リファラル採用とは?導入するメリット・デメリットと注意点

リファラル採用とは?導入するメリット・デメリットと注意点

人手不足が問題視されている日本では「リファラル採用」という採用方法が注目されています。

アメリカでは主流になっている採用方法なのですが日本では浸透していないため、「リファラル採用とは?」「導入するメリットは?」と疑問に感じている方は多いのではないでしょうか?

この記事ではリファラル採用の採用方法から導入するメリット・デメリット、注意点を詳しく解説していきます。

導入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

リファラル採用とは?

リファラル採用とは、自社に勤めている社員に知人や友人を紹介してもらい採用する手法です。

自社に勤めている社員が紹介してくれるため、企業への理解が深い人材を簡単に採用できます。

人手不足を抱えている企業が多くなっている日本では、リファラル採用が注目されて導入している企業も増えています。

ただしあくまで「紹介・推薦」になるため、必ずしも採用する必要はありません。

「採用したい」と思う人材のみを採用することが可能です。

リファラル採用が導入され始めている理由

上記でもお伝えしたようにリファラル採用を導入している企業が増えているのですが、その理由は大きく2つあります。

1つ目の理由は何度もお伝えしている「人手不足」です。

人手が足りていない企業が多いにも関わらず売り手市場になっているため、人材を確保できていないのが実情です。

2つ目の理由が「コスト削減」です。

転職サイトなどの媒体に求人を掲載しようとすると、莫大なコストがかかるうえに人材を確保できないことが多々あります。

しかし、リファラル採用を導入することで最小限のコストで必要な人材を採用できるでしょう。

他にも導入され始めている理由はありますが、大きな理由はお伝えした2つです。

縁故採用との違い

リファラル採用と似ている採用手法に「縁故採用」というものがあります。

縁故採用は社員から人材を紹介してもらうまでの仕組みは同じなのですが、紹介してもらう人材が違います。

縁故採用では血縁関係のある人材を紹介します。

そのためスキルや人柄ではなく、コネを理由に採用するイメージが強くあります。

しかし、リファラル採用は紹介してもらうだけで不採用になる可能性もあります。

リファラル採用と縁故採用は間違って認識している方が多いので、注意が必要です。

リファラル採用の4つのメリット

リファラル採用とはどんな採用方法なのか、理解していただけたと思います。

次はリファラル採用を導入するメリットをご紹介します。

リファラル採用を導入しようか悩んでいる方は、下記のメリットを参考にしてみてください。

採用にかかる費用を削減できる

1つ目のメリットが「費用を削減できる」ということです。

リファラル採用は社員から人材を紹介してもらうため、広告する必要がありません。

転職サイトなどに求人を掲載する必要もないため、採用にかかる費用を大幅カットすることが可能です。

転職サイトなどに求人を掲載しようと考えると、1媒体で1カ月約100万円ほどの費用がかかります。

複数の媒体に掲載しようと考えると、数百万円かかります。

一方、リファラル採用では紹介してくれた社員へのインセンティブだけで採用費用が収まるので、大幅カットが実現します。

人事サイドから見る転職者が転職サイトを利用するデメリットと活用法

理想の人材を獲得しやすい

2つ目のメリットが「理想の人材を獲得しやすい」ということです。

新たな人材を求めているときには理想の人物像があると思いますが、転職サイトなどの媒体を利用すると理想の人材から応募されることは少ないです。

しかしリファラル採用では、理想としている人物像を社員に伝えることができるため、理想としている人材を獲得できる可能性が高まります。

そして理想としていない場合は不採用にすることも可能なため、効率よく理想とする人材を獲得できます。

転職市場に存在しない人材を獲得できる

3つ目のメリットは「市場に存在しない人材を獲得できる」ということです。

転職サイトなどの媒体に求人を掲載すると、転職を考えている人からしか応募されません。

言い方を変えると、転職市場に存在している人しかターゲットになりません。

しかし、リファラル採用では転職市場に存在していない人までターゲットできます。

ターゲットの幅が広がることで理想としている人材を獲得しやすく、優秀な人材を獲得できる可能性も高まります。

そして転職市場に存在していない人がターゲットになるので、他社との競合も考えにくいです。

定着率を高められる

4つ目のメリットは「定着率を高められる」ということです。

定着率とは退職せずに企業に勤め続けてくれる確率で、定着率が高まれば高まるほど人手不足にはなりにくいでしょう。

リファラル採用では企業の社風・福利厚生・制度などを把握して状態で入社します。

さらに人間関係や仕事内容などもある程度把握している状態で入社するため、ミスマッチが生じにくいです。ミスマッチが生じにくいと定着率を高められます。

ぶっちゃけ転職エージェントを使うと採用で不利になるのか、人事のプロに訊いてみた

リファラル採用の3つのデメリット

リファラル採用を導入するメリットをお伝えしましたが、メリットだけではありません。

導入するうえではデメリットもあります。導入しようか悩まれている方は、メリット・デメリットを比較して判断することをおすすめします。

企業内に似た人材が多くなる可能性がある

1つ目のデメリットは「似た人材が多くなる」ということです。

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、紹介される知人や友人は社員と似ていることが多々あります。

