日本一Youtuberはじめしゃちょーの年収は?固定給ってマジ?

チャンネル登録者数852万人と、日本一のYoutuberとして知られているはじめしゃちょー。

本人からハッキリ言及はされていませんが、動画広告収入などを考慮すると、最低でも4億円以上稼いでいるとも言われています。

ですが稼いでいるのにも関わらず、はじめしゃちょーは固定給でお金を受け取っているなんてうわさも…!

今回ははじめしゃちょーが億単位の年収を稼ぐほど人気な理由や、Youtubeで稼ぐ仕組みについて解説していきます。

はじめしゃちょーのプロフィール

名前 はじめしゃちょー
動画投稿歴 8年
登録者数 870万人(2020年6月現在)
総再生回数 約73億回
所属事務所 UUUM

大手Youtuber事務所「UUUM」に所属しており、2020年現在チャンネル登録者数870万人を抱える日本一のYoutuberです。

870万人というとアメリカのニューヨークの人口と同じくらいですから、驚きです。

Youtubeへの動画投稿を開始したのは2012年3月。

当初は友人と動画作成グループを作って活動していましたが、開始当初の再生回数はたったの数件。

動画へのコメントへコツコツ返信したり、毎日の動画投稿を積み重ねた結果、日本で一番登録者数の多いYoutuberへと成長しました。

最近では活動の場をYoutubeから広げ、テレビ番組の出演や密着ドキュメント、アプリゲームのCM出演などマルチに活躍しています。

はじめしゃちょーは年間4億円以上稼いでいる!

子供のなりたい職業ランキングの上位にランクインするほどドリーマーな職業であるYoutuber。

ヒカキンと並ぶ日本2大Youtuberであるはじめしゃちょーの年収、気になっちゃいますよね。

本人ははっきりとした数字を公表していませんが、当サイト独自で算出したところ最低でも4億円であることが分かりました。

動画広告収入だけでそんなもらえるの⁉と思いますよね。

Youtuberは皆さんのご想像通り、動画が一定以上の視聴回数を超えると付けられる企業の広告で収入を得ています。

しかしはじめしゃちょーほどの人気クリエイターになると、企業から「〇〇の商品を紹介して!」と動画内で商品を紹介する案件も回ってきます。

また人気Youtuberとしての発信力を見込まれて、CMやTV番組さらにはグッズや書籍展開まで…。

以下ではなぜ最低でも4億円もの年収を得ているのか、数字の詳細を以下で紹介していきます。

動画広告収入で2億7380万円~

動画広告収入だけでも、はじめしゃちょーは最低でも2億7360万円は稼いでいます。

動画広告収入の計算方式は以下の数式で求められるといわれています。動画広告収入=1回の広告視聴単価×動画の再生回数

当サイトではYuturaで試算されている2019年3月~5月までの「1動画当たり0.3円」を用いて計算します。

次に動画の再生回数ですが、Bitstar社が実施した「インフルエンサーパワーランキング2019」では、はじめしゃちょーが担当している2チャンネル(はじめしゃちょー・はじめしゃちょーの畑)だけでも、9億6605回もの再生回数を記録していると公表されています。

またはじめしゃちょーはサブチャンネルとして「はじめしゃちょー2」でゲーム実況も行っており年間で推定1200万回(平均再生回数50万回×月4回投稿×12か月)です。

