伸びる動画の分析をしてくださいね!

また、演者以外にもYouTubeや動画に携わる職業や時間や場所に縛られない職業はあります。

就職や転職を考えている人は是非他の職業も検討してみてください!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件