似た人材が多くなることがデメリットかどうかは企業によって異なりますが、同じような人材は何人も要らないでしょう。

導入することで似たような人材が企業内に多くなる可能性があります。

紹介する社員の理解が必要

2つ目のデメリットは「社員の理解が必要」ということです。

企業が理想としている人材を獲得するためには紹介する社員の存在が大切で、理想としている人物像を理解していなくてはいけません。

反対に社員が理解していなければ、一向に理想としている人材は獲得できないでしょう。

紹介してくれる社員は基本的な業務もあるため、理想としていない人材を紹介し続けられる可能性があります。

不採用になった際の配慮が必要

3つ目のデメリットが「不採用になった際の配慮が必要」ということです。

紹介してくれるのは友人や知人なため、もし不採用になった場合は「せっかく紹介したのに、不採用か…」とモチベーションを落としてしまう可能性が大いにあります。

業務と異なることでモチベーションを落とすことは避けたいため、不採用の場合は社員への配慮が必要です。

不採用にすることは必ずあると思うので、リファラル採用を導入する以上は社員への配慮が必ず必要になるでしょう。

リファラル採用を導入するときの注意点

リファラル採用は従来の採用方法とは異なるため、いくつか注意しなくてはいけない点があります。

その注意点をおさえずに導入してしまうと理想としている人材は獲得できないでしょうし、採用するまでの過程でトラブルが生じる可能性があります。

本来の目的を達成するためにも、下記の注意点を参考にしてください。

採用するまでの流れを明確にしておく

リファラル採用を導入するうえでは、社員への負担を軽減する必要があります。

もし、紹介するまでの手順や方法が複雑だと、社員への負担は大きくなって紹介しようとは思いません。

社員への負担を軽減するためには、採用するまでの流れを明確にすることが大切です。

そして明確にした流れを社員へ伝達することも大切です。

具体的には企業が理想としている人材像を簡単に確認できるようにしたり、採用状況を社員も把握できたりする仕組みです。

ただし、企業内で1から作り上げることは難しいため、下記でお伝えするリファラル採用専用のツールを利用してみてください。

MyRefer

MyReferは転職サイト「DODA」を運営しているパーソナルキャリア株式会社が運営しているツールになります。

2015年よりサービスを開始している国内最大級の専用ツールです。

MyReferでは社員がスムーズに紹介できるサービスを提供していて、既存の求人を社員へ告知することも可能です。

さらにスマホに最適化されたマイページを用意しているため、PCがない状況でもMyReferを利用できます。

そして紹介した社員の情報をリアルタイムで追跡しているため、企業にとっても嬉しいサービスが用意されています。

GLOVER Refer

GLOVER Referは大手人材会社リクルートグループが運営している専用ツールです。

GLOVER Referは「MyRefer」と同様に国内最大級の専用ツールで、200社以上の企業が利用している実績があります。

GLOVER Referではツールを簡単に導入できるように、初期設定は全てリクルートが担当してくれます。

そのためワンクリックでサービスを開始できます。

さらにリクルートが設定しているメッセージを紹介者へ送るだけで、紹介作業が完結します。

その他にも便利なサービスをさまざまな提供しているのが、GLOVER Referです。

理想としている人物像を明確にして伝える

リファラル採用を導入する目的は理想としている人材を獲得するためだと思います。

そのためには、理想としている人物像を社員へ明確に伝達する必要があります。

理想としている人物像が社員に伝わっていないと、一向に、理想としている人材を獲得できません。

導入した目的を達成するためにも、まずは理想としている人物像を明確にしてください。

そして明確にした人物像を社員へ伝達しましょう。この手順をおろそかにしてしまうと、目的は達成されません。

リファラル採用で理想の人材を獲得しよう

この記事ではリファラル採用のついてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

日本ではあまり浸透していませんが、注目されている採用方法です。

費用を大幅カットして理想としている人材を獲得するには、最適な採用方法になるでしょう。

導入することでさまざまなメリット・デメリットが生じるため、導入する場合は両方を比較するようにしてください。

そして上記でお伝えした注意点をおさえて、理想としている人材を獲得しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件