よってはじめしゃちょーの動画広告収入は

9億1200万回×0.3円=2億7360万円となります。

企業案件で1億5600万円~

Youtuberは登録者数が増えると、企業から新商品や既存商品の宣伝の案件を受注することもあります。

一般的に、Youtuberの1案件当たりの単価は以下の数式で求められます。

はじめしゃちょーは870万人もの登録者数を抱えていますから、

870万人×1.5=1305万円

企業案件を1月に1回発信するとしても、年間で1億5600万円もの収入が得られます。

TV出演料で1000万円~

企画の突飛さからはじめしゃちょーはTVに出演することもあります。

HIKAKINは200万円~300万円ほどのギャラを受け取っているといわれているので、はじめしゃちょーも同程度の金額を受け取っていると仮定できます。

2019年はじめしゃちょーは5本のTVに出演していますから最低でも

200万×5=1000万円

のギャラを受け取っていると推測できます。

グッズ・書籍などは最低1000万円~

コラボ商品やYoutuberとしての活動を記録した書籍も販売されています。

またイベント開催などもあるため1000万円以上は確実に売り上げていると推測できます。

年収約600万⁉はじめしゃちょーは実は固定給

ここ数年何億単位のお金を稼いでいるはじめしゃちょーですが、すべてが彼の手元に渡っているわけではありません。

はじめしゃちょー自身は明確な金額を発表してはいませんが、以下の動画では50万~100万円以下の固定給で毎月生活していると本人がぶっちゃけています!

「え?動画の再生回数がたくさんあるのになんで固定給?」って思っちゃいますよね。

ではなぜはじめしゃちょーは億単位も稼いでいるのに固定給で生活しているのか、その理由についてせまります。

理由①お金があればどんどん使っちゃう!

単純な話、はじめしゃちょーは性格的にお金があればあるほど使ってしまう癖があるようです。

はじめしゃちょーのつくる動画コンテンツは、スライム風呂など費用がかかりますので支出もそれなりに発生します。

しかも彼曰くお金があれば「動物園買うし体育館も作っちゃう」ほど、面白いことをするためには投資を惜しまない性格。

稼いだ分をどんどん使ってしまわないように、手取りで50万円ほどを毎月もらうスタイルに切り替えたようです。

はじめしゃちょーは名前の通り会社を経営している社長さんですので、現在は会社や母親に自身のお金を管理してもらっています。

理由②不安定な職業だから備えておきたい!

はじめしゃちょーは自身の動画内で、Youtuberは「いつ何が変わるのかどうなるかわからない」と発言しており、人気で稼ぐ仕事ならではの不安定さについて告白しています。

現にはじめしゃちょーは一度ネット上で持ち上がった、ある疑惑で謝罪する事態になったこともあります。

いつ人気が落ちてしまうかわからない、そのためにお金を湯水のように使うのではなく貯めるために固定給で必要な分だけ受け取るシステムに変えたようです。

Youtuberとして稼ぐ秘訣ってあるの?

動画を投稿して広告輸入が得られるため、副業や転職先としても検討している方も増えています。

ですがYoutuberとして稼いでいくためには、稼ぐ秘訣やシステムを理解する必要があります。

前提!Youtubeでお金を稼ぐシステム

Youtubeで稼いでいくには、動画に広告を貼って再生回数に応じた報酬を得る必要があります。

はじめしゃちょーは1再生あたり0.3円ですが、広告単価は人気度合いやこれまでの再生回数によって決定されますので、動画投稿をスタートした時には0.1円であることがほとんどのようです。

しかも最近では動画広告に関する仕組みが変化し、以下の4つの条件をクリアする必要があります。

  • 過去1年間の動画総再生時間:4000時間以上
  • チャンネル登録者数;1000人以上
  • チャンネル保有者が18歳以上
  • Youtubeのガイドラインに沿った投稿内容であること

これらの条件をクリアするにはまず動画を投稿して、Youtube利用者の目に留まる必要があります。

4つの条件クリアまでに通る段階を以下に掲載していますので、これからYoutuberで広告収益を得たいと考えている人はぜひ取り掛かってみてください。

①YouTubeチャンネルを作成する

まずYoutubeに動画を投稿するには、自分のYoutubeチャンネル作成が必須。

YotubeチャンネルはGoogleアカウントと紐づけされるので、Googleアカウントを持っていなければ事前に作成しておきましょう。

②動画投稿に必要な機材を調達!

