ルポライターになるには?必要になる知識やスキルを解説

ルポライターになるには?必要になる知識やスキルを解説

新聞や雑誌、WEBニュースには、実際に起きた事故や事件の記事が掲載されています。

そのような記事を執筆する職業は「ルポライター」と言われています。

そんなルポライターになるには、「どうすれば良いのだろう?」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事ではルポライターになる方法について解説します。

ルポライターに必要な知識やスキルもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそもルポライターとは?

ルポライターとは、実際に起きた事故や事件、社会問題を専門に記事を書く職業です。

ライターという職業は、PCに向き合っていることが多いというイメージがあるかもしれませんが、ルポライターは事件や事故が起きた現場に赴く必要があります。

そしてルポライター自身がインタビューをしたり、写真を撮ったりすることも仕事の1つになります。

ルポライターとジャーナリストの違い

ルポライターは「ジャーナリスト」と間違われることがあります。

ジャーナリストも実際に起きた事件や社会問題に対して記事を執筆することがあるのですが、大きな違いは筆者の見解や主張があるかどうかということです。

ルポライターはあくまで報告・記録という観点で記事を執筆していて、ジャーナリストは自分の意見や批判を加えながら、記事を執筆します。

簡単にお伝えすると、ルポライターは事実だけを伝える必要があり、ジャーナリストは主観的な意見を交えて伝える必要があります。

執筆するテーマに関しては類似していることがありますが、内容に関しては異なる部分が多いです。

ルポライターになるには?

ルポライターになるには、「ルポライターとして企業に転職する」「フリーのルポライターとして働く」という2つの方法があります。

どちらの方法が正しいということはないので、自身の目指しているルポライター像をイメージして決めることをおすすめします。

ルポライターの求人を出している企業に転職する

ルポライターが執筆する記事は、新聞や雑誌、WEBニュースなどで掲載されます。

そのためルポライターになるには、新聞社・出版社・編集プロダクション・テレビ局の下請け会社などに転職する必要があります。

企業に勤めているルポライターの場合は、安定した収入を得ることができて、一般的なサラリーマン同様に賞与や昇給があります。

そしてルポライターとはいえ、会社員になるためインタビューすることや、記事を執筆すること以外の業務も考えられます。

社会人からルポライターになるには、企業に転職することが最適でしょう。

フリーのルポライターとして働く

ルポライターの中には、企業に勤めることなくフリーで働いている方がいます。

フリーのルポライターになるには、上記でお伝えした新聞社や出版社から依頼を受ける必要があります。

また自分が執筆した記事を買い取ってもらう場合もあります。フリーのルポライターは自由度が高いですが、収入が安定しません。

仕事の依頼がない月などは収入が0円ということも考えられます。

しかし企業に勤めているルポライターよりも、高い収入を得られる可能性があります。

収入の高いルポライターになるには、フリーで働くことが最適です。

Webライターは儲からない?!平均年収と高収入を得る人の特徴を解説!

ルポライターになるには資格が必要?