チャンネルが完成すれば動画を自由に投稿できるようになります。

ビデオカメラはもちろんのこと、カメラのメンテナンスやメモリ、マイクなどを調達しておきましょう。

また動画に文字を入れるための作業PCやアプリケーション、作業を快適に進めるためのゲーミングチェアも必要になります。

動画の見やすさや字幕も視聴者から評価してもらえる、一つの条件になりますから最低限そろえておくようにしましょう。

③毎日コツコツ動画を投稿する

機材や設備が整ったら、毎日コツコツ動画を投稿しましょう。

条件にもあったように総視聴時間4000時間をクリアするとともに、多くの人の目に触れてチャンネル登録者数を増やすためにも日々の努力は必須です。

現に人気Youtuberとして活躍している人のほとんどは、チャンネル登録者数が少ないころでもコツコツと欠かさず投稿していました。

ふと投稿した動画がバズって有名になれる可能性もありますので、あきらめずに動画を作成していきましょう。

④4つの条件を満たせばYPPへの申し込みが可能!

Youtubeの広告収益化の4条件をクリアすると、ようやく収益化に向けて動き出せます。

YoutubeにはYPP(YouTubeパートナープログラム)という制度に申し込む必要があります。

過去の投稿内容などチャンネルをYoutube側の審査担当者がチェックをパスして、はじめて動画に広告が付けられます。

はじめしゃちょーの動画が人気なワケ

YPP(Youtubeパートナープログラム)から認められるために動画投稿を始めようとしても、どんな方針で動画を投稿すればウケるのか気になっちゃいますよね。

ウケる動画を作るためには、成功しているYoutuberの特徴を掴んで取り入れていくのが一番の近道。

以下でははじめしゃちょーが人気を得ている理由を解説していきます。

①子どもも大人も楽しめる科学実験を続々実施

はじめしゃちょーのモットーは「自由」。

子供の時に一度でもやってみたい!と思った科学実験を実施し、ワクワクを届けています。

以下の動画では、なんとでんじろう先生でおなじみ空気砲を更に巨大化して作成して、実際に使えるかどうかの実験を行っています。

身近なもので作れる手軽さがある一方で、以下の動画では危険な実験も行っています。

「やってみたいけど危険だから自宅でできない」ことにも果敢に挑戦し、視聴者の夢をかなえている姿勢に人気が集まっているようです。

派手な実験で子どもの注目も集められる一方で、大人からの人気も非常に高いです。

(動画の内容は危険なので実際にはやらないでください)

②くだらないことを全身全霊で楽しむ姿勢

はじめしゃちょーの考える企画の多くは、「えっそんなこと思いつくの?」といったようなくだらない内容のものが多いです。

ですがくだらないことに全身全霊で取り組んで楽しんでいる姿に、子どもから大人まで多くの支持を集めているのです。

昔大人から「くだらないからやめなさい」といわれたことを、現に大人が全力でやっている姿がウケている要因の一つなのです。

③ゆるい日常を楽しめるサブチャンネルの存在

はじめしゃちょーとその友達の日常風景やチャレンジを取り上げている「はじめしゃちょーの畑」も人気も根強い人気を集めています。

1人ではできない投稿内容だったり、下記の動画のようにはじめしゃちょーが埋められていたり…。

普段のメインチャンネル動画だけではわからない、はじめしゃちょーの普段の姿が垣間見えることもあり、人気者をより身近に感じられるのです。

あなたの推定年収っていくら?

はじめしゃちょーの推定年収は少なく見積もっても4億円以上。

20代でこれほどまでの金額を稼いでいるのを見て、「えっ私の推定年収っていくらくらいなんだろう…」と気になってしまう方もいるかもしれません。

転職サイトや転職エージェントを利用すれば、質問項目に答えるだけで能力に応じた本当の年収が分かります。

転職エージェントであるDODAでは簡単な年収診断を行っていますので、

「あれ?私って他の年代より低い?」
「今働いてる仕事内容でもっと収入増やせるんじゃない?」

と思った方はぜひ一度利用してみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

はじめしゃちょーの推定年収は少なく見積もっても4億円以上と算出できました。

Youtuberで人気クリエイターになるのは長い道のりですが、決して遠い夢ではありません。

コツコツと努力を重ねたり、視聴者との距離を縮めていくことで人気を上げて広告収益を得られるまでに成長できる可能性があります。

はじめしゃちょーの特徴をうまく取りいれながら、稼げるようにプランを立ててみればいかがでしょうか。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件