ルポライターに特別な資格は必要としません。

また特別な大学や専門学校を卒業している必要もなく、ルポライターに求められる知識やスキルが備わっていれば問題ないです。

そのため社会人からでも目指すことが可能で、未経験でも転職できます。

ただし、企業に勤めるルポライターの場合は、大学を卒業している必要があります。

新聞社や出版社などは就職・転職活動でも高い人気を誇る業界になるため、高卒では目指すことが難しいです。

高卒の場合はフリーのルポライターを目指すことをおすすめします。

ルポライターになるうえで必要になる知識・スキル

ルポライターに特別な資格は必要ないのですが、求められる知識やスキルはあります。

ルポライターになるには、「メディアに関する知識・文章力・コミュニケーション能力」が必要です。

ルポライターに求められる3つの知識・スキルを詳しくご紹介します。

メディアに関する知識

ルポライターは新聞・雑誌・WEBニュースなどメディアに掲載される記事を執筆するため、メディアに関する知識が必要です。

どのような見出しが読まれやすいのか、新聞はどのような構成でつくらているかなど、メディアに関する知識はあればあるほど良いです。

また、社会問題に関する記事を執筆するときなどには、著作権に関する知識なども必要になるでしょう。

メディアに関する知識と考えると幅広いですが、知識はあって困りません。

文章力

ルポライターは記事を執筆する仕事なので、文章力が必要です。

伝えたいことを文章で伝えることができなければ、ルポライターの仕事は担えません。

また読み手が読みやすい書き方をすることも大切で、ただ単に事実を伝えるだけでは不十分です。

読み手が読みやすいように工夫した書き方・文章力が必要です。

そして新聞や雑誌などに掲載されても問題がない国語力は、前提条件として必要になるでしょう。

コミュニケーション能力

ルポライターではコミュニケーション能力が必要です。

「ライターがコミュニケーション能力?」と疑問に感じられるかもしれませんが、ルポライターはさまざまな人にインタビューをします。

インタビューするときにコミュニケーション能力がなければ、内容の濃い良い記事を執筆できません。

さらにルポライターはインタビュー以外でもコミュニケーション能力を必要とします。

それは企業内での「打ち合わせ」です。

企業に勤めているルポライターは、「〇〇のテーマに沿って記事を執筆します」などの打ち合わせが行われるのですが、コミュニケーション能力がなければ自身が伝えたいテーマを執筆できません。

ルポライターとしてやりがいを感じながら成果を上げるためには、コミュニケーション能力が必要不可欠です。

ライターの年収ってどれくらい?初心者でも稼げる?

ルポライターとして企業に転職するコツ

社会人からルポライターになるには、新聞社や出版社に転職することをおすすめしました。

しかし、新聞社・出版社・テレビ局の下請け会社などは転職市場で人気になっているため、簡単に希望通りの転職はできません。

そこでルポライターとして企業に転職するコツをご紹介します。

働きながら転職活動を行う

ルポライターとして企業への転職を成功させるためには、働きながら転職活動を行うことが大切です。

ルポライターを目指しているということは、現在は他の仕事をしていると思います。

その仕事を続けながらルポライターを求めている企業への転職を目指すことが大切です。

退職することで転職活動に割ける時間は増えるのですが、金銭面や精神面での焦りが生じます。

転職活動において焦りは禁物なので、働きながら転職活動を行うことが大切です。

実際に執筆した記事を用意する

ルポライターとして企業への転職を成功させるためには、実際に執筆した記事を用意することが大切です。

何度もお伝えしているようにルポライターは記事を執筆する職業です。

そのため実際に執筆した記事を見せることで自分のスキルを伝えられます。

しかし、企業側が求めているクオリティ以下の記事を見せてしまうと、転職は成功しないでしょう。

ルポライターとして転職を成功させるためには、高いクオリティの記事を用意することが大切です。

転職エージェントを活用する

ルポライターとして企業への転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

求人紹介から面接対策までサポートしてくれて、必要になる書類なども添削してくれます。

さらに転職者1人に対して、キャリアアドバイザーが1人付くため、働きながらでもスムーズに転職を成功させられる可能性が高まります。

またサイトには公開されていない「非公開求人」にも応募することができるため、転職先の選択肢が広がります。

転職先が決まっても料金が発生することはないので、安心して利用できます。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントのサービスを提供している企業は数多くあるため、「どのサービスを利用しようかな?」と悩むことがあります。

そこでおすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

doda

dodaエージェント

dodaは業界最大級の転職エージェントで、登録者数は600万人を超えています。

取り扱っている求人は非公開求人を含めて、10万件以上です。

そんなdodaでは各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

そのため業界ならではのサポートを受けられて、スムーズに転職を成功させられる可能性が高められます。

そしてサポートを受けられる拠点は全国に12カ所あり、オンラインでのサポートも可能です。

求人数とサポート力を重視したい方には、dodaがおすすめです。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材会社「マイナビグループ」が運営している転職エージェントです。

徹底したサポート体制とマイナビグループで培った「転職ノウハウ」を駆使してサポートしてくれます。

そんなマイナビエージェントは20代から高い人気を誇ります。

34歳までの登録者が80%を占めていて、若者向けの求人が多いです。

さらに求人を掲載している企業も若者を求めていることが多いため、20代の方にはマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

ライターにおすすめ転職サイト・エージェントランキング

ルポライターは未経験でも目指すことができる

この記事ではルポライターになる方法をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

ルポライターは特別な資格を必要としない職業なので、未経験の社会人からでも目指すことが可能です。

ただし、ルポライターになるには「メディアに関する知識・文章力・コミュニケーション能力」が必要です。

そして社会人からルポライターを目指す場合は、企業に勤めることをおすすめします。

上記でお伝えした転職を成功させるコツを参考にして、希望通りの転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件